コロンビア
コロンビア観光
七色の海のリゾート地や世界遺産の港町

【コロンビア】ボゴタで食べたい屋台グルメ4選♪

取材・写真・文:

アメリカ在住
訪問エリア:24ヶ国

2018年12月12日更新

320view

お気に入り

写真:KatieM

旅行先でぜひ楽しみたいのが、その土地ならではのローカルフード。今回は、筆者がボゴタで実際に食べてみておすすめしたい屋台グルメを4つご紹介します。ボゴタならではの食材や味に挑戦してみませんか?

この記事の目次表示

【1】おやつや朝ごはんにぴったり♪「Arepas(アレパ)」

  • 写真:KatieM

ボゴタ市内で最も多く見かけるのが「アレパ」の屋台。アレパは、コロンビアやベネズエラの郷土料理のひとつで、とうもろこしで作った丸い手の平サイズの生地を焼き、中にいろんな具材を詰めて頂く中南米流グリルド・サンドイッチです。

  • 写真:KatieM炭火で焼かれるとうもろこしの生地

中の具材として人気なのが、チーズにハムやチキン・ポークなど。値段は具材によって変わり、チーズ&ハムだとCOP2,000(71円)、チキンやポークだとCOP2,500(89円)程度が相場です。また、朝には朝食用に卵焼きを詰めた卵アレパも登場します。

  • 写真:KatieM朝に見かける卵焼き入りアレパ

焼きあがったらアルミホイルに包んでもらえるので、焼き立てをその場でいただきましょう!トロトロのチーズと、とうもろこし特有のボソッとした食感の生地がよく合い、特に熱々は絶品ですよ♪

【2】ビタミン補給でリフレッシュ!「Mango(マンゴー)」

  • 写真:KatieM

南国ボゴタでは、トロピカルフルーツジュースをその場で絞ってくれるフルーツジュースや、マンゴーの屋台をあちこちに見かけます。中でも、ぜひ試してみたいのが、熟していない緑マンゴー。現地では、これをスライスして、塩とレモンを振った食べ方が大人気です。

  • 写真:KatieM

屋台で欲しいマンゴーを選ぶと、その場でつまみやすい様にスティック状にスライスしてもらえます。この切り方だと、端から皮の部分をつまんで、徐々に食べていけるので便利。

  • 写真:KatieMつまみやすい形状のマンゴー

あっさりとした甘すぎないマンゴーは、爽やかでちょっとした休憩にもぴったり!このスライスマンゴー、値段は、ひとつCOP1,000(35.66円)が相場のようです。

【3】ボゴタっ子の定番おやつ「Obleas(オブレア)」

  • 写真:KatieM

スイーツ系で良く見かけたのが「オブレア」の屋台。オブレアとは、「オブラート」が語源となっており薄い円状の生地2枚の間に、甘いソースを挟んだお菓子で、ソースやシロップはお好みで選ぶことができます。

  • 写真:KatieM生地を2枚挟んで完成

トッピングとして人気なのが、チョコレートソース・ホイップクリーム・キャラメルソース・ココナッツフレークなど。薄いパリッとした軽い生地なので、サクサクといただけますよ♪ お値段の相場は、ソースの種類によって変わり、スタンダードだとCOP2,000(71円)程度。ちょっと甘いものが欲しくなったときに試してみてくださいね☆

【4】酵素たっぷりの発酵飲料「Masato(マサト)」

  • 写真:KatieM

今回1番のお気に入りだったのが「マサト」!日本食に由来のあるようなネーミングですが、実は全く関係なく、お米とパイナップルを発酵させて作った健康飲料となります。

  • 写真:KatieM

味は、今欧米で大流行の酵素ドリンク「Kombucha(コンブチャ)」にそっくり。甘酸っぱくトロリとした舌触りで、発酵飲料独特の味と香りがします。旅先で酵素をしっかりチャージしたいときなどにぴったりですよ♪

  • 写真:KatieM

発酵の度合いや使われるスパイスによってマサトの味は変わりますが、基本的にシナモンとクローブが使われます。こちらのお値段は1杯COP1,500(53円)程度が相場のようです。

最後に

  • 写真:KatieM

今回紹介した「マンゴー」「ププサ」「オブレア」は新市街・旧市街問わず市内を散策しているとあちこちで見かけることができます。「マサト」に関しては、旧市街のマーケット「La Concordia(ラ・コンコルディア)」付近の屋台で販売されているのを見かけました。

気が向いたときに手軽に楽しめる屋台フード。現地の生活に浸透している国民食に触れることで、旅の思い出がもっと色濃くなるかもしれません。

※記事内のコロンビア・ペソから日本円への換算は1COP=約0.035円で計算しています

ボゴタ
コロンビア / 町・ストリート
住所:Bogotá地図で見る

コロンビア旅行を自分好みにアレンジしよう!

オンライン旅行会社「旅工房」ならばコロンビアのツアーのアレンジも承ります(相談無料)。

  • 泊数を変えずに価格を抑える
  • 複数のホテルに宿泊する
  • 2ヶ国以上周遊する、など

旅工房でコロンビアのすべてのツアーをみる>>

コロンビアの旅行予約はこちら

コロンビアのパッケージツアーを探す

コロンビアのホテルを探す

コロンビアの航空券を探す

コロンビアの現地アクティビティを探す

コロンビアのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年12月10日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

旅好きウェブライター
大学留学をきっかけに渡米してはや20+年。州立大学を卒業後ニューヨークで就職。長年に渡るニューヨーク生活を経て現在はサンフランシスコ市内に在住。とにかく旅行が大好き!旅先では主に、カフェ・絶景スポット・世界遺産巡りを楽しんでいます☆

ハワイ島ならではのお土産が見つかる!こだわりが光るお店8選☆

ハワイ諸島の中でも最も面積が広く、大自然が魅力のハワイ島。ゆったりと何もしない優雅な時間を楽しんだ後は、Made in the Big Islandのこだわりが...


在住者が厳選!サンフランシスコ最新インスタ映えスポット9選☆

観光旅行先としても人気のサンフランシスコ。今、友達と差を付ける写真を撮りたいなら、断然おすすめなのがインスタグラムで人気となるスポット巡りです!今回はサンフラン...

【テオティワカン遺跡への行き方】メキシコシティからバスで行く半日観光モデルコース

メキシコシティから僅か50kmの距離にあり、日帰り観光に最適なのがテオティワカン遺跡。事前にツアーなどを予約しなくても、北バスターミナルから出るバスを利用すれば...

【ハワイ島】コナコースト周辺のおすすめレストラン&カフェ10選

大自然を満喫できるハワイ島旅行。アクティビティーはもちろん、ハワイ島ならではのごはんも楽しみのひとつ。今回はコナコースト付近に滞在する際に役立つ、ローカルにも人...

【ハワイ島】コナコーストをの〜んびり巡る♪おすすめコーヒー園6選

コーヒーが好きな方なら一度は聞いたことのある「コナコーヒー」世界の生産量をみると僅か1%以下という希少価値の高いコーヒーで、少ない酸味と甘い香りが特徴です。ハワ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?