フィンランド
フィンランド観光
「森と湖の国」はサンタクロースとムーミンの故郷

冬こそ美しい!雪のフィンランド・ヘルシンキの2大寺院と凍りつく港

取材・写真・文:

神奈川在住
訪問エリア:16ヶ国

2018年1月10日更新

1,904view

お気に入り

写真:まきまき

フィンランドの首都ヘルシンキは、バルト海東部のフィンランド湾に面した小さな半島に位置しています。北極圏からそれほど遠く離れていませんが、ノルウェー沿岸を通る暖流の影響で、緯度のわりには冬でも比較的暖かく過ごせます。うっすら雪化粧した冬のヘルシンキはとても美しく、ほかの季節にはみられない独自の風合いを出しています。中でも人気スポットであるふたつの大聖堂と、白く凍った港の風景をご紹介します。

この記事の目次表示

フィンランドのおすすめツアー
【日本各地発着お手配できます】【オーロラ観測+北欧2都市でショッピングも満喫★】スタンダードクラスホテル宿泊★ ロヴァニエミ+ヘルシンキ+コペンハーゲン 全朝食付8日間 【ロヴァ二エミ空港ーホテル間の路線バスチケット付】
179,800円~359,800円
【日本各地発着お手配できます】*:.。..夜空を駆ける奇跡オーロラ゜*:.。【飛行機とバスでラクラク移動】ロバニエミ&サーリセルカ&ヘルシンキ3都市周遊7日間
176,800円~362,800円
【日本各地発着お手配できます】**フィンランド北部の小さな村イナリと街歩きが楽しいヘルシンキを巡る** イナリ湖近く/家族経営の3つ星『ホテル・クルタホヴィ』&市内スタンダードホテル イナリ&ヘルシンキ5泊7日間《復路直行便/全朝食付》
167,800円~323,800円

フィンランドの首都ヘルシンキはこんな街

  • 写真:まきまき

フィンランドの国土は南北に長い形をしていますが、首都ヘルシンキは南部の半島に位置し、周囲は海に囲まれています。国内最大の都市でありながら規模は意外とコンパクトであり、市内中心は徒歩での観光も可能です。

北欧の街というだけあって雰囲気は洗練されていて、近代的な景色の中に歴史的建造物や、重圧感のある建物などが見られます。雪のかぶった季節には北欧都市ならではの魅力が表れ、どこか気品が漂うようにも感じられます。

冬のヘルシンキは意外と暖かい

  • 写真:まきまき

冬は氷点下の気温となりますが、北部の地域のように極寒とまではいきません。一月の平均気温はマイナス5度くらいで、ときには0度前後まで気温が上がるため、雪がみぞれ混じりになることも多いです。

北欧の冬というだけにどれだけ寒いのかと構えていたら、予想外に暖かかったと感じるケースは少なくないと思います。寒さ対策としては本格的な防寒具は必要なく、インナーを着込んだ上にダウンジャケットを着て、足元は裏起毛付きのスノーブーツを履くといった、いわゆる「暖かい格好」をしていれば問題ないでしょう。

そして冬の間は夜が長いですが、一年の中で最も昼が短い冬至であっても極夜にはなりません。ちなみに冬至前後は日の出から日の入りまでが約6時間ほどとなるようで、少し時期がずれた1月以降はさらに日が長くなるので、昼間の市内観光はじゅうぶん可能です。


冬のヘルシンキ観光

白く清楚な姿が美しいヘルシンキ大聖堂

  • 写真:まきまき

ヘルシンキのシンボル的存在であり人気スポットとなっているのは、ドーム型の屋根に真っ白な外観のヘルシンキ大聖堂です。ヘルシンキ大聖堂は1852年に建てられ、1917年のフィンランド独立までは聖ニコラス教会と呼ばれていたそうです。

  • 写真:まきまき
  • 写真:まきまき

ヘルシンキ大聖堂には雪景色がよく似合っていて、街からその姿が見えたときは、あまりの美しさに見とれてしまうかもしれません。この辺りは交通量が多くないため比較的静かであり、周囲に積もる雪がより神聖さを演出しています。

  • 写真:まきまき

内部はとてもシンプルなデザインで、中央の祭壇に飾られた大きな絵画と、天井から下がるシャンデリアがひときわ目立ちます。外観と同様に内装も白を基調としていて、派手な装飾はほとんど見られないため清らかな印象を持つでしょう。

  • 写真:まきまき

後ろを振り返ると上階には立派なパイプオルガンがあり、強い存在感を漂わせながら空間の一部として存在しています。日曜日の午前はミサが行われ、どなたでも無料で参加することができるので、日程が合う場合はぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

ヘルシンキ大聖堂
フィンランド / 社寺・教会
住所:Unioninkatu 29, 00170 Helsinki地図で見る

赤レンガ造りのウスペンスキー寺院

  • 写真:まきまき

海の近くの丘の上に佇むのは、赤レンガ造りのウスペンスキー寺院です。日本語では生神女就寝大聖堂(しょうしんじょしゅうしんだいせいどう)といい、この名前は聖母マリアの安眠(永眠)を意味しているそうです。

  • 写真:まきまき

雪の降る中に見る赤レンガの建物というのは、なんともいえない独自の雰囲気をかもし出しています。それは力強さの中に、どこか胸がキュッとなるような儚さあり、建物と雪との対照的な色合いが、この場の美しさを引き立てています。

  • 写真:まきまき

内部はとてもゴージャスで、知らずに足を踏み入れたときは、きらびやかな様子に驚くかもしれません。祭壇にはいくつもの絵画が飾られていて、まわりはキラキラと輝くゴールドの装飾が施されています。何か感想をいうとしたら、すごい!の一言で、その豪華さに圧倒されてしまいます。

  • 写真:まきまき

そのほかに特徴的なのは、教会にありがちな木の長イスが置かれてないため、空間がより広々と感じられると思います。天井は高く柱にはとても細かい模様が描かれていて、こちらもゴージャスではありますが、同時に落ち着きも感じられます。

シンプルなヘルシンキ大聖堂とはイメージが大きく異なるので、ふたつの寺院を合わせて訪問してみると面白いのではないでしょうか。

ウスペンスキー寺院
フィンランド / 社寺・教会
住所:Kanavakatu 1, 00160 Helsinki, フィンランド地図で見る

冬には海が凍るエテラ港

  • 写真:まきまき

ヘルシンキは海に面した街であり、国内外航路が利用できる「エテラ港」があります。冬のヘルシンキは極寒にまではならないといっても、やはりそれなりに冷え込むため、港では海面が凍り真っ白になっています。

  • 写真:まきまき

観光スポットだけでなく、通りがかりのこんな冬景色も楽しんでみてはいかがでしょうか。ちなみにすぐ近くにはウスペンスキー寺院あり、ヘルシンキで最も古いと言われるオールドマーケットもあるので、街歩きをしながら港周辺にもぜひ立ち寄ってみてください。

エテラ港
フィンランド / 駅・空港・ターミナル
住所:00130 ヘルシンキ フィンランド地図で見る

フィンランドの旅行予約はこちら

フィンランドのパッケージツアーを探す

フィンランドのホテルを探す

フィンランドの航空券を探す

フィンランドの現地アクティビティを探す

フィンランドのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年1月10日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【フィンランド】ヘルシンキを1日で回る!よくばり観光モデルコース♪

北欧フィンランドの首都、ヘルシンキは日本人にも大人気の旅行先です。そんなヘルシンキは実はとてもコンパクトな街で、1日あればほとんど回れてしまうってご存知ですか?...

2019夏休みの海外旅行におすすめの国・都市11選!夏がベストシーズンの旅行先特集

長期連休が取りやすい夏休み。せっかく海外旅行に行くなら、この時期にぴったりな旅行先へ出かけたいですね。夏休みの海外旅行先に迷っている方へ、夏の時期がベストシーズ...


フィンランド製「イッタラ iittala」社のアウトレットで掘り出し物探し!

北欧デザイン大国・フィンランド。Artek(アルテック)社の家具や照明、日本でも大人気テキスタイルのmarimekko(マリメッコ)、木製ジュエリーのaarik...

◎バルト三国◎ノスタルジックな雰囲気に浸る!7泊9日おすすめ周遊コース

バルト三国という言葉は聞いたことがあっても、どの国のことなのか、それぞれどんな国なのか知らない方は多いのではないでしょうか?エストニア・ラトビア・リトアニアがバ...


ヨーロッパ周遊!北欧〜西欧7か国と首都の見どころ

ヨーロッパは小さな国々が集まっており、バスや電車を使って隣国を自由に行き来できるため、一度に数ヶ国を旅する人も多いでしょう。今回は北欧フィンランドから西欧ドイツ...

この記事を書いたトラベルライター

トラベルフォトグラファー
カメラを片手に一人旅をしています。行ったことのある場所を再び訪れても、旅にはふたつとして同じ経験はなく、世界はミラクルの連続です。感動からハプニングまで、様々な出会いの中にたくさんの面白さがあり、出発してから帰るまですべての場所が目的地ですね。

それらを旅好きな仲間達と共有していけたらと思っています。みなさんの旅がHappyでありますように。
http://makimomo.com

スーツケースのキャスターゴムの自力でかんたん修理方法

スーツケースのキャスターを保護する表面のゴム部分。ここが取れてしまったら大ピンチです。壊れる前に対処をしなければなりませんが、修理に出したり買いかえるのはちょっ...

スーツケースDIY修理!セルフでキャスターを交換する方法

スーツケースのキャスター部分を修理に出すと、1ヶ所数千円もかかるため買い替えた方が早いです。でも部品そのものは安価であるため、自力で直せたら助かりますね。今回は...


世界一の築地市場!場内見学をする際のおすすめ時間と注意点

日本の食の台所と言われる築地市場。世界一の規模を誇る卸売市場は、移転が決まってからも人々の関心は衰えることはなく、80年の歴史を惜しむ声が上がるほどの伝統のある...

のんびり過ごせる冬の沖縄・石垣島の楽しみ方とおすすめ観光

日本を代表する南国の島といえば、沖縄県の石垣島。その素晴らしい光景は、一度訪れたことで虜になる人も多いのではないでしょうか。ただ南国といっても、活動的に過ごすだ...


美味しいタコスが人気!神戸ハーバーランドのおすすめ店、ネイティブアメリカンカフェSUNNY BLESS

神戸ハーバーランドは港のおしゃれな景観に、たくさんのレストランが並ぶ人気の高いスポットです。初めての時はどこに入っていいのか迷ってしまいますが、そんなときはネイ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?