イラク

【イラク】古都サーマッラーの世にも美しきミナレット(世界遺産)

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:186ヶ国

2023年10月6日更新

131view

お気に入り

写真:toshel

イラクの首都バグダッドから北方80Kmに位置するサーマッラーは、アッバース朝時代に栄えた古代都市です。カリフによって建設された数々の建築物は個性的かつ美しく、中でもマルウィヤのスパイラル・ミナレットはイラクの象徴です。

この記事の目次表示

考古学都市サーマッラー(世界遺産)

サーマッラーはイラクの首都バグダッドから北へ車で二時間ほどの古代都市です。ティグリス川に面した優雅な古都で、「サーマッラーの考古学都市」として世界遺産に登録されています。西暦842年にアッバース朝の第5代カリフのムウタスィムがサーマッラーを首都とし、世界最大の壮麗な宮殿や巨大なモスクが建造されました。しかし、東西貿易の幹線道路から外れていたことから、たった50年でバグダッドへ遷都されます。これによってサーマッラーの繁栄は失われて、やがて大部分が廃墟となりました。

マルウィヤのスパイラルミナレットとモスク

サーマッラーのグレート・モスクとその横に位置するウマイヤのスパイラル・ミナレットは、アッバース朝の10代目カリフ「ムタワキル」によって西暦852年に完成しました。

  • 写真:toshel

このスパイラル・ミナレットはイラクを代表するとても有名なランドマークの一つです。「螺旋」という意味を持つマルウィヤ・ミナレットは高さ53m。このようなスパイラル・ミナレットは世界に3つしか存在しないそうです。

  • 写真:toshel

こちら、階段を登ってTOPまで行くことができます。

  • 写真:toshel

早速、登ってみます。外側に手すりや柵はありません。外側に手すりがあったら外観の趣がだいぶ変わってしまうかと思いますが、ひとたび突風でも吹いたらポトッと落ちそうです。

  • 写真:toshel

頂上からの景色は最高!

  • 写真:toshel

古来からの風景そのままなのでは?と思われるノスタルジックな風景です。

  • 写真:toshel

隣にあるグレート・モスクは縦240メートル、横160メートルあり、総面積はおよそ38,000平方キロメートル。未だに世界一とされる大モスクは、本体のこの外壁のさらに外側に縦443メートル、横376メートルにもわたるもう1つの外壁が存在したそう。

  • 写真:toshel

モスクの壁の表面に土の汚れが付着しているように見え、近づいてみると弾痕でした。米国によるイラク侵攻では、この大モスクとミナレットを米軍が占拠し、ミナレットの尖頭に狙撃兵を置いて監視塔にしていたよう。そして、イラク軍の爆撃により、この尖頭部分は崩れ落ちてしまいました。しかし、国を代表するランドマークのミナレットはすぐに修復されたようです。

  • 写真:toshel

入場:20,000ディナール(2023/9現在およそ2,300円)

マルウィヤ・ミナレット
イラク / 観光名所 / 遺跡・史跡
住所:サーマッラー マルウィヤ・ミナレット地図で見る

カリフ宮殿

こちらはアッバース朝時代の西暦836年、ティグリス川左岸に第8代カリフのムウタスィムによって建てられたカリフ宮殿です。推定100万平方メートル以上の広大な地域に広がるアラブ・イスラーム世界において最大級の宮殿だったといわれています。この宮殿の発掘は1910年から行われていますが、4分の3が未だ埋まったままで西側庭園に至っては水没しています。

  • 写真:toshel

早速、中へ入ってみたいと思います。宮殿の部屋の壁のほとんどは漆喰。サーサーン朝、ヘレニズム、ウイグルの芸術に影響を受けたアッバース朝独自のデザインのようです。アッバース朝は、特に装飾において独自のスタイルを進化させたので、上述の登ったスパイラル・ミナレットなどもかなり珍しく個性的でしたよね。細長いイーワーンは、どこか上品に感じられます。

  • 写真:toshel

このようなデザインや漆喰のモチーフなど、支配下に置く国独自の素敵なデザインを取り入れて新たな装飾を編み出し、改めて広大な領土へ広めるといったことをしていたよう。

  • 写真:toshel

この宮殿のメインは、何と言ってもこのプール。イーワーンに囲まれた直径62メートル、深さ2メートルの円形プールに、当時はティグリス川の水が常時流れ込んでいました。このプール(池)の底は、光沢の技法で作られたモザイクやタイルの破片が発見されたようです。それはそれは美しい池だったようで、アッバース朝の詩人アル・ブフトゥリの有名な詩でも唄われています。また、プールの端からティグリス川に至るまで「Kahriz」というシステムによって排水され、工学的な見地からも注目された技術でした。

  • 写真:toshel

宮殿はティグリスに沿って700メートルに延びており、広間、管理室、居住用の建物、州庁舎、警備員の兵舎、4つのメインエントランスと8つのサブエントランスがありました。その全てで水の流れは効率的に行われていたのでしょう。

  • 写真:toshel

ほかにも、フレスコ画、彫刻、絵画、金メッキ、ステンドグラスで飾られていたそう。この宮殿は街から遠く、当時では珍しい街のジャミィ・モスク(金曜モスク)から離れた場所に建設されました。第8代カリフのムウタスィムが新首都をバグダッドからサーマッラーへ移す際、宮殿に割り当てる広い面積を街の中心部に置くと一般人の住む住居を奪うことになると、それを避けて市場や公営住宅から離れた何もない砂漠に作ったようです。また、この宮殿は当初建設された建物に大きく増設された形跡があり、大規模な拡張も視野に入れていたのかも知れませんね。

入場はフリーです。

カリフ宮殿
イラク / 遺跡・史跡 / 観光名所
住所:サーマッラー カリフ宮殿地図で見る

次のページを読む

イラクの旅行予約はこちら


イラクのパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

イラクのホテルを探す

イラクの航空券を探す

イラクのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【イラク】首都バグダッドの見どころ15選

イラクの首都バグダッドは、中世アッバース朝時代そのままの街をはじめ、宮殿、遺跡、モスクが至るところに遺っています。今回は、バグダッド市内中心部の歴史ある見どころ...


【イラク】ついに解禁!アライバルビザ取得方法

2021年3月、イラクの扉がついに開きました。日本を含む36カ国は到着ビザ(ビザ・オン・アライバル)で入国可能です。早速「文明のゆりかご」といわれるメソポタミア...

【イラク】イスラム教シーア発祥地クーファの美しいモスク三選

イラクの首都バグダッドから車で南へ二時間。イスラム教シーアの拠点となり、歴史の証人ともなったクーファの美しいモスクを歴史とともにご紹介します。

【イラク】メソポタミアの神々降臨ジッグラト

古代メソポタミア時代、イラクには多くの神が存在しジッグラトと呼ばれる巨大な聖塔に祀られていました。今回はイラク国内に遺る希少なジッグラト、バグダッド郊外のドゥル...

【イラク】ここが幻のバビロン(世界遺産)

バビロンは、世界最古の文明発祥地メソポタミアにおいてバビロニア帝国の首都になった古代都市です。今回は、時代を隔てて長期にわたりこの地域を支配したバビロンの遺跡を...

この記事を書いたトラベルライター

地球旅~現在186ヵ国~
行ったことのない国を中心にひとり旅しています。他国の歴史、文化、宗教、遺跡、そしてそこに住む人々の考え方に興味があります。

車の運転が好きなので、海外ではドライブ旅を楽しんでます。普段は会社員です。

【ホンジュラス】世界屈指の犯罪都市テグシガルパ

世界の治安が悪い国ランキングなどを見ると、毎年必ず上位になってしまうホンジュラス。しかし、手つかずの美しい自然が多く、世界遺産に登録されたマヤ文明のコパン遺跡を...


【レバノン】ベイルート・ビブロス・バールベックの見どころ

遠い昔、世界の中心が地中海にあった時代、レバノンは東西貿易の交差点となる重要な位置にあり、繁栄の極みにありました。古くから数多くの王様や将軍が、この土地を挙って...


カリブの島はどこがいい?陽気レゲエでちょっぴり危険な「バルバドス」どこまでも静かな「アンティグア」

カリブ海には、大小様々な島がおよそ700あります。そのほとんどは欧米各国の領土で、独立国はわずか13カ国のみ。今回は、その中より対極にある2つの小さな島国をご紹...

【サウジアラビア】ついに観光ビザ解禁!閉ざされていた王国の珍しい文化と各都市の見どころ

観光での入国が困難だったサウジアラビアが、2019年9月27日に突然、ツーリストビザの発給開始を発表しました。今回は、サウジアラビアに古くからある慣習と文化、そ...

【ベネズエラ】世界の危険都市上位?首都カラカス

世界屈指の産油国にしてハイパーインフレーションに陥った南米の国ベネズエラ。かつて、スペイン植民地から独立へと導いた英雄「シモン・ボリバル」の生まれ育った街でもあ...

トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります