チリ
チリ観光
世界7不思議のモアイ像やチリワインに乾杯

モアイ像に会いに行こう!チリ・イースター島

取材・写真・文:

トラベルライター

2018年9月7日更新

724view

お気に入り

写真:トラベルライター

太平洋にポツンと浮かぶ島「イースター島」。イースター島といえば、もちろんモアイ像を思い浮かべる人がほとんどだと思います。また意外にも、イースター島と日本には深い関係もあるんです。まだまだ謎の多いモアイ像。訪れてみてわかった事実、そして島の観光を紹介していきたいと思います。

この記事の目次表示

チリのおすすめツアー
《東京アメリカ間はJAL機材を利用♪》★モアイが棲む絶海の神秘の島イースター島へ★【チリ・イースター島4泊8日間】自由に動ける完全フリープラン♪/ラタム航空利用/送迎付き
388,000円~410,000円
《東京アメリカ間はJAL機材を利用♪》★モアイが棲む絶海の神秘の島イースター島へ★【チリ・イースター島5泊9日間】自由に動ける完全フリープラン♪/ラタム航空利用/送迎付き
408,000円~430,000円
《東京アメリカ間はJAL機材を利用♪》★モアイが棲む絶海の神秘の島イースター島へ★【チリ・イースター島6泊10日間】自由に動ける完全フリープラン♪市場では豊富なシーフードやチリワインを格安で楽しめる首都サンチャゴにも滞在!/ラタム航空利用/送迎付き
426,000円~450,000円

イースター島について

太平洋に浮かぶイースター島。正式にはパスクア島。現地語ではラパ・ヌイと呼びます。チリにあるといっても、チリ本土からは約3,800㎞も離れており、チリの国内線でも5時間半かかる距離に位置しています。

  • イースター島の旗

全周60㎞、面積は180㎢と小さな島ですが、イースター島全体が国立公園に指定されており、世界遺産にも登録されています。

イースター島は火山島で、海底火山の噴火と隆起によって形成された島です。そのため、イースター島にはいくつかの火山が存在します。そして、それらの火口湖を真近で見ることも可能です。

  • 写真:トラベルライター

この火山島に人類が移り住んだ時期には諸説ありますが、西暦1200年ごろといわれています。

島を周ってモアイ像を見に行こう!

イースター島でのメインイベントといえば、それはもちろんモアイ像を見ることです。

全周60㎞の小さな島に、約1,000体ものモアイ像が散らばっています。完全な形をしたものから、建設途中のものまで様々な形のモアイ像があります。ここでは、そんなモアイ像たちを見ることができる定番スポットを紹介したいと思います。

アフ・トンガリキ

  • 写真:トラベルライター

15体のモアイ像が立ち並ぶスポット。写真で一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。横一列に綺麗に並ぶモアイ像たちは、いかにも島を守ってくれそうな姿です。

このアフ・トンガリキが出来上がるまでには、実は日本が貢献しているんです。地震によって倒れたモアイ像たちを、その後日本の企業がクレーンを使って立ち上がらせたのです。ここまで日本の協力が行き届いているなんて驚きです。

アフ・トンガリキは朝日の鑑賞スポットとしても有名で、時期にもよりますが、立ち並ぶモアイ像の背後から昇る朝日を眺めることができます。

アフ・トンガリキ
チリ / 遺跡・史跡
住所:Ahu Tongariki,Easter Island, Chile地図で見る

ラノ・ララク

  • 写真:トラベルライター

モアイの製作所です。ここで実際に、岩から切り出してモアイ像が製作されていました。

  • 写真:トラベルライター

体がまだ埋まっているモアイ像。地面にあとどれくらいの長さが埋まっているんだろうと想像しながら見るのも、1つの楽しみ方です。

  • 写真:トラベルライター

まだ切り出されていない、完全に作り途中のモアイ像もあります。ここでは、切り出される前の姿から、完成形まで見ることができます。

ラノ・ララク
チリ / 遺跡・史跡
住所:Rano Raraku,Easter Island, Chile地図で見る

タハイ儀式村

タハイ儀式村へは、イースター島の村「ハンガロア村」から徒歩で訪れることができます。

島で唯一の目が入っているモアイ像。この目については、まだまだ謎に包まれていますが、すべてのモアイ像に入っていたわけではなく、一部のモアイ像にだけ入っていたことまでわかっています。

  • 写真:トラベルライター

また、夕日を見るベストスポットにもなっており、モアイ像とともに見る夕日は最高のひと時です。

タハイ儀式村
チリ / 遺跡・史跡
住所:Tahai,Easter Island地図で見る

海中モアイ

実は海中にもモアイ像があるんです。水深25mにあるのでダイビングのライセンスを持っている人は実際に見に行くことができます。

とはいっても、このモアイ像は映画のセットに使われたレプリカで、撮影用に作られたものです。しかし、海中でモアイ像を見るというのはなかなかできない経験です。

次のページを読む

チリの旅行予約はこちら

チリのパッケージツアーを探す

チリのホテルを探す

チリの航空券を探す

チリの現地アクティビティを探す

チリのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年8月30日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【チリ】イースター島の絶対訪れたい観光スポット厳選8選

イースター島といえばモアイ像が有名な謎多き魅惑の島!世界遺産にも指定されており、一度は行ってみたいと思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。太平洋に浮かぶト...

【チリ】「帰りたくない」旅人の誰もが絶賛するトーレス・デル・パイネ国立公園

荒々しく氷河で削られた山々、冷たい風になびく草原、色鮮やかな高山植物、深い青の湖など、パタゴニアの見所がぎゅっと凝縮された場所「トーレス・デル・パイネ国立公園」...


【チリ】アタカマ砂漠観光の拠点「サン・ペドロ・デ・アタカマ」の魅力

地球上のものとは思えない景色を有するアタカマ砂漠は、アフリカのサハラ砂漠と中国のゴビ砂漠に並ぶ世界3大砂漠のひとつ。その観光の拠点となるサン・ペドロ・デ・アタカ...

【チリ】月の谷に虹の谷!絶対に見たいアタカマ砂漠の絶景

世界で最も降水量の少ない地域で、かつ、平均標高は2,000mを超すという過酷な地域・アタカマ砂漠。しかし、そこには、地球上とは思えないほどの絶景が広がっています...


知る人ぞ知る チリとボリビアの国境をまたいで旅する絶景の秘境地・アルティプラーノ

ボリビア・ペルー・チリにまたがる高原地帯・アルティプラーノ。“天空の鏡”と呼ばれる「ウユニ塩湖」があるのもこのアルティプラーノで、実はウユニ塩湖以外にも、数々の...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?