志摩
志摩観光
日本有数のリアス式海岸が圧巻

アメリカンなアウトドアリゾートを日帰りで遊びつくす!【伊勢志摩エバーグレイズ】(三重)

取材・写真・文:

兵庫在住
訪問エリア:44都道府県

2019年8月27日更新

3,399view

お気に入り

三重県にある【伊勢志摩エバーグレイズ】は “アメリカン” なアウトドアが楽しめるリゾート施設!テント、キャビン、グランピング、その他にも様々なアクティビティが楽しめます。宿泊施設は大人気でなかなか予約は取れませんが、日帰りBBQでも、その楽しさを満喫できますヨ♪

この記事の目次表示

「伊勢志摩エバーグレイズ」とは?「アメリカン」と謳うワケは?

【伊勢志摩エバーグレイズ】は、その名の通り伊勢志摩にあります…と一言で言っても伊勢志摩も広く、正確に言うと、牡蠣や真珠貝の養殖が盛んな 的矢湾 の内湾、「伊雑ノ浦(いぞうのうら)」 に面しています。

でも「エバーグレイズ = Everglades」といえば、アメリカ国内の最大級の湿地帯「エバーグレイズ国立公園」。その名がついているとは、一体全体どういうことなのでしょうか?

フロリダ南部にある「エバーグレイズ 国立公園」とは?

アメリカでは、ユネスコ世界遺産に登録されるより、アメリカ国立公園に認定される方が誇りだ!と言われていますが、その1つが1934年に認定された フロリダ州南部 にある「Everglades National Park エバーグレイズ国立公園」です。(ユネスコ世界遺産には1979年に登録)

フロリダというと、マイアミ、タンパ、ジャクソンビル、キーウエスト といった都会やビーチを思い浮かべますが、フロリダ半島南部のほとんどは亜熱帯の広大な湿地帯。国立公園に指定されているのも、湿地帯全体のたった20%と言われています。

この国立公園の主な目的は「湿地帯と、そこに生きる野生生物を保護すること」。フロリダでは、 都市化、土壌汚染、水質汚染、海洋汚染 などが進み、多くの「種」が絶滅…。今でもこの湿地帯に生きる多くの「種」が絶滅危惧種であると同時に、野生動物の宝庫でもあります。

そんな【エバーグレイズ国立公園】と、【伊勢志摩エバーグレイズ】の環境は、共通点があるというのです。

【伊勢志摩エバーグレイズ】は「伊勢志摩国立公園」の一角

【伊勢志摩エバーグレイズ】のある場所は、海から続く内湾ではありますが、一方で伊勢神宮の森から湧き出る清流を源とする 湿地帯 が広がっており、この辺りも「伊勢志摩国立公園」の一角です。

「伊勢志摩国立公園」というと、リアス式海岸といった海の要素が強いイメージですが、この特異な湿地帯は、野鳥や水生生物の宝庫で、メダカやトンボ、約50種類を超えるカモやサギなどの野鳥が生息し、県内有数の渡り鳥の飛来地としても有名なんだそう。

そして、日本の国立公園として指定されたということは、「この自然を守ろう」ということ。この考え方が、アメリカの【エバーグレイズ国立公園】多くの共通点が見られる、と言うことで、【伊勢志摩エバーグレイズ】と言う名になったのですね。

とっっても充実した施設!

近年よく聞かれるようになった グラマラス(魅惑的)+ キャンピング という造語「グランピング」とともに、アウトドアにも注目が集まって来ていますが、【伊勢志摩エバーグレイズ】は、様々な楽しみ方ができるアウトドア施設が整っています。

日帰りBBQができる「デイキャンプ リゾートデイ」

デイキャンプ 、すなわち日帰りでもBBQが楽しめます。今回、筆者が利用した施設でもあり、また後ほど詳細をご紹介しますが、基本使用料が 大人1人 1,800円 とは思えないくらいの充実さです。

宿泊スタイルもいっぱい!

宿泊スタイルは、主に3つ、「キャビン」「グランビング」「テント」です。

「キャビン」の施設はとっても豊富!

たくさんの宿泊施設の中でも「キャビン」のスタイルは本当にたくさんあります!

ヤシの木や岩に囲まれた庭があったり…

カヌー付きだったり…

本格アウトドアが楽しめる設備や、子供が楽しめるプレイグラウンドがあるなど、とても種類は豊富!

高級ホテル並み「グランピング」

“何を以って「グランピング」と言うのか?!” と、筆者も色々な施設に行くたびに「??」となりますが、今のところ明確な定義はなく、言ったもの勝ちな現状なのだと思います。そんな中、【伊勢志摩エバーグレイズ】における グランピング は、とにかく高級感を追求!!

【伊勢志摩エバーグレイズ】内には3タイプ(5棟)あり、どこも伊勢志摩国立公園の湿地帯を楽しめるカヌー付き、かつ設備やサービスは高級ホテルのような一流の仕様。非日常が味わえるような、ラグジュアリーな空間でもあります。

自分でキャンプをしたい!「テント ガーデナ」

キャビンもグランピングも「泊まれる建物」がありますが、そうではなく、ちゃんとテントを自分で設置し、リアルなキャンプを楽しみたい方のためのスペースもあります。「テント ガーデナ」という一帯が、そのようなキャンピング施設になります。

共通で使える「ゴミ捨て場」や「キッチン」

宿泊施設だけではなく、それ以外の設備もちゃんとしており、心地よく過ごせるのが、【伊勢志摩エバーグレイズ】の素晴らしいところ。

きちんと管理されている「ゴミ捨て場」

まずはゴミ捨て場。普通のキャンプ場であれば「ゴミはお持ち帰り」が基本ですが、ここではゴミも処分してもらえます。

しかも、燃えるゴミ、アルミ缶、スチール缶、燃えないゴミ、炭捨て場など、ゴミ箱がきちんと分かれており、「これはどこに捨てたらいいの〜?」と迷わないように、丁寧に説明も書かれています。

清潔感ある「キッチン」

キャビンやグランピング施設内にはキッチンがありますが、テントやデイキャンプ のお客様用に、何かと必要になる水場の整った「キッチン」も、園内には2箇所あります。大勢の方が使えるような設備で清潔感もあります。

中央管理棟「キャンパーダイニング」

敷地内の中央には、事務局と併設された「キャンパーダイニング」という食堂があります。

宿泊客には朝ごはんにフレンチトーストを振舞ってくれるそうで、早朝からとても賑わっています。

汗かいたー!シャワー浴びたいー!という方は、キャンパーダイニングへ。写真は「24時間利用可能なコインシャワー 3分 200円」ですが、予約制のセルフ式家族風呂「プライベートバス 40分 1,400円」もあります。

毎朝8:30からは キッズプログラム という、1泊につき1個、カードのようなキーホルダーを作るイベントが行われています。10個以上、ズラ〜っとキーホルダーを繋げてる子も!常連客も多いのだな〜と思います。

次のページを読む

志摩の旅行予約はこちら

志摩のパッケージツアーを探す

志摩のホテルを探す

志摩の航空券を探す

(県営名古屋空港)

(中部国際空港)

志摩の現地アクティビティを探す

志摩のレンタカーを探す

志摩の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年8月27日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2020年版】全国の人気遊園地・テーマパークTOP53!みんなが行った遊園地・テーマパークランキング

2020年にトリップノートのトラベラー会員が登録した「行ったスポット」のデータを元に、トラベラーのみなさんが実際に訪れた全国の遊園地・テーマパークランキング【2...


【三重県】志摩マリンランドはマンボウのいる水族館

志摩マリンランドは「マンボウ館」というコーナーがあるほど、マンボウ飼育に力を入れている水族館です。規模は小さいのですが、のんびりと楽しむことができる素敵なところ...

三重の人気水族館TOP3!県内の水族館をランキングで一挙紹介

鳥羽水族館や伊勢シーパラダイスなど、三重県内には全部で3つの水族館があります。トリップノートの5万6千人の旅行好きトラベラー会員(2020年2月現在)が実際に行...

東海の人気観光スポットTOP50!旅行好きが行っている観光地ランキング

伊勢神宮や名古屋城、白川郷に名古屋港水族館などをはじめとする東海の観光スポットの中で、トリップノートの4万7千人の旅行好きトラベラー会員(2019年10月現在)...

【三重】伊勢志摩で楽しみたい「海」の観光5選

伊勢志摩で楽しみたい観光は神社にグルメ…といろいろありますが、なんと言っても魅力的なのは、壮大に広がる海の景色です!今回の記事では、そんな伊勢志摩の海を満喫でき...

この記事を書いたトラベルライター

じっとしているのは耐えられない旅行好き&飲兵衛です
日本在住ですがアメリカで生活したこともあり、その時にすっかりアメリカ大陸の自然に魅了されました。それ以来、帰国しても日本の自然の素晴らしい場所をあちこち旅行するのが好きです。1児の母でもありますので、“子連れで行くとどんな旅になる?!”という視点も織り交ぜていろんな場所をご紹介できればと思っています。
http://blog.goo.ne.jp/makiko0213ha

【岡山県・西粟倉村】ただの田舎じゃないその魅力とは?!

かつて市町村合併が進んだ中、あえて「村」として生きる道を選んだ岡山県の「西粟倉村」。今、ここには若く発想力も豊かでエネルギッシュな人たち、ローカルベンチャーを目...


シカゴに行ったらコレを食べよう!歴史と共にある4つの個性派グルメ

アメリカ本場でステーキといったらニューヨーク?いえいえ実は、アメリカ人の間では「肉といったらシカゴ!」と言われているそうです。その他にもシカゴには、シカゴピザや...


日本ではできない体験!アメリカでガン・シューティング【GILBERT INDOOR RANGE】

日本では一般人が実弾の入った銃を撃てる機会はほとんどありませんが、アメリカでは初めての人でも実弾でガン・シューティングができる射撃場がたくさん!屋内の射撃施設「...

車で行こう!子連れで楽しもう!【ユニバーサル・スタジオ・ジャパン】

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下 USJ)に子連れで車で楽しく行きませんか?!子供用のたくさんの荷物も車ならラクラク♪ 駐車場情報や入場時の混雑具合、また...

【フランクフルト】歴史的な見所いっぱい!りんご酒もドイツ料理も美味しい!

通称【フランクフルト】と言われるドイツの都市の正式名称は【Frankfurt am Main フランクフルト・アム・マイン】。世界的にも最大級のハブ空港「フラン...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります