台北
台北観光
おいしくて楽しくて癒やされる♪週末ふらり旅もできる人気都市

台湾の歴史的建造物で国の中枢「中華民国総統府」を歩く!

取材・写真・文:

北海道在住

2019年8月21日更新

314view

お気に入り

写真:yasutomo

中華民国総統府(以下、総統府という)は、日本統治時代の1919年に完成した建物です。この建物は、台湾の国家元首である「総統」が執務する官邸として使われ続けており、旅行者の観光名所にもなっています。今回は、そんな歴史ある総統府の内部をご紹介します。

この記事の目次表示

最大88%OFF!格安航空券をお得に探す

台湾の歴史

台湾は、大東亜戦争終結までは日本の統治下にありました。戦後、中華民国に編入されてから今日までの間、政治・経済の面で独立国家として成長を続けています。現在(2019年8月)、台湾は日本との国交がありませんが、親日国家として良好な関係にある国です。

  • 写真:yasutomo

今回紹介する総統府は、赤レンガと白い花崗岩で造られたルネッサンス様式の風格ある建物です。

  • 写真:yasutomoこの映像は、総統府内部に展示中の写真を撮影したものです。

戦時中に空襲で一部損壊しましたが、1948年に修復されました。

歴史的な経緯を見ると、日清戦争後の下関条約(1895年)によって清国から台湾を割譲し、1945年の大東亜戦争の敗戦で中華民国に編入されるまでの50年間台湾を統治していた日本は、この間に数々の建築物を建てました。その中には現存する建物も多々あり、総統府のように現在も使用されている建物もあります。

台北のランドマーク「総統府」

総統府は、台北のランドマーク的な存在でもあります。赤と白の壁が美しい異国情緒あふれる建物で、クロスベルト装飾と赤レンガによって建築物の輪郭を表現しています。赤レンガは何世代にも渡る世代を象徴しています。

  • 写真:yasutomo

日本との関わりも深い場所ですので、歴史への認識を深められるスポットです。2016年に中国共産党寄りの政権から一転、民主的な政権への交代が実現してからは、館内の展示内容も一新されました。

  • 写真:yasutomo

現(2019年8月)台湾総統の蔡英文氏の写真パネル。パネルを背景に記念撮影ができるスポットになっています。

  • 写真:yasutomo

現台湾総統の蔡英文氏が描かれたイラスト画も展示されています。

ガイド同伴の見学

総統府は台湾の大統領府に当たるため、普段はとても警備が厳重ですが、平日の午前中と特定日に限って一部が開放され、内部が見学できるようになっています。お越しの際はパスポート又は、居留証を必ずご持参ください。

参観にあたっては、原則として予約が不要となっていますので、入口に並んで待っていてください。時間になると、順番に入場手続きが行われます。

  • 写真:yasutomo

入り口では、警備の方がマシンガンを携えて入場者を監視しています。

平日の参観は月曜~金曜日の午前9時から12時まで(入場は11:30まで)で、入場料は無料。日本語を話すガイド同伴のもと、1階部分のみを見学することができます。

  • 写真:yasutomo

見学は日本人専用ガイドの職員の方(こちらを向いている方)に解説してもらいながら進んでいきます。筆者が訪れた際のガイドの方は大変流暢な日本語を話される方で、日本政府が戦前に台湾に対して行った政策に感謝されていました。

  • 写真:yasutomo

また日本語以外にも、様々な言語ごとに集団が作られ、集団単位で館内の見学が進められていきます。

  • 写真:yasutomo

上の写真は、「総統府」の中庭の様子です

  • 写真:yasutomo

館内には、意見箱も設置されていました。

「総統府」内のグッズ売り場

建物の一角でグッズ販売を行なっており、Tシャツ、キャップ、文具などの総統府オリジナルグッズを手に入れることができます。

  • 写真:yasutomo

上の写真は、総統府をデザインしたキーホルダー(80台湾ドル≒272円)です。

  • 写真:yasutomo

こちらは紋章が入った名刺入れ(150元≒510円)。シルバーの他に赤や黒など数種類が販売されています。

「総統府」までのアクセス

地下鉄MRT「台大医院」駅の出口1を出て公園路を南下し、次の通りで右折して直進した突き当たりが総統府です。

※1台湾元=約3.62円

中華民国総統府
台北 / 遺跡・史跡
住所:重慶南路一段122号地図で見る
Booking.com

台北の旅行予約はこちら

台北のパッケージツアーを探す

台北のホテルを探す

台北の航空券を探す

台北の現地アクティビティを探す

(レストラン)

(チケット)

(現地ツアー&体験)

台北のWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年8月22日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【台湾】台北郊外の人気観光地・淡水!おすすめの過ごし方5選

台北MRTでアクセス可能な台北郊外の観光地・淡水は、美しい夕日を眺めることのできる人気の観光スポットです。この記事では、景観スポットやグルメ情報を含めつつ、淡水...


【台湾】願い事が叶う?!1日で回るパワースポット5選

台湾のことを調べると、お寺や占いといったスポットが多くでてくるのではないでしょうか。そこで今回は、台湾でも「当たる」・「運気UP」といった声が実際に多々ある有名...

【台湾】ディープなお店からおしゃれスポットまで!台北女子旅1dayプラン

台北は、魅力溢れる見どころやグルメがたくさんあります。今回は、昔ながらのディープなお店と続々と増えているオシャレスポットなどを厳選して巡る、台湾女子旅1dayプ...

台湾・台北の人気夜市TOP3&おすすめ夜市グルメ!旅行好きが行っている夜市ランキング

台湾旅行の夜の楽しみといえば夜市観光!トリップノートの4万人を超える旅行好きトラベラー会員(2019年7月現在)が実際に行っている、台北の人気夜市TOP3と、人...

台湾好きが提案する「台北旅行2泊3日モデルプラン」観光もグルメも♪

肉汁あふれる熱々小籠包、あま~いマンゴーがたっぷりのったカキ氷、夜市でいただく絶品B級グルメ、観光地での美しい景色...。想像するだけで台湾に旅行したくなっちゃ...

この記事を書いたトラベルライター

在宅ワーカー&ライター
皆さまこんにちは。
週末を利用して北海道内はドライブがメインで、数年に一度は本州方面にも足を伸ばしています。
2006年には、北海道の「道の駅巡り」93か所を制覇しました。
そこで、これまでに旅先で出会った素敵な場所や物を紹介し、皆さんにもその感動を味わっていただきたいと願っております。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

軟石雑貨工房「軟石や」で【札幌】のお土産はいかが?

定山渓(じょうざんけい)温泉や空港などのお土産コーナーで、アロマオイルを浸み込ませて楽しめることで人気の商品「かおるいえ」。優しい風合いの「札幌軟石」に可愛らし...


人気観光地【函館】の超穴場!「旧相馬邸」は歴史と見どころが満載!

函館の人気観光地である「元町・函館山エリア」は、旧イギリス領事館、旧函館区公会堂、八幡坂、函館ハリストス正教会など、多くの見どころが集中している地域です。「旧相...


日本一空港に近い温泉街-【函館・湯の川】のおすすめスポット6選

「函館の奥座敷」「日本一空港に近い温泉街」として人気の高い湯の川温泉街は、約20の温泉・旅館があります。温泉に入ってのんびり癒やされるのは、温泉旅行の醍醐味です...

なまら「イカす」!【函館・湯倉神社】

「北海道三大温泉」であり、「函館の奥座敷」として人気のある、湯の川温泉街。「湯倉神社」は、湯の川温泉発祥の地に建てられている神社です。五穀豊穣・商売繁盛・家内安...

知ればもっとビールが美味しくなる! サッポロビール博物館

サッポロビール博物館は、サッポロビールの歴史を紹介する日本でただ一つのビール博物館です。1876年(明治9年)、北海道開拓使の村橋久成や中川清兵衛が、北海道札幌...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

アプリ「Pokke」で台北の音声ガイドを聴く

台北の観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?