ドイツ
ドイツ
ロマンティック街道には古城や中世の街並

【ミュンヘン】駐在者の目線でリポート!クリスマスの“日常”風景7選

2017年11月29日更新

493view

お気に入り

クリスマスの本場ヨーロッパの中でも、とりわけこの時季に活気づくのがドイツ。各地で「クリスマスマルクト(マーケット)」が開催され、街中が華やかなクリスマスデコレーションに包まれます。ドイツ南部の都市・ミュンヘンに暮らしていた頃に見聞きした情報をもとに、暮らしの中にある素敵な【クリスマスの風景】を厳選してお届けします☆

【1】やっぱり定番!の「クリスマスマルクト」

昔ながらの“市場”の伝統が息づく、冬の風物詩

  • 時折、サンタクロースがマルクトに出現。(この衣装はアメリカ式なので珍しいです)

ドイツの生活には欠かせない「マルクト(市場)」。デパートやスーパーマーケットがどれだけ増えようとも、決まった曜日になると、広場に昔ながらの“市”が立つのが今なお慣例なのです。

昔から11月の終わりになると、通常の市場でクリスマスに必要な品物や食品を売っていたのが、現代の【クリスマスマルクト】の走りなのだとか。すっかり観光名所と化し「昔の風情は薄れた」という方もいますが、やはり華やかなマルクトは、厳冬の地で心を浮き立たせてくれる存在です♪

夜はさらにロマンチック❤

  • マリエン広場・市庁舎前の名物ツリー♪

クリスマス前の時季のミュンヘンは、15時くらいからだんだん夕闇が訪れ、16時半にはとっぷりと夜のとばりが・・・。でも暗くなった分だけ、ひときわ輝くのが【夜のクリスマスマルクト】!

市内の主要なクリスマスマルクトの入口にはイルミネーションが飾られ、目を楽しませてくれます。マリエン広場(Marienplatz)の市庁舎前では、電球が灯されたツリーがお出迎え。暗がりの中、クリスマスグッズを眺めながらそぞろ歩くのは格別な気分です♪

マリエン広場
ドイツ / 公園・動植物園
住所:Marienplatz 1, 80331 München, ドイツ

【2】生木のクリスマスツリーを路上販売!

  • ちょっぴり「植木市」の風情!?

ミュンヘンの商業施設では11月下旬頃から店頭に大きなツリーを飾りますが、一般家庭ではツリーは「12月24日に飾るもの」。最近は必ずしもこの伝統が守られているわけではありませんが、少なくとも日本のように一カ月以上も前からツリーを飾る、ということはなさそうです。

その大きな理由の一つとして、ドイツでは“生木”こそがクリスマスツリーにふさわしいと考えられているから。筆者の夫がドイツ企業駐在中の上司に「プラスチックのツリーを買った」と告げたところ、ものすごくガッカリされたそうです。。(子どもが小さかったので生木は諦めたんですが涙)

クリスマスツリーに用いられるのは、モミやトウヒなどの常緑樹。オデオン広場(Odeonsplatz)では、毎年ツリー専門マルクトが開かれています。大きさも各種揃い、お好みのツリーが手に入るこの市場。覗いてみるだけでも楽しいですよ♪

生木を購入したら、素手で持ち帰る人多数。屈強なゲルマン人だからこそのワザでしょうか。。

ちなみに毎年クリスマスが終わると、ツリーを棄てるための「ツリー専用ゴミ出し場」の場所や日時が住宅ごとに指定されます。いかにミュンヘンの一般家庭で、“生木のツリー”が浸透しているかが分かりますね!

オデオン広場
ドイツ / 公園・動植物園
住所:Odeonspl. 1, 80539 München, ドイツ
Web:https://www.muenchen.de/sehenswuerdigkeiten/orte/1...

【3】「アドヴェンツクランツ」や「リース」もそこかしこに

  • アドヴェンツクランツ

クリスマス前の4週間のことをアドヴェント(advent)と呼びます。「アドヴェントカレンダー」の流行などから、この言葉は日本でも段々定着していますよね。

正式なアドヴェントの数え方は、クリスマス前に4回の日曜日を挟まないといけないため、その年によって時季が若干ずれる傾向にあります。が、とにかく大切なのは日曜日。

なにをするのかというと・・毎週日曜の夜を迎えるごとに、アドヴェンツクランツの上に立てたロウソクに火を灯してゆくのです。4本のロウソクを灯しきって初めてクリスマスがやってくるとされ、ツリーは飾らなくとも、「アドヴェンツクランツは絶対!」という人もいるようです。

クリスマスマルクトに限らず、この時季には通常の市場や町のお花屋さんにも、リースやアドヴェンツクランツがずらりと並びます。ことさらに鮮やかな色彩は、長く続くドイツの冬を乗り切るための“知恵”なのかもしれません。

【4】クリスマス限定❤ラッピングトラムが登場!

ミュンヘン市民の便利な足であるトラム(路面電車)も、アドヴェント期間中は特別仕様に変身♪かわいいクリスマスラッピングを施されたトラム「ChristkindlTram(クリストキントトラム)」が、市内をぐるりと巡っているのです。

乗り場は「ゼンドリンガー門(SendlingerTor)」で、毎時0分と30分の出発(30分毎の発車)。運行時間は曜日によって違うので注意してください。2017年は12月2日(土)~23日(土)までの運行を予定しています。

こちらのトラムは移動手段ではなく、あくまでも観光列車の意味合い。途中下車はできず、ゼンドリンガー門~イザール門~カールス広場と市内中心部を一回りして、再びゼンドリンガー門へと戻ってきます。乗車時間は約30分弱です。

車内ではグリューワインが販売され、飲みながら12月のミュンヘンの町並みを見物できますよ♪

  • 手作り感あふれるデコレーションが車内にほどこされ・・・

そして毎年12月6日には、ドイツ版サンタクロースの「聖ニコラウス」が、トラムにやって来るのです!乗客をかき分けて車内をゆっくり移動しながら、子どもを抱っこしたりお菓子をくれたりするニコラウス。

筆者の子どもは当時1歳だったため、白いおひげが怖くてギャン泣きしていましたが・・・。もしもニコラウスに会えたら、最高の旅の思い出になりますね❤

【2017年 MVG ChristkindlTram】
期間:11/29〜12/23
時間:◆月〜金15:30〜19:00 ◆土日11:00〜19:30
料金:大人2EUR、6~14才1EUR、6歳未満無料
公式サイト:https://www.mvg.de/services/freizeittipps/christkindltram.html
ゼンドリンガー門
ドイツ / 建造物
住所:Sendlinger-Tor-Platz 1, 80336 München, Germany
カールス広場
ドイツ
住所:Karlspl. 1, 80335 München, Germany

次のページを読む

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2013年12月1日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

冬の海外旅行におすすめの国15選

冬に海外を旅行するならどの国がいいんだろう?寒〜い日本の冬を脱出して真夏の南半球を訪れるのもいいし、ベストシーズンを迎える国に行ってみるのもいいですね。また冬だ...

【ドイツ】今やハンブルグの観光名物!伝説の風俗街「レーパーバーン」

ドイツ・ハンブルクのザンクトパウリ地区に存在する巨大歓楽街レーパーバーン(Reeperbahn)は、今やB級スポットとして大人気の観光地。「飾り窓」や「ビートル...

【ミュンヘン】歴史深さが魅力的!おすすめ観光スポット

南ドイツにあるミュンヘンは、バイエルン公国時代から主要都市として栄えた大都市。歴史深い建物、教会、美術館は見応えあり、白ソーセージなどの伝統料理やビールも美味し...

内部写真OK!美しすぎる教会から見る、ヨーロッパ建築様式5選

旅行をすると、その街の観光地のひとつとして、「教会」が挙げられていることがあると思います。特に、ヨーロッパは必ずと言って良いほど街にひとつ以上存在し、街と共に何...

独特な雰囲気がたまらない!北ドイツの世界遺産の町リューベック

北ドイツを中心としたハンザ同盟都市の中心として400年以上歴史を支えてきた商業都市リューベック。赤レンガ造りの建物が街に独特な雰囲気を醸し出す旧市街は、ユネスコ...



この記事を書いたトラベルライター

フリーランスライター
学生時代のダイビング、社会人からのトレッキングを経て、海も山もあらゆる旅行&アクティビティが好き。今は小学生の子どもたちと行く、国内外の自然体験がいちばんの楽しみです。過去には夫の海外勤務に帯同し、2年半ほどドイツ・ミュンヘンで暮らしたことも。どこまでも地続きであるヨーロッパの利点を活かし、休みのたびにいろいろな国や街へ強行ドライブ旅を敢行していました。(1歳・3歳の子連れで、土日でミュンヘン⇔ミラノ往復など無茶もしました・・・)ヨーロッパ各地の旅の思い出と、帰国後に行った国内外の旅行&東京近郊でのキャンプやアウトドア体験を中心に、いろいろ書き綴っていけたらなと思っています。

【上野動物園】シャンシャン観覧方法の裏ワザ❤混雑回避したい方必見!

2018年6月5日から、上野動物園の赤ちゃんパンダ【シャンシャン】の観覧方法が、整理券配布式から「並んだ順」に変更されました。連日混雑が続く中、できるだけ並ばず...

チーズ食べ放題ランチが人気!「グッドスプーンみなとみらい店」

横浜みなとみらいにあるチーズ専門レストラン【good spoon(グッドスプーン)】。2018年3月のオープン以来、なかなか予約が取れない人気ぶり!今回は、でき...

【三崎口】夏休みも利用OK♪「みさきまぐろきっぷ」を使い倒す観光プラン2パターン!

東京・横浜方面から三崎口までの京急線往復電車代と、三浦半島周辺のレジャー&グルメがセットになった「みさきまぐろきっぷ」。割引率がとても高く、オトクな企画きっぷで...

【上野】シャンシャン観覧にも役立つ♪上野動物園への近道&エレベーターの最新位置情報

2017年6月に生まれた赤ちゃんパンダ【シャンシャン】ブームで盛り上がる、東京の恩賜上野動物園(以下、上野動物園)。連日大混雑が続いている今だからこそ、他の人よ...

【房総】ホタル狩りも滝つぼプールも!「清和の森」で贅沢キャンプ❤

夏に向かうにつれ、キャンプにも最適な気候になってくる6月。千葉県君津市にある「清和県民の森」には、キャンプサイトから徒歩圏内に「清和ほたるの里」があり、毎年5月...



トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

アプリ「Pokke」でドイツの音声ガイドを聴く

ドイツの観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?