イギリス
イギリス観光
アフタヌーンティーやパブ文化も楽しみたい

イギリス北部の魅力が溢れる港町、ウィットビーで訪れたいスポット5選

取材・写真・文:

千葉在住

2017年7月11日更新

3,220view

お気に入り

広大な北海に古い港町。そして、高台に佇む聖メアリ教会と廃墟のウィットビー修道院。その寒々しい情景から生まれたホラー小説『吸血鬼ドラキュラ』では、ドラキュラ伯爵が船で漂流し流れついた地としてウィットビーが登場します。そんなイメージがある一方で、街中の賑わいは対照的です。石畳の道にはカラフルな外壁の可愛い家が並び、レストランやカフェ、ブティックや雑貨店はどれも魅力的で入らずには入られません。この記事では、イギリス北部の観光地として人気を博すウィットビーの魅力と、観光スポットをご紹介します。

この記事の目次表示

ウィットビーは、どんな街?

  • 写真:Nozウィットビー駅に降り立つと、すぐ目の前には港町が広がります。

ウィットビー(Whitby)はイギリス北部のノースヨークシャーという地域にある、北海に面した小さな港町です。ノースヨークムーアズ国立公園の草原地帯に囲まれ、エスク川の豊かな水源が北海へ流れ込む河口を中心に、街が広がっています。

657年に修道院が完成した頃、街は漁港の役割を担っていました。867年、ヴァイキングの襲撃により修道院が破壊されますが、その後1078年には新たな修道院が建立され、その頃から現在の街の名前である「ウィットビー」が使われるようになりました。

ウィットビーは木造船の製造や鯨油搾取の基地として栄えますが、18世紀に鉄道が開通すると、海辺のリゾートを満喫できる北部の観光地として発展します。

ウィットビーの魅力・・それは、ノースヨークシャーの自然と北海の景色、そして海の恵にあり!

  • ウィットビー・アビィからの眺め

北海を望むリゾート地であるウィットビーには、現在も年間を通して国内外から多くの観光客が訪れます。海辺の景色や歴史的建造物など、街中には見どころがたくさんあります。

また、港の観光クルーズをはじめ、沖に出るクルーズではイルカやクジラウォッチング、エスク川を登るクルーズでは日向ぼっこをする野生のアザラシを見ることができるなど、レジャーも充実しています。

  • ウィットビー・クリフから街を眺める

そして、港町観光の目玉といえば海の幸です。ウィットビーで味わえるフィッシュ&チップスやフィッシュケーキはどれも絶品で、これら海の幸を目当てに何度も訪れる方も多くいるようです。


ウィットビーで訪れたい!スポット5選

  • 写真:Noz港越しに眺める街並み

魅力がたくさん詰まったウィットビーですが、街自体は小さなエリアに集まって形成されているので、徒歩で周ることもできます。電車やバスの面倒な移動も不要なので、のんびりと気ままに過ごすことができるのも、ウィットビー観光の魅力の1つといえます。

そんなウィットビーの、訪れたいスポット5選をご紹介します。ウィットビー観光のポイントを、日帰りでも余すことなく攻略できる内容です。

スポットその1 「聖メアリ教会と、ウィットビー修道院」

  • 波止場

街を見下ろす高台の上に並ぶ聖メアリ教会(St Mary's Church)とウィットビー修道院(Whitby abbey、ウィットビー・アビー)は、ウィットビーのシンボルとも呼べる存在です。

幾度の破壊と浸食によって廃墟と化した修道院の建物は、13世紀から15世紀にかけて建てられたものです。現在はイギリス重要建造物に指定され、保護されています。

高台の足元から伸びる199段の階段を登ると、はじめに聖メアリ教会の小さな建物にたどり着きます。聖メアリ教会は12世紀から存在し、現在も礼拝を行なっている現役の教会です。そこを通り抜けた先には修道院の入口があり、入場券を購入するチケット売り場や資料館があります。

  • ウィットビー・アビィ
聖メアリ教会
イギリス / 社寺・教会
住所:22 Henrietta St, Whitby YO22 4DW イギリス地図で見る

スポットその2「シャンブルズ」

  • 写真:Nozカフェの外にはテラス席も見かけます

シャンブルズ(The Shambles)は、修道院に続く199段の階段の足元に広がるエリアを指します。石畳の道が通り、その両脇にはコテージやお店が所狭しと並び、観光や買い物客で賑わう場所です。

  • 写真:Nozシャンブルズで見かけた、レストラン兼コッテージの可愛らしい建物。

坂の多い場所ですが、建物の間から時折見える海との情景がとても素敵な場所です。眺めの良いテラスやベンチを見つけて、休みながら満喫するのも良いでしょう。

  • 写真:Nozベンチもあるので、坂が多くても安心して散策できます
シャンブルズ
イギリス / 町・ストリート
住所:Church St Whitby YO22 4DE イギリス地図で見る

次のページを読む

イギリスの旅行予約はこちら

イギリスのパッケージツアーを探す

イギリスのホテルを探す

イギリスの航空券を探す

イギリスの現地アクティビティを探す

イギリスのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年7月11日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

店舗総数は1,000軒超え!ロンドンのカムデン・マーケットで外せない厳選ショップ21選

ロンドンでは、街中の通りや倉庫など様々な場所でマーケットが行われています。その中でも上位の人気を保つカムデン・マーケットには、ヴィンテージやオリジナルデザインの...

ピーターラビットに会いに!イギリス・湖水地方の歩き方

美しい景観が魅力のイギリス、湖水地方。ここには、ピーターラビットの作者、ビアトリクス・ポターが住んでいた町があります。都会のスタイリッシュなイギリスもおすすめで...


イギリス随一の城郭都市「チェスター」のおすすめ観光スポット10選

チェスター(Chester)は、イギリス北西部にあるチェシャー州の州都で、ウェールズとの境に位置しています。街の中心部には中世の雰囲気漂う城壁や円形劇場があり、...

【イギリス】ハリーポッター誕生の地を巡る、魅惑の街エディンバラ!

『ハリーポッター』の物語が書かれた街が、英国スコットランド地方の州都エディンバラにあります。作者のJ.K.ローリングがペンを握り、1杯のコーヒーを飲みながら物語...


路線バスに乗っているだけで次々に観光名所が!ロンドンバス・ルート11

なんと、ロンドンの路線バスには乗っているだけで有名な観光地を縫うように進むルートがあるのです!バス停を拠点に移動すれば迷わず観光地を回れるお助けツールに!また、...

この記事を書いたトラベルライター

何でも見たい知りたい食べたい、そして伝えたい!
東京生まれ、東京育ち、なのにイギリスと縁がある、関東在住のトラベルライターです。動物好きが高じて英語を習得し、イギリスを訪れるようになりました。今では旅行人と地元人の両方の視点で情報を集めています。一方で、下町情緒あふれる門前仲町、新旧の文化が入り混じる麻布など、近場を日帰りで散策するのも好きです。最近になり運転免許を取得してからは、六甲山や那須塩原など散策の範囲が大きく広がりました。^ ^ 新しいこと、美味しいもの、楽しいこと、、何でも知りたい、そして伝えたい!旅の計画から週末の予定まで、役立つ情報を発信していきます。

店舗総数は1,000軒超え!ロンドンのカムデン・マーケットで外せない厳選ショップ21選

ロンドンでは、街中の通りや倉庫など様々な場所でマーケットが行われています。その中でも上位の人気を保つカムデン・マーケットには、ヴィンテージやオリジナルデザインの...

下町情緒あふれる!【東京】月島&佃エリアのおすすめ観光スポット

月島を訪れたら食べたいのが、もんじゃ焼き。50店舗以上が集まるもんじゃストリートはいつも活気と笑い声に溢れています。そして近代化した街中に未だ江戸情緒が残る佃は...


ロンドンから日帰りで行ける!イギリスの歴史や王室の魅力が溢れる街・ウィンザー

イギリスに旅行で訪れる方の多くは、ロンドンを拠点に1週間前後の滞在日数で観光の計画を立てます。異なる文化は発見と驚きの連続で、旅行の醍醐味とも言えますが、一方で...

皆でワイワイ!一人で気ままに!東京・月島のもんじゃ店、おすすめ3選

月島に来たら是非食べて帰りたいのが、もんじゃ焼きです。月島にはなんと50店舗以上のもんじゃ焼き店があるのですが、同じ「もんじゃ」と言ってもダシや具材の種類や配分...


イギリス随一の城郭都市「チェスター」のおすすめ観光スポット10選

チェスター(Chester)は、イギリス北西部にあるチェシャー州の州都で、ウェールズとの境に位置しています。街の中心部には中世の雰囲気漂う城壁や円形劇場があり、...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

アプリ「Pokke」でイギリスの音声ガイドを聴く

イギリスの観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?