ギリシャ
ギリシャ観光
神話の国の壮大な遺跡とエーゲ海の美しい島

サントリーニ島・フェリーガイド!チケットの買い方も解説!

取材・写真・文:

大阪在住
訪問エリア:12ヶ国

2018年10月16日更新

859view

お気に入り

写真:いちまろ夫婦

サントリーニ島からエーゲ海の各島に行く際には、アテネ経由で飛行機で行くよりも、値段や所要時間の観点からフェリーを使う方がお勧めなことが大半です。この記事では、サントリーニ島から、同じくギリシャのミコノス島に行く際を例に、フェリーチケットの買い方から実際の乗船様子も含め、詳しくご紹介いたします。

この記事の目次表示

1.フェリーのチケットを買おう!

  • 写真:いちまろ夫婦

サントリーニ島から、エーゲ海の各島(例:ミコノス島・クレタ島・パロス島など)に行く際(もしくは各島からサントリーニ島へも同様ですが)、まずはフェリーのチケットを取りましょう。

ダイレクトフェリーズなどのフェリー予約サイトから検索することができます。またAthinios Port Santorini公式サイトにも書いてある通り、フェリー会社は5つほどあります。検索結果に出てきたもののうち、所要時間・料金・時間帯などを自分の希望と合ったものを選ぶといいですよ。クレジットカードで決済すれば、事前予約完了です。

筆者夫婦が買ったフェリーのチケットは、サントリーニ島からミコノス島の片道で、31.9€(約3,800円)でした。

乗船当日、港でチケットを発行しよう!

  • 写真:いちまろ夫婦フェリー会社「SEA JETS」のチケットオフィス

筆者夫婦が利用したフェリーは「SEA JETS」という会社のフェリーでした。Santorini Portには、各会社のオフィスがあるので、そこで予約番号・名前を伝え、紙のチケットを貰ってください。各会社の発行する、この紙のチケットがないと乗船できませんのでご注意ください。


2.乗船しよう!

紙のチケットを貰ったら、乗船準備は完了です。チケットをもらう際に、確定の乗車時間と、乗車場所をスタッフの方から伝えられるはずです。その場所・時間はしっかり覚えておくようにしましょう!

しかし早くからその場所で待っていても、すごく混雑しています。

  • 写真:いちまろ夫婦乗船待ち場所

せっかくなので、待ち時間はSantorini Portでしかできない過ごし方をするのがお勧めです。詳しくは「【サントリーニ島・港】Santorini Portでフェリーに乗る前に絶対しておきたいこと3選!」という記事に詳しく書きましたので、ご参考くださいね。

  • 写真:いちまろ夫婦
  • 写真:いちまろ夫婦

船がくると、さらにたくさんの人が集まります。特にサントリーニ島は人気の島なので、降りてくる人の数も非常に多いです。比較的治安のいいサントリーニ島でも、ここは外国。スリなどには十分お気を付けください。

  • 写真:いちまろ夫婦
  • 写真:いちまろ夫婦

中に入ると、スーツケースなどの手荷物などを置きます。ここで注意してほしいのは、下船場所によって荷物を置く場所が違うことです。スタッフの方が、島の名前を叫んでいるので、それをよく聞いて指定された場所に置くようにしましょう。

他の観光客に間違えて持っていかれないよう、しっかり目印となるものを付けたり、ロックをしっかりしておくように気をつけてくださいね。

  • 写真:いちまろ夫婦

荷物を置いたら、いよいよフェリーの客室へ向かいます。向かう階段には、スタッフの方がおりチケットを確認しています。ここで確認した後も、不定期にスタッフの方がチケットを確認しに来るので、くれぐれも下船までは捨てないようにしてくださいね!

3.フェリーの中で楽しくゆったり過ごそう!

次に、乗船してから下船までのフェリーでの主な過ごし方をご紹介いたします。

まずは座席をチェック!

  • 写真:いちまろ夫婦

客席についたらまずは席を探しましょう。各フェリーによって、指定席・自由席の基準が異なります。筆者の乗ったフェリーは指定席だと思っていたのですが、蓋を開けてみれば、自由席で自分の番号の席には人がいました。

  • 写真:いちまろ夫婦

なんと3席を使い、寝ている方もいたのです。自分の乗った船が指定席なのか自由席なのか分からない場合、一番確実なのは、チケットをスタッフの方に見せること。席を案内してくれれば指定席ですし、この範囲ならどこでも座ってOKと言われれば、チケットに座席番号が書いてあっても自由席ということになります。(筆者が乗った帰りのフェリーは、指定席のチケットで、実際も、全てのお客さんが決められた席に座っていました)

  • 写真:いちまろ夫婦

ネットでの予約時に、少し高い席を選んでおくと、この上にある席のようなリッチなシートにも座れます。ここは、一般チケットの方は立ち入り禁止でした。

カフェでコーヒーや軽食を買う!

  • 写真:いちまろ夫婦

エーゲ海を運行するフェリーには大抵、小さなカフェが船内にあります。目的の島についてから、観光の予定が詰まっている人や、Santorini Portで食事の時間が取れなかった人は、ここでお腹を満たしておくのもいいですね。

  • 写真:いちまろ夫婦
  • 写真:いちまろ夫婦

パンや、ちょっとしたケーキ、クッキーなどが売っていました。お酒やジュースも充実していたので、飲みたいもの・食べたいものがきっと見つかるはず!

テラスで海風にあたる!

  • 写真:いちまろ夫婦

フェリーに乗ったら一度は行きたいのが、テラスです!座席の種類関係なくテラスには行くことができ、ここでは海風にあたりながら、エーゲ海を存分に望むことができるのです。

  • 写真:いちまろ夫婦

日光浴を楽しんでいる方もたくさんいましたし、喫煙スペースもあるので喫煙者には非常にありがたいですね。柵に寄りかかって、海を背景に写真を撮ることもお勧めです!

  • 写真:いちまろ夫婦

天気がいいときは、乗船中ずっとここにいたくなるほどの心地よさです!しかし、フェリーは想像以上に速いスピードで進んでいるので、風がものすごく強いです。帽子などが飛んでいかないよう、十分注意してください。ぜひフェリーに乗っている間も、一つの旅として存分に楽しんでくださいね!

サントリーニ島
ギリシャ / 観光名所
住所:Santorini,Greece地図で見る

ギリシャの旅行予約はこちら

ギリシャのパッケージツアーを探す

ギリシャのホテルを探す

ギリシャの航空券を探す

ギリシャの現地アクティビティを探す

ギリシャのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年10月15日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

夫婦で旅する月1バックパッカー!
夫婦共働きながら月1回の旅を楽しむ月1バックパッカー🏖


「会社を辞めなくても、会社生活を楽しみながらでも、旅はいける!旅は両立できる!!」
こんな思いで、日々旅を楽しみ、そしてそんなライフスタイルを発信中。
夫婦で楽しめる場所を国内国外問わずガンガンお届け致します。

□カメラ:夫)iPhone7+📱、妻)iPhoneⅩ📱

「一眼ではなくスマホで撮影。誰もが真似できる、だけども綺麗で見ててワクワク」
そんな写真が撮れるよう日々練習中。

Instagramでは、旅先の夫婦写真を専門にあげています。
ぜひそちらも遊びに来てみてください^^

■2018年の月1バックパックリスト
1月-6月:名古屋・大分・横浜・湘南・兵庫(竹田城)・大阪・ドバイ・ギリシャ
7月:東京・横浜
8月:奈良・京都
9月:長野
10月:釜山
11月:淡路島
12月:大阪和泉市・東京

□2019年の月1バックパックリスト
1月:熊本
2・3月:ハノイ
4月:大阪

■いちまろ夫婦運営メディア
http://www.ichimaro.com/

【釜山】南浦洞でサムギョプサル!安くて人気の店「ワンソグムグイ」がお勧め!

韓国に来たら食べたい料理の一つはやはり「サムギョプサル」。この記事では、釜山の南浦洞にある「マッチャンドル・ワンソグムグイ」という、サムギョプサル専門店の魅力を...

ギリシャ・アテネで絶対買いたい!お土産7選!

古代遺跡で有名なギリシャ・アテネ。パルテノン神殿がある丘のふもとには、「プラカ」と呼ばれるレストランやお土産屋が立ち並ぶエリアがあります。そこで購入できるギリシ...


【閲覧注意】USJホラーナイト・「ストリートゾンビ」全種類コンプリートガイド!

USJのハロウィーンでは、18:00以降ゾンビがパーク内を歩き回る「ストリート・ゾンビ」が有名です。2018年からは、エリアごとに出てくるゾンビの種類も変わり、...

モンセラットはバルセロナで必見の人気観光スポット!

スペイン・バルセロナに行ったらぜひ訪ねてほしいのが「モンセラット」です。標高1,241mのモンセラットの山には、円筒型の岩がいくつも寄り集まっており、その姿は一...


釜山・金海空港の免税店で買える!韓国定番お土産8選!

現地のお土産を買う最後のチャンスと言えば、空港です。この記事では、釜山・金海空港の免税店で買える、定番の韓国土産8選をご紹介します。免税店というと、高いブランド...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?