シドニー
シドニー観光
シティもビーチも楽しめる南半球最大の都市

【シドニー】ロケーション抜群!海の上に浮かぶABCプール+カフェ

取材・写真・文:

オーストラリア在住
訪問エリア:28ヶ国

2018年4月24日更新

812view

お気に入り

写真:mayumi

屋外にある市民プールとして地元の人に愛されているABC Pool(Andrew Boy Charlton Pool / 通称 ABCプール)。雑誌の撮影などでもよく使われるロケーションが良いおしゃれプールとしてもシドニーっ子に大人気です。また併設のプールサイド・カフェもお茶スポット、パーティ・スポットとしても大人気。今回はそんなABCプールとプールサイド・カフェをご紹介します。

ABC Pool(ABCプール)とは?

オペラハウス、ハーバー・ブリッジなどシドニーのアイコニックな風景を一望できる記念写真スポットとして人気のMrs. Macquarie’s Point(ミセス・マッコーリズ・ポイント)やRoyal Botanic Garden(ロイヤル・ボタニック・ガーデン)の近くにある、屋外市民プールです。8レーンある50mの競泳用プールと子供用のプールがあります。

  • 写真:mayumi

ここは元々オーストラリア先住民が自然の入浴場として使用していたと言われていて、その後オーストラリア開拓時代は公営浴場として使用されていました。シドニーには数多くの屋外プールがありますが、もっとも古く歴史があるのがこのABCプールで、1846年にはオーストラリアで初めての水泳競技会も行われました。

  • 写真:mayumi

1968年にはオーストラリア人スイマーのAndrew (Boy) Charlton(アンドリュー・ボーイ・チャールトン)に因んで今の名前が付けられました。美しいビーチがたくさんあるシドニーですが、このABCプールはまた違った魅力がある子供から大人まで人気の市民の憩いの場です。

  • 写真:mayumi入場料 大人$6.50(¥555)

シドニー・シティから近い都市型プール

シティから程近いにもかかわらず、街の喧騒を感じない静かな場所にあります。ロイヤル植物園の脇、Woolloomooloo Bay(ウールームールー)の湾内にあるため、公園の緑、海と空、そしてシティのスカイラインなど素晴らしい眺めが楽しめます。向こう岸にはHMAS(オーストラリア海軍)の軍艦もあるので壮大な景色です。

  • 写真:mayumi

ちょうどシー・カヤックに出発しているグループを発見しました。こちらのOz PaddleはABCプールの脇から出発している人気のツアーで、ハーバー・ブリッジやオペラハウス、シティのビル群を見ながらシー・カヤックを楽しむことができます。とても気持ち良さそうです!

  • 写真:mayumi

8つあるレーンはFastからSlow、Freeで分かれていて、皆思い思いのスタイルで気持ち良さそうに泳いでいます。50mの競技用プールというだけあって本気で黙々と泳いでいるスイマーもいますが、筆者のように時々泳いでみたり、時々横になってプカプカ浮いて見たりとマイペースに楽しんでいる人もいます。

  • 写真:mayumi

泳ぎを楽しむ人もいれば、日光浴を楽しんでいる人達も多いです。サンベッドやサンシェードがある観客席でのんびりと読書やお昼寝を楽しんでいる人達がいます。プールサイドには木のデッキが敷いてあり、下を見るとデッキの隙間から海が見えます。手すりもガラスなのでかなり浮遊感があり、まさに海の上に浮かぶプールです。

  • 写真:mayumi

ここに来るといつも驚くのが水のキレイさです。プールの水は昔の名残で、すぐ脇にあるシドニー・ハーバーの海水を使用していて、最新式の濾過設備によって浄化されているそうです、プールに潜るとキレイな水に太陽がキラキラ反射して本当に美しいんです。海のように波に揉まれたり砂で汚れる心配がないという意味では、このプールはもってこいですね。

  • 写真:mayumi

9月(こちらでいう春)〜4月(秋)までオープンしており、プールの水は常に25℃に保たれているので少々肌寒い日でも沢山の人が泳いでいます。ロッカー、更衣室、シャワーも完備しているので、ホテルへのチェック・イン前にこちらに訪れて、プールでスッキリした後に夕日のキレイなミセス・マッコーリズ・ポイントを訪れるというコースもいいと思います。

  • 写真:mayumi

Poolside Cafe(プールサイド・カフェ)がオススメ!

  • 写真:mayumi

プールで泳いだ後は1Fにあるカフェでランチをしましょう。こちらのカフェはプール併設のカフェながら、モダンで眺めの良いレストランとして数々の雑誌でも名前が挙がるほどの人気店です。朝はアサイーボウルやスムージーなどのヘルシーな朝食が頂け、お昼になると皆気持ち良さそうにワインを飲みながらランチを楽しんでいます。

  • 写真:mayumi

筆者が訪れた時は日差しがかなり強めでしたが、室内は満員だったため外のテラスへ。ラッキーなことにパラソルの下に座れましたが、オーストラリアの日差しは日本とは比べ物にならないくらい強いのでご注意ください。

  • 写真:mayumi皆でソンブレロを被っていてカワイイ♪

お店からこんなに可愛いソンブレロ(メキシコ風の麦わら帽子)を貸してもらえますよ。日影にいると湿気がないので、心地よい海風が吹き抜けてとても気持ちが良いです。

  • 写真:mayumi

今回は、Nourish bowl wirh salmonとRainbow bowl with porched chickenをオーダーしました。フィッシュ&チップスや和牛バーガーなどのガッツリ系もありますよ。

  • 写真:mayumiNourish bowl+cured salmon($19.00+$5.00 / ¥2,040)

こちらのNourish bowlはサクサクしたケール、ブロッコリーやキュウリと、柔らかくてまろやかなサーモンやフェタチーズのコンビネーションが美味しい、かなり食べ応えがあるサラダボウルです。上にはクリスピー・キヌアというキヌアを煎ったものが掛かっていましたが、こちらも食感が面白かったです。

  • 写真:mayumiRainbow bowl+poached chicken($19.00+$5.00 / ¥2,040)

こちらのRainbow bowlは3種類のキヌアがスパイシーなハラペーニョ・ベースのソースと混ざっていてメキシカンな印象です。辛い中にもメープルシロップ風味のクルミなどが入っていて、甘塩っぱい感じが何とも食欲をそそります。ここで頂くご飯はいつも美味しいです。

  • 写真:mayumiCAPPUCCINO($3.5 / ¥300)

最後は締めのコーヒーを頂きました。コーヒー豆はシドニーでもお馴染みのCampos(カンポス)の豆を使用していて、しっかりとした苦味が安定の美味しさです。

  • 写真:mayumi

この日は誕生日パーティをしているグループがいましたが、ここはウェディングやブランドのローンチパーティなども行われるオシャレスポットでもあります。以前筆者が訪れた際も、オーストラリア・コレクションに来ていた世界でも有名なファッションブロガー達がパーティをしていました。

  • 写真:mayumi

シティから近いながらも自然を感じることができて、眺めも良く気持ちが良い割には人々の喧騒から離れているのが人気の秘密かもしれません。

プールサイドカフェ
シドニー / カフェ・喫茶店
住所:1C Mrs Macquaries Rd, Sydney NSW 2000地図で見る
電話:02-8354-1044
Web:http://www.poolsidecafe.com.au/

眺めの良い穴場スポットでローカル気分

観光スポットのボタニカル・ガーデンやミセス・マッコーリズ・ポイントに行かれる際は、せっかく近くまで来ているのに訪れないのは勿体ないです!泳いでいる人達も食事をしている人達もローカルの人が多い穴場的なスポットなので、ぜひこのパノラミック・ビューの中でローカル感を味わってみてください。

  • 写真:mayumi
ABCプール
シドニー / テーマパーク・レジャー
住所:1c Mrs Macquaries Rd, Sydney NSW 2000地図で見る
電話:02-9358-6686
Web:http://www.abcpool.org/

シドニーの旅行予約はこちら

シドニーのホテルを探す

シドニーの航空券を探す

シドニーのパッケージツアーを探す

シドニーの現地アクティビティを探す

シドニーのWi-Fiレンタルを探す

シドニーのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年2月19日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

シドニーの人気No.1ビーチ、憧れのボンダイビーチの楽しみ方!

シドニーといえばオペラハウスやハーバーブリッジが有名ですが、数多くの美しいビーチも存在します。今回は、その中でも観光客が必ずと言っていいほど訪れる人気No.1の...

オシャレ満載!シドニーの大人気カフェ複合施設The Grounds of Alexandria

シドニーにあるアレクサンドリアは工業地帯とカフェ文化が入り交じったエリア。そこに2012年4月にオープンした、カフェを中心とした大人気の複合施設「ザ・グラウンズ...


シドニーに行ったら外せない!オススメの美術館と併設カフェ3選

シドニーには大小さまざまな美術館や博物館がありますが、それぞれコンセプトが異なるので、展示物や展示手法などに違った趣があります。またそれぞれに併設されているカフ...

シドニーに来たら絶対行って欲しい!美しすぎるショッピング街QVB

イギリスの植民地だったオーストラリアには、イギリス文化を色濃く残す建物が今なお残っています。現在絶賛開発ラッシュ中で近代的なイメージのあるシドニーにも、歴史を感...


【シドニー】セレブな街モスマンのバルモラルビーチとグルメスポット

シドニーのビーチといえばボンダイビーチやマンリービーチが有名ですが、素敵なビーチはその二つだけではありません。高級住宅地モスマンにあるバルモラルビーチは観光客に...

この記事を書いたトラベルライター

シドニー在住。インテリアデザイナー&フォトグラファー、時々ライター。
東京生まれ、メキシコ~イギリス経由、東京育ち、現在はオーストラリア・シドニー在住のMayumiです。 初めてシドニーに訪れた際の街の雰囲気、人、空気感が忘れられず、遂には夫婦で移住してしまいました。
旅行が大好きで、訪れた国は北米やアジア、ヨーロッパなど合わせて28ヶ国。
シティとビーチや自然が隣接し、様々な国籍の人々が暮らすマルチカルチュラルな街・シドニー。在住者だからこそお伝えできる、ライフスタイル、美味しいものや素敵なお店、専門のインテリア・建築・アートなどデザインインスピレーションを刺激するものやフォトジェニックな風景などシドニーの愛すべきものについてご紹介していきます。
http://sydneytales.com/

在住者厳選!スーパーで買うオーストラリア土産10選

オーストラリアNo.1を誇る最大手のスーパーのWoolworth(ウールワース)。今回はアクセス抜群のシドニー・シティの中心にあるタウン・ホール店で購入できる、...

オーストラリア発のオーガニックスーパー「ABOUT LIFE」でショッピング!

オーストラリアはオーガニック意識が高く、普通のスーパーでもオーガニックの野菜やお肉、食材などを比較的簡単に購入することができます。今回はそんなオーガニック先進国...


女性が喜ぶ♪ABOUT LIFEで買うヘルシーなオーストラリア土産

オーガニック先進国のオーストラリアではオーガニックフードはもちろん、生活用品から化粧品まで地球や人にやさしい商品をマーケットやスーパーで簡単に手に入れることがで...

シドニーの週末恒例行事!行っておくべきオススメのマーケット5選

シドニーでの週末恒例行事と言えば、青空の元のんびりとお買い物ができるマーケット。毎週末、公園や広場、学校の校庭などを使って行われており、マーケットによってそれぞ...


オーストラリア初のバブルテントでグランピング「バブルテント・オーストラリア」

みなさんは「バブルテント」ってご存知ですか?フレームの無い透明なツルッとしたバブル(泡)のような丸いテントのことで、元々はヨーロッパを中心に広まっているグランピ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?