その他

元船員が選ぶ!クルーズ船で行けるロマンティックな旅先

2018年6月15日更新

395view

お気に入り

クルーズ船での旅は夢と思っている方も多いのでは?しかし、近年では意外とお手頃に気軽に行けるようになりました。クルーズ船勤務経験のある筆者が選んだクルーズ船で行きたいロマンティックな旅先をご紹介します!

この記事の目次表示

豪華客船のススメ

老後にゆったり豪華客船で船旅をしたい。そんな夢を持っている人も多いはず。今はそんな時間もお金もないと思っているあなた!そんなことはありません。

海外ではクルーズ船での旅行は気軽な旅として人気です。数万円で数日間から1週間のショートクルーズをしている船も多くあります。しかも、ほとんどの船がオールインクルーシブなので、ホテルへの宿泊料金はもちろん、食事代などを気にしなくていいのも魅力です。

近年ではアジアをマーケットに外資系のクルーズ会社が多く参入してきており、日本発着も増えています。日本人にとっても船旅が豪華で優雅なものから少し身近になってきているのではないでしょうか。

厳選!ロマンティックな旅先

クルーズ船での行先は様々で、世界各国から出港しています。数ある寄港地の中でもロマンティックな気分を楽しめる素敵な旅先を、クルーズ船勤務経験のある筆者が厳選しました!船旅ならではの楽しみ方も含めてご紹介します。

1. ヴェネツィア(イタリア)

新婚旅行先としても人気の高いイタリア。ロマンティックな旅先としてヴェネツィアの名が上がるのは当然と言えます。人気の観光地ですので、クルーズ船もご多分にもれず地中海やイギリス発着のクルーズなどで寄港地にしていることが多いです。

  • クルーズ船上から見るヴェネチアの街並み

水の都ヴェネツィアは人気の観光都市ですので、実は観光地であるが故に物価が高騰しているのも事実。一泊しようと思えば食費に宿代と、予想以上に出費がかさんでしまいます。

  • 運河を行き交うゴンドラ
  • 夜になるとまた違ったムードがたっぷり

しかし、クルーズ船で行けば宿の心配はせずとも大丈夫です。街中を入り組んだように流れる運河クルーズを楽しんだり、中世の建物が残る町並みを存分に楽しめます。クルーズ船の停まる場所から中心部までもほど近く、夜遅い出港となれば昼とはまた違った夜の街並みも楽しめますよ。

また出入港時には小さな船よりも高い位置から街並みを見ることができます。これもまた、大型客船ならではの楽しみ方ですね。

ヴェネツィア
イタリア / 町・ストリート
住所:Venezia,Italy

2. サントリー二島(ギリシャ)

ギリシャの島々は地中海性の心地よい気候に包まれていて、穏やかな時間が流れています。サントリー二島は丸く青い屋根と白い壁の街並みで、なんともギリシャらしい寄港地として人気。地中海クルーズなどで寄港することの多い場所です。

  • ベランダから眺めるこの風景をいつか誰かとシェアしたいですね

意外にも断崖絶壁だらけのサントリーニ島は、上陸するとまずその崖の下からメインの通りに行くために、ゴンドラに乗るかドンキーに股がりジグザグの道を進む必要があります。飛行機でのアクセスではなかなか体験できない部分ですね。

  • 断崖に立ち並ぶ白い壁の家
  • ギリシャヨーグルトにお好みでフルーツなどトッピング

サントリーニ島といえばOia(イア)の街が観光の目玉。断崖に白壁や青い屋根の建物が立ち並ぶ、誰もが一度は写真で見たことのある風景が広がります。ブーケンビリヤの花々やオリーブの木も至る所に目にすることができます。

また、ギリシャではグルメにも注目です。ムサカやスヴラキなど日本では馴染みの少ないものから、ねっとり濃厚なギリシャヨーグルトまで外せないグルメがたくさん!お腹も心も満たしてくれる素敵な旅先です。

イア
ギリシャ / 町・ストリート
住所:oia
サントリーニ島
ギリシャ / 観光名所
住所:Santorini,Greece

3. キュラソー(オランダ領)

ほとんど聞いたことのない国名と思う方も多いはず。キュラソーはカリブ海に浮かぶオランダ領の島国です。日本のプロ野球で活躍しているキュラソー出身の選手もいるのですが、日本では知名度が低い国なので、旅行に行くことはかなり稀ではないでしょうか。

そんなレアな国にもクルーズ船は寄港していますので、マニアックな旅先を考えている人にもオススメです。

  • 出典:www.flickr.comPhoto by:Kai VvV, 作品名:Karibik 2017 (1297 von 1815)

カラフルな色の外壁の建物は、オランダ植民地ならではの光景です。特にピンク色の壁は以前オランダに支配されていたマレーシアのマラッカなどでも見ることができますが、カリビアンの風土とマッチしてさらに鮮やかな印象です。

  • リゾートを満喫できるマンボビーチのビーチベット
  • カリブ海に沈む太陽が素晴らしいサンセットの様子

また、Manbo Beach(マンボビーチ)では綺麗なカリブ海を眺めながら、ビーチベットでカクテルを飲んだりして、南国ムードを漂わせながらリラックスできますよ。夕日もまた格別です。

キュラソーにはアメリカ発着のカリブ海クルーズやパナマ運河のクルーズなどで行くことができます。

マンボビーチ
キュラソー / ビーチ
住所:Bapor Kibrá, Willemstad, キュラソー島

次のページを読む

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年6月5日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

本当は怖い!海外旅行のお供パスポートが命の次に大切な4つの理由

海外旅行に行く際に真っ先に必要になるものといえばのパスポート。誰もが行き先や持っていくものにこそ目が行きがちですが、実はパスポートには数々の恐ろしい落とし穴が隠...

たった一文字のミスで紙切れに!海外航空券格安サイトの怖い落とし穴

今や旅行会社を訪れずとも、自身で旅行手配がオンライン上で可能な時代に。一度は利用したことのある方もいるのではないでしょうか。時間にとらわれず格安で航空券の購入も...

海外旅行の必需品!持っていると便利!あんな物、こんな物20選

海外旅行に出かけるときの必需品。旅先や、季節、人によって様々で、いろいろ個性が出るかもしれませんね。お金とキャッシュカード、パスポートさえあれば、どうにかなる物...

緊急事態⚠︎空港で預け荷物が届いてない時の5つの心構え【保存版】

旅行先での相棒といえばのスーツケース。フライトを終え現地の入国審査を終えて、あとは旅の相棒(スーツケース)をお迎えに。「さあ!旅のはじまりだ」なんてスタートのは...

元添乗員が「お勧めしない」遺跡観光時の服装

暑いですよ、沢山歩きますよ、という事前アナウンスは遺跡観光時のつきものですね。ガイドブックやインターネットでは「楽な服装で、歩きやすい靴で」とアドバイスがありま...



この記事を書いたトラベルライター

まだ知らないイロドリミドリな世界へ
学生時代からふつふつとしていた旅欲を満たすため、年々フットワークが軽くなり国内外問わずあちらこちらにすぐ顔出します!元海外在住、元外資系豪華客船員が学んだ旅のこと、食べ物のこと、アートのこと、景色のこと、楽しく旅するノウハウをお伝えします!
http://irodorimidori.blogspot.jp

【オーストラリア】ジブリだらけ!モデルスポットをめぐる最強の聖地巡礼リスト

オーストラリアはジブリファンにとって生唾モノのモデルスポットがいくつも点在しています!ジブリファンでなくても行きたくなってしまう、フォトジェニックなジブリの世界...

【台湾】台北から日帰りOK!リノベがすごいオシャレな台中に注目!

日本人の海外旅行先で1位の台湾。近くて安くて美味しくて、とても人気の旅行先ですね。台北も楽しいけど、もっと深くちょっと違う台湾の魅力を知りたい!そんな時は、台北...

【オーストラリア】ぜ~んぶ無料のメルボルン観光スポット10

物価の高いオーストラリア。ツアーや旅行中の食事でもう既に予算がない!なんてことも。そんなときに助かる無料で楽しめるスポットがたくさんあるんです。これを見れば貧乏...

見たい!行きたい!世界のグラフィティ・アートスポット7選

グラフィティ・アートをご存知ですか?路地裏や建物などの外壁にスプレーやペンキで書かれているストリートアートです。落書き、イタズラのように受け取られがちですが、お...

【オーストラリア】メルボルンで食べたいパンケーキがあるカフェ3選

パンケーキブームの火付け役の一つと言えば、オーストラリアにある「bills(ビルズ)」のリコッタチーズのパンケーキ。世界一の朝食としても有名ですね。日常的にパン...



トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?