函館

函館観光

洋館や教会が建ち並ぶハイカラな港町

2016年3月に北海道新幹線が開業し、関東や東北からの旅行がぐっと身近になりました。東京駅から新函館北斗駅までは最短で4時間ほど。津軽海峡に囲まれた日本初の国際貿易港で、異国情緒を感じる建物や教会が並ぶハイカラな港町です。また香港、ナポリとならぶ”世界三大夜景”のひとつ。

  • Facebookで共有する
  • Twitterで共有する
  • はてブで共有する
  • Pocketに保存する

函館の定番観光スポットや編集部のおすすめ

函館の人気・新着記事

函館の定番スポット

函館の新着旅フォト

函館五稜郭

五稜郭タワーは、北海道函館市の特別史跡五稜郭に隣接する展望塔。五稜郭タワー株式会社が経営する民間の観光施設である。

#サント船長の写真 #北海道

五稜郭

函館五稜郭五稜郭タワーは、北海道函館市の特別史跡五稜郭に隣接する展望塔。五稜...

サント・船長

函館五稜郭
 日本の北辺防備の拠点として設置された江戸幕府の役所で,当初は箱館山の麓に置かれていましたが、内陸の地に移転が計画され、五稜郭と共に1864年(元治元年)に完成しました。
 1868年(明治元年)戊辰戦争最後の戦いとなる箱館戦争の舞台となり、1871年(明治4年)にわずか7年で解体されました。
 その後、古写真や文献資料・古図面などの調査を元に検討を重ね、2010年(平成22年)に140年の時を経て箱館奉行所が復元されました。


#サント船長の写真 #北海道

五稜郭

函館五稜郭 日本の北辺防備の拠点として設置された江戸幕府の役所で,当初は箱館山...

サント・船長

函館五稜郭

#サント船長の写真 #北海道

五稜郭

函館五稜郭#サント船長の写真 #北海道

サント・船長

函館五稜郭

徳川幕府の命を受けた蘭学者・武田斐三郎が設計し、1864年に完成された、国内初の西洋式城郭です。五稜郭という名前のように、稜堡(りょうほ)と呼ばれる5つの角があり、星形の五角形となっています。星形の城郭は、防御側の死角が少ないなどの利点があり、ヨーロッパ各地に造られた城塞都市をヒントにしたもので、この形を「西洋式土塁」といいます。このような形の五稜郭は、日本では函館市の五稜郭と長野県佐久(さく)市の龍岡城(たつおかじょう)の2ヵ所だけとなっています。


#サント船長の写真 #北海道

五稜郭

函館五稜郭徳川幕府の命を受けた蘭学者・武田斐三郎が設計し、1864年に完成さ...

サント・船長

函館五稜郭

#サント船長の写真 #北海道

五稜郭

函館五稜郭#サント船長の写真 #北海道

サント・船長

もっと見る

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります