養老町(養老郡)

【岐阜】疲れた時こそ行きたいパワースポット「養老の滝」と「菊水泉」

取材・写真・文:

訪問エリア:45都道府県

2021年11月26日更新

721view

お気に入り

写真:mikish

名古屋から日帰りで行ける避暑地、養老の滝。実はすごいパワースポットも近くにあることをご存じでしょうか?今回は、「疲れた時にこそあえて行っていただきたい」養老の滝への涼しい散策コースと、滝の近くにある日本の名水100選「菊水泉(菊水霊泉)」についてご紹介します。

この記事の目次表示

養老の滝とは?

  • 写真:mikish

養老の滝があるのは岐阜県養老郡養老町で、岐阜県大垣市の西隣に位置しています。このエリア一帯は木曽三川(揖斐川・長良川・木曽川)が地下でぶつかって湧き出す綺麗な湧水が有名で、大垣市は「水都」として昔から親しまれてきました。

そんな水の聖地ともいえるこのエリアの源流にほど近い所にある養老の滝は、近年ではマイナスイオンを感じられる場所としても挙げられ、森林浴を兼ねた散策にもおすすめの場所なのです。

また、養老の滝には「孝子伝説」という親孝行な若者にまつわる不思議な昔話が語り継がれていたりと、古い時代からずっとパワースポット的な場所だったようです。興味がある方はこちらをチェックしてみてくださいね!

養老の滝へ向かう前に…おすすめの駐車場

養老の滝へは車で行くという方が多いかと思いますが、注意して欲しいのは車を停める駐車場のチョイスです。駐車場は大きく分けて2か所あるため、目的に合わせて選んでくださいね。

まず一つ目の駐車場は「養老の滝駐車場」です。カーナビで目的地を養老の滝に設定するとまず始めに案内されるこの駐車場は、滝に最寄りで、駐車場から滝まで歩いて3分ほどの距離となっています。

ただし駐車場に停めるまでの道幅は非常に狭く、すれ違うのがやっとという雰囲気の山道を通過する必要があります。滝まで歩く体力に自信が無い方などにおすすめの駐車場です。(駐車料金は平日500円・休日1,000円)

続いて二つ目の駐車場は、「養老公園入口駐車場」(上記マップで言う第1P~第3P)。この駐車場は、養老の滝の他にも養老天命反転地や養老こどもの国に行く際にも便利な場所にあり、とても広いうえに通常は無料で停められるというイチオシの駐車場です。養老の滝への散策を楽しみたいという方には断然こちらがおすすめ。ちなみに駐車場から滝までは、のんびり歩いて40分ほどの距離です。

今回は養老公園入口駐車場から養老の滝まで散策するルートをご紹介していきます!※電車で行く場合、養老駅から養老公園入口駐車場まで徒歩で10分ほどです。

いざ養老の滝へ散歩スタート!

河川敷、売店、案内所などをのぞき見しながらゆったりと歩こう

駐車場から歩き始めると早速、たくさんのお土産屋さんや売店が見えてきます。滝までの道のりは結構長いので、ここはのんびりお店を覗いたりしながら進んでいきましょう。

また、左側には整備された河川敷があり、夏の水位が低い日なら水遊びができたりと気持ちの良い場所があります。時間に余裕があれば、ちょっと立ち寄ってみるのも楽しいです。

  • 写真:mikish
  • 写真:mikish

売店ではありませんが、スタンプを押せる施設もありますよ。「親孝行のふるさと会館」という名前の観光案内所のような建物で、スタンプを押すスペースがある他に、養老近辺のパンフレットなどがありますよ。こちらも記念に覗いてみてくださいね。

また「孝子」についての説明が書かれた展示もあるので、とりあえず一読してから先へ進みましょう。養老の滝や、菊水霊泉のありがたみが増すこと間違いありません。

親孝行のふるさと会館(観光案内所)
養老町(養老郡) / 観光案内所・ビジターセンター
住所:親孝行のふるさと会館地図で見る
Web:http://www.kanko-yoro.jp/
  • 写真:mikish

さて、売店では様々な魅力的な食べ歩きフードが売られていますが、ここでは王道のお団子がおすすめです。養老清水のお団子は、20数年前から売られていましたが、最近新たにトッピングを選べるように進化しています。

プレーンな白いお団子か、よもぎがたっぷりと入った草団子から選択し、さらにその上にトッピングする「味噌」「甘だれ」などを選ぶこともできるというシステムです。(価格はどれも380円)

  • 写真:mikish

こちらはトッピングなしの草団子。写真ではわかりづらいのですが、団子一つ一つが子供の手のひらくらいの大きさがある「大きな」お団子です。団子自体に結構しっかりと甘味が付いているので、トッピングなしでも十分美味しくいただけますよ!

お団子を買うついでに、ペットボトルに入って売られている水も買っておきましょう。滝までの道のりでは結構汗をかくことになるので水分補給をしっかりと行う必要がありますし、空になったボトルは後ほど使います!捨てずにリュックに入れておいてくださいね。

養老 清水
養老町(養老郡) / 食べ歩き / 流しそうめん / かき氷
住所:岐阜県養老郡養老町養老公園1274地図で見る
Web:https://yoro-shimizu.favy.jp/

ラストスパートは結構な傾斜

  • 写真:mikish

お団子で腹ごしらえをした後は、滝に向けた散策もラストスパート!渡月橋のあたりで、ルートは二手に分かれ、川の左側を歩くコースと、右側を歩くコースがあります。

左側コースは人気があり、歩きやすく整えられているコースです。初めて養老の滝を目指す方ならまずは左側を選んでおけば間違いないでしょう。

  • 写真:mikish

左側のコースを選んだ場合、滝に着くまでの最後のトイレは坂の中腹、紅葉橋を過ぎたあたり左手にあります。このトイレは、山のトイレだとは到底思えないくらい綺麗。滝を見ると、なぜかトイレに行きたくなるので必ず立ち寄っておきましょう。

  • 写真:mikish
  • 写真:mikish

写真のように、歴史を感じさせる石碑もあるので、ゆっくり見学しながら歩くのが楽しいコースです。ちなみにもう一方の右側コースは、人が少なく、より自然に近くて昔ながらの散策路といった雰囲気を味わえますよ。

滝に到着

  • 写真:mikish

さあいよいよ、養老の滝に到着です。行幸橋のたもとは絶好の写真撮影のポイントになっていますのでとりあえずこの場所で、滝をバックにして一枚撮っておいてくださいね。

ここで満足して帰ってしまう人もチラホラ居るようですが、それは勿体ないです!体力が許すなら、さらに右奥へ続く少し狭い階段を上ると養老の滝に最接近して滝つぼを見られます。

  • 写真:mikish
  • 写真:mikish

滝つぼではマイナスイオンをたっぷりと浴びて、滝の雫を軽くかぶれば火照った体もクールダウンできますよ。ここにはしめ縄を巻いた岩があり、撮影スポットになっています。

養老の滝
養老町(養老郡) / 自然・景勝地 / 観光名所 / 絶景 / 滝 / パワースポット / 春のおすすめ観光スポット / 夏のおすすめ観光スポット / 秋のおすすめ観光スポット / ハイキング / ツーリング
住所:岐阜県養老郡養老町高林1298−2地図で見る
電話:0584-32-0501
Web:https://www.yoro-park.com/facility-map/yoro-falls/

次のページを読む

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2021年6月22日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


岐阜デートに!カップルにおすすめのデートスポット30選

散策が楽しい白川郷合掌造り集落に飛騨高山さんまち通り、モネの『睡蓮』に似ていると話題になったモネの池、不思議な世界を体験できる養老天命反転地など、カップルのお出...


【岐阜】コロナ禍で人気が上昇した観光スポット29選

トリップノートのアプリでトラベラー会員が登録した「行ったスポット」のランキングを元に、新型コロナウイルス感染症の流行が始まる前と比べて、人気が上昇した岐阜県の観...

【岐阜】涼を求めて、岐阜県でおすすめの名瀑12選

県北部が山間部となっている岐阜県は、今回のテーマ「滝」の宝庫です。県内では、それぞれに違う表情が楽しめる数多くの美しい名瀑に出会えます。今回はそんな滝の宝庫の岐...

【岐阜】無料カートの利用もできる♪子連れで「養老公園」周遊

岐阜県の紅葉スポット、避暑地、パワースポットとして名高い「養老公園」は、その広大な敷地の中に様々な見どころがあります。今回は、「養老天命反転地」「こどもの国」「...

岡本太郎も認める天才が作った不思議空間。岐阜県・養老天命反転地とは?

突然ですが、荒川修作という芸術家をご存知でしょうか? 岡本太郎にかわいがられ、1982年には紫綬褒章も受賞するほどの実力の持ち主であると同時に、三島由紀夫からも...

この記事を書いたトラベルライター

[国内97温泉地滞在]温泉旅をこよなく愛する子連れトラベラー
私にとって、未知なる場所へ行くことは最高の楽しみです。
目的地へ向かう道中も含めて、旅行が大好き。
そこで出会う人、景色、そして食べ物、すべてに心ときめきます。

大学卒業後は温泉に夢中になり、一日でも休みがあれば温泉旅行へ。
仕事帰りに夜行バスに乗って日本国内を周りました。

現在は1児の母として育児に奮闘しながら、のんびり家族旅行を楽しんでいます。

育児に頑張るママさんパパさん方へも
疲れた心と体を癒す旅行の情報をお伝えできれば幸いです。

【豊田市】鞍ヶ池公園にある無料動物園のクセがすごい!デートにもファミリーにもおすすめ

東海環状自動車道のハイウェイオアシスでもあり、アクセス良好な愛知県豊田市立鞍ヶ池公園は、ボート池・動物園・芝生広場・植物園など盛りだくさん。カップルにもファミリ...


共通語は英語!?クラブメッド石垣島で海外リゾート気分を満喫しよう!!

フランス発のリゾート、クラブメッドをご存知でしょうか?オールインクルーシブ(つまり滞在中は食べ放題&飲み放題&遊び放題)のリゾートです。沖縄県にあるクラブメッド...


【愛知】絶景ありグルメありブランコあり!日間賀島で遊びつくそう!

ご存知でしょうか?日本三大都市のひとつ名古屋市からたったの1時間強で行ける離島、日間賀島(ひまかじま)。昔から、近海でたくさん獲れるタコとフグがとても美味しいこ...

【豊田市】夏の香嵐渓で「流しそうめん」と森林浴!三州足助屋敷で過ごす涼しい週末

東海地方が誇る紅葉の超名所「香嵐渓(こうらんけい)」が、実は夏も楽しめるスポットだということをご存じでしょうか?流しそうめんなどのイベントも盛りだくさん、家族み...

【沖縄】ジャグジーから満天の星空も!カヌチャリゾートで過ごす休日

今度の大連休はリゾートへ行こう!という時にまず思いつくのが沖縄ですよね。今回は、沖縄県に数あるリゾートホテルの中でも広大な敷地面積を誇る「カヌチャベイホテル&ヴ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります