本場スコットランドで魅惑のウイスキー体験!スコッチウイスキー・エクスペリエンス

75

view
   2017年11月11日更新

スコッチウイスキーの本場であるスコットランド。首都エディンバラには、スコッチウイスキーを丸ごと体験することのできるテーマパーク「スコッチウイスキー・エクスペリエンス」があります。大人も子供も楽しめる、魅惑のウイスキー体験はいかがでしょうか?

スコッチウイスキーの本場・スコットランド

「スコッチ」とは「スコットランドの」という意味。首都エディンバラについては、こちらの記事に詳しくまとめられていますので、ぜひご覧ください。このエディンバラにある「スコッチウイスキー・エクスペリエンス」は、ウイスキーの歴史や製造方法、ウイスキーを飲むのが楽しくなるような豆知識等を知ることができるテーマパークとなっています。

以下より、スコッチウイスキー・エクスペリエンスで体験できるツアーについて紹介します。

いざウイスキーの奥深い世界へ!

ザ・イギリス!感が溢れるこちらの建物が、スコッチウイスキー・エクスペリエンスです。エディンバラ城の近くにある施設ですので、立地も抜群です。

館内に入場したら、まずは樽型の乗り物へ乗り込み、スコッチウイスキーの製造工程を学ぶ旅へ出発します!入口でオーディオガイドをもらうのをくれぐれもお忘れなく(日本語もあります)。

樽に乗って、まるで別世界に迷い込んだかのような空間をひと巡り。遊園地のアトラクションのような乗り物ですので、大人だけでなく子供も十分楽しめますよ。

さて、楽しく製造工程を学んだところで、次は座学コーナーへと向かいます。

スコッチウイスキーの種類

スコッチウイスキーの産地は、ハイランド、スペイサイド、アイラ、ローランド、キャンベルタウンと、大きく5つのエリアに分けられます。地域によって自然条件や使う樽が異なるので、味わいや色香が全く違うウイスキーが出来上がります。

座学の前にもらうこちらの紙は、指でこすると、上記5つのエリアそれぞれのウイスキーの香りがするというもの。スモーキーなものもあれば、フルーティーなものもあり、とても興味深いです。

「天使の取り分」とは?

ウイスキーの種類について学んだところで、今度は薄暗い部屋へと場所を移します。この部屋では、プロジェクションマッピングを使用して、ウイスキーの熟成工程について学びます。

ここで出てくるのが、「The angels' share(天使の取り分)」という言葉。ウイスキーは、樽で熟成している間に毎年2~4%くらいずつ水分やアルコール分が蒸発し、樽から出て行ってしまうのです。

せっかく作ったのにもったいない…と思われるかもしれませんが、ウイスキー独特の味わいと香りを生むには、この熟成という工程がとても大事。そこで、「天使に飲ませてあげている分、お返しとして美味しいウイスキーをもらえているんだ」と考え、樽から減った分のウイスキーを「天使の取り分」と呼んでいるとのことです。

なんと、25年物のウイスキーとなると、当初の60%しか残らないそうですよ。熟成が進んだ年代物が高価な理由は、ココにあるんですね。

ツアーのシメは試飲!

さて、ツアーも終盤になってくると、実際にウイスキーを飲んでみたくなりませんか?こちらでは、先ほど学んだばかりの5産地+オススメのミックスの6種類から、好きなもの1つを選んで、試飲することができます。

このようにウイスキーグラスの周りにライトが当てられますので、飲みたい種類の色を指さして指定するというシステムです。なお、このウイスキーグラスは、そのままお土産として持ち帰ることができますよ。

世界最大のコレクションルーム

お好みのウイスキーを注いでもらったら、グラス片手に奥の部屋へと進みます。扉を開けると…

そこは4,000本近くのスコッチウイスキーのコレクションが並ぶコレクションルーム!辺り一面のガラスケースに、所狭しと並ぶウイスキーボトルの数々は「圧巻」の一言。ウイスキーファンなら、喜びの悲鳴をあげるほどの豪華さです。

イギリスらしい、ゴルフバッグやボールを模したボトルや、伝統衣装のボトル等、お茶目なコレクションもところどころにありますので、ご自身のお気に入りの一本を探してみてください。有名人が所有していたボトルもありますよ!

また、スタッフの方が、ウイスキーに合うおつまみや、美味しい飲み方、ブレンドの方法等の相談にも乗ってくれますので、時間いっぱいコレクションルームを楽しみましょう。

バーでもう一杯いかが?

もう少し楽しみたい!という方は、ツアーの出口にバーがありますので、ぜひ利用してみてください。こちらのバーには、400種類以上のスコッチウイスキーを置いているとのこと。英国外では入手が困難なお宝ボトルも多数あるそうですので、必見ですよ。

これでアナタもスコッチウイスキー通

ここでスコッチウイスキーを「体験」すれば、これから飲むウイスキーは、きっと一味も二味も違うはず!エディンバラへ行く際は、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

基本情報

営業時間

10:00-17:00(4月~6月は18:00まで)

料金

大人15ポンド(約2,250円)
※今回紹介した以外にも様々なツアーがあるので、詳しくはHPを確認)

スコッチウィスキー博物館

イギリス / 博物館・美術館

 

住所:354 Castlehill,The Royal Mile, Edinburgh EH1 2NE

電話:0131-220-0441

Web:https://www.scotchwhiskyexperience.co.uk/

※記事内のポンドから日本円への換算は2017年11月現在のレートを利用しています。

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年7月30日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
Travelholic

東京出身。大学卒業後OLを経て、結婚を機に渡米&渡英。フットワークの軽さとミーハー度の高さには定評があり、モットーは「思い立ったが吉日」。旅行では、その土地ならではの「食」と「美」を探すのが大好きです。

同じテーマの記事

【トラベルライターインタビューVol.1】ライターとしてのやりがいや、記事を書き続けるコツとは?ライターさんの素顔に迫ります!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!