佐渡市

佐渡の秘境・絶景フォトスポット【大野亀】

取材・写真・文:

神奈川在住
訪問エリア:47都道府県

2021年11月12日更新

2,047view

お気に入り

写真:えいぶゆう/TossyPhoto

ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンに2つ星として掲載された新潟県佐渡にある巨岩「大野亀」。標高が160m近くもある、山と呼べるほどの大きさの岩なんです。大野亀が海に突き出した景色は、佐渡No.1と言っても過言ではない絶景ですよ。

この記事の目次表示

絶景の多い佐渡の海岸でも異色の存在

今回ご紹介する「大野亀」は、新潟県佐渡にある景勝地です。佐渡の海岸は、奇岩が何キロにも渡って連続する日本でもまれな地帯で、その景観を求めて多くの観光客が訪れます。その中でも特に大規模なのが「大野亀」です。どれくらいかというと・・・

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto大野亀

こちらが大野亀と呼ばれる景勝地。歩いている人と比較してみると「大規模っていうわりに小さな山だなあ」とお思いかもしれません。実はこれ、山じゃなくて岩なんです!標高167mの一枚岩が、海にぐいーんと突き出しているんです。どうです?すごく迫力ある景色でしょ?

この迫力で「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」では、2つ星の評価を受けたんですよ。

どうやって出来たの?

大野亀はマグマが地表近い地中に上昇して冷え、その上の堆積物が風などで取り除かれたものです。現地ではものすごくわかりやすい図説の説明版がありましたよ。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto説明版

大野亀ができるまでを説明版に沿ってご紹介しましょう。

①マグマが上昇して浅い地下にたまる。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoマグマの上昇

②そのままマグマが地中で冷えて固まる。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoマグマの冷却

③地表近くまで固まったマグマが変動し、風化や浸食でマグマの周囲の地層が取り除かれる。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto周囲の地層の風化

こう図説するとシンプルですが、途方もなく長い長い年月をかけて大野亀に変わっていったわけで、今から3400万年前から1700万年前の火山活動によって形成されました。それが今私たちの目の前にあるなんて、地球規模の時の流れと雄大さを感じますよね。

いよいよ大野亀へ

そんな大野亀には遊歩道があって、普通のスニーカーで登ることが出来ます。こちらが遊歩道入口。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto遊歩道入口

この道の左前方に、大野亀が独立峰のように青空と海をバックに構えています。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto独立峰のような大野亀

緑が茂っているところを見ると山に見えますが、左側の岩が露出したところを注意してみると、一枚岩の荒々しさがわかりますね。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoゆるやかな遊歩道

大野亀単体で見るとすごく険しそうですが、遊歩道は石畳が敷かれていてのんびりしたものです。10分ほどで海が見渡せる場所まで登ることが出来ます。ちょっとしたお散歩気分で、大規模な自然美にアプローチできるって素敵ですね。

佐渡の有数の景勝地「二ツ亀」も見渡せる

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto高台からみた二ツ亀

海の真ん前にあるので、ちょっと登っただけでこんなふうに見渡せる場所に出ます。奥のほうに2つの島が連なっているように見えるところがありますね。あちらも佐渡の有数の景勝地で、「二ツ亀」です。数キロ北上すると、下の写真のようにもっと亀っぽく見えるんですよ。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto亀のように見える位置からの二ツ亀

ところでなんでこんなに「亀」がつく地名がおおいんでしょうね。この地では亀は「神」を意味し、アイヌ語の「カムイ」に通ずる意味として使っているそうですよ。古来から聖なる場所として信仰されていたんですね。巨岩信仰は全国のさまざまなところにありますが、これだけ大きかったら迷うことなく崇めたくなる気がします。

二ツ亀
佐渡市 / 自然・景勝地
住所:新潟県佐渡市鷲崎 二ツ亀地図で見る

どこを撮っても絵になる大野亀

さて、この辺りはどこをとっても絵になる景色だらけなのですが、一番迫力があるのは、海にぐいーんと突き出したこの景色。本当に山かと思うほどの大きさで圧倒されます。どうやら日本三大巨岩の一つらしいですよ。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto海に突き出した一枚岩

大野亀の頂上には航海の安全を守る石塔があって、以前はそこまで登れました。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto登る道と大野亀

が!2018年11月現在は崩落が発生しているため通行止め。残念!

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto通行止め

登り始めてから歩道入り口に戻ってくるまで、およそ20分間のショートトリップで楽しむことが出来ます。帰り道にはこんな風に木の鳥居が。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto鳥居

この鳥居は大野亀の頂上を向いて立っているもので、大野亀を信仰の対象として大事にしていることがわかりますよね。

次のページを読む

佐渡市の旅行予約はこちら


この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


新潟・子供と行きたい観光スポット35選!子連れ旅行・お出かけにおすすめ

名物のイルカショーは必ず見たい「新潟市水族館 マリンピア日本海」や、目の前に現れる国際保護鳥トキに大興奮間違いなしの「トキの森公園」など、新潟への子連れ旅行にお...


【2024】新潟県の人気観光スポットTOP28!旅行好きが行っているお出かけスポットランキング

新潟市水族館や清津峡渓谷トンネルなどお出かけにぴったりな新潟の観光スポットを、トリップノートの9万2千人を超える旅行好きトラベラー会員(2024年1月現在)が実...

幻想的でうっとり!新潟県で出会える絶景スポット16選

日本有数の豪雪地帯である新潟県には、うっとりするような幻想的な光景が楽しめる絶景スポットがたくさんあります。”日本三大夜桜”のひとつ「高田公園」や、ディズニー映...

【佐渡】元祖『君の名は』聖地「尖閣湾揚島遊園」

佐渡島にある尖閣湾揚島遊園は、元祖『君の名は』(菊田一夫原作の映画)のロケ地となったスポット。日本渚百選に選定された海岸の荒々しい力強さと美しさを、遊覧船で眺め...

【新潟・佐渡】絶景の夕日が見られるスポット7選

日本海に沈む夕日が堪能できる新潟県佐渡。「日本の夕陽百選」にも選ばれた場所もあるほど、絶景の夕日がたっぷりと堪能できます。筆者が実際に訪れた夕日の絶景スポットを...

この記事を書いたトラベルライター

旅はいつも心のまんなかに
知らない土地、知らない文化、知らない人。知らない何かがいつも自分の心を広げてくれます。広がったその先を見てみたい。その探求心や好奇心はそのまま「旅」として、いつも心のまんなかにあります。

えいぶゆう(文)とTossyPhoto(写真)の2人で、心のまんなかにある「旅」を切り取っていきます。

あなたの心にも旅の灯がともりますように。

本当は教えたくない!鎌倉の隠れ寺「寿福寺」

沢山の寺院が並ぶ鎌倉の中で、鎌倉幕府が定めた鎌倉五山に名を連ねる「寿福寺」。鎌倉幕府の中核を担った北条政子のお墓があるなど、鎌倉を興した人々に多くのゆかりがある...


絶対後悔させない!湘南【江の島】の超詳しい観光&時間ガイド

湘南を代表する観光スポット「江の島」。どメジャーな観光スポットですが、意外にもガイドブックでは紙面の都合からか、江の島の見どころを収めきれていないんです。実際に...


【神奈川県・三浦半島】侮れない!プチ本格登山を楽しむ三浦アルプス

神奈川県の三浦半島にある三浦アルプスは、逗子、葉山、横須賀の境界にある山稜地帯です。三浦アルプスの一番の魅力は、200m程度の低い山々にもかかわらず、まるで原生...

超超超初心者におすすめ!本当に楽な神奈川のハイキング5選

神奈川県には気軽に登山・ハイキングできる自然がたくさんあります。でも、「初心者におすすめ」の情報を見て、行ってみたらキツかった。なんてことはありませんか。超がつ...

【ベトナム】半日で巡る!お土産天国ダナン市街の見どころ

ベトナム中部の都市ダナンは、お土産天国と言っても差支えないほど、様々な名品が低価格で購入できるんです。中には女子ウケするカワイイ小物もいっぱい。そんなダナン市街...

トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります