チェコ
チェコ観光
中世の面影を残す世界遺産の街並

ビールとの相性抜群!チェコの伝統的なチーズ「トヴァルーシュキ」

取材・写真・文:

チェコ在住

2018年3月10日更新

1,246view

お気に入り

写真:まや

別名「オロモウツチーズ」とも呼ばれる、チェコ共和国のオロモウツ地域で作られているトヴァルーシュキ。独特な香りが特徴でチェコ人の中でも好き嫌いは大きく分かれます。しかしこのチーズには長い歴史と伝統があり、専門の博物館や販売店もあります。今回はそんなトヴァルーシュキを取り扱っているレストランやショップ、博物館について紹介します。

この記事の目次表示

チェコのおすすめツアー
◇◇◇個人ではアクセスが難しいオーストリア&チェコの美しい地方都市を巡る◇◇◇ ウィーン×プラハ×ザルツブルクに滞在 ~都市間はすべてバス移動だかららくらく!~ 9日間【羽田深夜発】
185,800円~238,800円
◆往路直行便利用!【成田発/オーストリア航空】□■鉄道でめぐるオーストリア×チェコ■□中央駅&観光地アクセスが便利なコスパ重視の4つ星&3つ星ホテルご宿泊《ウィーン×プラハ》周遊7日間
127,800円~365,800円
*■3ヶ国3都市周遊■* ~音楽の都ウィーン&美しき千年の都プラハ&大自然の神秘カッパドキア&東西文化の架け橋イスタンブール~ トルコ国内は飛行機移動で楽々♪カッパドキア洞窟ホテル宿泊! 7泊10日間【成田夜発/ターキッシュエアラインズ利用】
229,800円~509,800円

オロモウツとトヴァルーシュキ

チェコの伝統的なチーズ、 トヴァルーシュキがご当地グルメとなっている「オロモウツ」は、中世の時代からチェコ共和国の東部、モラヴィアの中心都市として栄えてきた街のひとつです。街の中心にはユネスコ世界文化遺産にも登録されている「聖三位一体柱」があり、世界一美しい柱とされています。

  • 写真:まやオロモウツのシンボル「聖三位一体柱」

古くからの宗教文化が根付いており、様々な建築様式の建物や教会が見られます。また街中には「パラツキー大学」の校舎が点在しており、学生の街としても栄えています。

(オロモウツの教会とプラハからのアクセスの方法ついてはこちら

  • 写真:まや博物館(後述)の出口に飾られたトヴァルーシュキの写真

そしてこのトヴァルーシュキというチーズ、歴史はなんと1583年にまでさかのぼります。独特な香りが特徴ですが、そのままはもちろん、料理やスイーツの材料としても利用されており、街のいたるところでトヴァルーシュキを使った食べ物を楽しむことができます。

トヴァルーシュキを取り扱っているお店

オロモウツ市内にはトヴァルーシュキを取り扱っているレストランやショップが沢山あります。

テラス席が心地よい「カフェ・オペラ」

中央広場、オロモウツオペラ劇場のすぐ隣にあるカフェ・オペラ。少し高級な雰囲気のカフェ兼レストランです。

  • 写真:まやカフェ・オペラ外観

晴れた日には、テラス席でランチをするのがおすすめ。

  • 写真:まやトヴァルーシュキのフライ 169kč(約850円)

ここでは、トヴァルーシュキと薄いサラミを揚げた料理を食べることが出来ます。

カフェ・オペラ
チェコ / カフェ・喫茶店 / 洋食・西洋料理
住所:Horní náměstí 21 Olomouc 779 00地図で見る
電話:724 486 192
Web:http://www.opera-caffe.cz/

ビールが美味しい「シュニト」

中央広場から小道を入った場所に位置するレストラン、シュニト。地元のお客さんで賑わっています。

  • 写真:まやビール1杯19~38Kč(約115円~190円)※種類と量による

ビールが美味しく、泡の量を選べます。シュニトとは、ビール樽の栓を数秒全開にした後、徐々にゆっくりと閉めていくビールの注ぎ方の名称です。豊富で立派な泡が特徴となっています。

チェコのレストランやホスポダ(居酒屋)では、ビールの種類だけでなく、しばしば注ぎ方も選べるので楽しみ方が何通りもあります!

  • 写真:まやトヴァルーシュキ入りポテトパンケーキ 145Kč(約750円) (撮影:エリカ)

トヴァルーシュキはビールとの相性抜群です。ここでは、トヴァルーシュキが入ったポテトパンケーキを食べることが出来ます。ポテトパンケーキは中東欧諸国でよく食べられている料理で、基本的にボリューム満点です。

シュニト
チェコ / 洋食・西洋料理
住所:28. října 463/3, 772 00 Olomouc地図で見る
電話:585 242 704
Web:https://www.snytmikulda.com/

トヴァルーシュキのケーキ屋さん「トヴァルーシュコヴァー・ツクラールナー」

ここではトヴァルーシュキを使ったケーキを食べることが出来ます。

  • 写真:まやトヴァルーシュキのケーキ

筆者はチーズケーキのように練りこまれていることを想像して訪れたのですが、驚くことにトヴァルーシュキがそのままスポンジにサンドされていました。独特な香りのトヴァルーシュキと甘い果物のジャムが絶妙なバランスを保っています。ケーキの種類も豊富に取り揃えられており、可愛らしくお洒落な内装です。

  • 写真:まやお洒落な雰囲気の店内
  • 写真:まや

また、隣に座っていたおじさんは1か月に2回、オロモウツに来て必ずこのカフェに来る、とのこと。そんなトヴァルーシュキファンのチェコ人を虜にしているカフェ「トヴァルーシュコヴァー・ツクラールナー」。オロモウツ観光の際には是非試してみて下さい!

トヴァルーシュコヴァ・ツクラールナ
チェコ / カフェ・喫茶店
住所:Denisova 13, 779 00 Olomouc地図で見る
電話:604137953
Web:http://www.tvaruzkovacukrarna.cz/

トヴァルーシュキの専門店「プロゲイナ」

  • 写真:まや様々な種類の製品が販売されている

筆者が訪れたトヴァルーシュキの専門店「プロゲイナ」は2店舗。一つはロスティチェ駅から徒歩1分程のところにあり、トヴァルーシュキ博物館に併設しています。また、オロモウツの中央広場にも1店舗あります。専門店ではトヴァルーシュキはもちろん、トヴァルーシュキを使用した加工商品も豊富に揃えられています。

プロゲイナ ロシュティチェ店
チェコ / 食料品・デリ
住所:náměstí Míru 11, Loštice地図で見る
電話:583 401 220
Web:https://www.tvaruzky.cz
プロゲイナ オロモウツ店
チェコ / 食料品・デリ
住所:Horní nám. 7, Olomouc地図で見る
電話:585 202 551
Web:https://www.tvaruzky.cz

トヴァルーシュキについて学べる博物館「オロモウツケー・トヴァルーシュキ・ムゼウム」

こちらは、トヴァルーシュキの歴史や製造方法の変遷について学べる博物館です。食べるのは一瞬のチーズひとつに、多くの手間と時間がかけられ、開発者の思いと伝統が秘められていることが分かります。

  • 写真:まや昔使われていた機械。現在は機械化が進んでいる。
  • 写真:まや現代の機械化された製造機

館内はチェコ語での解説ですが、スマートフォンでQRコードを読み取ることによって英語や中国語などの他言語にも対応しているほか、パンフレットにはドイツ語と英語の説明が記載されています。

  • 写真:まやエプロンと帽子をつけて写真撮影をすることが出来る

エプロンと帽子をつけて記念撮影をすることも可能です。

アクセス方法

「オロモウツチーズ」とも呼ばれるトヴァルーシュキですが、こちらの博物館はオロモウツにはありません。オロモウツから電車とバスを乗り継いで約40分の「ロスティチェ」という街にあります。

  • 写真:まやモラヴィチャニー駅
  • 写真:まやロスティチェ中央広場

まずOlomouc(オロモウツ)から電車でMoravicany(モラヴィチャニー)という駅に行き、Moravicanyで駅前から出ているバス(運行は1時間に1本程度、運賃9コルナ/約45円)に乗り換えます。その後Lostice.nam(ロスティチェ広場)で下車してください。ちなみに博物館に併設している専門店トヴァルーシュキ「プロゲイナ」は、その広場にあります。

  • 写真:まやモラヴィチャニ―駅にはトヴァルージュキをモチーフにした壁画
オロモウツケー・トヴァルーシュキ・ムゼウム
チェコ / 博物館・美術館
住所:Palackého 2 789 83 Loštice Czech Republic地図で見る
電話:583 401 217
Web:http://www.tvaruzky.cz/

おわりに

日本からはるか遠いチェコ共和国東部、オロモウツ地域に根付いた伝統的なチーズをぜひ一度味わってみて下さい!

オロモウツ
チェコ / 町・ストリート
住所:Olomouc地図で見る

※記事内のチェココルナから日本円への換算は1kč=約5円で計算しています。

チェコの旅行予約はこちら

チェコのパッケージツアーを探す

チェコのホテルを探す

チェコの航空券を探す

チェコの現地アクティビティを探す

チェコのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年3月9日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

ビールと美食の街!チェコ、プラハの定番&隠れ家グルメツアー♪

東欧を代表する国の一つ、チェコ、プラハ。中世ヨーロッパの面影が今も色濃く残る、大変美しい街として知られています。モルダウ川が流れる対岸にはプラハ城がたたずみ、架...

【チェコ】中世の街プラハおすすめ1日モデルコース!主要観光スポットを完全制覇☆

女子旅の人気旅行先でいつも上位のプラハ。石畳の中世の街並みやパステルカラーの家々が女子を魅了し、治安もよく物価も安く、1日で周れるコンパクトさも人気の理由。今回...


【チェコ・プラハ】手軽にチェコ料理!セルフ形式のレストラン「ハヴェルスカー・コルナ」

チェコといえば、ビールの消費量が世界一で、美味しいビールがたくさんある国として有名。そんなチェコですが、「チェコ料理」と聞いても、パッと思いつくような料理はあま...

【チェコ・プラハ】 共産主義博物館でプラハの歴史を学ぼう

2004年にEUに加盟したチェコ。実はつい数十年前までは共産主義国家で、共産党による独裁体制があった国だったのです。今回紹介する共産主義博物館は、チェコが共産圏...


【チェコ】カメラ必須!まるでおとぎ話の世界 プラハを散策しよう

ドブリーデン! (チェコ語で"こんにちわ")。 チェコ共和国は、ヨーロッパの中でも比較的治安の良い観光地で、首都・プラハはまるで童話の世界から飛び出してきたよう...

この記事を書いたトラベルライター

原動力は好奇心!中東欧の文化に魅了された現役女子大生
茨城県生まれの現役女子大生。大学では国際文化を学び、マネージャーとしてラクロス部に所属。趣味は動物園や博物館に行くことと、居心地のいいカフェや雑貨屋さんを見つけること。大学で出会った中東欧の文化に惹かれ、大学3年生の秋よりチェコに1年間留学中。“興味を持ったら何でも挑戦”をモットーに好奇心旺盛に生きています!

スロバキアの小さな首都ブラチスラバに“かわいい”を探しに行こう!

1993年にチェコスロバキアが解体し、独立したスロバキア共和国。東京からはるか9,000kmも離れた小さな新しい国ですが、実はスロバキアには日本人女子の心をくす...

小人の街ヴロツワフでポーランドの歴史と文化に触れるスポット7選

街中に散りばめられた250体もの小人の銅像がなんとも可愛らしく、街を歩くだけで心がほっこりと温かくなるポーランドの街、ヴロツワフ。小人の街として有名で、お土産屋...


いつもとはちょっと変わった年越しを!ポーランドで過ごす年末年始!

ワルシャワを首都とするポーランド。最近は、日本でもポーリッシュポタリー(ポーランド食器)やポーランド映画が注目されていますが、まだまだ日本人にとってマイナーな国...

【ポーランド】陶器の街ボレスワヴィエツで絵付け体験と街散策!

ポーランドの西部シロンスク地方、ドイツとの国境近くに位置する小さな街、ボレスワヴィエツ。ここでは、ポーリッシュポタリーと呼ばれる陶器の生産が盛んです。可愛らしい...


ムーミンを訪ねて~北欧フィンランドでムーミンスポット巡り~

その可愛らしいフォルムと独特な雰囲気の世界観から近年日本で大人気のムーミン。そんなムーミンが生まれたのは北欧フィンランドです。2017年の夏には、タンペレにある...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?