丹波篠山市

【兵庫】10万本のゆりを見よう!篠山の「玉水ゆり園」

取材・写真・文:

兵庫在住
訪問エリア:45都道府県

2021年6月21日更新

473view

お気に入り

写真:こごみ

夏の到来を教えてくれる爽やかなゆりの花。白のイメージが強いゆりですが、鮮やかでカラフルな色も楽しめるゆり園が兵庫県丹波篠山にあります。圧巻のゆりの迫力と、同時期に咲くアジサイのコラボも楽しめる、お花畑をご紹介します。

この記事の目次表示

10万本のゆりとアジサイを楽しめる「玉水ゆり園」

  • 写真:こごみ

毎年6月初旬~7月初旬まで開園する「玉水ゆり園」では、60種類10万本のゆりと、約1,000株のアジサイが楽しめます。「玉水」の名の由来は、篠山城の井戸水の水源地であったということで、園内に史跡もあります。入園すると園内の地図をいただけるので、それを見ながら各エリアを巡りましょう。

ゆりといえば白

  • 写真:こごみ

ゆりの花といえば、イメージするのはまず白!同じ白でもさまざまな種類がありますが、海外では「マドンナリリー」と呼ばれるほど清楚なイメージです。

  • 写真:こごみ

園内のゆりは早咲き、中咲き、遅咲きと分かれていて、筆者が訪れた6月半ばは、まだまだツボミもたくさん。遅咲きエリアは、まだどんな色のゆりが咲くのかも分からないツボミたちが連立していました。

バラエティに富んだ色と種類

  • 写真:こごみ
  • 写真:こごみ
  • 写真:こごみ

数本でも迫力のあるゆりの花ですが、鮮やかな色がこんなに咲いているとまさに圧巻です。ゆりの花の花言葉は色によってさまざまで、白はやはり「高貴」や「上品」「純潔」など清楚なイメージ。しかし他の色では、「偽り」や「呪い」など怖いものもあったりします。

  • 写真:こごみ

ちょっと変わった形のゆりも。

  • 写真:こごみ

上の写真は、わざと様々な色を混ぜて植えてあるエリア。ワイワイとにぎやかそうです。

アジサイとのコラボ

  • 写真:こごみ

玉水ゆり園には、アジサイエリアもあり、こちらではさまざまな種類と色のアジサイが鑑賞できます。ゆりエリアと隣接しているので、コラボ写真が撮れますよ。

  • 写真:こごみ

町中ではあまり見ない種類のアジサイも。樹木の中には年中赤いカエデもあって、色々なコラボが見られるのが特徴です。

そのほかの見どころ

  • 写真:こごみ
  • 写真:こごみ
  • 写真:こごみ

園内はゆりやアジサイの花以外にも、緑がいっぱいの空間で気持ち良い時間が過ごせます。筆者が訪れた際は、シーズン真っ盛りの梅の実も。

また篠山の名産(丹波栗や黒豆など)を販売するおみやげショップと、ドリンクやスイーツで休憩できるカフェも併設されています。カフェでは6月中旬頃に、さくらんぼのパフェも登場するそうです。

アクセスと開園期間

アクセス情報

  • 写真:こごみ
  • 写真:こごみ

こちらのゆり園は、意外と街中にあり、丹波篠山の城下町の中心地から歩いていける場所にあります。上の写真は、旧篠山町役場を保存利用した建物「大正ロマン館」。おみやげ屋やカフェ、レストランもあり、インフォメーション的役割を果たしているところです。街のほぼ中心的な位置にあるこちらから、徒歩10分以内で足をのばして行ける距離にあります。

大正ロマン館
丹波篠山市 / おみやげ屋 / 建造物 / 歴史的建造物
住所:兵庫県篠山市北新町97地図で見る
電話:079-552-6668
Web:http://tanba-sasayama.or.jp/romankan/

開園期間・入場料・開園時間

  • 開園期間:毎年6月初旬から7月初旬まで。詳しくはホームページをご確認ください。
  • 入園料:大人700円・子供350円
  • 開園時間:8:00~17:00(16:00受付終了)
ささやま玉水ゆり園
丹波篠山市 / 花畑 / 花畑(6月) / 花畑(7月)
住所:兵庫県丹波篠山市黒岡207-1地図で見る
Web:https://tamamizu.jp/yuri/

丹波名物のご紹介

せっかく玉水ゆり園を訪れたなら、周辺も散策して、ぜひ丹波の名産をお土産に買ってみてください。

特産品と地酒

  • 写真:こごみ

丹波といえば、栗や黒豆や山芋を思い出す方も多いでしょう。シーズンになると、新鮮なものが町中のお店に並びます。また丹波篠山は日本酒どころでもあります。お酒造りのプロフェッショナル「杜氏(とうじ)」も有名で、丹波杜氏は日本三大杜氏の1つとして知られています。

取り寄せも可能な猪肉

  • 写真:こごみ
  • 写真:こごみ

丹波は猪肉でも有名で、国産の天然猪肉を扱う「おゝみや」など専門店がいくつかあります。取り寄せも可能なので、冬にはボタン鍋をお家で楽しむこともできます。

丹波篠山 おゝみや
丹波篠山市 / 肉屋
住所:兵庫県丹波篠山市乾新町40番地地図で見る
Web:https://www.oomiya.com/

おわりに

  • 写真:こごみ

鑑賞用に栽培されている以外は、初夏から夏にかけてがシーズンのゆりたち。玉水ゆり園を訪れれば、予想以外にかわいく愛らしい花であることを発見できるでしょう。

丹波篠山市の旅行予約はこちら


この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

旅と本と野球があればしあわせな毎日
興味深いものや謎に満ちたものはいろんな所に存在しています。おいしいものも食べたことないものもまだまだいっぱいある!何気ないものが思いがけない歴史を持っていたり、知らなかったことに驚いたりした時、地球って深いなあと実感する、そんな瞬間を味わいたくてあちこちうろつく日々です。
https://kogomitabi.hatenablog.com/

【岡山】映画『八つ墓村』のロケ地「満奇洞」と「笹畝坑道」めぐりはちょっと怖い

岡山には横溝正史の映画の舞台となった場所がたくさんあります。中でも有名なのが映画『八つ墓村』の洞窟「満奇洞」です。事件のお屋敷になった歴史的価値のある旧家も残さ...


【兵庫県姫路市】安富町の「かかしの里」は人とかかしがいっしょに暮らす村

四方を山に囲まれた静かな集落に、「奥播磨かかしの里」はあります。村人と見間違ってしまうくらい、かかしが山郷の風景と一体化しており、気持ちよくのんびりとしたとても...


【奈良】定番とはちょっと違う奈良みやげ9選

奈良のおみやげの定番といえば、奈良漬け、柿の葉寿司、三笠など色々と浮かびますが、今回はちょっと定番からはずれた奈良みやげを選んでご紹介。奈良公園周辺で買えるとい...

【和歌山県】みなべ町の道の駅は梅好きにはたまらないスポット!おすすめ梅みやげも

和歌山県のみなべといえば、「梅」の産地です。みなべの梅干しは全国で販売されている梅ブランド。でもみなべの梅製品は梅干しだけではないのです。お菓子、ドリンク、ジャ...

【神戸市】横尾忠則現代美術館は摩訶不思議なアート空間!カフェも楽しい

世界的にも有名な画家「横尾忠則(よこおただのり)」氏の美術館は、神戸市灘区にあります。通りを隔てて動物園と文学館が並ぶ静かな場所にありますが、外の穏やかさとは裏...

トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります