養老町(養老郡)

【岐阜】疲れた時こそ行きたいパワースポット「養老の滝」と「菊水泉」

取材・写真・文:

愛知在住
訪問エリア:45都道府県

2021年11月26日更新

5,793view

お気に入り

この記事の目次表示

滝の後はパワースポット「菊水泉」へ!

滝を楽しんだ後は、いよいよ究極のパワースポット「菊水泉」を目指します。目指すと言っても、道のりは全然険しくありませんので安心してください。

  • 写真:mikish(石川美佳)

滝を背にして、来た道を左方面へ進みます。妙見橋を越えたらさらに左方向へ行くと、すぐに「菊水」の文字が見えてきますよ。

養老神社のふもとに菊水泉あり

  • 写真:mikish(石川美佳)

長い階段が一層神聖な雰囲気を醸し出す養老神社を見つけたら、その右側にあるのが菊水泉です。想像するよりザバザバと水が流れ続けていて、小さいながらにすごい存在感を表しています。

  • 写真:mikish(石川美佳)

まずはお水を手で触ってみてください。敏感な方なら、あっと言う間に清められるのを感じるかもしれません。筆者の感想としては、東海地方で有数のパワースポットだと思います。

体がスッキリしたところで、さきほど水を飲んだ時にリュックに入れておい空ペットボトルに水を詰めて持ち帰りましょう。筆者はそのまま飲んでも平気でしたが、念のため煮沸するのが安心かもしれません。コーヒーが美味しく淹れられるらしいですよ。

自分で汲んだ天然水は、美味しさも特別感も格別です。孝子がひょうたんに詰めて持ち帰ったらお酒になったそうなので、ペットボトルに詰めたお水も帰宅後、もしかしたら…なんて淡く想像するのも面白いものです。

お水を楽しんで手を清めたら、養老神社で参拝して山を下りましょう。

菊水泉
養老町(養老郡) / 名水 / 名水百選
住所:岐阜県養老郡養老町養老公園1286地図で見る
Web:http://www.kanko-yoro.jp/docs/2015091100254/
養老神社
養老町(養老郡) / 神社
住所:岐阜県養老郡養老町養老公園1288−1地図で見る
Web:http://www.kanko-yoro.jp/docs/2015091500238/

帰り道のおたのしみ

さて養老の滝と菊水泉という目的を果たした後の散策にも、お楽しみが待っています。

日本初のサイダーとラムネの飲み比べ

  • 写真:mikish(石川美佳)ラムネ(150円)養老サイダー(290円)飲み比べはいかが?

渡月橋を過ぎて売店が並ぶ通りに戻ってきたら、すっきり美味しいサイダーを飲んでみるのはいかがでしょう?その名も「養老サイダー」は、明治から販売している「日本最初のサイダー」なんだそうです。

  • 写真:mikish(石川美佳)
  • 写真:mikish(石川美佳)

こちらの売店では、2種類の冷やし方で養老サイダーが売っているので好みで選ぶことができます。ひとつは、冷蔵庫でキンキンに冷やされたもの、もうひとつは、さっき触った冷涼な菊水で自然な温度に冷やされたもの。菊水で冷やしたものの方が、なんだか美味しく感じそうですよね。

ラムネと飲み比べてみるのもおすすめです。養老サイダーの味は甘さ控えめで、疲れた体にほどよい糖分を補給できますよ。ラムネの方がかなり甘めです。

大黒屋
養老町(養老郡)
住所:岐阜県養老郡養老町養老公園1274地図で見る
電話:0584-32-0544

駐車場の手前にある養老寺

まだまだお楽しみは続きます。駐車場の手前で、古びたお寺の前を通るのですが、そこで販売されているのが誕生日占い(100円)です。

  • 写真:mikish(石川美佳)

なんと365日の誕生日占いが1日づつ紙に印刷されて、ずらっと並べて無人販売されています。

  • 写真:mikish(石川美佳)

現代ではインターネットで簡単にできる占いも、紙に書いてあるとなんだか記憶に残りそうですよね。内容も子供騙しなものではなく結構なボリューム感で書かれているので、旅の記念に一部購入してみてはいかがでしょうか。

  • 写真:mikish(石川美佳)

もうひとつのお楽しみは、俳句(無料)です。俳句?と不思議に思うところですが、先ほどの占い販売所のお隣に、俳句ポストと用紙、鉛筆が用意されていて、自由に詠んで投函することができます。無料で投函できるうえに、入選すると掲示板に飾ってもらえるようですよ。

旅先で一句詠むという、何とも風流な遊びを是非してみてくださいね。

養老寺
養老町(養老郡) / 寺
住所:養老寺 岐阜県養老郡養老町養老公園地図で見る
Web:http://www.kanko-yoro.jp/docs/2015091100278/

最後に

  • 写真:mikish(石川美佳)

名古屋からでも日帰りで十分に楽しめる避暑&パワースポット「養老の滝」と「菊水泉」をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。疲れた時にこそ、極上の癒しをお目当てに小旅行に出かけてみてくださいね!

次のページを読む

養老町(養老郡)の旅行予約はこちら


この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2024】日本の人気の滝TOP35!旅行好きが行っている全国の滝ランキング

華厳の滝や袋田の滝、白糸の滝などをはじめとする日本の人気の滝を、トリップノートの9万2千人を超える旅行好きトラベラー会員(2024年1月現在)が実際に行っている...


日帰り旅行に!東海地方のおすすめ観光スポット・エリア33選

下呂温泉に三島スカイウォーク、志摩スペイン村などの大人気スポットから、飛騨古川に浜名湖ガーデンパーク、修善寺虹の郷などの穴場スポットまで、日帰りでのお出かけ旅行...

【東海】避暑に訪れたい!夏でも涼しい場所23選

心地よい風が吹き抜ける「三島スカイウォーク」や、夏の避暑にもぴったりな「香嵐渓」、標高1,212mの山頂までリフトで気軽に行ける「御在所岳」など、暑い日に避暑に...

【東海】自然に癒される!景色のいいおすすめカフェ14選

天空カウンターから中央アルプスを見わたす「カフェー 清涯荘」や、隈研吾設計の店舗から海を一望できる「コエダハウス」、飛騨高山の里山散歩も楽しめる「櫟」など、自然...

岐阜デートに!カップルにおすすめのデートスポット30選

散策が楽しい白川郷合掌造り集落に飛騨高山さんまち通り、モネの『睡蓮』に似ていると話題になったモネの池、不思議な世界を体験できる養老天命反転地など、カップルのお出...

この記事を書いたトラベルライター

[国内97温泉地滞在]温泉旅をこよなく愛する子連れトラベラー
私にとって、未知なる場所へ行くことは最高の楽しみです。
目的地へ向かう道中も含めて、旅行が大好き。
そこで出会う人、景色、そして食べ物、すべてに心ときめきます。

大学卒業後は温泉に夢中になり、一日でも休みがあれば温泉旅行へ。
仕事帰りに夜行バスに乗って日本国内を周りました。

現在は1児の母として育児に奮闘しながら、のんびり家族旅行を楽しんでいます。

育児に頑張るママさんパパさん方へも
疲れた心と体を癒す旅行の情報をお伝えできれば幸いです。

2020年10月 NHKさらさらサラダ出演

【豊田市】鞍ヶ池公園にある無料動物園のクセがすごい!デートにもファミリーにもおすすめ

東海環状自動車道のハイウェイオアシスでもあり、アクセス良好な愛知県豊田市立鞍ヶ池公園は、ボート池・動物園・芝生広場・植物園など盛りだくさん。カップルにもファミリ...


共通語は英語!?クラブメッド石垣島で海外リゾート気分を満喫しよう!!

フランス発のリゾート、クラブメッドをご存知でしょうか?オールインクルーシブ(つまり滞在中は食べ放題&飲み放題&遊び放題)のリゾートです。沖縄県にあるクラブメッド...


【豊田市】夏の香嵐渓で「流しそうめん」と森林浴!三州足助屋敷で過ごす涼しい週末

東海地方が誇る紅葉の超名所「香嵐渓(こうらんけい)」が、実は夏も楽しめるスポットだということをご存じでしょうか?流しそうめんなどのイベントも盛りだくさん、家族み...

【愛知】絶景ありグルメありブランコあり!日間賀島で遊びつくそう!

ご存知でしょうか?日本三大都市のひとつ名古屋市からたったの1時間強で行ける離島、日間賀島(ひまかじま)。昔から、近海でたくさん獲れるタコとフグがとても美味しいこ...

距離感!目線!やっぱりスゴイ!大阪「海遊館」のオモロイ展示5選

大阪の観光地として超有名な水族館、その名も「海遊館」。実はこちら、世界最大の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」でアジアの水族館第一位に選ばれたこともあると...

トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります