その他

25カ国訪問した筆者がオススメする!旅慣れしたら行ってほしい海外観光都市5選!

取材・写真・文:

ニュージーランド在住

2020年7月21日更新

64view

お気に入り

写真:トントントラベル

何か国か旅行に行って、そろそろちょっと変わった観光地に行きたい、、、そんなあなたに!バックパッカーとして25カ国訪問した筆者がおすすめする都市を5つご紹介いたします!

この記事の目次表示

⑴南アフリカ/ケープタウン

  • 写真:トントントラベルテーブルマウンテン

南アフリカ屈指の観光地ケープタウン!

  • 写真:トントントラベル

想像していた以上にリゾート地で、びっくりするでしょう。

  • 写真:トントントラベル

ハーバー沿いにいくと、たくさんのマーケットが並び、雑貨や食材など様々なものを販売しています。観覧車などもあり、ザ・観光地という印象です!

  • 写真:トントントラベル

こちらから出発する、ホップオンホップオフバスという観光ループバスも運行しています。テーブルマウンテンやワイナリーなどにいけるので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

  • 写真:トントントラベルテーブルマウンテン頂上からの景色
  • 写真:トントントラベルボ・カープエリア
ケープタウン
南アフリカ / 町・ストリート
住所:Cape Town,South Africa地図で見る

⑵キューバ/バラデロ

  • 写真:トントントラベル

キューバ有数のリゾート地、バラデロ!筆者は2015年にアメリカとの国交が正常化される前に訪問しましたが、エメラルドブルーの海を楽しみながら、ゆっくりと流れる時の中で休日を過ごせる場所です。

  • 写真:トントントラベル
  • 写真:トントントラベル

食事・航空代・宿泊費全て込みのオールインクルーシブプランというものがあり、お得に旅することができます。

  • 写真:トントントラベル
  • 写真:トントントラベル

またホテルのツアーデスクでバスツアーを申し込めば、首都ハバナへ1日観光にいくことも可能。

  • 写真:トントントラベルチェ・ゲバラのモニュメント

カラフルな建物にレトロな雰囲気、ぜひ一度訪れていただきたい街です。

バラデロ
キューバ / 町・ストリート
住所:Varadero地図で見る

⑶ペルー/クスコ

  • 写真:トントントラベル

天空の村と言われる「マチュピチュ」に行かれる方は必ず訪れる都市クスコ。クスコに滞在すれば、アルマス広場にたくさんあるツアーデスクで、各ツアーの申し込みができます。

  • 写真:トントントラベルアルマス広場

マチュピチュやレインボーマウンテン、チチカカ湖に行く予定の方は、ぜひ滞在していただきたい街です。

  • 写真:トントントラベル
  • 写真:トントントラベルマチュピチュ

またクスコ唯一のスターバックスもありますので、ぜひ立ち寄ってみては?

  • 写真:トントントラベル
クスコ
ペルー / 町・ストリート
住所:Cusco地図で見る

⑷アメリカ/ワシントンDC

  • 写真:トントントラベルアメリカ合衆国国会議事堂

アメリカの首都!ワシントンDC。観光地としては、ニューヨークやロサンゼルスに押されがちですが、ワシントンDCもおすすめです!

  • 写真:トントントラベルホワイトハウス
  • 写真:トントントラベルスミソニアン博物館

全館無料で観覧できる、スミソニアン博物館や、

  • 写真:トントントラベル

FBI本部付近にあるスパイミュージアム、ホワイトハウスにワシントン像など、観光スポットは多岐に渡ります!

  • 写真:トントントラベルリンカーンメモリアル
  • 写真:トントントラベルFBI

地下鉄も、芸術的でおしゃれな作りになっています。

  • 写真:トントントラベルワシントンDCの地下鉄
ワシントンD.C.
アメリカ / 町・ストリート
住所:Washington, D.C. U.S.A地図で見る

⑸アルゼンチン/ブエノスアイレス

  • 写真:トントントラベル

アルゼンチンの首都、ブエノスアイレス!実は、芸術的な街として有名です。

  • 写真:トントントラベル

筆者が宿泊したホステルも、芸術学生がアルバイトで働いており、壁面もおしゃれな作りでした。

  • 写真:トントントラベルホステルの様子

筆者は時間がなく訪問できませんでしたが、美術館や図書館などがあり、ブエノスアイレスから2時間ほどのルハンには、世界一危険な動物園と言われるルハン動物園もあります!

  • 写真:トントントラベルルハン動物園

また海に面しているので、海鮮料理も美味しいです!

  • 写真:トントントラベル地下鉄の路線図

首都だけあって、地下鉄などの公共交通機関もしっかりとしています。ICカード(SUBE)を購入し、乗車します。しかし夜のバスターミナルは危険なので、近づかないようにしましょう。筆者は、アメリカ発・世界でも行われているフェスティバル「LOLLAPALOOZA」に参加しました!

  • 写真:トントントラベル

終わりに

いかがでしたか?

世界各地の都市をご紹介いたしました。全てとても素敵な都市ですが、どの地域も、安全とは限りません。旅行を始める前に、ぜひとも政府の現地情報を確認の上、安全な旅を心がけましょう!旅を素敵に終わらせることができるお手伝いになれば幸いです。

Booking.com

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2020年7月21日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【今後海外へ渡航予定&渡航を検討している方へ】渡航前に確認しておきたいこと(2020/9/23更新)

世界的に新型コロナウイルスの感染が拡大している影響で、各国で渡航制限や行動制限が行われています。この記事では該当する国の情報をお知らせするとともに、今の時期だか...


スーツケースDIY修理!セルフでキャスターを交換する方法

スーツケースのキャスター部分を修理に出すと、1ヶ所数千円もかかるため買い替えた方が早いです。でも部品そのものは安価であるため、自力で直せたら助かりますね。今回は...

【保存版】女子旅の持ち物はこれで決まり!OLトラベラーが選ぶ、オススメ旅準備&旅行グッズ23選♡

1人旅もいいけれど、やっぱり友達と行く旅行もやめられない!そんな筆者は、今まで25か国60都市を訪れましたが、そのほとんどは女子旅なのです。気兼ねない友達と回る...

スーツケースのキャスターゴムの自力でかんたん修理方法

スーツケースのキャスターを保護する表面のゴム部分。ここが取れてしまったら大ピンチです。壊れる前に対処をしなければなりませんが、修理に出したり買いかえるのはちょっ...

便利過ぎる!100均で買いそろえたいオススメBBQグッズ12選

キャンプや屋外レジャーなどのアウトドア、家族・親戚・友達との集まりなど、幅広い場面で楽しめるBBQ!外で食べるご飯はより美味しく感じますよね♪ですが、大変なのが...

この記事を書いたトラベルライター

水と旅と友達が生きがいな自由人
はじめまして。
トントントラベルと申します。
滝や川、渓谷などの水が大好きで、国内外にマイナスイオンを求めて旅をしています。
夢はダイエットしながら旅をすること。現在25カ国、26都道府県制覇中!
オーストラリアの2年間のワーキングホリデー生活を終えて、現在ワーホリ3カ国目のニュージーランドにて、新たな生活をはじめています。
現地情報から今まで旅した場所まで、皆様のお役に立てる記事を作成したいと思っております。
留学・バックパッカー等の質問もぜひぜひお役に立てていければと思っております。
どうぞよろしくお願いします。
https://www.instagram.com/vaaaaaan2travel/

【アメリカ】LAに行ったらここ‼︎定番スポット13選‼︎

一度は行ってみたいアメリカ・ロサンゼルス(Los Angeles)、通称「LA」!地名は有名だけれども、実をいうとどんな観光スポットがあるかは良くわからない・・...


【カナダ】トロントと言ったらココ!定番の楽しみ方8選

カナダ屈指の大都市トロント!せっかく楽しむなら、ここは行くべき!という定番スポットを、留学経験があり、2016年・2017年と立て続けに訪問しているトロント大好...


【ボリビア】次は思い切ってウユニ塩湖に行こう!現地おすすめツアー会社2選

近年日本人に大人気のボリビアの秘境「ウユニ塩湖」。日本発のツアーを予約すると何もかも高い。。。そんなあなたには、是非とも現地ツアーをおすすめします!

【アメリカ】ニューヨーク行くならここ!定番スポット12選!

エンターテインメント都市ニューヨーク!有名な観光地だけど、どこを抑えればいいのかわからない!そんなあなたにぜひオススメな定番スポットをご紹介致します。

【ペルー・マチュピチュ】行く時に確認すべき7つのコト

世界遺産のひとつとして有名なマチュピチュ!人生で一度は訪れてみるべきスポットです。今回は2016年に現地を訪れた筆者が実際に体験し実感した、行く前に確認しておく...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?