アルゼンチン
アルゼンチン
情熱のタンゴとアルゼンチンワインに酔いしれる

地球歴数万年の氷河も!壮大な自然を満喫する旅~南米パタゴニア「ロス・グラシアレス」と「トーレス・デル・パイネ」~

2018年5月17日更新

227view

お気に入り

パタゴニア地方は、南米大陸のアルゼンチンとチリ両国にまたがる南方の地域の総称です。大西洋へ流れるコロラド川以南から、南北に連なるアンデス山脈の南端までに至るこのパタゴニア地方は、実に30もの国立公園がある壮大な自然の宝庫です。今回は、アルゼンチンの「エル・カラファテ」という街を起点に、何万年も育まれてきた広大な氷河を有す世界遺産「ロス・グラシアレス国立公園」と、チリにある突き抜けた3本の岩山を有す「トーレス・デル・パイネ国立公園」をご案内いたします。

パタゴニア観光の拠点に便利なエル・カラファテ(El Carafate)

南米アルゼンチンの首都ブエノスアイレスから、飛行機で大きく南下すること3時間余り、チリとの国境にほど近い場所にエル・カラファテという街があります。

荒涼とした大地の中にあり、人口が1万人にも満たない小さな街ですが、周辺にある国立公園へアクセスがよく、パタゴニアを観光するにはとても便利な街です。

空の玄関口となるエル・カラファテ空港もあり、インフラもきちんと整備されているため、多数のホテルやレストランは観光客で賑わいを見せています。

エル・カラファテはアルゼンチンで一番大きいアルヘンティーノ湖のほとりにある街で、自然に囲まれ静かな環境です。

湖のラグーンには、フラミンゴも多く棲息しています。

空気が澄んでいるので太陽の光も直線的で、映される自然がとても美しいです。

それでは早速、エル・カラファテを拠点に観光できる二つの国立公園をご紹介します。

エル・カラファテ
アルゼンチン / 町・ストリート
住所:El Carafate

ロス・グラシアレス国立公園(世界遺産)(Los Glaciares National Park)

アルゼンチン国内でも最大の国立公園であるロス・グラシアレスは、面積が7,269平方キロメートルあり、南極、グリーンランド、アイスランドに次ぐ巨大な氷河を有しています。国立公園内にはいくつもの氷河観光スポットがあり、世界中から観光客が訪れます。

ロス・グラシアレス国立公園
アルゼンチン / 自然・景勝地
住所:Parque Nacional Los Glaciares
Web:https://www.parquesnacionales.gob.ar/

ペリト・モレノ氷河(Perito Moreno)

ロス・グラシアレス国立公園の中でも一番の人気を誇るペリト・モレノ氷河。エル・カラファテから車で一時間あまりの近さにありながら、息をのむような素晴らしい氷河を鑑賞できるスポットです。

南米大陸を南北に貫くアンデス山脈の山々には、大量の雪が積もります。その雪は、湖(低地)へ圧を強めてくだり、徐々に氷河となります。そして表面に現れるまでには、なんと数万年の時が経っているのです。

私たちは数万年前に降った雪を、ここで見ることができるのです。フェリーやボートで氷河の近くまで行くこともでき、湖面から見上げる氷河は圧巻の一言。

まるで、ガラスの断崖絶壁です。

時折、氷河の欠片が崩落すると、爆音とともに水面には大きな波が立ちます。この時フェリーも大きく揺れるため、とてもエキサイティングです。

フェリーを降りて、車でその先へさらに進むと、氷河を広く見渡せる公園があります。フェリーほど近くで見えるわけではありませんが、こちらも絶景!氷河の南側と東側を十分に堪能できます。

ペリト・モレノ氷河は、世界の氷河がある地域に比べると気温が高いため、夏場は頻繁に(10分に一度くらい)氷河が押し出されて水面に崩落します。

氷が割れる際には「バリバリバリッ」、そして崩落して水面へ落ちると「ドカーン」と鳴り、まさに雷が落ちたような轟音がけたたましく響き渡ります。その大迫力サウンドを聞くと、改めて自然のすごさを感じます。

ペリト・モレノ氷河内にある歩道は整備されており、トレッキングやウオーキングサーキットもあります。氷河の上を歩くツアーもありますよ!

ペリト・モレノ氷河
アルゼンチン / 自然・景勝地
住所:Glaciar Perito Moreno , サンタクルス州 アルゼンチン
Web:http://www.losglaciares.com/en/parque/gpmoreno.htm...

スぺガッツィーニ氷河(Spegazzini)

スぺガッツィーニ氷河は、流れが蛇行した、景観の美しい氷河です。

坂が急で、山をぐるりと取り巻きながら覆い被さるように氷河が形成されるため、先端の高さが140mにも達する、ロス・グラシアレス国立公園では一番の高さを誇る氷河です。

スペガッツィーニ氷河
アルゼンチン / 自然・景勝地
住所:Lago Argentino, Santa Cruz, Spegazzini

ウプサラ氷河(Uppsala)

ウプサラ氷河は、ロス・グラシアレス国立公園最大の氷河です。エル・カラファテから車で一時間ほどの場所にある波止場プンタ・バンデラから、フェリーに乗って向かいます。

波止場を出てノルテ水道を一時間ほどフェリーで進んだ頃、氷山がプカプカと流れてくる様子が見え始めます。

大小様々、形も様々な氷山は、近くで見るととても大きいものもあります。

氷河から崩落した氷山は、やがて溶け始めます。徐々に水となり形を失い、川の流れとなっていきます。長い年月をかけて造られた氷河が溶けていくかと思うと、儚くも美しいですね。

こちらが氷山の大元!ウプサラ氷河です。高さは100m、先端部の幅も7Km近くあるロス・グラシアレス国立公園で最大の氷河です。

長き時を経て成熟し、しかし今この瞬間にも崩れて水へと変わる氷河の様は、人間や植物、動物と同じ生き物のようです。形ある自然は、どんなものでも姿形を変えていき、最後には消えてしまいますね。

ちなみにこのウプサラ氷河へ移動するフェリーでは、浮かんでる氷河を取って、ウイスキーのロックを作ってくれるサービスもあります。純度の高い氷で飲むお酒は、また一段と美味しい感じがしますよ!

ウプサラ氷河
アルゼンチン / 自然・景勝地
住所:Los Glaciares National Park Argentina,Glacier Upsala

氷河の青い理由

ところで皆様、氷河が何故青いかご存知ですか。長い歳月をかけて造られる氷河は、その氷の重さから常に大きな圧力を受け続けます。このため、氷中に含まれていた空気が押し出され、気泡のない純度の高い氷となります。

太陽の紫外線は、密度が濃くて波長の短い青い光だけを反射しますので、人間の目には氷河が青く映るというわけなのです。

次のページを読む

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年5月1日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

【アルゼンチン】運動不足でも登頂できる!燃えるフィッツロイを目指す夜のトレッキング

有名なアウトドアブランド「パタゴニア」。このロゴデザインのモデルになった山が、アルゼンチンのエル・チャルテンという街にあります。その山の名は「FitzRoy (...

アルゼンチン・ブラジル・パラグアイの国境が見られる三国国境展望台

南米大陸のアルゼンチン、ブラジル、パラグアイは、お互いが隣接している国です。その境目を見ることができるのが、三国国境展望台。島国日本では体験することができない、...

【アルゼンチン】氷河の氷で飲むウイスキーは世界最高の味!ペリト・モレノ氷河トレッキング

遠い昔に降り積もった雪が融けきらずに山々に残り、長い年月をかけてやがて厚い氷の塊になって生まれる氷河。このロマンあふれる氷河を間近で目にし、しかも氷河の上を歩き...

南米大陸ブラジルとアルゼンチンにまたがる“イグアスの滝”の歩き方

「イグアスの滝」は、南米大陸のブラジルとアルゼンチンの二ヶ国にまたがる世界最大の滝で、日本で三大瀑布(ばくふ)と言われている「ナイアガラの滝」、「ヴィクトリアの...



この記事を書いたトラベルライター

Curious Jetsetter
これまで訪ねた130ヵ国およそ300都市の街の美しい景色、壮大な自然の風景を皆様とシェアし、ご自身もそこへ行ったかのように感じてもらえると嬉しいです。

原野に現れた壮大な未来都市!想像を遥かに超えたカザフスタンの首都アスタナ

中央アジアを東西に大きくまたがるカザフスタンがロシアから独立したのはたった25年前(西暦1991年)のこと。その後、アルマトイから遷都され首都となったアスタナは...

砂漠の中から浮き上がったような蜂蜜色の国、地中海のマルタ共和国

マルタ島のルア国際空港に到着し、市内へ向けて走るバスの中から目にする光景は、建物が砂に埋もれてしまった砂漠をイメージするものでした。実際は、埋もれているわけでは...

メキシカンドライブ!~レンタカーで気ままに行こう!遺跡とタコスとカンクンビーチ~

メキシコのユカタン半島に点在するマヤ文明の遺跡は、大小合わせて4,400ヵ所以上にも上るそうです。未だに謎に包まれている遺跡の多くは、遠い過去の繁栄と衰退を感じ...

石を投げればカフェに当たる ~ルーマニアの首都ブカレストでお洒落カフェを散策しよう~

ブカレストの街を歩いていると、とにかく目に付く洗練されたカフェの数々。老舗から新店まで、趣向を凝らしたお洒落なカフェは、フロントデザインやインテリアを観ながら散...

沖縄の離島でミクロの世界を垣間見る ~ナガンヌ島に泊まろう!~

今回紹介するナガンヌ島は、沖縄本島からクルーザーでわずか20分。慶良間諸島の入り口、チービシ環礁にある離島で、定住者はいませんが、宿泊施設やレストランがあり、気...



トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?