チェコ
チェコ
中世の面影を残す世界遺産の街並

チェコ旅行に必要な出発前の準備と現地情報

2018年6月13日更新

175view

お気に入り

芸術の国チェコ共和国。街には数々の歴史的建造物が建ち並び、郊外には美しい田舎の風景が広がっています。ヨーロッパにはステキな場所がたくさんありますが、中でもチェコは一度は訪れて欲しい、感性豊かな素晴らしい国です。今回は、チェコ共和国を訪れる際の基本情報をまとめました。

この記事の目次表示

チェコ旅行に出かける前の予備知識

日本からチェコへの行き方と所要時間

日本からチェコへ行く際、飛行機の直行便はありません。そのため必ずどこかの国を経由することになり、合計の所要時間は経由地や乗り継ぎのタイミングにも寄りますが、最短でも14時間ほどかかるとみておきましょう。

また飛行機でドイツやポーランドなど近隣国に到着し、その後バスでチェコへ向かうという方法もあります。ヨーロッパの長距離バスは意外と快適なので、時間のある方や複数の国を巡りたい方にはおすすめです。

チェコの入国と滞在のために必要なこと

【入国前】海外旅行保険に加入する

チェコを旅行する際には海外旅行保険に加入していることが必須であり、各項目の支払額が3万ユーロ(約390万円)以上必要です。入国審査で証明書の提示を求められることはほとんどありませんが、決まりがある以上は持っていなければいけません。保険会社に英語表記の証明書を発行してもらい、必ず出発前までに用意しておきましょう。

クレジットカード付帯の保険でも問題ありませんが、ひとつの保険だけでは保険金額の条件に満たない場合があります。その際は複数の保険を合わせて3万ユーロ(約390万円)以上になるようにしておかなければいけません。詳しくは、チェコ大使館や保険会社に問い合わせてみてください。

【入国後】外国人警察に届け出が必要

チェコに滞在する外国人は、観光目的の短期滞在であっても、入国から3日以内に外国人警察へ届け出なければいけません。その際にパスポートと海外旅行保険の加入証明書が必要です。ただしホテルに宿泊する場合は、ホテル側が届けてくれるため旅行者自らが手続きを行う必要はありません。

一般家庭に泊まる場合は、個人で忘れずに届け出ましょう。外国人警察の場所はプラハとそれ以外の街にも数ヶ所あります。警察署ではチェコ語しか通じない場合があるので、できるだけ現地の人にヘルプをしてもらうことをおすすめします。

その他チェコ滞在時の留意点に関しては、在チェコ共和国日本大使館HPの情報も参考にしてください。

チェコで過ごすための予備知識

チェコの物価

チェコの物価は比較的安く、レストランで食事をするにも低価格で楽しめます。特にビールはジョッキ1杯200円ほどで飲める店も多くあり、お財布に優しいのが魅力です。スーパーマーケットでも500mlの缶ビールが80円台、パンは小さいものだと5円くらいから売っています。

ちなみにチェコの通貨はユーロではなく「チェココルナ」です。プラハの観光地などではユーロが使える場所もありますが、そのほかはすべてチェココルナでないと支払ができません。ヨーロッパ数ヶ国を巡る旅を予定している場合は、チェココルナの両替をするのも忘れないよう気を付けましょう。

チェコの街の治安

チェコの治安は比較的良好です。外出先では荷物から目を離さないことや夜の行動を控えるなど、旅行者としての最低限の注意を払っていれば特に問題ありません。ただし外国人ツーリストを相手に高値を請求するタクシードライバーがいるので、タクシー利用の際は乗車前に金額を確認した方が良いでしょう。

チェコの気候と服装

チェコは日本に比べると気温が低いです。空気がカラッとしているので過ごしやすく、夏は日が出ていれば暑くなりますが、朝晩や天気の悪い日などは冷え込みます。そのため、真夏でも上着を用意しておくことをおすすめします。

冬は雪が降る日も多いですが、大雪が積もることはあまりなく、極寒地というほど寒いわけでもありません。ですが気温は常に氷点下であるため、保温性に優れたダウンジャケットにスノーブーツを用意するなど、防寒対策を心がけましょう。

チェコの交通

首都のプラハは交通網が発達していて、市内を移動するならバス・トラム・地下鉄が便利です。切符は事前に窓口で購入しますが、実は乗車の度にチェックされないため、無賃乗車も簡単にできてしまいます。

ですがときどき係員に声をかけられ、切符を持っていなければ多額の罰金を支払うハメになります。それから乗車時には切符を打刻機に通さなければいけませんが、それを忘れただけでも罰金対象となり、外国人だからといって多めにみてくれることはないそうです。地下鉄とトラムを利用する際は、くれぐれも打刻機への通し忘れに注意してください。

プラハから別の街へ行くには電車か長距離バスになりますが、チェコを走る長距離バスは、安くて所要時間も電車と変わらない場合があり利用しやすいです。ですがチェコの列車はとても雰囲気が良く、古く小さな駅の様子は何ともいえない味わいがあります。どちらを選ぶかは行き先や出発時間によって比較してみてください。

関連するキーワード

※この記事は2017年8月26日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

最近人気の記事

これぞ世界遺産!景観の美しいヨーロッパの街並み10選

ヨーロッパの旧市街は、中世の美しい街並みを保持しているところが多く、世界遺産に登録されている地区も多数あります。今回は、景観の美しいヨーロッパの世界遺産の街を厳...

ビールと美食の街!チェコ、プラハの定番&隠れ家グルメツアー♪

東欧を代表する国の一つ、チェコ、プラハ。中世ヨーロッパの面影が今も色濃く残る、大変美しい街として知られています。モルダウ川が流れる対岸にはプラハ城がたたずみ、架...

まるで絵画!!世界で一番美しい街【チェコ】チェスキー・クルムロフ

「世界で一番美しい街」のキャッチコピーで人気上昇中のチェコ、チェスキー・クルムロフ。首都プラハから約190km、南ボヘミア州に位置するこの小さな街は、16世紀ル...

一度は見てみたい!世界のステンドグラス3選

教会にあることが多い、美しいステンドグラス。光に当たったステンドグラスは、とっても幻想的!世界にはいろんなステンドグラスがありますが、「一度は見てみたい!」そん...

【チェコ・プラハ】手軽にチェコ料理!セルフ形式のレストラン「ハヴェルスカー・コルナ」

チェコといえば、ビールの消費量が世界一で、美味しいビールがたくさんある国として有名。そんなチェコですが、「チェコ料理」と聞いても、パッと思いつくような料理はあま...



この記事を書いたトラベルライター

トラベルフォトグラファー
カメラを片手に一人旅をしています。
行ったことのある場所を再び訪れても、旅にはふたつとして同じ経験はなく、世界はミラクルの連続です。感動からハプニングまで、様々な出会いの中にたくさんの面白さがあり、出発してから帰るまですべての場所が目的地ですね。それらを旅好きな仲間達と共有していけたらと思っています。みなさんの旅がHappyでありますように。
http://makimomo.com

美味しいタコスが人気!神戸ハーバーランドのおすすめ店、ネイティブアメリカンカフェSUNNY BLESS

神戸ハーバーランドは港のおしゃれな景観に、たくさんのレストランが並ぶ人気の高いスポットです。初めての時はどこに入っていいのか迷ってしまいますが、そんなときはネイ...

のんびり過ごせる冬の沖縄・石垣島の楽しみ方とおすすめ観光

日本を代表する南国の島といえば、沖縄県の石垣島。その素晴らしい光景は、一度訪れたことで虜になる人も多いのではないでしょうか。ただ南国といっても、活動的に過ごすだ...

世界一の築地市場!場内見学をする際のおすすめ時間と注意点

日本の食の台所と言われる築地市場。世界一の規模を誇る卸売市場は、移転が決まってからも人々の関心は衰えることはなく、80年の歴史を惜しむ声が上がるほどの伝統のある...

日本三大パワースポット!長野県の分杭峠でゼロ磁場を体感しよう

長野県の分杭峠(ぶんぐいとうげ)は標高1,424mの静かな山の中に位置しています。そこはゼロ磁場と呼ばれる特殊な状態が生み出されていて、世界有数のパワースポット...

夕暮れの海で癒しの時間、鎌倉・材木座海岸から逗子マリーナまで季節外れのお散歩コース

海水浴やマリンスポーツなどで知られる鎌倉の材木座海岸ですが、本当に美しいと感じるのは季節外れの冬の海です。特に夕陽に染まる水面は、何度見ても心に染み入る感動があ...



トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?