マレーシア
マレーシア観光
歴史的な町並みと近代的な建物にビーチリゾートも満喫

【マレーシア】世界遺産の街マラッカが、楽しい!可愛い!美味しい!

取材・写真・文:

オーストラリア在住

2019年4月12日更新

7,989view

お気に入り

写真:bemnty

マレーシアの首都クアラルンプールから、南へバスで2時間半ほどの世界遺産にも登録されている古都「マラッカ」。16世紀のオランダ、17世紀のポルトガル、18世紀のイギリス植民地時代の影響を今もなお残す街並みや、オランダ広場の可愛いピンク色の建物、川沿いのお散歩やマラッカ海峡に浮かぶモスクのサンセットを楽しんだり、ご当地グルメからアジアのB級グルメまで、魅力がいっぱいの街です。西洋と東洋が入り混じった古い町並みと、開発中の新都市にも目が離せない注目の街、それがマラッカなのです。

この記事の目次表示

マレーシアのおすすめツアー
~.*★BeautifulNatureIslandコタキナバル★*.~街の散策もホテル滞在も満喫できる好立地5つ星!「ハイアット・リージェンシー」ご宿泊(朝食・往復送迎付き)3泊5日間◆マレーシア航空ご利用◆
69,800円~177,800円
●●よくばり2都市周遊プラン●●人気ホテルをチョイス---コタキナバル『パシフィックステラ』3泊&クアラルンプール『ホテルイスタナ』1泊--- ○○嬉しい朝食&空港ホテル間往復送迎付き○○ ≪マレーシア航空利用 4泊6日≫
83,800円~205,800円
~.*★BeautifulNatureIslandコタキナバル★*.~海が目の前&コタキナバル市内中心部『コタキナバルマリオットホテル』ご宿泊(朝食・往復送迎付き)3泊5日間◆マレーシア航空ご利用◆
73,800円~150,800円

マラッカの名所

  • 写真:bemnty

オランダ、ポルトガル、イギリスの植民地時代の影響が残るマラッカは、その時代の名残がある教会や要塞、大航海時代にまつわるもの、建築物など、名所は沢山あります。

オランダ広場

  • 写真:bemnty

マラッカと言ったら、このピンク色の街並みが代名詞。オランダ広場では、マラッカ名物のキラキラのトライショー(人力車)も忘れてはいけません。勇気のある方は、お気に入りのキャラクターのキラキラトライショーに乗る価値あるかも?!

オランダ広場
マレーシア / 公園・動植物園
住所:Dutch Square, Melaka, Malaysia地図で見る

セント・フランシス ・ザビエル教会

  • 写真:bemnty

日本で最初のキリスト教宣教師となったフランシスコ・ザビエル師は、かつてマラッカをベースに布教活動を行っていたそうです。こちらの教会はザビエル師が亡くなってから、彼の偉業を讃えて造られた教会だそうです。

セント・フランシス ・ザビエル教会
マレーシア / 社寺・教会
住所:12 Jalan Banda Kaba, Melaka 75000, Malaysia地図で見る

マラッカ川沿いを散歩

  • 写真:bemnty

マラッカ海峡に続くマラッカ川は、昔は上流への物資輸送の運河の役割もしていたそうです。観光ボートに乗るのもいいですが、朝の涼しいうちに川沿いの遊歩道をお散歩するのがお勧めです。

  • 写真:bemnty
  • 写真:bemnty

川沿いには、面白いお店、カフェ、レストランなどがあり、外観を見るだけでも楽しいですね。

  • 写真:bemnty

旧市街へ続く道には、こんなポップなウォールアートが描かれてたりして、面白いです。

  • 写真:bemnty

以下で紹介する「ジョンカーウォーク」に出ると、こんなウォールアートも。ジョンカーウォークは、週末の夜になるとナイトマーケットになってとても賑やかですが、朝は静かで昔ながらの街並みをゆっくり見ることが出来ます。

  • 写真:bemnty

また、朝も良いですが、夜の川沿い散歩も素敵です。心地よい風が吹いてくるので、夜も涼しくて気持ち良いです。川沿いに沢山あるオープンバーやカフェなどに入って、通り過ぎるボートを眺めながらカクテルなんてオシャレですね。

マラッカ川
マレーシア / 自然・景勝地
住所:Melaka River地図で見る

ジョンカーウォーク

  • 写真:bemnty

旧市街の古い建物を改装して、レストラン、カフェ、お土産さんなどがひしめき合っているのがジョンカーウォーク。週末の夜は、ナイトマーケットになります。

  • 写真:bemnty

アジア的なナイトマーケットなので、何でもあり。見て歩いてるだけでも楽しくなります。

  • 写真:bemntyまるごとスイカジュース RM7(約200円)

ジョンかーウォークで筆者の目を引いたのは、こちらの丸ごとスイカジュース。小ぶりのスイカに穴を開けて、ブレンダーを中に入れて中身をジュース状にしています。歩きながら飲むにはちょっと重いですが、見た目が可愛いしとってもエコ。また飲む時には種が邪魔ですが、それもご愛嬌。

  • 写真:bemnty

活気あるマーケットで、ココナツミルクやアイスクリームも人気でした。

  • 写真:bemnty

そして、夜にはトライショーがこんなにピカピカになりますよ。

ジョンカーストリート(ジョンカーウォーク)
マレーシア / 町・ストリート
住所:Jonker Street Night Market地図で見る

マラッカ海峡に浮かぶ、水上モスクとサンセットのコラボ

  • 写真:bemntyMasjid Selat Melaka

マラッカに来たら、マラッカ海峡に浮かぶ美しいモスクとサンセットのコラボは必見です。ここはまだお店などがなく、建設中の建物が多いエリアですので、タクシーやUberを利用しての移動が便利です。少人数での徒歩は避けたいですね。

マラッカ水上モスク
マレーシア / 社寺・教会
住所:Jalan Pulau Melaka 8 75000 Malacca Malaysia地図で見る

マラッカグルメ

ポルトガルスクエアでシーフード

  • 写真:bemnty

ポルトガル人の末裔が経営する「ポルトガルスクエア」では、マラッカ海峡を眺めながらシーフードを堪能することができます。

  • 写真:bemnty右から左回りで:マッドクラブのペッパークラブ、チリクラブ、空芯菜、ビール、イカフライ

大きなマッドクラブのチリクラブとペッパークラブ、イカフライ、空芯菜とビールをオーダーして、合計RM150ほど(約4,000円)とリーズナブル。

  • 写真:bemnty

こんなに大きなチリクラブをお隣の国のシンガポールで食べたら、3倍のお値段はしますよ。

ポルトガルスクエア
マレーシア / 魚介・海鮮料理 / アジア料理
住所:Portuguese Square, Jalan Ujongpasir, Melaka, Malaysia地図で見る

Nancey's Kitchenでニョニャフード

  • 写真:bemnty

華僑の中国人男性がマレー女性と結婚し、中国とマレーシアの文化を融合して誕生した食事を「ニョニャ」。または「プラナカン」ともいいます。マラッカでニョニャフードを堪能出来るのは、「Nancey's Kitchen」。

  • 写真:bemnty右:トップハット、左:ポピア

Nancey's Kitchenの前菜で試したいのが、こちらの2点。「トップハット」と呼ばれ、ワンタンの皮のようなものをカップ状にしてカリッと揚げた中に、色々なものが詰まっていて、日本人好みのお味です。

そしてニョニャ春巻きの「ポピア」はクレープ状の生地の中に、大根を煮たような野菜や海老やピーナッツなど、色々なものが入っています。

  • 写真:bemntyニョニャ風エビチリとオクラの炒め物、プライムジュース

メインはニョニャ風エビチリ、オクラの炒め物などなどがおすすめ。辛いけど、深くて繊細な味を楽しめるのが、ニョンニャフードです。ちょっと酸っぱいプラムジュースとも相性抜群です。

前菜2種にメインのエビチリとオクラとエビの炒め物、ドリンクなどを頼んでもMR48(約1,345円)と、レストランで食事をしてもこのお得感で大満足できます。

ナンシーズ キッチン
マレーシア / アジア料理
住所:13, 13-1, 13-2, Jalan KL 3/8, Taman Kota Laksamana, Seksyen 3, 75200 Melaka, Malaysia.地図で見る
Web:http://www.eatatnancyskit.com

ストリートフード

  • 写真:bemntyサテ10本MR10(約280円)
  • 写真:bemnty串揚げ1本MR2(約56円)
  • 写真:bemntyあさり炒めMR5(約140円)

サテや串揚げ、あさりの炒め物などなど、チープで美味しいのがマラッカのストリートフード。

  • 写真:bemnty
  • 写真:bemnty

そして忘れてはいけないのが、果物の王様「ドリアン」です。ドリアンというと臭い!という印象ですが、新鮮なドリアンは意外にも臭くないのです。お味は、ほろ苦いキャラメル味の強い濃厚なプリン。筆者もマラッカでドリアン嫌いを克服しました。

最高級のものでお値段は3,000円くらいと安くはないですが、それでもシーズン中は世界各地からドリアンを求めてやって来る人も少なくないとか。

発展し続ける街

  • 写真:bemnty建設中のニュータウンの模型

マラッカは今でも西洋と東洋が入り混ざった素敵な街ですが、近年中に、大々的なニュータウンが建設されるそうです。

大型クルーズ船の寄港地でもあるので、クルーズ船に見立てたメガモール&ホテルや、シンガポールで見たことがあるような、3つのビルをルーフトッププールで繋いだ建物なども建設予定とか。シンガポールからマレー半島を縦断して、タイに繋がる高速列車も建設中とのことで、マラッカにも駅ができるということです。

日中は暑いので、リゾートタイプのホテルのプールでまったりして、夕方からお買い物やナイトマーケット、食べ歩きに出掛けるというのが理想のスタイル。物価はまだまだ安いマレーシアなので、ゴージャスなホテルにもリーズナブルに宿泊できるチャンスは大きいです。これからのマラッカにも目が離せません!

マレーシア旅行を自分好みにアレンジしよう!

オンライン旅行会社「旅工房」ならばマレーシアのツアーのアレンジも承ります(相談無料)。

  • 泊数を変えずに価格を抑える
  • 複数のホテルに宿泊する
  • 2ヶ国以上周遊する、など

旅工房でマレーシアのすべてのツアーをみる>>

マレーシアの旅行予約はこちら

マレーシアのパッケージツアーを探す

マレーシアのホテルを探す

マレーシアの航空券を探す

マレーシアの現地アクティビティを探す

(チケット)

(現地ツアー&体験)

マレーシアのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年1月29日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【海外】女子ひとり旅におすすめ旅行先6か国と過ごし方!迷ったらココ!

女子一人でも安心・満喫できるおすすめの国(都市)をご紹介!気になる治安面を考慮し、街の可愛さはもちろんのこと、周りやすさや物価の安さ、食事のおいしさなどを総合し...


クアラルンプールで子連れにおすすめの観光スポット17選

大人はじっくり観光したいけど、こどもが飽きてしまう・・・子連れ旅行は、どこに行ったらよいか迷いますよね。ここでは、クアラルンプール近郊のこどもが楽しめるスポット...

4泊5日♪これが王道?!シンガポール女子旅モデルスケジュール!

人気の海外旅行先であるシンガポール。初めてシンガポールへ行かれる女性の方へ、平日仕事終わりに出発する4泊5日のシンガポール女子旅モデルコースをご紹介します!穴場...

クアラルンプール国際空港「KLIA2」で乗り継ぎまでの過ごし方〜マレーシアグルメから定番お土産、休憩場所まで〜

エアアジアユーザー必見!東南アジアをLCCで旅する場合、アジアのハブ空港であるクアラルンプール国際空港KLIA2(LCC専用ターミナル)でトランジットする人が多...

【マレーシア】3連休で楽しむ!「クアラルンプール&世界遺産マラッカ」欲張りモデルプラン

女子旅にぴったりの可愛いスポットがたくさんある「マレーシア」。仕事終わりに深夜便を利用すれば、3連休を使って現地でたっぷり2日半楽しめます。ピンクのモスクや世界...

この記事を書いたトラベルライター

年齢と反比例して年々アクティブに
オーストラリア パース在住歴20年。
3人の子供達から手が離れ、人生第2章を満喫中。
ヒマラヤトレッキングに魅せられ、登山のための基礎体力づくりに日々没頭中です。
最近始めた地元観光ガイドの仕事をきっかけに地元愛が再燃し、パースの素晴らしさを再認識。地元パースの魅力もお伝えしていきたいと思います。

【オーストラリア】世界で1番美しい街・ パース!在住者イチオシの4泊5日モデルプラン

世界で最も美しい街と言われるパース。透けるような青い空に大自然、可愛い動物たちにロットネス島、そしてワイナリーと見所満載のパースですが、オーストラリアのガイドブ...


【オーストラリア】現地ガイドがイチオシする、フリーマントルマーケットの人気お土産6選

パースに訪れた際にはマストで寄っていただきたい、古い町並みを残したままの港町フリーマントル。週末だけ営業しているフリーマントルマーケットでは、お土産などの雑貨類...

【シンガポール】リッツ・カールトン クラブフロアに宿泊してゴージャスな女子旅を

シンガポールには素敵ホテルは沢山ありますが、マリーナベイの夜景を見渡しながらのシャンパンは女子の憧れ。そんな夢を叶えてくれる素敵ホテル、リッツ・カールトンのクラ...

オーストラリア パース在住者が案内!パースシティ立ち寄りスポット・徹底ガイド

西オーストラリア州の首都パース。オーストラリアの都市の中でも他の州の都市から2,000㎞以上離れているので、「世界一孤立した都市」と言われるほど。「世界一美しい...

【セブ島・モアルボアル】内緒にしたい、シュノーケル&ダイビング三昧とサーディンランも絶対見れるスポット!

フィリピン・セブ島南西部のモアルボアルでは世界でも有名なスキューバダイビング、シュノーケルスポットです。モアルボアルからボートに乗ってダイビングスポットに行くと...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?