ギリシャ
ギリシャ観光
神話の国の壮大な遺跡とエーゲ海の美しい島

【サントリーニ島】コスパよく泊まれる「カルテラドス地域」・お勧めの3ホテル!

取材・写真・文:

大阪在住
訪問エリア:11ヶ国

2018年7月14日更新

904view

お気に入り

写真:いちまろ夫婦

青と白の街並みや、世界一の夕陽が見られるとしてハネムーンにも人気の、ギリシャ・サントリーニ島。中心街の「イア」や「フィラ」に泊まるとアクセスは抜群ですが、その分どうしても宿泊費がかさんでしまいます。そこで筆者がお勧めするのが、宿泊費が安価に抑えられ、フィラへのアクセスも良い「カルテラドス地域」です。

この記事の目次表示

カルテラドスがお勧めな理由

全ての観光地への起点は「フィラ」

サントリーニ島では、「イア」と「フィラ」の街が二大観光地です。基本的にその2か所は、どの観光客も巡ることになるでしょう。

  • 写真:いちまろ夫婦

こちらはイアからの景色です。世界一の夕陽が見られることで人気なのも、このイアという街です。そしてイアに行くため観光客が利用するのが、「フィラ」から出発している観光バス。

実はこの「フィラ」がサントリーニ島の中心部に位置しており、イアや、イア以外の観光地(空港・港、レッドビーチ・ブラックビーチなど)に行く際も含めて、全ての出発地がここ「フィラ」なのです。

つまり、サントリーニ島を効率よく巡るには「フィラ」付近に宿をとることがお勧めなのですが、やはり中心地なだけあって、1泊5万円するホテルが多いです。もちろん1万円程度で泊まれる宿もありますが、数自体が少なくすでに満室になっていることもよくあります。

カルテラドスはフィラから徒歩15分!

そこでお勧めするのが、フィラから徒歩15分程度で到着する「カルテラドス(Karterados)」という地域です。ここの地域のホテルは1泊1万円以下(オフシーズンだと5,000円前後!)で泊まれるホテルが数多くあり、かつホテルランクに星がついているホテルも多い、観光客にとって穴場な地域なのです!

しかも星がついていない場合でも口コミ評価が高評価なもの(例:Booking.comで評価8.5以上のもの)がほとんどなので、安心して泊まれるホテルばかりです。

今回は筆者がサントリーニ島に訪れた際に利用した、このカルテラドス地域にある安くて素敵なホテルをご紹介します。

1. バビスホテル(BABIS HOTEL)

  • 写真:いちまろ夫婦

まず、最初にお勧めするのがバビスホテルです。

夜遅くても朝早くても送迎してくれる!

  • 写真:いちまろ夫婦

まず何といってもありがたいのが、空港や港までの送迎をオーナーさんが「無料」で行ってくれることです!

  • 写真:いちまろ夫婦迎えに来てくれたホテルバビスのオーナーさん(掲載許可済み)

筆者はサントリーニ島空港に着いたのが夜の23時でしたが、オーナーさんが迎えに来てくださいました。そして迎えるやいなや、堅い握手と「WELCOME!」の言葉を送ってくれ、さらに持っているスーツケースも何も言わずにスッと持ってくださいました。

翌日にミコノス島に行く予定だったのですが、そこでも朝早くに港まで送ってくださいました。しかも、こちらからお願いしたのではありません。「1泊の予定だけど、どこか行くのかい?」と聞いてくれ、「ミコノス島に行くんだ」と答えると、「じゃあ送っていくよ!何時出発かな?」とホテルの方から聞いてくださったのです!これには本当に助かりました。

ホテル付近にもバスはありますが、やはり出発時間が決まっている物に関しては車のほうが安心ですよね。

  • 写真:いちまろ夫婦

何と、ここから30分かかるイアにも送迎してくれるとのこと!片道一人5€(約600円)です。ちなみにフィラからのバスは片道1.8€(約250円)なので、バスのほうが安いです。

しかしフィラからホテルまで歩く必要があるのと、夕陽が沈んだ後のイアからの帰りのバスは、長蛇の列なのでものすごく待つ(30分待つことも)ことを考えると、人にとってはありがたい送迎かもしれません。

ちなみにタクシーだと片道40~50€(約6,000~7,000円)とられるので、これは絶対おすすめしません。

プール・お部屋情報

  • 写真:いちまろ夫婦

プールもついているので、観光に疲れたらホテルでのんびりもできます。

  • 写真:いちまろ夫婦

部屋は安価なので、高級感があるわけではないですが泊まるには十分の部屋です。Wi-Fiも強かったのが助かりました。

チェックインの際は、オーナーさんが、サントリーニ島の地図をくださり、お勧めのスポットを英語で伝えてくれたりと、とにかく優しく面倒を見てくださったのも嬉しいポイントです。ぜひ利用してみてくださいね!

  • 写真:いちまろ夫婦
バビスホテル
ギリシャ / ホテル
住所:Karterados 847 00 ギリシャ地図で見る
Web:http://www.santonet.gr/hotels/babis/

2. Atlas Pension

  • 写真:いちまろ夫婦

バビスホテルの目の前にあるのが「Atlas Pension」です!ここは、鼻歌を歌いながら流量な英語で喋りかけてくれる女性オーナーさんが出迎えてくれます。こちらのオーナーさんも空港までの送迎を行ってくれます。

  • 写真:いちまろ夫婦
  • 写真:いちまろ夫婦

ベットやトイレ周りは可愛いピンク基調!設備は少し古いですが使用するには全く問題ありません。冷蔵庫はキンキンに冷えておりました。

きれいなプール&インスタ映えスポットも!

  • 写真:いちまろ夫婦

プールとプールサイドは、ホテルバビスと比べてかなり充実しております!特にパラソルやチェアーの数が多いため、プールサイドでのんびりしたい人にはありがたいですね。朝食を食べたあと欧米からの旅行者が、プールサイドでゆっくりコーヒーを飲みながら本を読んでいる姿も印象的です!

  • 写真:いちまろ夫婦

このホテルの横には、インスタ映えするようなかわいいドアが!カルテラドスは観光客が少ない地域ですので、人目を気にせずゆっくり撮影ができますよ!

  • 写真:いちまろ夫婦
Atlas Pension
ギリシャ / ホテル
住所:Karterados, カルテラドス, 84700, ギリシャ –地図で見る
Web:https://www.santorini.com/hotels/atlas/

次のページを読む

ギリシャの旅行予約はこちら

ギリシャのホテルを探す

ギリシャの航空券を探す

ギリシャのパッケージツアーを探す

ギリシャの現地アクティビティを探す

ギリシャのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年6月28日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

夫婦で旅する月1バックパッカー!
夫婦共働きながら月1回の旅を楽しむ月1バックパッカー🏖


「会社を辞めなくても、会社生活を楽しみながらでも、旅はいける!旅は両立できる!!」
こんな思いで、日々旅を楽しみ、そしてそんなライフスタイルを発信中。
夫婦で楽しめる場所を国内国外問わずガンガンお届け致します。

□カメラ:iPhone7+📱
→「誰もが真似できる、だけども綺麗で見ててワクワク」
そんな写真が撮れるよう日々練習中。

Instagramでは、旅先の夫婦写真を専門にあげています。
ぜひそちらも遊びに来てみてください^^

■2018年の月1バックパックリスト
1月:名古屋
2月:大分
3月:横浜・湘南
4月:兵庫
5月:大阪
6月:ドバイ・ギリシャ
7月:東京・横浜
8月:奈良・京都
9月:長野
10月:釜山
11月:淡路島
12月:大阪和泉市・東京

□いちまろ夫婦運営メディア
http://www.ichimaro.com/

【閲覧注意】USJホラーナイト・「ストリートゾンビ」全種類コンプリートガイド!

USJのハロウィーンでは、18:00以降ゾンビがパーク内を歩き回る「ストリート・ゾンビ」が有名です。2018年からは、エリアごとに出てくるゾンビの種類も変わり、...

ギリシャ・アテネで絶対買いたい!お土産5選!

古代遺跡で有名なギリシャ・アテネ。パルテノン神殿がある丘のふもとには、「プラカ」と呼ばれるレストランやお土産屋が立ち並ぶエリアがあります。そこで購入できるギリシ...


【USJ】お土産に買いたい!人にあげて喜ばれるお菓子6選!

あらゆる旅行の定番のお土産と言えば「お菓子」です!この記事ではUSJでしか買えない、オリジナリティあふれたお菓子を厳選してご紹介します。友達や家族にあげてもよし...

ギリシャ・ミコノス島の「真っ白のスタバ」が美しすぎると話題!

ギリシャ・ミコノス島は、エーゲ海に囲まれた白い街並みで有名です。そんなミコノス島にあり、世界中で愛されている「スターバックスコーヒー」の外観も、島の白いイメージ...


【USJ】スヌーピーもハロウィーン仕様に!2018年ハロウィーングッズ・お土産大公開!

USJで人気のシーズンといえば、数々のホラーコンテンツを初め、仮装でパークが盛りあがる「ハロウィーン」です!そんなハロウィーンシーズンには、ハロウィーン限定のア...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?