シドニー
シドニー観光
シティもビーチも楽しめる南半球最大の都市

シドニーの老舗ミートパイ屋台「ハリーズ」でランチ

取材・写真・文:

オーストラリア在住
訪問エリア:28ヶ国

2018年12月24日更新

1,070view

お気に入り

写真:mayumi

オーストラリアでフィッシュ&チップスと並んでメジャーなB級グルメであるミートパイ。そのミートパイを提供するシドニーで1番有名なお店が、今回ご紹介する「Harry’s Cafe de Wheels(ハリーズ・カフェ・デ・ホイールズ)」です。

この記事の目次表示

シドニーのおすすめツアー
●帰りは羽田着/オーストラリアよくばりプラン魅惑の4都市周遊10日間●ハミルトン島2泊×ケアンズ2泊×ゴールドコースト2泊×シドニー1泊|ホテルはこだわりの4ッ星クラス指定|ジェットスター×カンタス航空利用
237,800円~391,800円
●グループにおすすめ!4名1室利用!●オーストラリアで人気&王道3都市周遊プラン♪シドニー×ゴールドコースト×ケアンズ周遊9日間●|ホテルは各都市安心の3つ星指定≪便利な羽田発着≫
164,800円~431,800円
4名1室利用限定!●リーズナブルに楽しむ人気2都市滞在7日間●シドニー2泊×メルボルン2泊|ホテルはどちらも3つ星『マントラ2ボンドストリート』×『マントラ100エキシビション』にご宿泊≪羽田発着≫
117,800円~318,800円

Harry’s Cafe de Wheels(ハリーズ・カフェ・デ・ホイールズ)

  • 写真:mayumi

オーストラリアのカフェやベーカリーでよく目にするミートパイは、オーストラリア人にとってはまさにソウルフード的な存在。Woolloomooloo Wharf(ウールームールー・ワーフ)にあるハリーズ・カフェ・デ・ホイールズは1945年に開店したミートパイの専門店です。

  • 写真:mayumi

店名に付いている「Wheel(車輪)」と言う名の通り、元々は移動式のフードトラックからスタートしました。現在は外観にフードトラックの名残はありますが、実際には車輪の付いていない屋台形式の小さな店舗です。ただ超有名店だけあっていつも人で賑わっています。

セレブや著名人も訪れる名店

  • 写真:mayumi

ハリーズは「ミートパイ」と言えば「Harry's!」と必ず名前が挙がるほど、ミートパイの超有名店です。観光名所でもあるので店内には訪れた有名人の写真が所狭しと飾られています。ハリウッドスターや歌手の中に、KFC(ケンタッキー・フライド・チキン)のカーネル・サンダースの写真を発見。たくさん飾られた写真の中から、誰が写っているか探すのも楽しいです。

大人気のミートパイとホットドッグ 

  • 写真:mayumi
  • 写真:mayumiメニューもイラスト付きでとてもオーダーしやすいです。

こちらのカウンターでオーダーします。シドニーには珍しく、メニューには商品のイラストが書かれているので、オーダー方法も比較的簡単です。気になるものがあれば店員さんに指差しで注文できます。

  • 写真:mayumi

Harry'sの1番人気は、独特なフォルムが特徴的なシグニチャーフード「The Tiger(ザ・タイガー)」です。コクのあるグレービーソースとじっくり煮込んだ牛肉をパイで包み、マッシュポテトとグリーンピースマッシュを山盛り載せています。更にその上からグレービーソースをたっぷりかけている、という食べ応えのある一品です。

  • 写真:mayumi一番人気のミートパイ「The Tiger」($7.80 / ¥620)

見た目はあまり大きくありませんがかなりボリューム満点なので、空腹時にオーダーすることをオススメします。またポテトとグリーンピースのマッシュで口の中の水分が全部持って行かれてしまうので、必ず水をオーダーしてください!因みにパイは基本のビーフパイの他にもチキン、シーフード、カレーなどがあり、他のパイに変更して自分好みにカスタマイズすることも可能です。

  • 写真:mayumiホットドッグの一番人気は「Chilli Dog」($7.20 / ¥575)

ホットドッグの人気No.1はこちらのスパイシーな薫り漂う「Chilli Dog(チリ・ドッグ)」です。少し辛めのひき肉とお豆がたっぷり入ったチリコンカンと、プリプリの肉汁滴るソーセージとの相性が抜群です。

  • 写真:mayumiボリュームたっぷりの「Hot Dog de Wheels」($8.10 / ¥650)

こちらの「Hot Dog de Wheels(ホットドッグ・デ・ホイールズ)」はChilli Dogに、更にグリーンピースマッシュとチーズがたっぷりかけたボリューム満点の一品。全てメニューは1つでお腹いっぱいになってしまうほどヘビーなので、ランチにはもってこいです。

シドニー湾を見渡すロケーション

  • 写真:mayumi

お店の屋台の周囲にはカウンター席があり、海沿いの歩道にはベンチが並んでいます。お天気が良ければベンチに座って、ハーバーや昔の旅客ターミナルを改装したブティックホテルのOvolo Woolloomooloo(オヴォロ・ウールームールー)を眺めながら食べると気持ちいいですよ。向かって右側には停泊しているオーストラリア海軍(HMAS)の軍艦も見えます。

  • 写真:mayumi

因みにこちらは海沿いにあるので、シドニー名物のカモメが虎視眈々と獲物を狙って待ち構えています。目を離した隙に食べ物に突進して来るので、くれぐれも食べ物から目を離さないようにご注意ください!

  • 写真:mayumi高感度なレストランやホテルが並ぶFinger Wharfエリア。左手に見えるのがMrs Macquarie's Pointです。

1分ほど歩くとOvolo Woolloomoolooの西側にも、Finger Wharf(フィンガー・ワーフ)という広々としたデッキの桟橋が広がっています。時期によってはデッキに彫刻が点在していたりするので、こちらでのんびりするのも開放感があってオススメです。

因みにWharfの左奥には以前ご紹介したオシャレな市民プール「ABC Pool & Cafe」が見えます。

オヴォロ・ウールームールー
シドニー / ホテル
住所:6 Cowper Wharf Rd, Woolloomooloo NSW 2011地図で見る
電話:02-9331-9000
Web:https://ovolohotels.com.au/ovolowoolloomooloo/

ハリーズへのアクセス方法

  • 写真:mayumi

場所はシティ・レールのKings Cross(キングスクロス)駅から歩いて10分ほど。Victoria Streetを真っ直ぐに北上して、MacElhone Stairs(マケルホーン・ステアーズ)の階段を降りてすぐです。Hay Market店やDarling Harbour店の方がアクセスしやすいですが、本店のこちらの方が趣があります。

  • 写真:mayumi

バスの場合は、Town Hall(タウンホール)のQVB脇から出ている「311(Raiway Square行)」のバスに乗って15分ほどです。徒歩であればArt Gallery of NSW(NSW州立美術館)やRoyal Botanic Garden(ロイヤル・ボタニック・ガーデン)、オペラハウスやハーバーブリッジが見える絶景ポイントのMrs. Macquarie’s Point(ミセス・マッコーリーズ・ポイント)からも散歩がてらアクセスできる距離です。

オーストラリアのB級グルメにトライ!

  • 写真:mayumi

ビーフパイはちょっと胡椒が若干強めですし、マッシュドポテトとグリーンピースも量が少々多過ぎでヘビーな気はしますが、暫くすると何故かまた食べたくなる不思議な魅力があります。

  • 写真:mayumiお店は深夜まで営業していますが、場所柄、深夜の訪問はあまりオススメしません。

B級グルメではありますが、オーストラリアを訪れた際は、食べるとほっこりするローカルフードを食べて、オーストラリアっぽい雰囲気を味わってみてはいかがでしょうか?

ハリーズ・カフェ・デ・ホイールズ
シドニー / 洋食・西洋料理
住所:Corner Cowper Wharf Roadway & Dowling St, Woolloomooloo NSW 2011地図で見る
電話:02-9357-3074
Web:http://www.harryscafedewheels.com.au/

シドニーの旅行予約はこちら

シドニーのパッケージツアーを探す

シドニーのホテルを探す

シドニーの航空券を探す

シドニーの現地アクティビティを探す

シドニーのWi-Fiレンタルを探す

シドニーのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年12月24日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


シドニーの北側キリビリの厳選フォトジェニックスポット&グルメスポット!

シドニーといえばオペラハウスとシドニーハーバーブリッジが有名ですが、ハーバーブリッジを北側に渡ったすぐの場所キリビリであれば、観光の中心地からかなり近いにもかか...


シドニー・ハーバーの絶景を眺めながらウォルシュ・ベイ散策

シドニー海の玄関口であるサーキュラー・キーは、世界中から観光客が訪れるあまりにも有名なエリア。そこからハーバーブリッジを挟んで逆側にある落ち着いた元倉庫街のウォ...

シドニーフィッシュマーケットの楽しみ方と行き方徹底解説

シドニー観光に訪れた際、ぜひ訪れたいおすすめスポットが「フィッシュマーケット」。今回は、そんなフィッシュマーケットの楽しみ方と行き方をはじめ、ぜひ味わいたい牡蠣...

【シドニー】今注目の再開発エリアのカフェ、Grandma'sで中東料理を堪能しよう

今シドニーで最も熱いエリアといえば、シティから少し離れたアレキサンドリアでしょう。元々倉庫や、工場が沢山あったエリアなので、外観も錆びていたりとシティと比べると...

この記事を書いたトラベルライター

シドニー在住フォトライター&インテリアデザイナー
東京生まれ、メキシコ~イギリス経由、東京育ち、現在はオーストラリア・シドニー在住のMayumiです。 シティとビーチが隣接し、様々な国籍の人々が暮らすマルチカルチュラルな街・シドニーの雰囲気、人、空気感が忘れられず、遂には夫婦で移住を決意。

旅が好きで、訪れた国は北米やアジア、ヨーロッパなど合わせて28ヶ国。

美味しいものや素敵なお店、専門の建築・インテリアデザインのフィルターを通したフォトジェニックな風景はもちろん、自身のアレルギー体質も踏まえオーガニック先進国オーストラリアのヴィーガンやグルテンフリーの体にやさしい食べ物など、在住者だからこそお伝えできる情報をご紹介します。
http://sydneytales.com/

在住者厳選!スーパーで買うオーストラリア土産10選

オーストラリアNo.1を誇る最大手のスーパーのWoolworth(ウールワース)。今回はアクセス抜群のシドニー・シティの中心にあるタウン・ホール店で購入できる、...


在住者厳選!ドラッグストアで買えるオーストラリア・コスメブランド10選

オーガニック先進国であるオーストラリアには、オーガニックやナチュラルな化粧品がたくさんあります。人気のジュリークやイソップなど有名ブランドももちろんですが、ドラ...

【閉店】オーストラリア発のオーガニックスーパー「ABOUT LIFE」でショッピング!

※こちらの記事で紹介しているABOUT LIFEは2018年末に全店舗閉店しました※ オーストラリアはオーガニック意識が高く、普通のスーパーでもオーガニックの野...

シドニーの週末恒例行事!行っておくべきオススメのマーケット5選

シドニーでの週末恒例行事と言えば、青空の元のんびりとお買い物ができるマーケット。毎週末、公園や広場、学校の校庭などを使って行われており、マーケットによってそれぞ...

【閉店】女性が喜ぶ♪ABOUT LIFEで買うヘルシーなオーストラリア土産

※こちらの記事で紹介しているABOUT LIFEは2018年末に全店舗閉店しました※ オーガニック先進国のオーストラリアではオーガニックフードはもちろん、生活用...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?