京都へ行くならはずせないスポット!歴史を感じる東福寺を散策

416

view
 ちゃぼ  2018年4月18日更新

京都駅からほど近い場所にひっそりと佇む東福寺。最寄り駅の名前も「東福寺駅」というぐらい、規模も大きく歴史のあるお寺です。東福寺内の建物や絵画、書籍などは、国宝や国の重要文化財に指定されているものも多く、見ごたえがあります。また紅葉のスポットとしても人気があり、秋には多くの人で賑わいます。京都を旅するなら、一度は訪れておきたい東福寺をご紹介しましょう。

東福寺の歴史を学ぶ

臨済宗東福寺派大本山である寺院「東福寺」。開山(初代住職)は、幼い頃から仏門に入り天台の教学を究めたといわれる聖一国師(円爾弁円)です。「東福寺」という名は、奈良の「東大寺」、「興福寺」の二大寺から1文字ずつとって付けられました。

東福寺の歴史は古く、完成は建長7年(1255年)に遡ります。本尊は釈迦三尊像。仏殿には、明治14年の火災後に万寿寺から移されてきた、釈迦像が安置されています。完成当時は5尺(約15m)の釈迦像が安置されていたそうです。

今日まで何度か火災に見舞われましたが、再建を繰り返し、今もなお中世の建物が現存している由緒ある寺院です。

東福寺の見どころ

東福寺内には沢山の見どころがあり、三門、塔頭、龍吟庵の方丈などは国宝にもなっています。「塔頭」(たっちゅう)とは、寺院の敷地内にある個別の寺院のことで、その多くは非公開ですが、時期によっては公開されるものもあります。また境内には約2,000本ものカエデが植えられており、紅葉スポットとしても人気です。

圧巻の存在感「三門」

東福寺の南側にある六派羅門から境内へ入ってまず目にするのは、高さ約22m、幅25mという圧倒的な大きさで存在感を放つ三門。1425年(応永32年)に再建され、国宝にもなっています。現存する禅寺の三門としては、最古のものです。

三門の中心を南側から眺めると、正面奥に本堂が見えます。

屋根の部分の羅列が美しく、思わず見とれてしまいました。

ずっしりと佇む「本堂」(仏殿)

高さ25.5m、間口41.4mの本堂は、1881年(明治14年)に仏殿と法堂が焼失した後、1934年(昭和9年)に仏殿兼法堂として再建された建物。創建当初は高さ約15mの釈迦仏像が安置されていましたが、二度に渡る焼失により、現在は約2mの左手部分のみが保管されているそうです。

紅葉の人気スポット洗玉澗(せんぎょくかん)

本堂と境内の奥にある開山堂の間に広がる渓谷「洗玉澗」は、紅葉スポットとして、とても人気のある場所です。

通天橋拝観券販売所でチケットを購入し、敷地内に入ると、早速もみじなどの美しい紅葉に目を奪われます。あちこちからカメラのシャッター音が聞こえてきますよ。

数分歩いて行くと、渓谷が見えてきます。水の流れは穏やかで、心も自然と落ち着きます。この辺りまで来ると通路に階段など段差が出てくるので、景色に見とれすぎると足元が危険です。注意を払いつつ、紅葉見物を楽しんでくださいね。

朱色が美しい愛染堂

洗玉澗の谷を抜けて上がってくると見えてくる愛染堂。愛染明王を祀っています。朱色で八角形をしていており、綺麗で趣があります。

東福寺一番の見どころ通天橋

洗玉澗に架かる橋は3つあり、その中のひとつである通天橋は、本堂と普門院、開山堂を結んでいます。通天橋から眺められる紅葉の景色が評判で、紅葉シーズンは特に、観光客で混み合っています。

なお事故防止のため、紅葉のピーク時期は通天橋からの撮影は禁止となっています。

  • 洗玉澗から望む通天橋
  • 通天橋拝観料:400円(小中学生300円)

手入れされた庭が美しい東福寺本坊庭園

こちらの庭は当初“東福寺方丈「八相の庭」”という名称でしたが、国指定名勝に登録され、名称が「東福寺本坊庭園」に変わりました。

方丈とは僧侶の住居で、明治14年の火災で焼失したのですが、見事に再建。この方丈には東西南北に個性的な庭があり、八つの「八相成道」(釈迦の生涯における八つの重要な出来事)が配置されていることから「八相の庭」と名づけられていたそうです。

方丈の中央にある「大方丈」という部屋の周りをぐるっと廊下が囲んでおり、このひんやりする廊下を進んで行くと、東西南北それぞれの庭を眺められるようになっています。

  • 東福寺本坊庭園 拝観料:400円(小中学生300円)

東福寺境内で一休み

紅葉シーズン限定となりますが、境内に茶屋やお土産屋が出店されます。茶屋ではコーヒーセットや甘酒などを楽しめますよ。

おわりに

いかがでしたでしょうか。東福寺へは最寄り駅「東福寺駅」より徒歩10分程度とアクセスも良く、京都へ訪れた際には是非立ち寄っていただきたいおすすめの場所です。渓谷「洗玉澗」の北側にも数々の建造物がありますので、一日かけてゆっくり散策してみるのもいいですね。

東福寺

東山・祇園 / 社寺・教会 / 観光名所

 

住所:京都府京都市東山区本町15-778

電話:075-561-0087

Web:http://www.tofukuji.jp/

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2016年11月26日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!