オーストラリア
オーストラリア観光
日本の約22倍の広大な土地に広がる大自然

【オーストラリア・パース】ほんとは秘密にしたい!キュートな野生のアシカと泳ぐ@ ジュリアンベイ

取材・写真・文:

オーストラリア在住

2019年1月17日更新

309view

お気に入り

写真:bemnty

西オーストラリア州パースから北に270kmにある、ジュリアンベイでは野生のアシカと一緒に泳げるボートツアーがあります。まだまだ外国人観光地化していない、秘境度満点のボートツアーを、ここだけに内緒でご紹介しちゃいます!

この記事の目次表示

アシカと泳げるボートツアー

  • 写真:bemnty

ツアーに参加するには、パースから北のインディアン オーシャン ロードに出て、ひたすら車を走らせます。観光地のピナクルスを過ぎて30kmほどの小さな町、ジュリアンベイのボートハーバーからツアーは催行されます。

  • 写真:bemnty
  • 写真:bemnty

ジュリアンベイ ボートハーバー (Jurien Bay)は、こぢんまりとした、地元の漁師やプライベートボートを乗り入れさせる、小さな港です。アシカのツアーはジュリアンベイからは、2社から催行されているようです。今回は Turquoise Safarisのボートツアーをご紹介します。

ツアー概要
・開始時間: 8amと11amの1日2便、繁忙期には追加で2pmからも催行される場合もあります。
※冬季(7月1日から9月30日)は9amと12amから開始。
・催行時間: トータル3時間
・料金: シュノーケル 大人$90(約7,000円)、ノンシュノーケラー(ボートからの見学のみ) $60(約4,700円)
※料金に含まれるもの: ウエットスーツ、シュノーケルセット、タオルのレンタル
GoPro(アクションカメラ)は、$50にてレンタル可能(撮影したSDカードはもらえます)
ジュリアンベイ ボートハーバー
オーストラリア / その他スポット
住所:Jurien Bay Western Australia地図で見る

ツアー開始!

  • 写真:bemnty

こちらのボートに乗船します。ツアーの定員は12名で、スタッフが2名乗船しています。

  • 写真:bemnty

アシカのいるシュノーケル スポットまではボートで15分ほど。その間にウエットスーツに着替えて準備をしておきます。

  • 写真:bemnty

あっという間にアシカが生息する島に近づいて行きます。


アシカが生息する島

  • 写真:bemnty

沢山のアシカを見る事が出来ます。700頭以上のオーストラリア アシカという種類のアシカが生息していると言われ、18か月毎におよそ150頭の赤ちゃんが産まれると言う、アシカの繁殖地です。餌を求めて遠泳に出ているアシカも多くいますので、一度に700頭のアシカが島にいる事はないそうです。大きなアシカはオスのボスアシカ。

  • 写真:bemnty

こちらの島は自然保護区となっていて、人間が島に上陸する事は出来ません。20mほど手前の地点でボートを停めて、アシカが泳ぎ出すのを待ちます。

さぁ、アシカと遊ぼう!!

  • 写真:bemnty

シュノーケルと足ひれを付けて、海に入ります。さっそく子供のアシカが遊びに来ました。

  • 写真:bemnty

まだ子供のアシカ達は人間に興味津々に、こちらを伺ってますよ。まんまるの目がとってもキュートです。

  • 写真:bemnty

人間を警戒する事もなく、自由気ままに泳いでいます。こんなに近くに一緒に泳ぐ事ができるのです。

  • 写真:bemnty

しばらくすると気を許してきたのか、近くに泳いできて

  • 写真:bemnty
  • 写真:bemnty
  • 写真:bemnty
  • 写真:bemnty

まるで「友達になってあげてもいいよ。」って言っているみたいに、近くに寄ってきます。

  • 写真:bemnty

GoProにキスしてきたり。

  • 写真:bemnty

最高に可愛い❤️アシカちゃん達に歓迎されて、幸福度全開に。

  • 写真:bemnty

2頭がじゃれ合っている、微笑ましい姿を観察したり。

  • 写真:bemnty

GoPro が気になるのか、また近づいて来ましたね。

  • 写真:bemnty

ヒレで鼻タッチされました。気分はすっかりお友達!基本的に安全理由上、アシカには10m以上近づかない方がよいということですが、このようにアシカから近づいてくるので、受け入れるしかないですね。

シュノーケルせずに、ボートからアシカを見ることも可能

  • 写真:bemnty

やっぱりちょっと怖い、泳ぎに自信のないという方はボートの上から見ている事も可能です。

最後に動画を

こんなに可愛い自然に生息するアシカ達と、こんなに近くで一緒に泳ぐ事が出来る場所は、世界中でも稀なのではないのでしょうか?

シュノーケリング ポイントは、浅瀬の砂地になっている場所もありますので、小学生くらいのお子さんでも、安心してシュノーケルを楽しむ事ができそうです。ご家族で楽しめるアクティビティでもありますね。パースへご旅行の際は、西オーストラリアの美しい海でアシカちゃん達と戯れちゃって下さい。

シーライオン・ツアー
オーストラリア / 体験・アクティビティ
住所:Jurien Bay Horbar地図で見る
Web:https://www.turquoisesafaris.com.au/sea-lion-tour/

オーストラリアの旅行予約はこちら

オーストラリアのホテルを探す

オーストラリアの航空券を探す

オーストラリアのパッケージツアーを探す

オーストラリアの現地アクティビティを探す

オーストラリアのWi-Fiレンタルを探す

オーストラリアのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年1月14日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【オーストラリア】世界で1番美しい街・ パース!在住者イチオシの 4泊5日モデルプラン

世界で最も美しい街と言われるパース。透けるような青い空に大自然、可愛い動物たちにロットネス島、そしてワイナリーと見所満載のパースですが、オーストラリアのガイドブ...

もののけ姫の世界!オーストラリア「グランピアンズ国立公園」の見どころ4選

オーストラリアのビクトリア州にある「グランピアンズ国立公園」。あまり聞き慣れないなという方も多いのではないでしょうか。日本の方にはあまり知られていないこちらの国...


【オーストラリア】サンシャインコースト!主要エリアと地元民オススメのアクティビティー5選

ブリスベンから車で1〜2時間で行けるサンシャインコースト地域。日本人にはあまり馴染みがありませんが、ケアンズやゴールドコーストのような「いかにも観光地」というと...

大自然・買い物・アクティビティ・アートを満喫!ケアンズへGO!

世界遺産のグレートバリアリーフや熱帯雨林など、自然豊かなケアンズは自然の中でのアクティビティが豊富です。日本人の居住者も多く、とても過ごしやすい人気の観光都市で...


【シドニー】ビーチに山にワイン?!日帰り観光のススメ5選!!

シドニー市内は何度も訪れたことがあったり、ある程度シティ中心は見たな、そんな時間に余裕ができてきた頃におススメなのは、少し足を伸ばしてみていただくことです。シド...

この記事を書いたトラベルライター

年齢と反比例して年々アクティブに
オーストラリア パース在住歴20年。
3人の子供達から手が離れ、人生第2章を満喫中。
ヒマラヤトレッキングに魅せられ、登山のための基礎体力づくりに日々没頭中です。
最近始めた地元観光ガイドの仕事をきっかけに地元愛が再燃し、パースの素晴らしさを再認識。地元パースの魅力もお伝えしていきたいと思います。
http://bemnty.exblog.jp/

【オーストラリア】世界で1番美しい街・ パース!在住者イチオシの 4泊5日モデルプラン

世界で最も美しい街と言われるパース。透けるような青い空に大自然、可愛い動物たちにロットネス島、そしてワイナリーと見所満載のパースですが、オーストラリアのガイドブ...

【オーストラリア】現地ガイドがイチオシする、フリーマントルマーケットの人気お土産6選

パースに訪れた際にはマストで寄っていただきたい、古い町並みを残したままの港町フリーマントル。週末だけ営業しているフリーマントルマーケットでは、お土産などの雑貨類...


【セブ島・モアルボアル】内緒にしたい、シュノーケル&ダイビング三昧とサーディンランも絶対見れるスポット!

フィリピン・セブ島南西部のモアルボアルでは世界でも有名なスキューバダイビング、シュノーケルスポットです。モアルボアルからボートに乗ってダイビングスポットに行くと...

オーストラリア パース在住者が案内!パースシティ立ち寄りスポット・徹底ガイド

西オーストラリア州の首都パース。オーストラリアの都市の中でも他の州の都市から2,000㎞以上離れているので、「世界一孤立した都市」と言われるほど。「世界一美しい...


【マレーシア】世界遺産の街マラッカが、楽しい!可愛い!美味しい!

マレーシアの首都クアラルンプールから、南へバスで2時間半ほどの世界遺産にも登録されている古都「マラッカ」。16世紀のオランダ、17世紀のポルトガル、18世紀のイ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?