ビールと美食の街!チェコ、プラハの定番&隠れ家グルメツアー♪

291

view
   2017年9月5日更新

東欧を代表する国の一つ、チェコ、プラハ。中世ヨーロッパの面影が今も色濃く残る、大変美しい街として知られています。モルダウ川が流れる対岸にはプラハ城がたたずみ、架かるカルレ橋は観光名所としても有名です。そんなプラハの食は近隣のイタリア、フランス、ドイツの美味しいものがMIXされており、グルメもビールも楽しめます。いいとこどりとはまさにこの事…!今回は筆者が足を運んで訪れた定番レストランから隠れ家的なBarまで、ぜひともオススメしたいお店をご紹介します♪

ヨーロッパで一番美しい街とも称されるプラハ

  • 出典:www.flickr.comPrague (Explored), photo by Roman Boed カルレ橋と中央の高台がプラハ城です。

「ヨーロッパで一番美しい街はどこだと思う?パリ?ローマ? 違うよ、それはプラハだ!」そんな事をヨーロッパに住んでいる友人から聞いたことがあります。

実際に訪れて、納得。

目を引くヨーロッパのカラフルな街並みはもちろんのこと、対岸にあるプラハ城が中世の雰囲気をいっそう漂わせています。お城を登って見下ろす街はオレンジ色の屋根一色!パリやローマとは一味違った美しい風景が楽しめる街です♥

  • 出典:www.flickr.comThe Grand Old Town of Prague, photo by mendhak 旧市街広場。天文時計やティーン教会など見所満載の広場です
  • 出典:www.flickr.comPrague: From the Secret Garden, photo by Roman Boed オレンジの屋根いっぱいの眺め。

そんな美しい風景が広がるプラハの街で、まずは定番の2つの飲食スポットをご紹介します。

定番編!ガイドブックにも常連なビアバーとレストラン♪

2匹の猫がモチーフの1678年創業ビアバー♪U Dvou Kocek

食事時を外して訪問したにも関わらず、地元の方、観光客でとてもにぎわっていたU Dvou Kocek。

チェコはビール大国としても有名です。かのアメリカを代表するビールのバドワイザーは、チェコのビール、ブドヴァイゼルを真似して作られたと言われています!

  • 本家本元、バドワイザー改め、ブトヴァイゼル!しっかり”ORIGINAL”の文字が(笑)

チェコのビールの安さには本当に驚きます…。なんと500mlほどのジョッキで約60Kc(チェココルナ)。日本円にして約300円ほどです!(日本円換算はだいたいx5をすればOK)こんな安さであれば、まずはここで一杯、次はあのお店で一杯…と中世ヨーロッパの街でハシゴが楽しめてしまいます♪

こちらは壁絵の猫も可愛いのですが、店内にもすてきな壁絵がたくさんありますよ。

  • こんな大ジョッキでも300円とは驚きです。

住所:Uhelný trh 415/10 110 00 Prague 1

カルレ橋を見ながらのお食事はここ!Kampa Park Restaurant&Bar

  • ライトアップされるカルレ橋はとても綺麗です

カルレ橋を眺めながらお食事できるレストランとして、こちらもガイドブックの常連です。お城側に渡ったカルレ橋のたもとにあります。

特筆すべきはその眺め…♪ディナー時、ライトアップされた橋を見ながらのお食事はとても贅沢な気分を味わえます。プラハに来たんだ!という気持ちを感じながら頂くシャンパンは最高に美味しいと思いませんか♥

海外に限らずですが、景観が素晴らしいレストランは、景色のわりに味はガッカリ…という事、よくありますよね。しかしこちらは意外や意外、どのお料理もとても美味しいのです!いい意味で期待を裏切ってくれるレストランです。

筆者が行ったのはちょうどクリスマスシーズン。この時期はクリスマスのスペシャルディナー(コース)しか提供していないレストランが多いので、コース以外を頼みたい方は、このシーズンはお店へ事前確認を強くオススメします。

最近はほとんどのお店がHPにemailアドレスを載せているので、簡単にコンタクトが取れますよ(プラハのレストランはとても親切な所が多く、どのお店に問い合わせても比較的すぐに丁寧な返信をくれました!)。

  • お通し的なスターター。
  • メインのお魚料理。サーモンをおしゃれなメレンゲソースで頂きました。
  • こちらもメインのお肉料理♪すべて3人で美味しくシェアしました。

こちらは事前にレギュラーメニューのオーダーも可能かを確認したところ、OKでした。スターターは400Kc〜600Kc(約1,960円〜2,940円)、メインのお料理は700Kc〜1,000Kc(約3,430円〜4,900円)ほど。

今回食事は3人でシェアし、お酒もしっかり飲み、1人4,000円くらいでした。プラハでこのお値段感はわりと高い方かと思いますが、東京でこのクオリティをこの価格では味わえないはず。

旅行中、一回くらいは贅沢なディナータイムを過ごしたい!と言う方はぜひいかがでしょうか?

カンパ・パーク レストラン&バー

チェコ / 洋食・西洋料理

 

住所:Na Kampě 8b, 118 00 Malá Strana, チェコ

続いて隠れ家Bar&レストラン編!メインストリートから外れて小さな路地へ♪

他国からプラハへの直行便も最近はとても増えたようで… 観光客の多さには正直驚きます。とりわけ、カルレ橋に通じる通りや旧市街広場の周りのお店は大混雑

  • 火薬塔の奥がカルレ橋。ご覧のとおり観光客だらけです。
  • カルレ橋に通じる通り。日中問わず人で溢れています。

定番編でご紹介した以外にも、ガイドブックに載っている有名店は、満席で夜はなかなか入れないことも。

しかし!プラハには少し路地を入ると素敵なお店がたくさんあります♥ ここでは筆者が発見した穴場のお店で、特にオススメな3店をご紹介します!

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年8月9日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
You only live once! ”人生は一度きり”

旅行は手間も時間もお金もかかるもの。

いつか余裕が出来たら
いつかもう少し英語が話せるようになったら
いつかお金がたまったら
いつか子供が大きくなったら
いつか、いつか…

そんなふうに考え、旅行することをつい後回しにしている人はとても多いと感じます。

しかし人生は一度きり、今日が人生で一番若いのです!
あ、ここ行ってみたい…と思ったら、いつかにせず、すぐに次のお休みに予定を立てましょう!
ネットでほとんどのチケットや移動は予約ができますし、LCCを駆使すれば海外だって1万円以内でフライトを予約できてしまうことも最近は珍しくありませんよ♪

旅は自分を映す鏡。いつでも新しい発見や経験があります。
ちょっと無理をしてでも、知らない世界や異なる文化を訪れることは、人生を何倍にも豊かなものにしてくれます。

少しでも多くの方に、ここ行ってみたい!と思えるきっかけとなるよう、すてきな旅先をたくさんご紹介していきたいと思います☺

同じキーワードの記事

【トラベルライターインタビューVol.1】ライターとしてのやりがいや、記事を書き続けるコツとは?ライターさんの素顔に迫ります!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!