その他

【重要!防犯対策・行動編】リアル実体験に基づいた安全旅の8つの方法

取材・写真・文:

大阪在住

2019年3月22日更新

49view

お気に入り

出典:pixabay.com

旅行に行くなら、安全に楽しく過ごしたいものです。そこで今回は、1人で国内外を旅行をしてきた筆者のリアルな実体験をもとに、防犯対策の【行動編】をエピソードと共にご紹介します。ぜひ、旅行をする際の参考にしてください。

この記事の目次表示

1、5秒に1回は振り返る in 国内外

歩いていく方向に怪しい人がいないかを確認することは大事ですが、背後の確認も怠らないことです。後ろから誰かが後を付けてきたりする事があります。

5秒に1回程度の確認をお薦めします。筆者の過去の体験では、ジョギングを装って後を付けてくる人や、突然ダッシュして襲ってくる人もいた為、頻繁に後ろを確認したほうが安全です。

怪しいと思ったら、どこかに逃げ込む、または、携帯で警察に電話をするフリ、万が一接触されたときは、音が鳴る防犯ブザー(日常から持ち歩くことをおすすめします)を鳴らしましょう。

突然誰かに襲われた時には大声を出せとよく言われますが、実際は怖くて、声を出したくても出ないものです。

2、夜遅くに一人で歩かない in 国内外

当たり前と言えば当たり前です。大通りに面した通りであっても、人気がなかったり、例え明るかったとしても夜道は危険です。

筆者は過去3度危ない目に遭いかけたことがありますが、21時、23時半、2時と全て夜の時間帯でした。またそれぞれ大通りに面した繁華街や住宅街でしたが、夜は人気がなくなる場所でした。帰りが遅くなる場合や夜道を出歩く場合には、徒歩ではなくタクシーを利用しましょう。


3、夜一人で歩くときは他人と距離をとる in 国内外

どうしても夜一人で歩かなければいけない状況が発生した場合、正面から来る人とも後ろから来る人ともなるべく距離をとることをお薦め致します。特に正面から歩いてくる人の場合、相手の顔も見えているから安全だろうと思っていては大間違いです。

筆者の実体験を例に挙げてお伝えしますが、すれ違いざまに手がすっと伸びてきて体を触られるという事態も発生しかねません。

自分の身は自分で守るしかありませんので、最善の予防策を取るためにも、相手が近づいてきたら、自分から遠ざかるようにして距離をとるのをオススメします。

4、人を信用しない in 特に国外

いい話には必ず裏があります。街中で声を掛けられたら、例え親切そうな人でも疑いましょう。特に、エジプトのカイロに行かれる方は要注意です。また「異文化を体験したい」「格安に弱い」「貴重な体験をしたい」と思っている方も、好奇心から人を信用しやすくなるので要注意です。

体験談 in エジプト

  • 写真:藍ai

筆者が道端で知り合ったエジプト人男性、名前はジャム。カイロ生まれだけれども10歳からバンクーバーに移住し、カナダに20年住み続けているも、当時は転勤で2年間カイロに戻ってきているとのことでした。また、筆者が出会った時は3連休中とも話していました。フレンドリーな性格で、お菓子屋さんなどを教えてくれたり、二人でお茶もしたりして仲良くなった頃に、下記の話を持ち掛けられました。

「政府局で待ち合わせしてラクダでピラミッドの所まで行って、ピラミッドを一周。その後、車で砂漠に移動。その途中で知人の家でホームパーティに寄って、夜は砂漠で満天の星を見ながらのキャンプをするというツアーに行かない?満天の星空の中、マッサージもしてあげるよ。観光客向けのツアーじゃなくて、現地人のやり方で行った方がかなりお得だよ。」

この話しを聞くと、通常は怪しいと思うでしょう。ただ、海外旅行中のあなたは、非日常を味わっており、気分も高揚しているために財布の紐も緩くなっています。

  • 写真:藍ai
  • ホームパーティでは現地人との交流もできるし、皆でキャンプにも行ける
  • ラクダでピラミッドへ行き、見て回るのが4,000円、日本ではできない体験
  • フォトジェニックな写真が撮れそう
  • 現地人との交流で異文化も知れ、他の人とは違った体験ができる
  • 観光も現地人が行くルートで行くからかなり安くで行ける

エジブト人男性ジャムから提案された上記のような内容を宿泊先のオーナーに話したところ、信用しないようにと厳重注意を受けました。日本人がそういう人についていき、砂漠で強姦に遭うというケースも発生しているとのことです。

  • 写真:藍ai

オーナーのアドバイスを受けて筆者は上記の提案を断り、別ルートでピラミッドや砂漠キャンプツアーに参加しました。そこで発覚したのが、ピラミッドまでバスで行くのに40円、ピラミッド前でラクダに乗る体験は800円でした。先の彼が提案していた4,000円という価格は、とんでもないぼったくり価格です。

また白砂漠の夜は焚き火をするほど激寒だったので、満点の星空の下でのマッサージどころではなかったです。

こんなことも実際にあるので、くれぐれも安易に人を信用してついていってはいけません。

次のページを読む

関連するキーワード

※この記事は2019年3月20日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

スーツケースのキャスターゴムの自力でかんたん修理方法

スーツケースのキャスターを保護する表面のゴム部分。ここが取れてしまったら大ピンチです。壊れる前に対処をしなければなりませんが、修理に出したり買いかえるのはちょっ...

スーツケースDIY修理!セルフでキャスターを交換する方法

スーツケースのキャスター部分を修理に出すと、1ヶ所数千円もかかるため買い替えた方が早いです。でも部品そのものは安価であるため、自力で直せたら助かりますね。今回は...


緊急事態⚠︎空港で預け荷物が届いてない時の5つの心構え【保存版】

旅行先での相棒といえばのスーツケース。フライトを終え現地の入国審査を終えて、あとは旅の相棒(スーツケース)をお迎えに。「さあ!旅のはじまりだ」なんてスタートのは...

ビジネスクラスで世界一周を格安で叶える!ワンワールドの世界一周航空券

今回はワンワールドの「世界一周航空券」を使って、「ビジネスクラスで世界一周」を格安で叶える方法をご紹介します。「ビジネスで世界一周なんて高くて到底無理!」と思っ...


揺れないで!飛行機が怖い・苦手な方に試してほしい6つの簡単な対処法

遠方の地に早く向かうのに大変便利な移動手段、飛行機。地上を何時間もかけて移動していた時代が嘘のように、目的地まであっという間に連れていってくれますよね。その便利...

この記事を書いたトラベルライター

出国時は1人、旅先で2人★旅先で友達作って一緒に旅する、おおざっぱ計画トラベラー
南国の宮崎生まれ、宮崎育ちです!
最近、上京してきて、日々道に迷っております!

旅は、大学時代に国内外バックパッカーを始めたのがきっかけで、
今でも一人や友達と旅行に行っています。
大学の卒業旅行では、世界一周航空券を使って、
2か月間で弾丸一人バックパッカーを実行!

一人旅は、現地人や同じ旅人同士との交流が生まれやすいので大好き。

宮崎や海外の情報をこれから掲載していくので
よろしくお願いします^^

【ペルー・クスコ】街並み一望!王道&穴場な絶景スポットや観光ポイント5選!

マチュピチュに行かれる際に訪れる都市、クスコ。メインはマチュピチュ!という観光客も、せっかくクスコに立ち寄るのであれば楽しまなきゃ損!ということで、今回は、歩い...

【台北】観光客急増中!今しか見れない奇岩スポット「野柳地質公園」

台湾大好きっ子に必見!奇岩がゴロゴロと並ぶなんとも魅惑的な景色が広がる「野柳地質公園」。5年後にはなくなるかもしれない岩があったり、「ここどこの国?!」なんてい...


【京都】京都Love女子が教える、ハズさない厳選お土産を買えるお店7選

京都が大好きで、8年も通い続ける友人と小旅行した際に紹介してもらった、絶対買いたい絶品お土産。そんな京都Love女子が教える、おすすめ土産を買えるお店を7店紹介...

【ペルー・クスコ】グルメ情報6選!可愛いアルパカの串焼き&おしゃれカフェ&叩いて食べるフルーツ!?

クスコは、多くの観光客がマチュピチュに行く前後に立ち寄る場所です。今回はクスコに1週間ほど滞在した中での、食べてほしいグルメ、行ってほしいレストランやカフェにつ...


【ペルー・クスコ】マチュピチュと一緒に行くべき遺跡おすすめスポット6選

クスコにはマチュピチュ以外にも多くの遺跡が存在していることを知っていますか?クスコの街そのものが遺跡と言われているほどなのです。それもそのはず、ペルーの首都はリ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?