イギリス
イギリス観光
アフタヌーンティーやパブ文化も楽しみたい

イギリス国民的アニメ【ペッパピッグ】の世界へ誘うPeppa Pig World

取材・写真・文:

イギリス在住

2019年10月3日更新

9,856view

お気に入り

写真:Kisa

イギリスで国民的アニメーションといえば、「Peppa Pig(ペッパピッグ)」。約180もの国々で放送されており、今やイギリスだけでなく世界各国にファンがいるほどの人気ぶりです。そんなペッパピッグの世界観が可愛く再現されたテーマパーク、その名も「Peppa Pig World」が2011年にイギリス・ハンプシャーに誕生しました。クスっと笑っちゃうようなエピソードが魅力のペッパピッグの世界観を、ぜひ「Peppa Pig World」で思いっきり満喫しちゃいましょう!

この記事の目次表示

イギリスの国民的アニメ「Peppa Pig(ペッパピッグ)」とは

  • 写真:KisaPeppa Pig World

イギリス人なら誰もが知っている国民的アニメ「Peppa Pig(ペッパピッグ)」は、その名からもわかるようにブタさん家族を描いたアニメーションです。赤い服を着た女の子の名前が、アニメのタイトルにもなっている「Peppa Pig(ペッパピッグ)」であり、弟のジョージとマミーピグ、ダディーピグの4人?4匹?家族です。

その他、羊やうさぎ、猫、犬など様々な動物たちによる、ついクスっと笑っちゃうようなエピソードに大人はほっこりと癒され、子どもは虜になっちゃうのです◎日本ではあまり知られていないものの、DVDや本が販売されていたり、最近では子どもと一緒に日常英会話を楽しく学ぶために見る人もいるんだとか!

ペッパピッグの世界観を可愛く再現した「Peppa Pig World」

  • 写真:KisaPeppa Pig World

イギリスの子どもたちから絶大なる人気を誇る「Peppa Pig(ペッパピッグ)」。だからこそ、子どもだちにとっては夢の世界といっても過言ではないのが、2011年にイギリス・ハンプシャーにオープンした「Peppa Pig World」。

  • 写真:KisaPeppa Pig World

この「Peppa Pig World」は、Paultons Park(ポールトンズ・パーク)という140エーカーもの敷地に70ものアトラクションを誇る遊園地内にあります。入園料を支払えば、遊園地にあるアトラクションはすべてフリーパスです!

「Peppa Pig World」以外にも多くのアトラクションがあるほか、フラミンゴやペンギン、小さな水族館のような施設もあり、かなりバラエティに富んだ遊園地であることに驚かされるはずです!そのため、Paultons Park(ポールトンズ・パーク)では、家族連れ以外にも中高生グループで訪れている人も多く見かけます。

  • 写真:KisaPeppa Pig World

Paultons Park(ポールトンズ・パーク)では、90cm以上の身長があれば乗れるアトラクションの数が一気に多くなります。なお、身長100cm以下の子どもであれば入園料が無料なため、90cm以上100cm未満で訪れるのが1番お得です◎

もちろん「Peppa Pig World」では、赤ちゃんでも一緒に楽しめる乗り物がたくさんあるためご安心を!

「Peppa Pig World」でアニメの世界観に浸る

  • 写真:KisaPeppa Pig World

ゲートをくぐれば、もうそこはアニメ「Peppa Pig」の世界!アニメのなかでお馴染みのペッパのお家や、グランパ&グラニーピグのお家があったり、マダムガゼールがいるペッパとジョージが通う学校があったりと子どもはもちろん大人までもわくわくしちゃいます。

  • 写真:KisaPeppa Pig World
  • 写真:KisaPeppa Pig World

ペッパのお家のなかでは、ペッパ一家がパンケーキを焼いています。これはエピソードの1つでもあり、ダディピグがフライパンのパンケーキをひっくり返すときに高く飛ばし過ぎて天井にパンケーキがくっ付いてしまうというもの。エピソード通り、天井にはパンケーキがくっ付いているため、ぜひチェックしてみて◎

  • 写真:KisaPeppa Pig World
  • 写真:KisaPeppa Pig World

実際になかへ入ることはできないものの、グランパ&グラニーピグのお家もアニメ通り可愛く再現されています。

また、マダムガゼールのいる学校のなかは記念撮影を行うフォトスタジオになっており、気に入った写真が撮れれば購入することもできます!もちろん、自分のカメラでも撮影することができるためぜひ訪れてみて◎また、指定時間になるとペッパ&ジョージが現れて一緒に記念撮影をすることもできちゃいます!

  • 写真:KisaPeppa Pig World

時間は決まっていないものの、ペッパの親友であるスージーシープやゾエゼブラもパーク内に登場してグリーティングをしてくれます。

次のページを読む

イギリスの旅行予約はこちら

イギリスのパッケージツアーを探す

イギリスのホテルを探す

イギリスの航空券を探す

イギリスの現地アクティビティを探す

イギリスのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年9月27日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


イギリスの人気観光スポットTOP30!旅行好きが行っている観光地ランキング

バッキンガム宮殿やビッグ・ベンなどをはじめとするイギリスの観光スポットの中で、トリップノートの4万7千人の旅行好きトラベラー会員(2019年10月現在)が実際に...


ピーターラビットに会いに!イギリス・湖水地方の歩き方

美しい景観が魅力のイギリス、湖水地方。ここには、ピーターラビットの作者、ビアトリクス・ポターが住んでいた町があります。都会のスタイリッシュなイギリスもおすすめで...

檻のない動物園!?イギリス・チェスター動物園徹底ガイド

イギリス北西部の街チェスターには、国内でも随一の人気を誇る「チェスター動物園」があります。放飼場では檻や柵の代わりに水路などを使用し、動物たちの本来の生活環境が...

街全体がまるでテーマパーク!イギリス・ブラックプールで遊ぼう

イギリス北西部に位置し、アイリッシュ海に面しているイギリス最大のリゾート地Blackpool(ブラックプール)。ここには3つのピア、劇場、ダンスホール、遊園地、...

ピーター・ラビットの故郷! イギリス湖水地方「ウィンダミア湖」と「ビアトリクス・ポターの世界」

イギリス湖水地方といえば国きっての保養地であり、氷河期の影響を色濃く受けた風光明媚な場所として有名です。氷河が削り取りできた美しい渓谷には、水質の良い大小様々な...

この記事を書いたトラベルライター

イギリス在住。ママになっても一生トラベラー
イギリスにて子育て中のフリーライター。
沖縄1人旅からはじまり、現在約50ヵ国を旅するトラベラー。
1本バスを乗り違えただけでストーリが変わる1人旅の魅力にはまり、もっぱら1人旅が大好きだったときに、現在では主人であるイギリス人の彼と出会い2人旅に目覚める。
遠距離歴6年、現地集合・現地解散で2人で世界を旅する。
そして3人家族となった今も、さらに旅欲は増すばかり。
娘に見せたい景色、肌で感じてもらいたい文化、人の温かさはまさに無限。
母・娘2人旅もモロッコはマラケシュにてデビューを果たし、2歳の娘も現在10ヵ国を訪れた立派な旅人。
いつでも・どこでも自分で楽しみ方を見つけて全身で遊ぶ娘に学ぶ日々。

【ビルド・ア・ベア ワークショップ】で世界に1つだけのぬいぐるみ作り〜世界各地で体験できる!〜

世界に1つだけのぬいぐるみ作りができる「ビルド・ア・ベア ワークショップ」は、ユーモア&可愛いがあふれるお店。残念ながら日本店舗は撤退してしまったため、アメリカ...


【東京ディズニーリゾート】ミッキーたちに会える大人気レストラン「シェフ・ミッキー」

千葉県のディズニーアンバサダーホテル内にある、カジュアル・ダイニングの「シェフミッキー」。ディズニー好きにはたまらないブッフェスタイルのレストランです。ミッキー...


タイタニックの世界へタイムスリップ!イギリス/サウサンプトンにある「SeaCity博物館」

イギリス南部の街「サウサンプトン」。実はここ、映画でも知られる「タイタニック号」の母港がある街なのです。そんなサウサンプトンを訪れたのなら必ず足を運びたいのが、...

子連れに嬉しいエリアも!ロンドンヒースロー空港ターミナル2の魅力

2014年6月にリニューアルオープンした、ロンドン・ヒースロー空港ターミナル2(T2)。スターアライアンス各社の便が発着するため、全日空(ANA)直行便や韓国の...

子どもも大人も癒される注目のポルトガル最南端リゾート「ファロ」

日常の喧噪から離れてゆったりと贅沢な時間を過ごしてみませんか?そんな人にぜひ注目してもらいたいのが、ポルトガル最南端にあるリゾート地「ファロ」です。プライベート...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

アプリ「Pokke」でイギリスの音声ガイドを聴く

イギリスの観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?