台北
台北観光
おいしくて楽しくて癒やされる♪週末ふらり旅もできる人気都市

【台北・お土産】駆け込みでもOK!コンビニで買えるお土産Best10

取材・写真・文:

愛知在住

2018年6月8日更新

15,723view

お気に入り

写真:mayuko

観光をおもいっきり楽しんだ旅行は、家族・友人・職場へのお土産を忘れてしまいがちだったりしませんか。また、お土産はどこで何を買おうか、ということが気になって観光に身が入らなかったら本末転倒です。この記事では、台北市内のいたるとことで見かけるコンビニで手に入れることができるお土産を紹介します。

この記事の目次表示

台北のコンビニ

日本の都市を歩いているような感覚で少し歩けばコンビニが見つかります。さすがは台湾の首都。その中でも、セブンイレブンやファミリーマートを多く見かけます。取扱い商品も、食べ物から日用雑貨まで様々です。

その中でも、お土産におすすめしたい10品がこちらです。

①パイナップルケーキ

  • 写真:mayuko

台湾土産の定番品のパイナップルケーキ。箱入りで売られているので、人に渡すお土産として重宝します。レジ前のガム感覚でばら売りされている場合もあるので、自分用のおやつとしてもオススメです。

  • 1箱(6個入り):約750円

②美肌パック

  • 写真:mayuko

日本のコスメクチコミサイトでも高い評価を得ている、台湾のシートマスク「私的綺麗日記」シリーズは、コンビニにもあります。1シートごとにバラ売りもされているので、現地で試してお肌に合えば箱で購入なんていうパターンもいいかもしれません。シートマスクのお土産は女子ウケ率も高いです。

  • 1箱:約800円

③台湾ビール

  • 写真:mayuko

お酒好きな方にお勧めしたいのがこちらです。台湾のビールは、日本のものに比べてあっさりしています。1缶から購入することができます。

フレーバービールのパイナップルビールも台湾らしくておすすめです。パイナップルとビールの組み合わせなんて大丈夫?と思われる方もいるかもしれませんが、飲みやすいビールです。1口目にパイナップルのフルーティーな香りが入ってきて、後からやってくるビールの苦みを爽やかにまとめてくれますよ。

他にもマンゴービールなどの種類もありますが、台湾ビールとフルーツフレーバーの相性は良いと思います。

  • 写真:mayuko
  • 1缶:約130円

④ドライフルーツ

  • 写真:mayuko

乾物屋さんで見かけた物と同じくらい美味しそうなドライマンゴーが売っています。オーガニックタイプのものも、コンビニで見つけることができますよ。素朴なおじさんのパッケージもいい味です。マンゴー、グアバなどがあるので食べ比べてみるのも楽しいと思います。

  • 1袋:約520円

⑤中国茶

  • 写真:mayuko

台湾のウーロン茶がリプトンシリーズから販売されています。ティーバッグになっているので配りやすいですし、手軽に飲むことができるので喜ばれそうです。

  • 1パック:約210円

⑥カップラーメン

  • 写真:mayuko

台湾の味を家庭でも味わいたいという方には、こちらをおすすめしたいです。様々な種類がありますが、現地の人がオススメするのは上記写真のもので台湾で流行っているとのことです。

夜市名物の「臭豆腐」味のカップラーメンもあります!屋台では勇気が出なくて手を出せなかったけどやっぱり気になるという方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

  • 写真:mayuko
  • 1個:約180円

⑦プラスチックボトルコーヒー

  • 写真:mayuko

ジワジワ人気の出ている台湾のプラスチックボトルのコーヒー。コロンとした筒が手に馴染んで持ちやすいし可愛らしいですね。フタをすることもできるので、コーヒーを飲み干した後はタンブラーとしても利用できそう。コーヒーは無糖、微糖、カフェラテなどがあり中身によってボトルの色が違います。

  • 写真:mayuko
  • 1個:約120円

⑧香鐵蛋(台湾風味付け卵)

  • 写真:mayuko

ウズラの卵をウーロン茶やスパイス等を使って煮た後に燻製にしたものです。見た目が真っ黒ですが、日本人の口にも合う甘辛味でお酒のおつまみとしてもgood!

  • 1袋:約380円

⑨ピリ辛スナック

  • 写真:mayuko

おつまみピーナッツに台湾独特のスパイスがまぶしてあるスナックです。ピリ辛な風味がクセになりそう。中は小袋が10袋ほど入っているので小分けのお土産としても活躍してくれそう。

  • 1袋:約400円

⑩科学麺(ラーメンスナック)

  • 写真:mayuko

台湾のベビースターラーメン的存在で、子どもから大人まで親しまれているスナックです。そのままポリポリ食べてもおいしいし、お湯をかけてインスタントヌードル風にも食べることができます。台湾ビールとの相性もいいですよ。

  • 1個:約40円

おわりに

海外のコンビニは日本で見かけないローカルな物が売られていることもあるので、ぶらりと覗いてみるのも楽しいです。

お土産の調達には、自分用もバラまき用もそろえることができるコンビニを活用して、旅の時間を有効に使ってみてはどうでしょうか。

台北の旅行予約はこちら

台北のパッケージツアーを探す

台北のホテルを探す

台北の航空券を探す

台北の現地アクティビティを探す

(レストラン)

(チケット)

(現地ツアー&体験)

台北のWi-Fiレンタルを探す

関連するキーワード

※この記事は2018年6月7日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【台北】かわいい台湾雑貨♡「来好」で買えるオススメのお土産15選

‟MADE IN TAIWAN”のプチプラ土産が欲しい女子必見!台北の永康街にある雑貨屋「来好(ライハオ)」には1,000以上ものアイテムが揃っており、日本人観...


【保存版】初めての台湾・2泊3日おすすめモデルプラン!グルメと九份を満喫

台湾初心者やフリー旅行者必見の、台湾グルメと『千と千尋の神隠し』で有名な九份を満喫するモデルコース!台北の人気観光スポットを訪れ、九份で贅沢な宿泊や、十分名物の...

【台湾台北】リピートしたい台湾の人気土産!おすすめ10選

台湾旅行で気になるお土産選び。何を買って帰ろうか迷ってしまいますよね。この記事では、台湾暮らしの筆者が実際に渡して喜ばれた人気台湾土産を10選紹介します。ちょっ...

【台湾・台北】スーパーJASONSで買える定番お土産22選!ばらまき用にも◎

パイナップルケーキやタピオカのお菓子、台湾茶など、台湾で絶対買いたいおすすめのお土産をご紹介。台湾のお洒落スーパー「JASONS(ジェイソンズ)」で購入できるの...

【台湾】コンビニで買えるお土産17選[お菓子・インスタント麺・ドリンク]

台北の「セブンイレブン」「ファミリーマート」で買える、ばらまき土産にもぴったりな商品をご紹介。ガイドブックにも載っている定番商品を選んでいますので、ぜひ台湾土産...

この記事を書いたトラベルライター

路地裏あるき大好きな、自称☆台湾親善大使☆
台湾のゴハン、優しさとテキトーさを合わせもつ人たち、景色に魅了されて、1年に最低1回は台湾を訪れています。定番の観光スポットからディープな楽しみ方など、いろいろ発信したいです。
台湾以外の海外•国内のたび情報もたくさん紹介します。

【名古屋のモーニング】地元民が選ぶおすすめ店5選

名古屋人は「おトク」が大好き。喫茶店で飲み物を注文するとトーストやゆで卵がサービスとなっているのは、もはや常識です。そんなモーニングはお店によっても特徴がありま...


【ラオス】ゆるやかわいいお土産はナイトマーケットで!オススメ10選

ラオスはニューヨーク・タイムズ紙で「世界で一番行きたい国」に選ばれています。タイや中国などアジア大国の狭間にあっても、なんともゆるやかな空気が流れる味わい深さが...


【台北】地元民も通う漢方薬局「生元薬行」で体験するオーダーメイド漢方

「誰にでも効く」という薬は、誰にも効かない、という言葉もありますが、ここ「生元薬行」では、自分の体質に合った漢方を処方してもらえます。簡単な問診や診断の後、お医...

【台湾土産】飲むのがもったいない!CHARM VILLAの金魚が泳ぐ中国茶「金魚ちゃんティーバッグ」

台湾のお土産といったら何を思い浮かべますか?美味しくて、かわいくて、しかも軽いので持ち帰りにも便利!という女ゴコロをつかむお土産を探している方にピッタリのものが...

【京都・正寿院】幸せを呼ぶハートの窓!ご利益も「カワイイ」も全部叶えよう

京都の宇治市に「フォトジェニックなお寺」として注目を集めているお寺「正寿院」があります。こちらのお寺は、窓・天井画・お庭・おもてなしのお菓子、すべてに「カワイイ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

アプリ「Pokke」で台北の音声ガイドを聴く

台北の観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります