茨城
茨城観光
史跡や自然景勝地が豊富な、国内一のメロン生産地

夜の梅園が光のアートに!【茨城】「チームラボ 偕楽園 光の祭」完全ガイド

取材・写真・文:

福島在住
訪問エリア:30都道府県

2022年2月11日更新

868view

お気に入り

写真:Olive

日本三大庭園の1つでもある水戸の偕楽園。普段は暗闇に染まる庭園が、チームラボにより神秘的で華麗な彩りの世界に変身しています。梅まつりに合わせ短期開催の光の祭、期間やチケットの購入方法、駐車場情報、見どころもご紹介します。

この記事の目次表示

偕楽園(かいらくえん)とは?

  • 写真:Olive

茨城県水戸市にある偕楽園は、金沢の兼六園、岡山の後楽園とならぶ「日本三名園」の一つで、2022年には開園180年を迎える庭園です。1842年(天保13年)に水戸藩主を務めていた徳川斉昭(とくがわなりあき)公により造られ、広大な敷地には、約100種類3,000本もの梅が植えられています。

偕楽園
茨城 / 紅葉 / 観光名所 / 庭園 / 女子旅 / 子供が喜ぶ / 一人旅 / 春のおすすめ観光スポット / 秋のおすすめ観光スポット / 桜の名所 / 遊び場 / 梅の名所 / つつじの名所 / ツーリング
住所:水戸市常磐町1-3-3地図で見る
電話:029-244-5454(偕楽園公園センター)
Web:https://ibaraki-kairakuen.jp/

「チームラボ 偕楽園 光の祭」について

  • 写真:Olive吐玉泉入り口前

2021年より開催されているアート集団チームラボによる「チームラボ 偕楽園 光の祭」。偕楽園の森や庭園を使い、「長い生命の連続性」を表現した全9作品が公開されています。咲く時期が少しずつ異なる梅の花が春の訪れを告げながら広がっていくように、人々の存在によって光が相互に作用しあう光のアート空間です。

  • 写真:Olive吐玉泉入り口前のライトアップ風景

またチームラボは、「Digitized Nature」というアートプロジェクトを行っています。それは、自然を破壊することなく、自然そのものが自然のままアートになるという考え方で、まさに偕楽園という自然の庭園をそのままに、大きなアート空間へと変身させています。

「チームラボ 偕楽園 光の祭」のみどころ

吐玉泉(とぎょくせん)入り口前

  • 写真:Olive

入り口前からチームラボの世界が始まっています。池や周囲の木々が光によって幻想的に浮かび上がり、開園前からうっとりするような光のアートの世界です。ここまでは無料区域となります。

我々の中にある火花

  • 写真:Olive坂の途中

吐玉泉入り口から歩を進めると、吐玉泉や太郎杉を遠目に、登り坂を回り込んでいくように進みます。遠くから見ると車のテールランプのような赤い光。暗闇に浮かび上がる光に誘われて、不思議な世界に引き込まれていくようです。

Walk,Walk,Walk-孟宗竹林

  • 写真:Olive竹林

孟宗竹林(もうそうちくりん)に描き出された群像が歩き続けます。群像は、雅楽を奏でる人であったり、牛車を伴うカエルであったり、ウサギの行列であったり、それはまるで鳥獣戯画の世界。暗闇で見ていると、夢の世界に迷い込んだような、不思議な気分になっていくでしょう。

  • 写真:Olive

坂を登りながら、行列も共に進みます。映像が終わりに近づくと、すべての群像が花びらと化し、空に浮かんで消え去る世界。ぜひ最後まで楽しんでくださいね。

生命は連続する光-梅林

  • 写真:Olive梅園

好文亭(こうぶんてい)の前に広がる1,500本の梅の花が明滅します。梅の下を歩く人々に呼応するように、白い光は周囲を淡く染め、雪景色のようにも錯覚させられる風景です。梅の花が咲き揃えば香りと光とのコラボレーションが楽しめるでしょう。

呼応する松とつつじ

  • 写真:Olive松の木

好文亭の前に広がる庭園には、樹齢300年にもなる霧島つつじをはじめ、薩摩藩から寄贈されたとされるつつじが植えられています。それらのつつじや松が、色を変え、ゆっくりと明滅します。木々の光は、人が立ち止まるとそれに呼応し色を変化させます。

  • 写真:Olive庭園

様々な色をまとい、暗闇の中で命が宿ったように感じるのは気のせいでしょうか。緑になった松の木は、まるで巨大なブロッコリーにも見えるから愉快です。

具象と抽象-陽と陰の狭間

  • 写真:Olive

偕楽園には孟宗竹で連なる立派な竹林があります。この竹は、弓の材料とするために斉昭公が京都男山の竹を移植したものです。松とつつじの庭園を「陽の世界」とし、クマザサや竹林を「陰の世界」とした境界にある作品。緑の線による光は、人が立ち入ることで新たな線が生まれ、広がっていきます。ここでは、人間までもアートの一部です。

次のページを読む

\紹介されたスポットに立ち寄るなら/
茨城の旅行予約はこちら

茨城のパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

茨城のホテルを探す

茨城の航空券を探す

茨城の現地アクティビティを探す

茨城のレンタカーを探す

茨城の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2022】12月の国内おすすめ旅行先28選!冬・年末の旅行にぴったりな観光地特集

12月はイルミネーションに雪景色など、全国各地で冬ならではの絶景に出会えるシーズン。雪見温泉も格別な時期です。12月の週末や年末旅行におすすめの国内旅行先をご紹...


【2023】2月の国内おすすめ旅行先40選!冬の旅行にぴったりな観光地特集

2月は北はまだまだ雪深く、この時期ならではの雪や氷のイベントが開催されている一方で、南は梅や早咲きの桜が開花し始める時期です。2月の週末旅行におすすめの国内旅行...

【2023】1月の国内おすすめ旅行先34選!お正月旅行にもぴったりな観光地特集

寒さ厳しい1月は、雪や氷の絶景が全国各地で見られるシーズン。冬の夜に映えるイルミネーションイベントもまだまだ楽しめます。1月のお正月旅行や週末旅行におすすめの国...

【2022最新】全国の人気水族館TOP35!旅行好きが行っている水族館ランキング

沖縄美ら海水族館や海遊館をはじめとする全国の人気水族館を、トリップノートの7万5千人の旅行好きトラベラー会員(2022年1月現在)が実際に行っている順にランキン...

関東のデートスポット33選!カップルのお出かけにおすすめ

展望や食事が楽しめる東京スカイツリーや、ライトアップもロマンチックな横浜赤レンガ倉庫、「天空のペンギン」が人気のサンシャイン水族館など、カップルで行きたいデート...

この記事を書いたトラベルライター

お出かけ、食べることが大好き!
日帰りドライブから、国内、海外を問わずお出かけするのが大好きです。ずっとタウン重視でお買い物に夢中の旅でしたが、10年ほど前にアメリカ・サンフランシスコに在住。国立公園めぐりをしたことをきっかけに、自然も大好きになりました。少し歴史を知ってから出かけると楽しいこと、美味しい食べ物や綺麗な風景に出会えると幸せなこと。小さな情報が、誰かの楽しい!や嬉しい!につながったらいいなと思っています。これからも、いろんなところへ出かけて、たくさんの情報を発信してゆきたいと思っています。少しでも参考になれますように!

これで完璧!奄美土産31選はここで買う!

島特有の文化が残る奄美大島では、古くから島に伝わる調味料や、加工品が多くあり、お土産としても喜ばれそうな品が豊富です。特産品を使ったお菓子や、珍しい雑貨などと共...


半日で周れる!奈良のいいとこ取り観光スポット・ベスト3

日本の国宝の5分の1は、奈良県にあると言われるほど、見どころの多い奈良ですが、町中から離れている場所もあり、1度に見て周るのは大変です。そこであまり時間はないけ...


これで完璧!【広島・宮島】の観光スポット10選と名物グルメ5選

海に浮かぶ社殿で有名な嚴島神社は、広島県にある世界遺産の一つ。本州の宮島口から10分ほどのプチ船旅で、神秘の島「宮島」に到着します。古より神の島として崇められ、...

【長野】湯田中温泉周辺の観光スポット10選&お土産

長野でも潤沢な湯量を誇る湯田中温泉周辺はとても魅力的な場所。車で1時間圏内には、人気の観光スポットが目白押しです。素朴な温泉街、美味しいものに溢れた町歩き、地獄...

きっと一番心に残る旅!ベルギー・ブルージュの観光スポット14選

「天井のない美術館」、「北のベネチア」、「ベルギーの水の都」と呼ばれ、ベルギーで最も人気の街ブルージュ。街を流れる運河に羽を休める白鳥、歴史的な建造物と昔ながら...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります