イギリス
イギリス観光
アフタヌーンティーやパブ文化も楽しみたい

本場スコットランドで魅惑のウイスキー体験!スコッチウイスキー・エクスペリエンス

取材・写真・文:

トラベルライター

2017年11月11日更新

2,019view

お気に入り

写真:トラベルライター

スコッチウイスキーの本場であるスコットランド。首都エディンバラには、スコッチウイスキーを丸ごと体験することのできるテーマパーク「スコッチウイスキー・エクスペリエンス」があります。大人も子供も楽しめる、魅惑のウイスキー体験はいかがでしょうか?

この記事の目次表示

スコッチウイスキーの本場・スコットランド

「スコッチ」とは「スコットランドの」という意味。首都エディンバラについては、こちらの記事に詳しくまとめられていますので、ぜひご覧ください。このエディンバラにある「スコッチウイスキー・エクスペリエンス」は、ウイスキーの歴史や製造方法、ウイスキーを飲むのが楽しくなるような豆知識等を知ることができるテーマパークとなっています。

以下より、スコッチウイスキー・エクスペリエンスで体験できるツアーについて紹介します。

いざウイスキーの奥深い世界へ!

ザ・イギリス!感が溢れるこちらの建物が、スコッチウイスキー・エクスペリエンスです。エディンバラ城の近くにある施設ですので、立地も抜群です。

  • 写真:トラベルライター

館内に入場したら、まずは樽型の乗り物へ乗り込み、スコッチウイスキーの製造工程を学ぶ旅へ出発します!入口でオーディオガイドをもらうのをくれぐれもお忘れなく(日本語もあります)。

  • 写真:トラベルライター
  • 写真:トラベルライター

樽に乗って、まるで別世界に迷い込んだかのような空間をひと巡り。遊園地のアトラクションのような乗り物ですので、大人だけでなく子供も十分楽しめますよ。

さて、楽しく製造工程を学んだところで、次は座学コーナーへと向かいます。

スコッチウイスキーの種類

  • 写真:トラベルライター

スコッチウイスキーの産地は、ハイランド、スペイサイド、アイラ、ローランド、キャンベルタウンと、大きく5つのエリアに分けられます。地域によって自然条件や使う樽が異なるので、味わいや色香が全く違うウイスキーが出来上がります。

  • 写真:トラベルライター

座学の前にもらうこちらの紙は、指でこすると、上記5つのエリアそれぞれのウイスキーの香りがするというもの。スモーキーなものもあれば、フルーティーなものもあり、とても興味深いです。

「天使の取り分」とは?

ウイスキーの種類について学んだところで、今度は薄暗い部屋へと場所を移します。この部屋では、プロジェクションマッピングを使用して、ウイスキーの熟成工程について学びます。

  • 写真:トラベルライター

ここで出てくるのが、「The angels' share(天使の取り分)」という言葉。ウイスキーは、樽で熟成している間に毎年2~4%くらいずつ水分やアルコール分が蒸発し、樽から出て行ってしまうのです。

せっかく作ったのにもったいない…と思われるかもしれませんが、ウイスキー独特の味わいと香りを生むには、この熟成という工程がとても大事。そこで、「天使に飲ませてあげている分、お返しとして美味しいウイスキーをもらえているんだ」と考え、樽から減った分のウイスキーを「天使の取り分」と呼んでいるとのことです。

  • 写真:トラベルライター

なんと、25年物のウイスキーとなると、当初の60%しか残らないそうですよ。熟成が進んだ年代物が高価な理由は、ココにあるんですね。

ツアーのシメは試飲!

さて、ツアーも終盤になってくると、実際にウイスキーを飲んでみたくなりませんか?こちらでは、先ほど学んだばかりの5産地+オススメのミックスの6種類から、好きなもの1つを選んで、試飲することができます。

  • 写真:トラベルライター

このようにウイスキーグラスの周りにライトが当てられますので、飲みたい種類の色を指さして指定するというシステムです。なお、このウイスキーグラスは、そのままお土産として持ち帰ることができますよ。

世界最大のコレクションルーム

お好みのウイスキーを注いでもらったら、グラス片手に奥の部屋へと進みます。扉を開けると…

  • 写真:トラベルライター

そこは4,000本近くのスコッチウイスキーのコレクションが並ぶコレクションルーム!辺り一面のガラスケースに、所狭しと並ぶウイスキーボトルの数々は「圧巻」の一言。ウイスキーファンなら、喜びの悲鳴をあげるほどの豪華さです。

  • 写真:トラベルライター

イギリスらしい、ゴルフバッグやボールを模したボトルや、伝統衣装のボトル等、お茶目なコレクションもところどころにありますので、ご自身のお気に入りの一本を探してみてください。有名人が所有していたボトルもありますよ!

  • 写真:トラベルライター
  • 写真:トラベルライター

また、スタッフの方が、ウイスキーに合うおつまみや、美味しい飲み方、ブレンドの方法等の相談にも乗ってくれますので、時間いっぱいコレクションルームを楽しみましょう。

  • 写真:トラベルライター

バーでもう一杯いかが?

もう少し楽しみたい!という方は、ツアーの出口にバーがありますので、ぜひ利用してみてください。こちらのバーには、400種類以上のスコッチウイスキーを置いているとのこと。英国外では入手が困難なお宝ボトルも多数あるそうですので、必見ですよ。

  • 写真:トラベルライター

これでアナタもスコッチウイスキー通

ここでスコッチウイスキーを「体験」すれば、これから飲むウイスキーは、きっと一味も二味も違うはず!エディンバラへ行く際は、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

  • 写真:トラベルライター

基本情報

営業時間

10:00-17:00(4月~6月は18:00まで)

料金

大人15ポンド(約2,250円)
※今回紹介した以外にも様々なツアーがあるので、詳しくはHPを確認)

スコッチウィスキー博物館
イギリス / 博物館・美術館 / 博物館
住所:354 Castlehill,The Royal Mile, Edinburgh EH1 2NE地図で見る
電話:0131-220-0441
Web:https://www.scotchwhiskyexperience.co.uk/

※記事内のポンドから日本円への換算は2017年11月現在のレートを利用しています。

イギリスの旅行予約はこちら

イギリスのパッケージツアーを探す

イギリスのホテルを探す

イギリスの航空券を探す

イギリスの現地アクティビティを探す

イギリスのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【ノリッジ】英国人に人気!知られざる美しい街を訪ねる旅

2016年にガーディアン紙による「英国人が選ぶ働きやすい街No.1」に選ばれた、イギリス東部の街ノリッジ(Norwich)。中世の街並みが残る美しく穏やかな街は...


イギリス北部の魅力が溢れる港町、ウィットビーで訪れたいスポット5選

広大な北海に古い港町。そして、高台に佇む聖メアリ教会と廃墟のウィットビー修道院。その寒々しい情景から生まれたホラー小説『吸血鬼ドラキュラ』では、ドラキュラ伯爵が...

イギリス国民的アニメ【ペッパピッグ】の世界へ誘うPeppa Pig World

イギリスで国民的アニメーションといえば、「Peppa Pig(ペッパピッグ)」。約180もの国々で放送されており、今やイギリスだけでなく世界各国にファンがいるほ...

街全体がまるでテーマパーク!イギリス・ブラックプールで遊ぼう

イギリス北西部に位置し、アイリッシュ海に面しているイギリス最大のリゾート地Blackpool(ブラックプール)。ここには3つのピア、劇場、ダンスホール、遊園地、...

ピーター・ラビットの故郷! イギリス湖水地方「ウィンダミア湖」と「ビアトリクス・ポターの世界」

イギリス湖水地方といえば国きっての保養地であり、氷河期の影響を色濃く受けた風光明媚な場所として有名です。氷河が削り取りできた美しい渓谷には、水質の良い大小様々な...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

アプリ「Pokke」でイギリスの音声ガイドを聴く

イギリスの観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります