アメリカ
アメリカ観光
大都会も大自然も楽しめるエキサイティングな国

日本ではできない体験!アメリカでガン・シューティング【GILBERT INDOOR RANGE】

取材・写真・文:

兵庫在住
訪問エリア:18ヶ国

2018年12月6日更新

37,552view

お気に入り

この記事の目次表示

手ぶらでOK!【Beginner Shooting Range Package ビギナーパッケージ】

様々なプランがありますが、旅行中であれば【Beginner Shooting Range Package ビギナーパッケージ】がオススメ!$69(約9,000円)で体験できます。

このパッケージの内容は…

  • 1レーン
  • 22経口の銃が一丁
  • ゴーグルとイヤホン
  • 弾数は50個

時間制限はなく、1つのパッケージ料金で何人かとシェアしてもOK!その場合は、1つの銃を交代で使用、弾数も1人分をシェアすることになります。

また、extra料金はかかりますが、弾を追加したり、22経口以外の銃に変えることも可能です。

いざ!射撃レーンへ!

いくら座学やテストで勉強しても、いざ銃を持つとなるとドキドキするものです。でも、ビギナーパッケージであれば、スタッフの方が必ず付いて、丁寧に教えてくれるのでご安心ください。

レンタルできる「22経口」は、初心者向けの威力が最も低いと言われる銃です。

弾倉もカッターナイフほどの小ささで、弾も想像以上に小さいものです。上の写真でいうと、左にあるゴールドものが弾、それを弾倉の上(手で持っている弾倉の左側)に詰めていきます。

力まないで腕を動かすのがポイント

筆者に付いてくれたスタッフさんの受け売りですが、構えると、つい緊張して体がガチガチになり、頭を動かしてしまいがち。でも 頭は動かさずに腕を動かす のがポイントだそうです。

また、腹筋と脇には力を入れて、グリップもしっかり握る。でも力を入れすぎると振動で手首を傷めてしまうので気を付けてください。トリガーを引く時は、指に力を入れないで、そっと引くように。

握り方もしっかりレクチャーしてもらおう!

映画などではヒーローが片手で銃を撃っているシーンがカッコ良かったりしますが、射撃場ではちゃんと両手で構えなければいけません。

先ほど効き目をチェックしましたが、基本的には 効き目側がグリップを握る利き手(dominant hand)になります。そして、逆の手「サポートハンド」(Support hand)を添え、ターゲットは 両目で捉えます。

利き手の持ち方は基本的にはどの銃も同じですが、サポートハンドの手の位置は、銃のタイプによって変わり、危険な持ち方もあるので、しっかりスタッフさんにレクチャーしてもらいましょう。

また、普段使っている「利き手」と「利き目」が同じなのがベストですが、もちろん逆の人もいます。やはり逆だと的中率は落ちるそう。競技などでは「利き目」を「利き腕」に合わせられるよう矯正するそう。でも一時的に楽しむなら、やり易い持ち方、構え方で良いかと思います。

よーく狙ってShoot!

22経口の銃は、まさに「パン!」という音です。人によって感じ方は違うかもしれませんが、軽い感じ。

筆者は 9mm の銃も別途料金を払って試したのですが、さすが別物!「ズドン!」というすごい音と振動。弾が出る圧のせいで、かなり手首が反り返ってしまいます。日本では自衛隊が採用している銃だそうです。

なお、立ち位置からターゲットまでの距離は調整できます。慣れないうちは、ものすごく手前からでもOK!恥などは捨てて、ガンガン前にセットしましょう。やっぱり的に当たるのは爽快感があります。

ターゲットシートはお土産に♪

自分が撃ったターゲットシートは持ち帰ることができます。滅多にできない体験ですから、ぜひお土産にどうぞ!

GILBERT INDOOR RANGE
アメリカ / 体験・アクティビティ
住所:14690 Rothgeb Drive Rockville, MD 20850地図で見る
Web:http://www.gilbertindoorrange.com/home.html

アメリカの旅行予約はこちら

アメリカのパッケージツアーを探す

アメリカのホテルを探す

アメリカの航空券を探す

アメリカの現地アクティビティを探す

アメリカのWi-Fiレンタルを探す

アメリカのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年12月5日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【ビルド・ア・ベア ワークショップ】で世界に1つだけのぬいぐるみ作り〜世界各地で体験できる!〜

世界に1つだけのぬいぐるみ作りができる「ビルド・ア・ベア ワークショップ」は、ユーモア&可愛いがあふれるお店。残念ながら日本店舗は撤退してしまったため、アメリカ...


【アメリカ】大人も女子も必見!ヒューストン・NASAジョンソン宇宙センター

テキサス州・ヒューストンといえばNASAのジョンソン宇宙センターが有名。でも実際なにがあるのか?どんな楽しみ方があるのか?アミューズメント施設とあなどることなか...

【アメリカ】忘れられた地下都市!?シアトルアンダーグラウンドツアーをご紹介

スターバックス1号店やアマゾンの本社があり、産業都市であるシアトル。そんなシアトルの発祥地とされる「パイオニアスクエアの地下」には、かつてのシアトル市街地がひっ...

見どころ満載!カラフルで独特な岩がステキ!アメリカ・ザイオン国立公園

アメリカの国立公園「Zion ザイオン」は、そびえ立つ岩の色合いがとっても独特!白やオレンジ、ココア色だったり。日本ではあまり馴染みない国立公園かもしれませんが...

1日で世界旅行が出来ちゃう場所!?ウォルト・ディズニー・ワールド/EPCOT(エプコット)

アメリカのフロリダ州オーランドにあるウォルト・ディズニー・ワールド。その中にEPCOT(エプコット)というパークがあるのをご存じですか?EPCOTとはExper...

この記事を書いたトラベルライター

じっとしているのは耐えられない旅行好き&飲兵衛です
日本在住ですがアメリカで生活したこともあり、その時にすっかりアメリカ大陸の自然に魅了されました。それ以来、帰国しても日本の自然の素晴らしい場所をあちこち旅行するのが好きです。1児の母でもありますので、“子連れで行くとどんな旅になる?!”という視点も織り交ぜていろんな場所をご紹介できればと思っています。
http://blog.goo.ne.jp/makiko0213ha

シカゴに行ったらコレを食べよう!歴史と共にある4つの個性派グルメ

アメリカ本場でステーキといったらニューヨーク?いえいえ実は、アメリカ人の間では「肉といったらシカゴ!」と言われているそうです。その他にもシカゴには、シカゴピザや...


【岡山県・西粟倉村】ただの田舎じゃないその魅力とは?!

かつて市町村合併が進んだ中、あえて「村」として生きる道を選んだ岡山県の「西粟倉村」。今、ここには若く発想力も豊かでエネルギッシュな人たち、ローカルベンチャーを目...


車で行こう!子連れで楽しもう!【ユニバーサル・スタジオ・ジャパン】

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下 USJ)に子連れで車で楽しく行きませんか?!子供用のたくさんの荷物も車ならラクラク♪ 駐車場情報や入場時の混雑具合、また...

【フランクフルト】歴史的な見所いっぱい!りんご酒もドイツ料理も美味しい!

通称【フランクフルト】と言われるドイツの都市の正式名称は【Frankfurt am Main フランクフルト・アム・マイン】。世界的にも最大級のハブ空港「フラン...

グランドサークルを効率よく巡る!一生に一度は見たい6ヶ所の大自然

日本にはない地球規模の大自然を一度にたくさん楽しめるのが、アメリカ合衆国のユタ州、アリゾナ州、コロラド州、ニューメキシコ州の4州にまたがる【グランドサークル】と...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります