函館
函館観光
洋館や教会が建ち並ぶハイカラな港町

函館の定番・観光スポットならココ!20選

取材・写真・文:

2018年10月19日更新

1,198view

お気に入り

洋館や教会が立ち並ぶ異国情緒を感じる街並みに、”世界三大夜景”のひとつに数えられる夜景。新鮮な海の幸もあれば、函館塩ラーメンやご当地バーガーショップとグルメも楽しめる函館。この記事では、とくにはじめての函館旅行で訪れたい、函館の定番スポットをご紹介しています。観光もグルメもショッピングも、どこに行こうか迷った時にはぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事の目次表示

【1】五稜郭

きれいな星形の城郭!五稜郭タワーから全貌を見渡そう

新政府軍と旧幕府軍との最後の戦闘「箱館戦争」の舞台となった場所。現在は五稜郭公園として一般に開放されています。ヨーロッパの城塞都市を参考とした星形の西洋式城郭で、高さ約100メートルの五稜郭タワーも星形をしており、このタワーから眺める五稜郭がとても美しい。

2階に分かれている展望室では360度のパノラマ景色を楽しむだけでなく、幕末の歴史をパネルやフィギアで学ぶことができます。おみやげ売り場では、新選組関連グッズなどをはじめ、ここにしかないオリジナルアイテムが購入できますよ。

また園内には、幕末の箱館開港に伴い設置された役所「箱館奉行所」があります。2010年に約4年の工事期間を経て再建され、箱館奉行所のなかで最も格式が高い部屋の一つである大広間などを見学できます。

五稜郭
函館 / 遺跡・史跡 / 公園・動植物園 / 観光名所
住所:北海道函館市五稜郭町44地図で見る
電話:0138-31-5505(五稜郭公園管理事務所)
Web:http://www.city.hakodate.hokkaido.jp/docs/20140116...

【2】函館朝市

JR函館駅すぐ!北海道名産カニなどの海産物はもちろん、海鮮丼やイカ釣りも

函館観光ではマストで訪れたい「函館朝市」。約250店舗が軒を連ね、北海道名産カニやサケなどの海産物ほか、農作物の販売や海鮮丼、イカ釣り、お土産も充実し、まるで”食のテーマパーク”のよう。朝5時(1〜4月は朝6時)から14時頃までの営業ですが、お昼過ぎには品切れとなることもあるので、できれば早い時間に訪れたいですね。

「どんぶり横丁市場」では海鮮丼や寿司、お土産屋など、19店舗が立ち並んでおり、とれたての海鮮が味わえる食堂が集結。なかでも「朝市食堂 函館ぶっかけ」は、タラバガニやイクラなどを販売する「弥生水産」の直営の食堂で、人気の「大名盛」は無添加の自家製イクラの醤油漬けや生ウニ、ホタテ、甘エビなど7種類の新鮮な海の幸を使った絶品丼。

また2階建ての屋内市場「えきに市場」内にある「元祖活いか釣堀」では、なんとその日に水揚げされたばかりのイカを1回600円(時価)~で釣ることができます。イカを釣った後は、その場でさばいてもらって新鮮なイカの刺身を味わいましょう。

函館朝市
函館 / 市場・朝市
住所:北海道函館市若松町9-19地図で見る
電話:0138-22-7981(函館朝市協同組合連合会)
Web:http://www.hakodate-asaichi.com/

【3】函館山展望台

うっとりする世界が広がる!世界三大夜景のひとつ、函館の夜景を眺めるならココ

香港、ナポリと並んで世界三大夜景のひとつである函館の夜景は、海に挟まれた独特の地形が特徴的。標高334mの函館山の山頂にある展望台からは、うっとりするような夜景を楽しむことができます。

ここ函館山からの夜景は、「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で三つ星を獲得するほど。レストランや土産店もあるので、函館の夜はぜひ訪れて見てはいかがでしょうか。

函館山展望台
函館 / 展望・景観 / 観光名所
住所:北海道函館市箱館山地図で見る
電話:0138-23-3105(総合案内)
Web:https://334.co.jp/

【4】旧函館区公会堂

明治の面影を残すブルーグレーとイエローの美しい木造洋館

函館港を見下ろす高台に建つ旧函館区公会堂。明治43年に建てられたコロニアル様式の木造洋館で、ブルーグレーとイエローの組み合わせがとても美しく、見る人を惹き付けます。保存状態のよさも手伝い、昭和49年には国の重要文化財に指定されました。

外観に劣らず華やかな館内には貴賓室や130坪の大広間があり、とくに2階のバルコニーから眺める港の景色はすばらしい。

3月から12月には「ハイカラ衣装館」も営業しています。クラシックなドレスを着て、明治・大正の面影を残す旧函館区公会堂内を闊歩し、廊下やバルコニーに立って旅の思い出を作ってみませんか?豪華なシャンデリアなどを背景にぜひ写真を撮ってみてくださいね。

旧函館区公会堂
函館 / 建造物 / 観光名所
住所:北海道函館市元町11−13地図で見る
電話:0138-22-1001
Web:http://www.zaidan-hakodate.com/koukaido/

【5】八幡坂

北海道を代表する坂といっても過言ではない!

海に向かってまっすぐ伸びる光景があまりに美しい「八幡坂」は、その美しさから映画やCMのロケ地として使われることも多い坂です。

昼には開放感ある景色が楽しめ、そして夜には街灯がぼんやりと灯り幻想的に。冬のイベント「はこだてイルミネーション」の時期には、八幡坂の石畳や街路樹がロマンチックに灯りで照らされます。

名前の由来は、かつて坂の上に八幡宮があったことから来ています。

八幡坂
函館 / 町・ストリート
住所:北海道函館市末広町 八幡坂地図で見る
電話:0138-27-3333(函館市元町観光案内所)
Web:https://www.hakobura.jp/db/db-view/2010/09/post-17...

【6】トラピスチヌ修道院

明治31年に設立された日本初の女子修道院

明治31年(1898年)にフランスから派遣された8人の修道女により設立された、日本初の女子修道院。現在の聖堂は昭和2年(1927年)に再建されたもので、現在も修道女が祈りと労働を中心とした生活を送っています。

修道女がつくるマダレナケーキやクッキーは、トラピスチヌ修道院を訪れた際のお土産として人気。

トラピスチヌ修道院
函館 / 社寺・教会
住所:北海道函館市上湯川町346地図で見る
電話:0138-57-3331

【7】大門横丁

地元のお客さんから観光客まで集まる屋台村

居酒屋やバル、ラーメン店、アジア料理、ジンギスカンなど様々な飲食店が26店舗集結する屋台村。昔ながらの飲屋街を再現しており、観光客や地元客が集まります。

お気に入りの一軒で心ゆくまで楽しむもよし、数軒をハシゴするのもよし。函館旅行の夜は、地元客とのふれあいも楽しみながら、函館の味を満喫したい。

大門横丁
函館 / 居酒屋・バー
住所:北海道函館市松風町7-5地図で見る
Web:http://hakodate-yatai.com/

【8】函館麺厨房あじさい 本店

函館塩ラーメンの代名詞とも言えるラーメン店

五稜郭タワーのすぐ近くにあり、函館観光に便利な場所にある函館塩ラーメンの有名店。創業当時から受け継がれてきた味わい深いクリアなスープとストレートな細麺の相性が抜群です。定番の「味彩塩拉麺」は、細麺とあっさりとしたスープとの相性が抜群。お麩をトッピングしてあるのが特徴的です。

函館麺厨房あじさい 本店
函館 / ラーメン
住所:海道函館市五稜郭町29-22地図で見る
電話:0138-51-8373
Web:http://www.ajisai.tv/

【9】五稜郭タワー

星型の五稜郭の全体像を眺めよう!

五稜郭をモチーフにした五角形の展望タワー。五稜郭築城100年の昭和39年12月に初代タワーが誕生し、現在のタワーは2006年4月にオープンした2代目です。

高さは約100mで、地上86mと90mの2箇所に展望室があり、星型の五稜郭の全体像はもちろん、函館市内の町並みや函館湾、函館山を眺めることができます。

86mの展望室の一部の床には強化ガラスがはめ込まれており、シースルーの床の上に立つとちょっとしたスリルを味わえます。また90mの展望室には五稜郭の歴史を学べるスポットも。

五稜郭タワー
函館 / 展望・景観
住所:北海道函館市五稜郭町43-9地図で見る
電話:0138-51-4785
Web:http://www.goryokaku-tower.co.jp/

【10】ラッキーピエロ ベイエリア本店

”ラキピ”や”ラッピ”と呼ばれ愛されているご当地バーガー

函館市民に愛されているご当地ハンバーガーチェーン。函館市内および周辺に20店舗近くを展開しており、市民には「ラキピ」や「ラッピ」と呼ばれ親しまれています。大きなピエロの看板が掲げられおり一目みてわかる個性的な外観が特徴的。

”ラッキーピエロ”の代名詞と言えるのが、看板メニューの「チャイニーズチキンバーガー」。甘辛いタレを絡めた鶏のから揚げとレタス、マヨネーズが挟んであるハンバーガーです。

そして、ハンバーガーのサイドメニューの定番と言えばフライドポテトですが、こちらで試してもらいたいのはラキポテ。チーズ、ホワイトソースそしてデミグラスソースがかかっているなんとも豪華で高カロリーなポテトです。

ハンバーガーやフライドポテトと言ったメニュー以外にも、カレーやオムライスもありますよ。また個性豊かなオリジナルグッズはお土産にもおすすめ。

ラッキーピエロ ベイエリア本店
函館 / ハンバーガー
住所:函館市末広町23-18地図で見る
Web:http://luckypierrot.jp/shop/bayarea

次のページを読む

函館の旅行予約はこちら

函館のホテルを探す

函館の航空券を探す

函館のパッケージツアーを探す

函館の現地アクティビティを探す

函館のレンタカーを探す

函館の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年5月28日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

北海道・人気観光地のライトアップ&イルミネーション13選!【2018-2019版】

北海道には寒くて長い冬の夜を明るく素敵に彩ってくれるライトアップやイルミネーションが数多くあります。ここでは全道各地の人気観光地のなかから、ロングラン開催されて...

ロマンチックな夜の函館!ライトアップのおすすめスポット10選

昼の函館とはまた違った顔をみせる、夜の函館。洋館や教会がライトアップされ、ロマンチックで幻想的な街歩きが楽しめます。そこでこの記事では、函館でディナーを楽しんだ...


1位は神威岬!トリップノートのインスタ”いいね”数BEST10(2018年10月)

トリップノートのインスタグラムに投稿された写真の中から、「いいね!」が多かった写真のBEST10をご紹介。2018年10月の1位はトリップノートトラベラー K1...

北海道の定番・観光スポットならココ!30選

札幌、函館、小樽、十勝、知床・・・日本でも有数の観光地である北海道には、数多くの観光都市があり、雄大な大自然を堪能できるスポットや、レトロで情緒ある街並み、世界...


人気観光地【函館】の超穴場!「旧相馬邸」は歴史と見どころが満載!

函館の人気観光地である「元町・函館山エリア」は、旧イギリス領事館、旧函館区公会堂、八幡坂、函館ハリストス正教会など、多くの見どころが集中している地域です。「旧相...

この記事を書いたトラベルライター

あなたが旅するキッカケと、あなたの旅のコンシェルジュに。
旅行好きなメンバー数名で、この tripnote[トリップノート] を運営しています。日帰りのお出かけから、長期の海外旅行まで、もっとたくさんの人たちに旅をしてほしい!そんな想いから、少しでもみなさんに役に立つ旅情報を発信していきたいと思っています。
https://tripnote.jp

秋の旅行に!9月・10月・11月の秋旅におすすめな国内旅先16選

9月、10月、11月の秋の時期におすすめの国内旅行先を、月ごとにご紹介します!家族で、カップルでのお出かけが楽しい秋。紅葉はもちろん、この時期ならではの美しい景...

6月・7月・8月の夏旅におすすめの国内旅先23選!夏休みの旅行先にも

夏(6月・7月・8月)の時期ならではの見どころが揃ったおすすめの国内旅行先を、月ごとにご紹介します!夏休みやお盆休みなどの家族旅行や、カップルでのお出かけにもぴ...


シンガポール旅行の人気お土産「アーユルベーダ石鹸」徹底ガイド

シンガポールのお土産として、女性に大人気なアーユルベーダ石鹸(せっけん)。アーユルヴェーダというインドの伝統医学をもとに作られている100%植物性の石鹸で、お肌...

女性に喜ばれる!女子向けのシンガポールおすすめお土産7選

シンガポールで女性ウケするお土産選びに悩んだら必見!バラまき土産としても便利なアーユルヴェーダ石鹸やリップなどの手頃なコスメ系から、上質な紅茶にスイーツまで、女...


間違いない!サンフランシスコのおすすめお土産12選

旅行の楽しみのひとつで、悩みの種でもある「お土産」。旅行中にお土産を探す時間があまりない方や「もう明日帰国!!」という方でも迷わず購入できる、サンフランシスコの...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?