ガーナ
ガーナ観光
海岸線沿いに並ぶ世界遺産の城塞群

旅行の前に読んで!ガーナ旅行で注意する4つのこと~気候編~

取材・写真・文:

長野在住
訪問エリア:12ヶ国

2020年4月16日更新

218view

お気に入り

写真:Adjoa

ガーナは1年中暑いの?ガーナ旅行のベストシーズン/ワーストシーズンは?そんな疑問にお答えすべく、本記事では旅行前に知っておくと便利なガーナの気候についてご紹介します。さらに、ガーナ旅行に持っていくと便利なものについてもお伝えします!

この記事の目次表示

ガーナの気候

ガーナでは、南部と北部で気候が異なります。大きく分けると、アシャンティ州以南は熱帯気候、サバンナ州以北はサバンナ気候に分類されます。熱帯気候地域では湿度が高く、サバンナ気候地域では乾燥しています。

熱帯気候地域・サバンナ気候地域どちらにおいても、雨季と乾季の2つの季節があります。それに加えて、ハマターンという時季もあります。

雨季

ガーナの雨季は5~11月頃。日本だと梅雨は観光に不向きなイメージですが、ガーナでは雨季のほうが過ごしやすく、訪れるのにはお勧めの季節です。1日に数時間、何度かスコールが降るのがガーナの雨季。日本の梅雨のように1日中シトシト雨が降り続くという感じではありません。雨季の中でも8月は特に涼しく、観光のベストシーズンと言えます。

  • 写真:Adjoa雨で水浸しの道路

乾季

乾季は12~4月頃。日本とは逆で、ガーナでは乾季のほうが暑いです。特にサバンナ州以北では日中の気温が40度前後と非常に暑くなります。最も過酷な季節は2~4月頃。地方の宿に泊まる場合、エアコンのないところがほとんど。ちょっぴり覚悟が必要です。

ハマターン

12~1月の約1ヶ月間、毎日くもりのような、濃霧のような、視界の悪い天気が続きます。ところがこれは雲でも霧でもなく、砂。「ハマターン」とは、サハラ砂漠の砂が飛んできて上空が砂で覆われる季節です。もともと砂ぼこりのひどいガーナですが、この季節は特に深刻です。

この時季に景色を楽しむレジャーは不向きです。そして、気管支が弱い方は特に注意が必要です。砂埃に慣れているガーナ人ですら喉を傷めてしまいます。特にトロトロに乗るときはマスクを着用することをお勧めします。視界不良のため飛行機が欠航になることもあるため、可能であればハマターンの時季のガーナ旅行は避けたほうが無難でしょう

  • 写真:Adjoaハマターンの日の朝。太陽の形がくっきり見える。

暑さの厳しい乾季ですが、ハマターンの時季には太陽光が砂で遮られるため朝晩は涼しくなります。特に、北部では寒いくらい温度が下がります。サバンナ州以北へご旅行の際は夜間に羽織るものや、寝るとき用に長ズボンを用意しておきましょう。ただし、寒いとは言ってもニットやジャケットまでは必要ありません。薄手のパーカー程度のものがあれば、大丈夫です。

ガーナの気候に関して注意すること4つ

1. 暑さ

ガーナでは、1年を通して日中は暑いです。暑さに慣れていない方は、特に2~3月頃は熱中症に注意が必要です。飲み水はよっぽどの僻地でない限り、どこでも手に入ります。

また、暑いので1年を通してどこにでも蚊がいます。ガーナの蚊はマラリアの病原菌を持っていることがあるので、注意が必要です。

2. 砂ぼこり

未舗装の場所が多く、砂ぼこりがひどいです。喉を傷めないように注意しましょう。ただし、乾季にはマスクは暑すぎてできません。ストールやハンカチで口を覆う方が便利です。

  • 写真:Adjoaガーナの典型的な未舗装道路。こんな道路を車で走ると全身土埃まみれに。

3. 乾燥

乾季は、ガーナ全土でかなり湿度が下がります。特にサバンナ州以北の乾燥は過酷です。

ハマターンの時季の湿度の低さは、さらに深刻です。保湿クリームを使っていても、塗った先から手や唇の水分が奪われ、ガサガサになっていきます。肌の弱い方は注意が必要です。

4. 服装

日中用

ガーナでの服装は、基本的には真夏の服装でOKです。砂ぼこりや泥で汚れやすいので、大切な服は持っていかないようにしましょう。白い服も避けましょう。ガーナの赤土で汚れが目立ちます。

また日差しがとても強いので、日焼けが気になる方は帽子や薄手の長袖があると安心です。

朝晩用

1年を通して暑いガーナですが、雨季およびハマターンの時季の朝方には肌寒さを感じるほどの日もあります。乾季には、寝るとき用の服として長袖・長ズボンがあると安心です。

履物

未舗装道路の多いガーナ。雨季には道路が冠水し、ドロドロになることも多々あります。そのため、クロックスなどの水で洗い流せる靴がお勧めです。乾きにくいスニーカーや革のサンダルは避けましょう。ビーチサンダルなら現地でも100円程度で調達できます。

  • 写真:Adjoa首都アクラのショッピングモールのサンダル売り場

気候に関して持っていくと便利なグッズ4つ

1. ストール

砂埃から喉を守るのには、マスクよりもストールがお勧めです。マスクは暑すぎて長時間は着用できません。なお、ストールは日よけ対策にもなりますので便利です。

2. リップ(保湿)クリーム

乾季、特にハマターンの時季は肌が乾燥し、唇もガサガサになります。リップクリームがあると安心です。ただし、日中は暑くなるので溶けるという点にはご注意ください。なお、添加物なしのナチュラルシアバターなら、ガーナ全国どこでも購入できます。ただしきちんとした入れ物に入っていないことが多い(購入時にビニール袋に入れてくれる)ので、扱いづらいという点はご了承ください。

3. かゆみ止め

日本の虫よけだと弱いので、虫よけ(mosquito reperant)は現地調達がお勧めです。その代わり、蚊に刺されたあとの対策は日本の製品のほうが良いですね。虫パッチやかゆみ止めがあると安心です。

  • 写真:Adjoaガーナで買える虫よけグッズ

4. 日焼け止め

ガーナの日差しはとても強いので、日焼け止めは必須アイテムです。ガーナでは、日焼け止めは首都の一部のショッピングモールでしか手に入りません。購入できたとしても、日本の製品のように高品質のものはありません。日本から持参することをお勧めします。

最後に

ガーナ旅行のベストシーズンは8月。そして、ワーストシーズンは12~1月です。乾季にガーナへご旅行の際は、暑さを覚悟して旅行に臨んでくださいね。ワーストシーズンに行ったとしても、日本とは全く違うガーナの気候を体験できる貴重な機会になるはず!自分に合った時季に旅行し、上手にガーナ旅行を楽しんでくださいね。

ガーナの旅行予約はこちら

ガーナのパッケージツアーを探す

ガーナのホテルを探す

ガーナの航空券を探す

ガーナの現地アクティビティを探す

ガーナのWi-Fiレンタルを探す

関連するキーワード

※この記事は2020年4月16日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


旅行の前に読んで!ガーナ旅行で注意する6つのこと~文化・習慣編~

ガーナの治安の良さは、アフリカトップクラス!とはいえ、初めてアフリカへ旅行する方は不安に感じることも多いかと思います。また、ガーナには独特の文化、習慣があります...


棺桶に命をかける国?!葬式天国ガーナで葬式&棺桶工房を見学しよう!

西アフリカのガーナ。目立った観光資源のないこの国ですが、世界中でガーナでしか見られない珍しいものがあります。それは、独特な葬式スタイルとユニークな棺桶!ガーナで...

ガーナ人ってどんな人?3つの意外な国民性とは

明るく陽気。太鼓をたたいて、いつも歌って踊っている――ガーナ人に対して、なんとなくそんなイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。それも間違ってはいません...

ガーナの気温・服装・旅行のベストシーズン!

ガーナ旅行の前に知っておきたい、月ごとの平均気温や降水量、気候の特徴、旅行の服装を徹底解説!いつ旅行するかお悩みの方向けに、ガーナ旅行のベストシーズンも解説しま...

アフリカン文化にどっぷり浸かろう★ガーナで絶対体験したいこと4選

ガーナで何する?世界遺産のお城と、ナショナルパーク見学?…え、それだけ?!ガーナに来たら、観光だけではもったいない!アフリカならではの文化にどっぷり浸かってみま...

この記事を書いたトラベルライター

ほぼガーナ人・ときどき信州人
Adjoa(アジュア)はガーナで月曜日生まれの女子の名前。
ガーナでは、生まれた曜日によって名前が決まります。
そんなガーナの魅力を多くの人に知ってもらいたい!
ガイドブックには載っていないガーナのおもしろ観光情報を発信していきます!
どうぞよろしくお願いします★

辛い!濃厚!美味しい!ガーナの3大国民食を堪能しよう!

アフリカ料理というと、どのようなものを想像しますか?クスクス?ウガリ?西アフリカのガーナには、どちらもありません。ガーナと聞いて何を思い浮かべますか?チョコレー...


【長野県】良縁を呼ぶパワースポット「縁結神社」~日本で唯一“縁結び“の名を冠する神社

縁結びに御利益があるという神社は、日本全国各地にたくさんありますよね。でも、名前に「縁結び」とつく神社は、日本でここだけ!それは、森の中にひっそりと佇む、小さな...


棺桶に命をかける国?!葬式天国ガーナで葬式&棺桶工房を見学しよう!

西アフリカのガーナ。目立った観光資源のないこの国ですが、世界中でガーナでしか見られない珍しいものがあります。それは、独特な葬式スタイルとユニークな棺桶!ガーナで...

【ガーナ】負の世界遺産ケープコースト城で奴隷貿易の歴史に触れる

西アフリカのガーナ。今でこそ明るく陽気な人々が暮らす平和な国ですが、「奴隷貿易」という暗い歴史を持つ国でもあります。ガーナには奴隷貿易の拠点となっていた建造物が...

チョコレートだけじゃない!定番のガーナ土産6選!

ガーナと言ったら、チョコレートですね。でも、それだけではありません!ガーナには、チョコレート以外にも魅力的なお土産がたくさんあるんです。アフリカらしいカラフルな...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?