その他

本当は怖い!海外旅行のお供パスポートが命の次に大切な4つの理由

取材・写真・文:

東京在住

2018年2月2日更新

1,866view

お気に入り

海外旅行に行く際に真っ先に必要になるものといえばのパスポート。誰もが行き先や持っていくものにこそ目が行きがちですが、実はパスポートには数々の恐ろしい落とし穴が隠されているんです。誰もが大事なことはわかってはいますが、その本当の理由までわかっていますか?順を追って注意点を見ていきましょう。元航空職員が実際に見てきた海外旅行客の事例を元に、パスポートの重要性について徹底解説いたします。海外旅行に行かれる前にこそチェックしておきましょう。

1.パスポートは第一に準備!手元になければ、航空券の発券は不可能

まだパスポートをとっていない中、旅行の行き先の計画を立てている人がいますが、これは絶対にいけません。

実は旅行会社のおおよそが、予約確定時にパスポート番号を求めます。まれに仮予約を受け付けてくれるところもありますが、航空券は必ず、パスポートがないことには発券(購入)できませんのでご注意ください。

旅行の計画や準備、航空券の手配の前に必ずパスポートがあることをまず最優先に確認しましょう。

パスポート新規作成または更新時の注意点

新しくパスポートをとって海外へ行く方や、久しぶりの海外でパスポートをとり直す方向けの情報をまとめておきます。

(1).パスポート申請時の必要書類

一般的には以下の書類がパスポート申請時に必要です。(2018年1月現在外務省サイトより抜粋)

  • 一般旅券発給申請書(10年用又は5年用) 1通
  • 戸籍謄本又は抄本(原本を必要とします) 1通
  • 住民票の写し 1通(必要となる方)※住民基本台帳ネットワークシステムの利用を希望されない方
  • 写真(縦45ミリメートル×横35ミリメートル) 1葉
  • 身元確認書類(運転免許証等)

パスポートの申請から作成までの期間を長引かせる原因となりうるのが、パスポート申請時の必要書類。戸籍抄本や場合によっては住民票を、事前に手元に準備しておかなければならなりません。

必要書類や本人確認書類によって付属書類が複雑に変わることもありますので、事前にご自身の必要書類についても確認しておきましょう。詳細については、各県ごとに設けられたパスポートセンターに問い合わせしましょう。

(2).申請から完成までの期間は2週間は余裕を持つ!

誰もがパスポートが必要であることはわかっているかと思いますが、意外にも盲点となるのが、申請からパスポートが完成するまでにかかる期間のこと。

まず、申請時期は大型連休にかぶっていませんか?通常は2週間ほど期間に余裕をもてば確実に手に入れることができますが、ゴールデンウィークやお盆、年末年始によっては、作成日数がさらにプラスでかかることも予め覚悟しなければいけません。

(3).申請だけでなく受け取れる日時まで要確保!

次に重要な点が、受け取りができる日時のことです。パスポートを申請に行く日は誰もが想定できますが、もう一度きちんと、パスポートセンターへ受け取りに行かなければなりません。

初めての取得時は緊張しているためギリギリでとるなんてこともないのですが、2度目の更新時はついつい抜けがちなのがこの受取日。のんきに考えていたら出発に間に合わず、海外に行けないなんて恐ろしいことにもなりかねません。

さらにはパスポートが出来上がるのを待っている間に、ツアー募集が締め切られたり、満席になって行けない可能性もあります。パスポートの作成または更新の手続きは、最優先で準備しておきましょう。


2.そのパスポート本当に大丈夫?残存期間が不足していると、現地に入国できない可能性あり

有効期限内であればパスポートは大丈夫、なんてお考えの方が多いかと思いますが、一定の条件に加え、入国日または旅行先の出国日から3ヶ月以上または半年以上の有効期限が必要な場合があります。

つまり半年先の旅行の予定を立てる際に、半年以上のパスポートの有効期限を求める国であれば1年近くの有効期限が必要となるのです。この入国条件に関しては、毎年事細かに各国変わってくるので、事前にしっかりと把握しておく必要があります。

ブログや情報サイトではなく、きちんと各国の大使館または領事館のホームページにてご確認ください。次の旅行の行き先を考える前に、今一度パスポートの有効期限だけでなく残存期間まで確認しておきましょう。

これをクリアできなければ?

国によってまちまちであり入国管理局の判断なので、断言はできませんが、入国できない可能性もあります。また、このルールに関しては、国によって厳しさが変わってくるので一概にも言えません。また法律が強化される可能性も加味し、きちんと設けられた有効期限日数以上のパスポートを持って旅行へ行くことが重要です。

3.うっかりじゃ済まされない!古いパスポートや無効なパスポートは紙切れ同然

(1).古いパスポートを持ってきしまった場合

普段慣れないパスポートをもっての海外旅行ですので、何かと忘れ物もします。そんな中、元航空職員だった私がよく見かけた事例が、古いパスポートを誤って持ってきてしまう方です。

記念にととっていた古いパスポートを、新しいパスポートと思って持っていたために起きる悲しい事故ですよね。ついつい見慣れたパスポートとスーツケースだなんて慌てて準備していたら、気づかないものなんです。

幸いにもその直後に新しいパスポートも奥から出てくれば万々歳なのですが、古いパスポートだけですとタイムオーバーで海外旅行に行けない可能性も。

有効期限が切れたパスポートはただの紙切れ同然ですので、当然それでは海外へ行くことができませんし、解決策もありません。旅行自体が全て台無しにしないためにも気をつけましょう。

スーツケースを整えた後は、再度必ず、自分が持っているパスポートが最新であるか確かめるのをオススメします!

次のページを読む

関連するキーワード

※この記事は2018年2月1日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

スーツケースのキャスターゴムの自力でかんたん修理方法

スーツケースのキャスターを保護する表面のゴム部分。ここが取れてしまったら大ピンチです。壊れる前に対処をしなければなりませんが、修理に出したり買いかえるのはちょっ...

緊急事態⚠︎空港で預け荷物が届いてない時の5つの心構え【保存版】

旅行先での相棒といえばのスーツケース。フライトを終え現地の入国審査を終えて、あとは旅の相棒(スーツケース)をお迎えに。「さあ!旅のはじまりだ」なんてスタートのは...


海外旅行の必需品!持っていると便利!あんな物、こんな物20選

海外旅行に出かけるときの必需品。旅先や、季節、人によって様々で、いろいろ個性が出るかもしれませんね。お金とキャッシュカード、パスポートさえあれば、どうにかなる物...

たった一文字のミスで紙切れに!海外航空券格安サイトの怖い落とし穴

今や旅行会社を訪れずとも、自身で旅行手配がオンライン上で可能な時代に。一度は利用したことのある方もいるのではないでしょうか。時間にとらわれず格安で航空券の購入も...


世界35カ国を旅した筆者による海外旅行ミニマム必携グッズ10選!

海外を旅するときには、持っていくものをミニマムにかつ役立つものに厳選したいですよね。スーツケースに入っていたけど結局使わなかったもの、ありませんか?今回は、世界...

この記事を書いたトラベルライター

世界を駆け巡る20代
世界を駆け巡る20代。
元空港国際線勤務、元ホテルマン。元留学生ブロガー。飛行機移動距離は地球5周半。数をこなすことよりも、居心地のいい場所に何度も行く派。。移動手段(飛行機)+泊まる場所(ホテル)が前職場だったため、旅行手配はかなり早い。
10代の頃にアメリカ、カナダ、フィジー、フィリピンへ留学。
過去に留学生ブログランキング一位獲得(2008年頃)
https://kyonntra.com

地元マカオ人に聞いた!マカオで食べるべきおすすめマカオグルメ8選

東洋のラスベガスとも呼ばれ、アジアが誇るカジノタウン、マカオ。香港からもフェリーで気軽にアクセスできることから、多くの観光客が訪れる人気観光スポットです。小さな...

フォローしたい☆話題のフォトジェニックが凄いインスタグラマー5人

インスタ映えという言葉に加え、今話題の言葉、フォトジェニック。そもそもフォトジェニックって何?イメージが湧くようで、くわしい意味はわからない人でも、今回紹介する...


フォローしたい!旅動画&写真が凄い男性インスタグラマー5人

前回トリップノートでは、「フォローしたい♡世界を旅する日本人の女子インスタグラマー5人」をご紹介しました。今回は男性にフォーカスして、旅動画&写真が凄いインスタ...

フォローしたい*インスタジェニックな旅動画が凄いクリエーター5人

ストーリーをはじめとする機能がますます充実し、人気が広がるインスタグラム。皆さんにとっても旅先での必須アプリの一つではないでしょうか。多くの人が憧れるインスタ映...


美しすぎる満月の夜の祭典【ベトナム・ホイアン】ランタン祭の魅力

ベトナム最大のランタンの祭典がある町、ホイアン。まさにこのために、ベトナムへ行くのもアリ?実はホイアンは、17世紀から19世紀にかけて、江戸時代だった日本と盛ん...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?