ボリビア
ボリビア観光
世界の人々を魅了する奇跡の絶景”ウユニ塩湖”

【ウユニ塩湖】トリック写真・ウェディングフォトに必須の小道具

取材・写真・文:

愛知在住

2019年7月11日更新

515view

お気に入り

写真:mayuko

ウユニ塩湖の定番となったトリック写真。フィギュアやお菓子の入れ物などを利用すると、さらに面白い写真を撮ることができます。小道具は現地でも手に入れることは可能ですが、日本から持参すると確実で安心です。今回はトリック写真をより楽しむための小道具やウェディング写真に必須の小物をご紹介します。

この記事の目次表示

ボリビアのおすすめツアー
【卒業旅行・学生旅行】【4名参加でお得!ウユニ塩湖へ南米ボリビア7日間】《成田-米国間はJAL機材!》■ウユニ塩湖観光たっぷり2日分■スタンダードホテル&塩のホテル泊
315,800円~410,800円
《成田-米国間はJAL機材利用!》【感動の白銀世界!ウユニ塩湖へ南米ボリビア7日間】■ウユニ塩湖観光たっぷり2日分■スタンダードホテル&塩のホテル泊
349,800円~444,800円
★感動の白銀世界!ウユニ塩湖へ南米ボリビア8日間★《ウユニ塩湖観光2日分/ラパス市内観光》エアポートホテル&スタンダードホテル&塩のホテル2泊
410,000円~495,000円

ウユニ塩湖とは

  • 写真:mayuko

ウユニ塩湖は新潟県とほぼ同じくらいの大きさで、世界一大きな塩湖とされています。

数百年前にアンデス山脈が隆起した時に、海底が海水ごと持ち上げられて取り残されました。海水が干上がるにつれて、水分の中の塩が固まって塩湖ができたと言われれいます。

南米のボリビアにあるため、日本と真逆の気候になります。

トリック写真を撮るのにウユニ湖が最適な理由

ウユニ塩湖は高低差がほとんどないため、乾季には見渡す限り平らで真っ白な塩原が広がります。そのため、遠近感覚が無くなってしまい、トリック写真を撮りやすいのです。

トリック写真にオススメの小物

ツアーのガイドさんが用意してくれている場合もありますが、100円ショップなどで揃うものばかりですので、日本で調達していくことをおすすめします。

恐竜のフィギュア

  • 写真:mayuko

定番の恐竜退治の写真には欠かせないアイテムです。何匹か揃えても面白い写真が撮れます。

プリングルス(空き缶)

  • 写真:mayuko

こちらはおやつを兼ねて現地で調達すると、スペイン語のパッケージで南米感が醸し出されます。

サングラス

  • 写真:mayuko

普段使いのものでもいいですし、ポップなものにすると写真がより映えると思います。

現地のお土産

  • 写真:mayuko

民芸品店で購入したアルパカのぬいぐるみを使用しました。現地で購入した人形などを撮影小物に使うと雰囲気が出ます。

レジャーシート

  • 写真:mayuko

トリック写真を撮るためには、写真のように塩湖に腹ばいになってカメラを構える必要があります。衣服やカメラを塩から守るために、レジャーシートの上で写真を撮ることをお勧めいたします。

ウェディング写真ににオススメの小物

筆者は、ウユニ湖でウエディング写真にも挑戦しました。その際に使った小物でオススメの物をご紹介します。

ウェディングドレス

  • 写真:mayuko圧縮袋に入れてしまえば持ち運びもラク
  • 写真:mayuko

ウユニ塩湖での撮影後はかなり塩が付着するので、ドレスが傷んでしまいます。使い捨て覚悟のもの、またはクリーニングが出来るものにしてください。筆者は通販で安く購入したものを使用しました。裾が長いと塩が付いて重くなり歩きにくいと聞いていたので、裾は自分でカットしました。圧縮袋に入れておくとスーツケースの中でも場所をとりません。

ブーケ

  • 写真:mayuko

ウェディング撮影には欠かせない小物です。100円ショップの造花を束ねてブーケとして使用しました。造花はスーツケースの中で押しつぶされても元に戻せるので安心ですし、トリック写真にすると造花っぽさもほぼ消えるので大丈夫です。

指輪

  • 写真:mayuko

人物を指輪の中に入れ込むとこのような写真になります。指輪が小さいので、人を中にいれるためにはカメラマンからだいぶ離れた所に立つのがポイントです。

思い出の品の箱

  • 写真:mayuko
  • 写真:mayuko

何か思い出の物があれば小道具として利用できます。

ガーランド

  • 写真:mayuko

トリック写真ではありませんが、絶景をバックにした写真は一味違ったものになること間違いなし!

散髪ケープ

  • 写真:mayuko

ケープは着替えの時に役立ちます。ツアーの途中でウェディングドレスに着替える場合はツアーの4WD車内での着替えとなります。窓はUV加工のためかスモーク掛かっていますが、念のために持参すると安心して着替えることができます。

おわりに

ウユニ塩湖は水鏡の見られる雨季(4月~11月)と、果てしなく続く真っ白な塩の大地が見られる乾季(5月~10月)があります。

個人的にオススメの時期は、雨季と乾季の境目となる4月です。水が無くなり白い大地になっている場所も水鏡が張っている場所も両方あり、1度に両方の景色を楽しむことができます。

ウユニ塩湖
ボリビア / 自然・景勝地
住所:Salar de Uyuni, Bolivia地図で見る

ボリビア旅行を自分好みにアレンジしよう!

オンライン旅行会社「旅工房」ならばボリビアのツアーのアレンジも承ります(相談無料)。

  • 泊数を変えずに価格を抑える
  • 複数のホテルに宿泊する
  • 2ヶ国以上周遊する、など

旅工房でボリビアのすべてのツアーをみる>>

ボリビアの旅行予約はこちら

ボリビアのパッケージツアーを探す

ボリビアのホテルを探す

ボリビアの航空券を探す

ボリビアの現地アクティビティを探す

ボリビアのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年7月11日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


高山地へ行くのなら…高山病対策をして素敵景色に会いに行こう♪

一度は訪れたい絶景スポットなどとして取り上げられているボリビアのウユニ塩湖や、アンデス山脈の尾根にあるペルーのマチュピチュ遺跡。近年ではツアーも沢山あり、誰でも...


バスの河渡し!?ペルー〜ボリビア陸路国境越えの安全な方法

南米をめぐるバックパッカーが、よく陸路で国境を越える場所の一つが、ペルー〜ボリビア間の国境です。この国境、なかなかユニークな国境です。国境になっている河を渡る際...

知る人ぞ知る チリとボリビアの国境をまたいで旅する絶景の秘境地・アルティプラーノ

ボリビア・ペルー・チリにまたがる高原地帯・アルティプラーノ。“天空の鏡”と呼ばれる「ウユニ塩湖」があるのもこのアルティプラーノで、実はウユニ塩湖以外にも、数々の...

絶景写真の宝庫!ウユニ塩湖の観光スポットとおすすめフォト6選

ウユニ塩湖といえば、水鏡に空が反射した幻想的な場所として日本でも徐々に知名度を上げている絶景スポットです。ウユニ塩湖はボリビアという南米の国にあり、日本から行く...

ベストシーズンは雨期!幻想的な”天空の鏡”ウユニ塩湖を100%楽しむコツ!

テレビや雑誌などでたくさん紹介され一躍有名な観光スポットとなった大人気のウユニ塩湖。南米ボリビアにある世界最大の塩湖です。今回は、このウユニ塩湖についてご紹介し...

この記事を書いたトラベルライター

路地裏あるき大好きな、自称☆台湾親善大使☆
台湾のゴハン、優しさとテキトーさを合わせもつ人たち、景色に魅了されて、1年に最低1回は台湾を訪れています。定番の観光スポットからディープな楽しみ方など、いろいろ発信したいです。
台湾以外の海外•国内のたび情報もたくさん紹介します。

【ラオス】ゆるやかわいいお土産はナイトマーケットで!オススメ10選

ラオスはニューヨーク・タイムズ紙で「世界で一番行きたい国」に選ばれています。タイや中国などアジア大国の狭間にあっても、なんともゆるやかな空気が流れる味わい深さが...


【台北・お土産】駆け込みでもOK!コンビニで買えるお土産Best10

観光をおもいっきり楽しんだ旅行は、家族・友人・職場へのお土産を忘れてしまいがちだったりしませんか。また、お土産はどこで何を買おうか、ということが気になって観光に...

【台北】地元民も通う漢方薬局「生元薬行」で体験するオーダーメイド漢方

「誰にでも効く」という薬は、誰にも効かない、という言葉もありますが、ここ「生元薬行」では、自分の体質に合った漢方を処方してもらえます。簡単な問診や診断の後、お医...

【名古屋のモーニング】地元民が選ぶおすすめ店5選

名古屋人は「おトク」が大好き。喫茶店で飲み物を注文するとトーストやゆで卵がサービスとなっているのは、もはや常識です。そんなモーニングはお店によっても特徴がありま...

【台湾】高級中華が食べ放題!故宮博物院のレストラン「故宮晶華」は夜がお得

台湾の人気観光スポット、故宮博物院。その博物館に併設されているレストラン「故宮晶華」は、展示されている宝物の「肉形石」と「翠玉白菜」そっくりの料理を提供すること...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?