ロシア
ロシア観光
世界一大きな国は日本から一番近いヨーロッパ

ロシアで楽しめる味はこれ!お土産と定番料理

取材・写真・文:

神奈川在住
訪問エリア:16ヶ国

2019年10月7日更新

89view

お気に入り

写真:まきまき

旅先で現地の味を知ることは楽しみのひとつですね。今回はロシアのお土産として購入できる食べ物と、レストランでも注文できる定番の家庭料理をご紹介します。ロシア旅行の際にぜひ参考にしてください。

この記事の目次表示

ロシアのおすすめツアー
◆◇日本からわずか2時間半!ウラジオストク◇◆…━市内唯一の5つ星!観光にも便利な『ロッテ』指定━…[朝食&日本語係員の送迎付]3日間
80,800円~156,800円
◆◇日本からわずか2時間半!ウラジオストク◇◆…━市内唯一の5つ星!観光にも便利な『ロッテ』指定━…[朝食&日本語係員の送迎付]3日間
80,800円~156,800円
◆◇家族応援プラン大人2名様+子供1名~2名様利用限定◇◆…━わずか2時間半のフライト!日本から一番近いヨーロッパ━…[サンライズアパートメンツ指定/日本語係員の送迎付]4日間
79,800円~150,800円

おやつにもお土産にもおすすめのロシアの味

チョコレート「アリョンカ」

  • 写真:まきまき

ソ連の雰囲気を漂わせるアリョンカチョコレートは、スーパーマーケットに置かれている率が高く、手軽に購入することができます。スタンダードですが種類豊富で、お値段も130円くらいから見つけられるだけでなく、見た目のインパクトもあるのでバラマキ土産に最適かもしれません。モスクワには「アリョンカ」の専門ショップやカフェもあるそうです。

奇跡のフルーツ「シーベリー」

  • 写真:まきまき

シーベリーはシベリアやモンゴルなどの乾燥地帯で育つ植物で、小さなオレンジ色の実にはビタミン・鉄分・不飽和脂肪酸など200種類以上の豊富な栄養素が含まれています。女性におすすめの美容の果実として知られていますが、名前は地域によって異なるようで、オビルピーハ、シーバックソーン、チャツァルガン、サジーなどとも呼ばれています。

  • 写真:まきまき
  • 写真:まきまき

味はオレンジのようなさっぱり感にトロッとくる濃厚さがあり、アイスクリーム・ジュース・ジャム・お茶など加工食品をはじめ、冷凍になった実そのものも売られています。お値段も120円〜500円くらいのものが多いので、ロシアならではのお土産として喜ばれるのではないでしょうか。

種類豊富な「ハチミツ」

  • 写真:まきまき

ロシアは蜂蜜の種類が多く、スーパーマーケットやギフトショップで見かけるほか、露店などでもさまざまなサイズのものがずらっと並ぶ様子が見られます。中には見慣れない品質の蜂蜜もあり、端から味見させてくれるお店もあるので、気になるものは口にしてみると面白いでしょう。

価格も安くサイズも豊富で、小さなものだと250円くらいで買えると思います。そのため自分用に購入するだけでなく、バラマキ土産にもいいかもしれません。

レストランでも食べられるロシアの定番家庭料理

真っ赤なスープ「ボルシチ」

  • 写真:まきまき

ロシアの代表料理である「ボルシチ」は真っ赤な色が特徴のスープであり、野菜や肉などを煮込んで作る定番のメニューです。赤くなるのはビーツという野菜の色素であり、見た目はカブに似ていますが別の種類の野菜だそうです。

  • 写真:まきまき

ビーツはマグネシウム、カルシウム、鉄、ビタミン、食物繊維などが豊富で、栄養価が高く女性にはおすすめの野菜です。ボルシチはカンタンにできる料理ですが、ビーツは日本にあまり売られていないため、やはり現地で楽しむのが一番ですね。スープの中にヨーグルトを入れると、可愛らしいピンク色に変化します。

いろんな具材が楽しめる「ピロシキ」

「ピロシキ」もロシアを代表する伝統料理のひとつで、小麦粉で作った生地の中に、ひき肉や野菜を入れて油で揚げる惣菜パンのような食べ物です。一般家庭ではオーブンで焼くことが多いようですが、そのスタイルも地域によって異なるようです。

パン屋やケーキ屋などでよく見かけるほか、レストランやカフェでも扱われていて、とてもポピュラーなメニューとして親しまれています。日本でも売られているので珍しくはないかもしれませんが、本場ロシアのピロシキと食べ比べてみると面白いでしょう。

ロシア風水ギョウザ「ペリメニ」

  • 写真:まきまき

「ペリメニ」はロシア風の水ギョウザのような料理であり、小麦粉で作った皮にひき肉を包み、茹でたり焼いたりスープにして食べるのが主流です。ロシアでは皮も粉から練って作ることが多いので、モチモチした食感が好きな人にはおすすめだと思います。

  • 写真:まきまき

味付けはさまざまですが、ギョウザのようにひき肉を皮で包むスタイルは、日本でも馴染みがあるので違和感なく口にすることができるでしょう。出来上がったペリメニにヨーグルトをかけると、ロシア風に仕上がります。

ロシア旅行を自分好みにアレンジしよう!

オンライン旅行会社「旅工房」ならばロシアのツアーのアレンジも承ります(相談無料)。

  • 泊数を変えずに価格を抑える
  • 複数のホテルに宿泊する
  • 2ヶ国以上周遊する、など

旅工房でロシアのすべてのツアーをみる>>

ロシアの旅行予約はこちら

ロシアのパッケージツアーを探す

ロシアのホテルを探す

ロシアの航空券を探す

ロシアの現地アクティビティを探す

ロシアのWi-Fiレンタルを探す

関連するキーワード

※この記事は2019年10月8日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

トラベルフォトグラファー
カメラを片手に一人旅をしています。行ったことのある場所を再び訪れても、旅にはふたつとして同じ経験はなく、世界はミラクルの連続です。感動からハプニングまで、様々な出会いの中にたくさんの面白さがあり、出発してから帰るまですべての場所が目的地ですね。

それらを旅好きな仲間達と共有していけたらと思っています。みなさんの旅がHappyでありますように。
http://makimomo.com

スーツケースのキャスターゴムの自力でかんたん修理方法

スーツケースのキャスターを保護する表面のゴム部分。ここが取れてしまったら大ピンチです。壊れる前に対処をしなければなりませんが、修理に出したり買いかえるのはちょっ...


スーツケースDIY修理!セルフでキャスターを交換する方法

スーツケースのキャスター部分を修理に出すと、1ヶ所数千円もかかるため買い替えた方が早いです。でも部品そのものは安価であるため、自力で直せたら助かりますね。今回は...

のんびり過ごせる冬の沖縄・石垣島の楽しみ方とおすすめ観光

日本を代表する南国の島といえば、沖縄県の石垣島。その素晴らしい光景は、一度訪れたことで虜になる人も多いのではないでしょうか。ただ南国といっても、活動的に過ごすだ...

世界一の築地市場!場内見学をする際のおすすめ時間と注意点

日本の食の台所と言われる築地市場。世界一の規模を誇る卸売市場は、移転が決まってからも人々の関心は衰えることはなく、80年の歴史を惜しむ声が上がるほどの伝統のある...

チェコ旅行に必要な出発前の準備と現地情報

芸術の国チェコ共和国。街には数々の歴史的建造物が建ち並び、郊外には美しい田舎の風景が広がっています。ヨーロッパにはステキな場所がたくさんありますが、中でもチェコ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?