イラク

【イラク】メソポタミアの神々降臨ジッグラト

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:186ヶ国

2023年7月23日更新

222view

お気に入り

この記事の目次表示

ドゥル・クリガルズの特徴

今回ご紹介するドゥル・クリガルズは、バビロニア時代のカッシート王クリガルズ1世によって紀元前15世紀頃に建設され、中央の神殿に風、気、地球、嵐を支配する神エンリルが祀られました。3,500年経過し風化した現在でも約52メートルの高さがあり、相当な高さであったことは想像に難くないです。古代はもとより、中世も何世紀にわたってラクダキャラバン隊の「バグダッドへ近付いた」という目安となったようです。

  • 写真:toshel

ドゥル・クリガルズは、一番高いこの中心の神殿周辺に9つの低い神殿があり、ほか3つの宮殿、5つの広い居住区を合わせ42万平方メートルに及ぶ広大な都市でした。バビロニア王朝の滅びたあとも、後期カッシートやパルティア、中世のサーサーン朝まで長きに渡って都市機能を有していたようです。この遺跡からは楔形文字タブレットが100枚以上出土しています。

  • 写真:toshel

ジッグラトと日本の神社の共通点

ドゥル・クリガルズをはじめ、メソポタミアのジッグラトはどれも高い場所に設置されました。長い階段を上った先に神殿や拝殿を建てる文化は、日本の神社とメソポタミアのジッグラトくらいしかなく、この階段の様子も日本の神社に似ているように感じます。

  • 写真:toshel

こちらは古代の出雲大社本殿の復元模型。

キリスト教会、イスラムモスク、ヒンドゥ寺院もユダヤシナゴークも仏教の国でも、一般人が祈る場所、神を祀る場所を特に高い所には置いておらず、道と同じ高さか、階段があっても10段や20段。シュメール人はじめ数々の古代キングが建設したメソポタミアのジッグラトは、ここに限らず必ず長い階段の上に神殿があります。

その他のジッグラト

ジッグラトはイラクにもう一つ、イランに一つ、原型に近いものが存在します。特にイランのジッグラト(チョガ・ザンビール(下記の写真左)は大規模に修復されているので、当時の建物により近いと考えられますが、何しろ古代のものですので実際はどのような形状をしていたのかは明らかになっていません。下記の写真右はイラク南部ウルにあるジッグラトです。

バビロニアのバベルの塔も、実際はジッグラトだったのではないかといわれています。

古代の風を感じる

ドゥル・クリガルズの基壇は登ることができます。この基壇は、故フセイン大統領の命により修復されています。ココに限らず、彼はこれらメソポタミア文明遺跡の大々的な修復作業を推し進めたそう。ドゥル・クリガルズはバグダッドから距離があるため、周囲に高い建物もなく視界を遮るものないため、基壇上から当時のバビロニア人と同じ風景を観ているのではないかと思わせる風景を眺めることができます。

  • 写真:toshel

ドゥル・クリガルズの行き方

ドゥル・クリガルズのジッグラトの現在の地名は「アカル・クフ」といいます。バグダッドの中心部から車で30分前後。市内はトラフィックが多く交通渋滞がヒドイですので、一時間ほどかかる場合もあります。タクシーの場合は往復20,000〜25,000IDR(イラク・ディナール)およそ2,200円〜2,700円を目安に交渉すると良いと思います。中心地から離れ距離があるため、オートリクシャーでは断られることが多いです。

  • 写真:toshel

入場料

イラク人以外:25,000IDR(イラク・ディナール)およそ2,700円(2022/5現在)

  • 写真:toshel
Aqar Quf(アカル・クフ)のジッグラト
イラク / 遺跡・史跡
住所:9632+9VW, Abu Ghraib, イラク地図で見る

 

イラクの旅行予約はこちら


イラクのパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

イラクのホテルを探す

イラクの航空券を探す

イラクのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【イラク】首都バグダッドの見どころ15選

イラクの首都バグダッドは、中世アッバース朝時代そのままの街をはじめ、宮殿、遺跡、モスクが至るところに遺っています。今回は、バグダッド市内中心部の歴史ある見どころ...


【イラク】イスラム教イマーム・アリーの霊廟あるシーア最大聖地ナジャフ

イラクの大都市ナジャフは、イラクにおけるシーア政治権力の中心地であり最も神聖な都市、精神的な首都の一つです。イスラム教の父ムハンマドの義理の息子であり娘婿でもあ...

【イラク・クルディスタン】悠久の時を刻む文明発祥地の都市散策

ティグリス川、ユーフラテス川が南北に流れる国イラクは、メソポタミア文明発祥の地です。この辺りは、紀元前8000年には集落が出現した世界最古の都市ともいわれ、北部...

【イラク】ここが幻のバビロン(世界遺産)

バビロンは、世界最古の文明発祥地メソポタミアにおいてバビロニア帝国の首都になった古代都市です。今回は、時代を隔てて長期にわたりこの地域を支配したバビロンの遺跡を...

【イラク】殉教王子とイスラム教の聖地カルバラー

イスラム教の聖地といえばサウジアラビアのメッカが有名です。イスラム教徒は一生に一度、メッカ巡礼(ハッジ)することが義務付けられています。同様に、イラクのカルバラ...

この記事を書いたトラベルライター

地球旅~現在186ヵ国~
行ったことのない国を中心にひとり旅しています。他国の歴史、文化、宗教、遺跡、そしてそこに住む人々の考え方に興味があります。

車の運転が好きなので、海外ではドライブ旅を楽しんでます。普段は会社員です。

【ホンジュラス】世界屈指の犯罪都市テグシガルパ

世界の治安が悪い国ランキングなどを見ると、毎年必ず上位になってしまうホンジュラス。しかし、手つかずの美しい自然が多く、世界遺産に登録されたマヤ文明のコパン遺跡を...


【レバノン】ベイルート・ビブロス・バールベックの見どころ

遠い昔、世界の中心が地中海にあった時代、レバノンは東西貿易の交差点となる重要な位置にあり、繁栄の極みにありました。古くから数多くの王様や将軍が、この土地を挙って...


カリブの島はどこがいい?陽気レゲエでちょっぴり危険な「バルバドス」どこまでも静かな「アンティグア」

カリブ海には、大小様々な島がおよそ700あります。そのほとんどは欧米各国の領土で、独立国はわずか13カ国のみ。今回は、その中より対極にある2つの小さな島国をご紹...

【サウジアラビア】ついに観光ビザ解禁!閉ざされていた王国の珍しい文化と各都市の見どころ

観光での入国が困難だったサウジアラビアが、2019年9月27日に突然、ツーリストビザの発給開始を発表しました。今回は、サウジアラビアに古くからある慣習と文化、そ...

【ベネズエラ】世界の危険都市上位?首都カラカス

世界屈指の産油国にしてハイパーインフレーションに陥った南米の国ベネズエラ。かつて、スペイン植民地から独立へと導いた英雄「シモン・ボリバル」の生まれ育った街でもあ...

トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります