ガーナ
ガーナ観光
海岸線沿いに並ぶ世界遺産の城塞群

フルーツの宝庫ガーナで食べ尽くそう!道端で買えるおすすめ果物8選

取材・写真・文:

長野在住
訪問エリア:12ヶ国

2017年9月22日更新

3,097view

お気に入り

常夏のガーナはフルーツの宝庫!1年中、甘くておいしいフルーツが安価で食べられます。しかも、それらは大概道端で手に入ります。見たこともない珍しいフルーツ…ではありませんが、ガーナのフルーツは日本で食べられるものと比べて、味が濃い!本記事では、ガーナ産のフルーツを筆者のおすすめ順にご紹介します。さぁ、果物ナイフを持って、ガーナへフルーツ食べ尽くしの旅にでかけましょう!

この記事の目次表示

1. パイナップル(abrɔbɛ アブロべ)

  • パイナップル

数あるガーナのフルーツの中で、最もおすすめしたいのが、パイナップル!ガーナのパイナップルは、とってもジューシー!そしてとても甘いのですが、日本で市販されている缶詰のような人工的な甘さではなく、自然な甘さ。

パイナップルの種類

ガーナには2種類のパイナップルがあります。ガーナ南部では「ファンティパイナップル」、北部では「アシャンティパイナップル」が出回っています。ファンティパイナップルは縦長。アシャンティパイナップルは丸く、ボテっとしています。

おすすめは、南部のファンティパイナップル。ファンティパイナップルのほうがジューシーで、繊維が少ないです。

パイナップルの名産地

ファンティパイナップルの一大産地は、ガーナ南部のセントラル州。ガーナ随一の観光地であるケープコーストへ行く途中の道端に、売り子さんがたくさんいます。トロトロ(ガーナの最もメジャーな公共交通機関)での移動中に、車が止まったらチャンス!窓から売り子さんを呼び、買って車内で食べてみてください。

【参考】首都アクラからケープコーストへの移動時に購入しやすい場所:
1. ウィネバ・ジャンクション(Winneba junction)
2. エスーシア(Esuehyia)
3. マンケシム(Mankessim)

食べ頃なパイナップルの見分け方

丸ごと1つ買う場合には、少し黄色くなっているものが食べごろ。緑色のものはまだ熟れていなく、甘さが少ないです。あまり黄色くなりすぎているものは、熟れすぎの可能性があります。カットされて売られているものについては、特に見分け方はありません。食べ頃のものをカットしてあります。

価格と旬の時期

価格は、パイナップル丸ごと1つで、2~5セディ(約60~150円)程度。たくさん買えば買うほど、単価が安くなります。3つで5セディ(150円)~。カットされたものは、一袋1セディ(30円)~。

  • パイナップルは購入時に頼めばこのようにカットしてくれる

パイナップルにこれといった旬の時期というのはありません。1年中手に入ります。その年の気候などによっても変動しますが、しいて言えば大体5~8月頃がベストシーズンです。

2. マンゴー(Mango)

  • マンゴー

ガーナのマンゴーは、日本で食べるものよりもさらに香り豊かで味が濃く、とてもおいしいです。

ガーナのマンゴーには「ローカルマンゴー」と「フォーリンマンゴー」の2種類があります。ローカルマンゴーはほとんど繊維で、食べるというより果汁を吸うもの。見分け方は、ローカルマンゴーは手のひらサイズで、小ぶりなもの。フォーリンマンゴーは、それよりふたまわり以上大きなもの。

おすすめは、フォーリンマンゴー。その場でカットしてもらって、袋に入れて持ち帰ることもできます。

  • カットされたマンゴー

マンゴーの一大産地は、南部ボルタ州~イースタン州。こちらもパイナップルと同様、トロトロでの移動中に、窓から買うことも可能です。

食べ頃なマンゴーの見分け方

丸ごと買う場合は、触ってみて少し柔らかいものが食べ頃。柔らかければ柔らかいほど熟していて甘いので、甘めがお好きな方は柔らかいものを選んで。ただし熟しすぎると甘みが遠くなるので、適度なものを選びましょう。あまり黒い斑点が多いものは傷んでいる可能性があるので、避けましょう。

価格と旬の時期

価格は、1個1~5セディ(30~150円)程度。こちらも、たくさん買えば買うほど単価を安くしてくれます。お店の人と交渉してみましょう。旬の時期は12月と、4~8月。それ以外の時期には、手に入りません。

吸って味わうローカルマンゴーも、1個50ペセワ(15円)程度と安いので、ぜひトライしてみてください。

3. アボカド(Pear ぺー)

  • アボカド

ガーナのアボカドは、味が濃い!アボカドってこんなに甘かったの?とビックリします。なお、ガーナ人はアボカドをフルーツとしてそのまま食べます。アボカド自体の味が濃いので、ガーナ人流に、その場で皮を剥いて食べてみるのもアリですね。

食べ頃なアボカドの見分け方

購入時には、触ってみて適度に柔らかいものを選びましょう。食べる時期(今日、明日、明後日…)を売り子さんに伝えると、適度な硬さのものを選んでくれます。

価格と旬の時期

価格は、小さいもので1個50ペセワ~1セディ(15~30円)。大きいもので2~5セディ(60~150円)程度。こちらも、たくさん買うほど単価を安くしてくれますので、要交渉です。

旬の時期は、12~8月。こちらもマンゴー同様、旬の時期以外はめったにお目にかかれません。

4. ココナッツ(Kube クベ)

  • ココナッツ
  • ココナッツを食べるときに外皮を剥いてくれる

ココナッツジュースは東南アジアにもありますが、ガーナのものはさらにおいしい!ガーナ人の間では、ココナッツは病気のときに飲むと良いと言われています。慣れないガーナ料理でお腹の調子が悪いときに、ORS(経口補水液)代わりに飲むのもアリです。

ココナッツは購入時にその場で皮を剥いてくれます。この剥き方も必見!カトラスと呼ばれる万能な鎌で、豪快に外皮を剥いてくれます。ガーナでマストな見どころのひとつです。

皮を剥いてくれたら、ココナッツのジュースを飲みます。そしてジュースを飲み終えたら、ココナッツを売り子さんに渡しましょう。殻を割ってくれます。

  • 外皮を剥いた状態のココナッツ
  • この状態で、ココナッツジュースを飲みます

最後に、内側についている実を、ココナッツの皮をスプーン代わりにして食べます。この実がプルプルで、ほんのり甘く、とってもおいしいのです!決してジュースだけ飲んで立ち去らないように。

  • 最後にココナッツの中身をココナッツの皮のスプーンですくって食べます

価格と旬の時期

ココナッツはガーナ南部(アシャンティ州以北)では、1年中手に入ります。価格は、田舎で1個50ペセワ~1セディ(15~30円)。大都市で1個2セディ(60円)程度。

次のページを読む

ガーナの旅行予約はこちら

ガーナのパッケージツアーを探す

ガーナのホテルを探す

ガーナの航空券を探す

ガーナの現地アクティビティを探す

ガーナのWi-Fiレンタルを探す

関連するキーワード

※この記事は2017年9月21日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

ほぼガーナ人・ときどき信州人
Adjoa(アジュア)はガーナで月曜日生まれの女子の名前。
ガーナでは、生まれた曜日によって名前が決まります。
そんなガーナの魅力を多くの人に知ってもらいたい!
ガイドブックには載っていないガーナのおもしろ観光情報を発信していきます!
どうぞよろしくお願いします★

辛い!濃厚!美味しい!ガーナの3大国民食を堪能しよう!

アフリカ料理というと、どのようなものを想像しますか?クスクス?ウガリ?西アフリカのガーナには、どちらもありません。ガーナと聞いて何を思い浮かべますか?チョコレー...


【長野県】良縁を呼ぶパワースポット「縁結神社」~日本で唯一“縁結び“の名を冠する神社

縁結びに御利益があるという神社は、日本全国各地にたくさんありますよね。でも、名前に「縁結び」とつく神社は、日本でここだけ!それは、森の中にひっそりと佇む、小さな...

【ガーナ】負の世界遺産ケープコースト城で奴隷貿易の歴史に触れる

西アフリカのガーナ。今でこそ明るく陽気な人々が暮らす平和な国ですが、「奴隷貿易」という暗い歴史を持つ国でもあります。ガーナには奴隷貿易の拠点となっていた建造物が...

旅行の前に読んで!ガーナ旅行で注意する6つのこと~文化・習慣編~

ガーナの治安の良さは、アフリカトップクラス!とはいえ、初めてアフリカへ旅行する方は不安に感じることも多いかと思います。また、ガーナには独特の文化、習慣があります...

棺桶に命をかける国?!葬式天国ガーナで葬式&棺桶工房を見学しよう!

西アフリカのガーナ。目立った観光資源のないこの国ですが、世界中でガーナでしか見られない珍しいものがあります。それは、独特な葬式スタイルとユニークな棺桶!ガーナで...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?