ロンドン
ロンドン観光
古い建物が残る街並みが美しく交通機関が発達

現役アパレルマンの筆者が教える、ロンドンで必訪な古着屋3選!

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:35ヶ国

2017年12月13日更新

16,507view

お気に入り

写真:sosuke

世界でも有数のファッション都市として知られているロンドン。東京やニューヨークなどと並んで流行の発信地としても名高い場所ですが、実はロンドンは他のファッション先進都市と比べて古着屋が多いことでも知られています。そんなロンドンの古着屋は、市内の東部に位置するブリックレーンと呼ばれるエリアに集中しています。今回は現役のファッションマーケターでもある筆者が厳選する、ロンドンブリックレーンの古着屋をご紹介いたします!

この記事の目次表示

ブリックレーンとは

  • 写真:sosuke

まずは古着屋の集まるブリックレーンエリアを簡単にご紹介いたします。ブリックレーンはロンドンの東側、イーストエンドと呼ばれる地区にあります。ブリックレーンという名はその昔この地区一帯がレンガ(ブリック)工場だったことに由来します。

1.ロンドンのベストヴィンテージストア BEYOND RETRO

  • 写真:sosuke

世界的に有名なタイムアウト誌において、2008年のベストヴィンテージストアに選ばれた実績もある有名店BEYOND RETRO(ビヨンドレトロ)。もともと倉庫として使われていた場所を改装して古着屋としているため店内はとても広く、その広さはロンドン随一と言っても過言ではありません。

そんなビヨンドレトロには1900年代〜1990年代まで幅広い古着がなんと1万5,000点以上も集められており、店内は文字通り服でぎっしり。その品揃えの良さからか、実はイギリスの著名人にもファンは多いのだとか。文字通り、ベストヴィンテージストアに相応しいショップです。

ビヨンド レトロ
ロンドン / ファッション
住所:110-112 Cheshire St, London E2 6EJ イギリス地図で見る
Web:https://www.beyondretro.com/pages/store-locator-uk

2.ヴィンテージのデパート BLITZ

  • 写真:sosuke

1960年代〜1990年代の古着を取り扱うのがこちらのBLITZ(ブリッツ)。自らを【ヴィンテージデパートメントストア】と位置付けているのですが、その名に恥じない品揃えと店内の広さが自慢のショップです。

このショップがお勧めな1番の理由は、買い物のしやすさ。アイテム別、色別で綺麗に陳列されたディスプレイは勿論なのですが、陳列や通路に古着屋特有のぎゅうぎゅう感が無く、ゆったりと買い物を楽しむことができるんです。ここがまさにデパートメントストアならでは。

店内にはカフェも併設されており、ゆっくりショッピングをしたい方にはぜひお勧めしたいショップです。

ブリッツ
ロンドン / ファッション
住所:55-59 Hanbury St, London E1 5JP地図で見る
電話:+44 20 7377 0730
Web:http://www.blitzlondon.co.uk/#blitz

3.アクセサリーも豊富な ROKIT

  • 写真:sosuke

ROKIT(ロキット)は1940年代〜1980年代の古着を豊富に揃えるショップ。ここブリックレーンで30年も続く老舗です。店内にはネオン管と80年代のディスコミュージックが流れており、さながらタイムスリップしてしまったかのよう。

そんな店内の雰囲気に負けず劣らず、カラフルなスウェットからヴィンテージの柄物のシャツまで、カジュアルでカラフルなアイテムが豊富に揃えられているのが特徴です。
実はこちら、上記の2店舗とは違い、プチプラのアクセサリーの品揃えの良さでも有名。古着はちょっと...という方でも、ネックレスやリングはチャレンジできるのではないでしょうか?

ロキット
ロンドン / ファッション
住所:101 Brick Ln, London E1 6SE イギリス地図で見る
Web:http://www.rokit.co.uk/

せっかくなら訪れてみたい、カルチャーが生み出されるエリア

  • 写真:sosuke

ファッションの街ロンドン、その中でもブリックレーンにはヴィンテージからおしゃれなカフェ、レコードショップまで、カルチャーの発信となっているショップが沢山あります。ロンドン市内の中心からは少し離れていますが、ぜひとも足を運んでみたい、ロンドンのカルチャーを垣間見れる面白いエリアです。

ちなみにこのエリア、南アジアからの移民の方が多かったこともあり、カレーの名店が多いことでも有名なんです。ファッションだけでなく、様々な楽しみが凝縮されたエリアなので、ロンドンへご旅行の際にはぜひプランに取り入れてみてはいかがでしょうか。

ブリックレーン
ロンドン / 町・ストリート
住所:Brick Ln London地図で見る

ロンドンの旅行予約はこちら

ロンドンのパッケージツアーを探す

ロンドンのホテルを探す

ロンドンの航空券を探す

ロンドンの現地アクティビティを探す

ロンドンのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年12月14日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【海外】女子ひとり旅におすすめ旅行先6か国と過ごし方!迷ったらココ!第一弾

女子一人でも安心・満喫できるおすすめの国(都市)をご紹介!気になる治安面を考慮し、街の可愛さはもちろんのこと、周りやすさや物価の安さ、食事のおいしさなどを総合し...


ロンドン土産はこれで決まり!老舗スーパーM&S(マークス&スペンサー)の可愛いオリジナル商品♡

ロンドン旅行者必見のおすすめお土産!イギリスを代表する老舗スーパーM&S(マークス&スペンサー)のオリジナル商品は、おしゃれで品質も良くロンドンっ子や女性観光客...

イギリス4大スーパーの特徴とチープなお土産探し

階級社会が根付いているというイギリス。スーパーも格付けがあり、のぞいてみると特色があって面白いもの。お菓子や調味料などを買うならスーパー、ロンドンのロゴグッズな...

活気溢れるロンドンの観光エリア:カムデン・タウンに行ってみよう!

あなたは、「ロンドン」と聞いた時に何を思い浮かべますか?バッキンガム宮殿などの有名な観光名所の他に、パンクやメタルなどの奇抜なファッションや音楽を思い浮かべる方...

店舗総数は1,000軒超え!ロンドンのカムデン・マーケットで外せない厳選ショップ21選

ロンドンでは、街中の通りや倉庫など様々な場所でマーケットが行われています。その中でも上位の人気を保つカムデン・マーケットには、ヴィンテージやオリジナルデザインの...

この記事を書いたトラベルライター

タイが好きすぎるアラサートラベラー
兵庫県生まれ/ニューヨーク・千葉育ち/タイおじさん
都内でマーケのお仕事をしながら、年に4~5回海外旅行、時々出張をし、現在30カ国以上を制覇。
バックパッカースタイルも、ラグジュアリー旅行もどちらも好き。
タイが過ぎすぎて10年で30回以上訪泰。タイ語はお勉強中。

旅の醍醐味は食べること、歩くこと、人と会うこと。
世界中に"お気に入りの場所"と"会いに行ける友人"を持つことがよろこび。
夢は198カ国、全世界制覇!
普通のガイドブックでは得られない情報を皆さんとシェアできればと思います。

【決定版】お土産にも最適!現地人も太鼓判のタイのソープ&シャンプーブランド3選!!

タイの土産といえば、皆さん何を想像しますか?ドライマンゴーやタイパンツなどタイならではのお土産はたくさんありますが、実はソープやシャンプーを買って帰られる方も多...


本当は教えたくない...台湾リピーターの筆者が厳選する台北の必食グルメ5選!

美食の国台湾!日本からもほど近く、行かれたことがある方も多いはず。そんな台湾の首都台北には、ガイドブックには載っていないものの何度でもリピートしたくなる絶品のお...


リピーター続出!秩父の大自然を体感できる巴川オートキャンプ場へ行こう!

いよいよキャンプシーズンが到来!道具を揃えたのはいいけれども、実際どこのキャンプ場がいいんだろう?とお思いの方はきっと多いはず。キャンプに行くなら、BBQやキャ...

まるで映画の中の世界!?香港一のインスタ映えスポットをご紹介!

人気の旅先の一つである香港。中国に属していながらも行政区が異なり、独特の文化が育まれ、世界から多くの観光客を集めている観光都市です。そんな香港の国土面積は札幌市...

足つぼマッサージの元祖!台湾で極上マッサージが体験できる十足健康へ!

台湾旅行の醍醐味と言えば、やはり足つぼマッサージ。今や世界に広がりを見せた台湾式足つぼマッサージですが、もちろん台北市内には観光客向けのものからローカル向けまで...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

アプリ「Pokke」でロンドンの音声ガイドを聴く

ロンドンの観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります