函館
函館観光
洋館や教会が建ち並ぶハイカラな港町

函館発展の恩人・高田屋嘉兵衛の人物像とその資料館

2018年6月19日更新

94view

お気に入り

淡路島出身の豪商・高田屋嘉兵衛は、私財を投じて箱館の基盤整備事業を実施し、造船所を建設するなど函館発展に貢献しました。彼を偲ぶ箱館高田屋嘉兵衛資料館(昭和61年開館)では、北前船などの関連資料約500点を展示しています。

この記事の目次表示

人物伝・高田屋嘉兵衛

高田屋嘉兵衛は、1769(明和6)年、淡路島 都志本村(つしほんむら)(現・洲本市五色町都志)に6人兄弟の長男として誕生しました。22歳で兵庫(現神戸市)において、大阪と江戸の間を航海する樽廻船(たるかいせん)の水主(かこ)となり、船乗りとしての人生がスタートしました。

やがて嘉兵衛は兄弟たちと「高田屋」を立ち上げ、日本海を通り大阪と蝦夷地(現北海道)を行き交う廻船問屋として活躍しました。

28歳で当時国内最大級の「辰悦丸(しんえつまる)」を建造し、当時は寂しい漁村にすぎなかった箱館(現函館市)を商売の拠点として村の発展に貢献しました。

嘉兵衛とロシアとの関わり

廻船問屋として、箱館(現函館市)の発展に寄与しただけではなく、日本中に高田屋嘉兵衛の名声を轟かせたロシアとの事件がありましたが、これについて見ていくことにしましょう。

嘉兵衛がロシア船に拿捕される!

江戸時代が終るおよそ60年前、ロシアは物資補給地、 交易地としての日本の開港を求めていたが拒否されていた頃、1811 (文化 8 )年 6 月、海軍省の命令を受けて千島海域の地理を調査中であったロシア皇帝艦ディアナ号のゴロヴニン艦長が、クナシリ島で水・食料の補給を得ようと上陸した際、日本側警備隊に拿捕されるという事件が起こりました。

この背景には、かつてロシアがサハリンやエトロフ島の日本人居住地を襲撃するという事件(フヴォストフ事件)があったことにより、日露関係が悪化していたことが影響していました。翌年、ディアナ号を率いる副艦長リコルドは、海上を航行する日本船から艦長の消息を聞き出そうと、偶然近くを通りかかった嘉兵衛の船を捕らえ、カムチャツカに連行抑留したのです。

嘉兵衛は、日露の仲介役になる!

嘉兵衛はリコルドに、一連の蛮行事件はロシア政府が許可も関知もしていないという政府高官名義の証明書を、日本側に提出するようにと説得、その言葉を聞き入れたリコルドは嘉兵衛と共に日本に戻り、嘉兵衛を両国の仲介役として、遂にゴロヴニン釈放にいたる和解を成し遂げました。

この事件を扱った書籍『対日折衝記(税込755円)』です。この本は、リコルド副艦長によって書かれた書籍を翻訳したものです。

写真の高田屋嘉兵衛の銅像は、1958(昭和33)年、函館開港100年を記念して建立され、護国神社坂に建てられています。

高田屋嘉兵衛の銅像の近くには、「日露友好の碑」が建てられています。

高田屋嘉兵衛の銅像
函館 / その他スポット
住所:北海道函館市 宝来町9

嘉兵衛の晩年

文政元年、50歳になった嘉兵衛は、高田屋の経営を弟の金兵衛にまかせて、郷里の淡路島に帰りました。

文政5年、金兵衛を正式に養子として高田屋の経営を相続させています。文政10年、隠居してからも、郷里に築港するなどの功績を残し、59歳で亡くなりました。

箱館高田屋嘉兵衛資料館

函館の金森赤レンガ倉庫の近くには、このような高田屋嘉兵衛の功績を知ることができる資料館があります。1903(明治36)年に建造された1号館と、1923(大正12)年に建造された2号館の2棟からなっています。

※なお、館内は写真撮影禁止ですが、本記事の取材に当たって写真撮影の許可をいただいております。

ここは、高田屋造船所の跡地とされる場所で、かつて海産商のコンブ倉庫として利用されていました。1号館は北前船のバラスト(船体を安定させるために搭載していた重石)が用いられた建物です。

1号館には、高田屋の半纏(はんてん)や、嘉兵衛が箱館に初来航したときの北前船・辰悦丸の復元模型、1799(寛政11)年当時の函館を描いた巨大な絵図やコンブを採取する道具などが展示されています。高田屋の半纏(左側)と北前船・辰悦丸の復元模型(右側)です。

2号館には、羅針盤や船額、船箪笥や炊事道具といった北前船で使われていた日用品などが展示されています。これは、嘉兵衛が使用していた望遠鏡です。

実際に使われていた舟のランプです。

壁掛け用花瓶(左側)と印鑑(右側)です。

日本で最初に作られたストーブの復元品(昭和63年11月25日復元)が展示されています。


お土産コーナー

資料館の一角に嘉兵衛に纏わる商品が販売されています。品目としては、嘉兵衛を題材にした歴史小説やロシアに捕らわれた時の記録本、絵葉書、だし等が扱われています。

売れすじ商品の名物「北前だし」(税込1,200円)です。

同じく売れすじ商品の名物「北前だし(あご入り)」(税込1,000円)

「絵葉書(税込350円・左側)」と「文鎮(右側)」です。※文鎮の価格は税込1,500円、但し黒色は税込1,000円です。

「特別純米酒 高田屋嘉兵衛」です。720mlで1,430円(税込)、1.8リットルは2,600円(税込)で購入できます。

箱館高田屋嘉兵衛資料館の基本情報

  • 開館時間 9:00~17:00
  • 休館日 木曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始、冬季休館の場合あり
  • 料金 大人(高校生以上)300円、小人(小・中学生)100円
  • アクセス 市電 「十字街」電停 下車 徒歩5分
  • 駐車場 周辺に有料駐車場あり
箱館高田屋嘉兵衛資料館
函館 / 博物館・美術館
住所:北海道函館市末広町13-22
電話:0138-27-5226
Web:https://www.hakobura.jp/db/db-view/2009/04/post-98...

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年9月2日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

人気観光地【函館】の超穴場!「旧相馬邸」は歴史と見どころが満載!

函館の人気観光地である「元町・函館山エリア」は、旧イギリス領事館、旧函館区公会堂、八幡坂、函館ハリストス正教会など、多くの見どころが集中している地域です。「旧相...

【函館市大船町】国指定史跡「大船遺跡」!竪穴住居の規模が大きく、太平洋が目の前に広がる歴史的景勝地

大船遺跡は、太平洋に面した土地にあり、縄文時代前期後半から中期後半(紀元前3,200年~紀元前2,000年頃)で、今から5,000~4,000年前の人々の暮らし...


函館の名所!明治・大正時代が息づく華麗な洋館「旧函館区公会堂」

旅行雑誌を見たり函館旅行について検索すると、必ず出てくるのが異国情緒漂う教会群・旧領事館や史跡が立ち並ぶ元町・西部エリア。その中でひときわ目を引くのが「旧函館区...

なまら「イカす」!【函館・湯倉神社】

「北海道三大温泉」であり、「函館の奥座敷」として人気のある、湯の川温泉街。「湯倉神社」は、湯の川温泉発祥の地に建てられている神社です。五穀豊穣・商売繁盛・家内安...


幕末の歴史を語る上で外せない函館「五稜郭」の魅力を紹介!

函館にある五稜郭は、ヨーロッパの城塞都市を参考とした星形の西洋式城郭です。幕末の黒船来航に端を発し、新政府軍と旧幕府軍の戦いの舞台になった歴史上欠かせない場所。...

この記事を書いたトラベルライター

在宅ワーカー&ライター
皆さまこんにちは。
週末を利用して北海道内はドライブがメインで、数年に一度は本州方面にも足を伸ばしています。
2006年には、北海道の「道の駅巡り」93か所を制覇しました。
そこで、これまでに旅先で出会った素敵な場所や物を紹介し、皆さんにもその感動を味わっていただきたいと願っております。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

化石からノーベル賞まで! 北海道大学総合博物館の充実過ぎる展示品

北海道大学総合博物館は、札幌駅北口から北へわずか徒歩10分の場所にある、入館料無料の博物館です。敷地面積日本一の、自然と四季折々の景観が楽しめる北海道大学のキャ...

なまら「イカす」!【函館・湯倉神社】

「北海道三大温泉」であり、「函館の奥座敷」として人気のある、湯の川温泉街。「湯倉神社」は、湯の川温泉発祥の地に建てられている神社です。五穀豊穣・商売繁盛・家内安...


知ればもっとビールが美味しくなる! サッポロビール博物館

サッポロビール博物館は、サッポロビールの歴史を紹介する日本でただ一つのビール博物館です。1876年(明治9年)、北海道開拓使の村橋久成や中川清兵衛が、北海道札幌...

もはやエンタメ施設?北海道・新千歳空港の見どころ8選

北海道旅行者の約80%が利用する、まさに北海道の空の玄関口という呼び名にふさわしい新千歳空港。札幌市内からJRで約40分の距離に位置する千歳市にあります。201...


【札幌】滝野公園サマーイルミネーション in 国営滝野すずらん丘陵公園

札幌市街地から約20kmの場所にある「国営滝野すずらん丘陵公園」は、四季折々の草花や、様々なアトラクションを年間通して楽しめる公園として有名です。その滝野公園で...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?