ガーナ
ガーナ観光
海岸線沿いに並ぶ世界遺産の城塞群

【ガーナ】本当は秘密にしたい秘境の滝「アカ・フォールズ」を見に行こう!

取材・写真・文:

長野在住
訪問エリア:12ヶ国

2017年6月15日更新

379view

お気に入り

写真:Adjoa

ガーナ公式観光ガイドブック(Official Ghana Tourist Guide 2013-2015, Amazing Africa Ltd.,)に掲載された1枚の滝の写真。それは、インディージョーンズの世界を連想させる、なんとも魅力的な滝。ところが、なぜか写真だけがそこにあり、行き方はおろか、その名称すら情報がない。ガーナ人に聞いてもわからない。今回は、そんな秘境の滝への行き方を解説します。

この記事の目次表示

アカ・フォールズはどこにある?

写真を元に調べてみると、その滝の名はアカ・フォールズ(Akaa falls)ということが判明。

アカ・フォールズは、ガーナイースタン州(Eastern Region)に位置します。ンクラカン(Nkurakan)が滝の最寄りの大きな町。州都のコフォリデュア(Koforidua)からは車で30分程度の場所に位置します。まずは州都コフォリデュアへ移動しましょう。

アカ・フォールズへの行き方

コトカ国際空港のある首都アクラからだと、アカ・フォールズへは、アクラのマディナ(Madina)またはサークル(Circle)ステーション→コフォリデュアンクラカン→アカ・フォールズの順に移動します。

その他の場所から移動する場合も、まずはコフォリデュアへ移動しましょう。

1. 首都アクラから

コフォリデュアへはアクラのマディナステーションからが便利。
※サークルというステーションからも行けますが、こちらはカオス度が高く、上級者向け。

空港からマディナステーションへ移動するなら、タクシーで。値段交渉は車に乗る前にするのをお忘れなく。

マディナに着いたら、今度は「トロトロ」と呼ばれる乗り合いバスに乗って移動します。その辺にいるガーナ人に「コフォリデュア行きのトロトロはどこか?」と尋ねてみましょう。案内してくれます。

マディナステーション
ガーナ / その他スポット
住所:Madina Station, Madina, ガーナ地図で見る

2. コフォリデュアから

コフォリデュアのステーションから、今度はボティ(Boti)行きのトロトロに乗り換えます。ンクラカンはボティに行く途中の町。終点まで行かないように気をつけましょう。

ンクラカンで降りたら、いよいよ今度はタクシー交渉です。

コフォリデュアステーション
ガーナ / その他スポット
住所:Koforidua - Accra Bus Station地図で見る

3. ンクラカンから

ンクラカンから先は、タクシーをチャーターすることをお勧めします。トロトロでも滝の近くまで行くことはできますが、滝からの帰りに車を捕まえることが難しいからです。

タクシー交渉では、まずアカ・フォールズを知っているドライバーを探しましょう。何しろ秘境の滝。知らないドライバーもいるので始めに確認してください。

そして必ず、アカ・フォールズまで行って、見てくる間に待っていてもらうこと。最終的にどこで降ろしてもらうのかを確認しましょう。お勧めは、ンクラカンでなくコフォリデュアのステーションまで戻ってもらうこと。アクラ等、次の目的地に移動するのに便利だからです。

  • 写真:Adjoaンクラカンの町
ンクラカン
ガーナ / 町・ストリート
住所:Nkurakan, ガーナ地図で見る

アカ・フォールズに着いたら

滝まで5分ほど歩きます。入口付近で入場料を払います。外国人は1人10セディ(約300円、2016年時点)。

「ガイドを付ける(有料)」と言われますが、ガイドなしでも行けますので、自分で行きたい場合はお断りできます。タクシーのドライバーによっては、一緒についてきてくれることもあります。

入場料を支払ったら、道なりに進みます。道は整備されているので、サンダルでも行けます。

  • 写真:Adjoaガーナにしては珍しく、道は整備されている

道すがら、せり出した地層などが見られます。

  • 写真:Adjoa地層に張り出した木の根

地層ロードを歩くこと約5分。突如アカ・フォールズが姿を現します。

全体としての規模は小さいのですが、崩れかけた地層から流れ出る滝はなんとも壮観。周りの美しい地層に圧倒されます。そして太古からの歴史を感じます。

  • 写真:Adjoaアカ・フォールズ

滝の下のほうまで近づくこともできます。苔で滑らないように注意してください。マイナスイオンを浴び、ここまでの移動の疲れを癒しましょう!

  • 写真:Adjoa滝の下のほうまで近づいて、下から滝を眺めることもできる

途中のコフォリデュアまたはンクラカンの町で食べ物を買っておき、ここで岩に腰かけて滝を眺めながらおやつ休憩にするのも良いですね。

ドライバーやガイドのガーナ人がその場にいる場合は、「You are invited!(一緒に食べよう)」と誘うのをお忘れなく。ガーナで食事をするときには、周りの人にそう声をかけるのがマナーです。

アカ・フォールズ周辺の見どころ

周辺にほかにも見どころがあります。こちらも回る場合は、タクシー交渉の際に事前に申し出ておきましょう。

アンブレラ・ロック&3本頭パームツリー

車でさらに10分ほどのところに、アンブレラ・ロックと3本頭のパームツリー(ヤシの木)があります。ついでに回ってもらいましょう。

  • 写真:Adjoa傘のような形をした岩「アンブレラ・ロック」
  • 写真:Adjoa頭が3本に分かれたパームツリー

こんな道を行くの?!と思うようなオフロードですが、その先にちゃんとあるのでご安心を。ガーナではどこでもですが、汚れても良い服装をして行くことをお勧めします。

  • 写真:Adjoaアカ・フォールズからアンブレラ・ロックへの道
アンブレラ ロック
ガーナ / 自然・景勝地
住所:Umbrella Rock Koforidua, Ghana地図で見る

ボティ・フォールズ

ボティの滝は、ガーナでは有名な滝。お金と時間に余裕があれば、こちらも行ってみましょう。

入場料は1人10セディ(約300円)。ガイドをつけるとさらに10セディ。

  • 写真:AdjoaBoti Falls 向かって左が男滝、右が女滝
ボティの滝
ガーナ / 自然・景勝地
住所:Boti Falls地図で見る

他の都市へ移動する場合は

コフォリデュアからは色々な都市へのトロトロが出ています。コフォリデュアのステーションに行って、ガーナ人に「○○に行きたいのだけど…」と尋ねてみましょう。親切に案内してくれます。

  • 写真:AdjoaKoforiduaのステーション

最後に

本当は秘密にしておきたかった、秘境感が魅力のアカ・フォールズについて紹介しました。

ガーナには雨季と乾季があり、乾季の真っ最中だと水量が少なく、迫力に欠ける事もあるそうです。できれば雨季(5~10月)に行くことをお勧めします。※本記事の写真は12月下旬(乾季)のもの。

ほかにも、ガーナにはまだ知られざる秘境がありそうです。ぜひ開拓してみてください。

ガーナ旅行を自分好みにアレンジしよう!

オンライン旅行会社「旅工房」ならばガーナのツアーのアレンジも承ります(相談無料)。

  • 泊数を変えずに価格を抑える
  • 複数のホテルに宿泊する
  • 2ヶ国以上周遊する、など

旅工房でガーナのすべてのツアーをみる>>

ガーナの旅行予約はこちら

ガーナのパッケージツアーを探す

ガーナのホテルを探す

ガーナの航空券を探す

ガーナの現地アクティビティを探す

ガーナのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年6月15日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

ほぼガーナ人・ときどき信州人
Adjoa(アジュア)はガーナで月曜日生まれの女子の名前。
ガーナでは、生まれた曜日によって名前が決まります。
そんなガーナの魅力を多くの人に知ってもらいたい!
ガイドブックには載っていないガーナのおもしろ観光情報を発信していきます!
どうぞよろしくお願いします★

辛い!濃厚!美味しい!ガーナの3大国民食を堪能しよう!

アフリカ料理というと、どのようなものを想像しますか?クスクス?ウガリ?西アフリカのガーナには、どちらもありません。ガーナと聞いて何を思い浮かべますか?チョコレー...


【長野県】良縁を呼ぶパワースポット「縁結神社」~日本で唯一“縁結び“の名を冠する神社

縁結びに御利益があるという神社は、日本全国各地にたくさんありますよね。でも、名前に「縁結び」とつく神社は、日本でここだけ!それは、森の中にひっそりと佇む、小さな...

旅行の前に読んで!ガーナ旅行で注意する6つのこと~文化・習慣編~

ガーナの治安の良さは、アフリカトップクラス!とはいえ、初めてアフリカへ旅行する方は不安に感じることも多いかと思います。また、ガーナには独特の文化、習慣があります...

【ガーナ】負の世界遺産ケープコースト城で奴隷貿易の歴史に触れる

西アフリカのガーナ。今でこそ明るく陽気な人々が暮らす平和な国ですが、「奴隷貿易」という暗い歴史を持つ国でもあります。ガーナには奴隷貿易の拠点となっていた建造物が...

約30年間愛され続ける西千葉のベーカリー「プレセンテ」の魅力とは?

千葉県千葉市の住宅街の一角にある、小さなベーカリー「プレセンテ」。一度プレセンテのパンを口にした人は、その味を求めて遠方からも足を運びます。中には月に1度、横浜...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?