イスラエル
イスラエル観光
観光のハイライトは旧市街が世界遺産のエルサレム

【イスラエル・テルアビブ】砂浜の上で飲食できるビーチバー「La Mer」

取材・写真・文:

イスラエル在住
訪問エリア:15ヶ国

2018年6月19日更新

646view

お気に入り

写真:がぅちゃん@イスラエル

テルアビブの中心部に位置するビーチ「Bograshov Beach(ボグラショフビーチ )」にあるレストラン/ビーチバー「La Mer」。いつも賑わうお店の様子や食べ物について紹介します!

この記事の目次表示

「La Mer」について

  • 写真:がぅちゃん@イスラエル「La Mer」の様子

「La Mer」はテルアビブのビーチの沿いにあるレストラン/ビーチバーです。2002年にオープンしました。

「La Mer」とはフランス語で「海」を意味します。文字どおりビーチのバーといった雰囲気で、カフェやバーとしてカジュアルな使い方もできるので、観光客や地元の客に人気です。

「La Mer」へのアクセス

  • 写真:がぅちゃん@イスラエル「Bograshov Beach」の様子

テルアビブのビーチにはエリアごとに名称があり、「La Mer」があるのは「Bograshov Beach(ボグラショフビーチ )」というビーチエリアです。

縦に長いテルアビブのビーチの真ん中の位置にあるので、テルアビブのどこからでもアクセスしやすいです。

ボグラショフビーチ
イスラエル
住所:Bograshov Beach, Tel Aviv, Israel地図で見る

「La Mer」の外観とビーチのテラス席

  • 写真:がぅちゃん@イスラエル「La Mer」の外観
  • 写真:がぅちゃん@イスラエル「La Mer」の外観

ビーチの遊歩道にずらっと席が並んでいます。店内での飲食も可能ですが、屋外のテラス席の方が人気です。

堅苦しくなくフラッと立ち寄れる雰囲気なので、現地では仕事の合間に利用している方もいます。

  • 写真:がぅちゃん@イスラエル「La Mer」のテラス席の様子

文字どおりビーチの上に直接椅子が並べられています。多国籍で老若男女の客で賑わっており、開放的でリラックスした雰囲気です。

  • 写真:がぅちゃん@イスラエル椅子に書かれた「La Mer」の文字

ちなみに椅子には「La Mer」と書かれているので、どこが「La Mer」の席なのかも一目瞭然です。店員さんもすぐに対応してくれますよ!

「La Mer」のメニュー

  • 写真:がぅちゃん@イスラエル
  • 写真:がぅちゃん@イスラエル

ビールやカクテル、水タバコ(Hookah)、フムス(Hummus)、サンドイッチなど、イスラエルのカフェの定番メニューといった内容です。英語のメニューもあるので観光客にとってもオーダーしやすいです。

  • フムス(Hummus)とは、中東エリアでよく食べられるひよこ豆のペーストです。パンにつけたりして食べます。
  • 水タバコ(Hookah)とは、香りのついた水の煙を楽しむタバコのことです。中東エリアでよく見られる趣向品です。

「La Mer」の食べ物

酒とおつまみ

  • 写真:がぅちゃん@イスラエル「Goldstar Unfiltered」
  • 写真:がぅちゃん@イスラエルカシューナッツ

お酒はイスラエルのローカルビール「Goldstar」がオススメです。またテルアビブでおつまみを頼むなら、ナッツ類が無難で美味しいですよ(テルアビブでは露店やコンビニでナッツがよく売られています)。

  • ビール「Goldstar Unfiltered」一杯31シェケル/900円
  • カシューナッツ25シェケル/750円

イスラエルの定番メニュー

  • 写真:がぅちゃん@イスラエルフムス(Hummus)
  • 写真:がぅちゃん@イスラエルピタパン(Pita Bread)
  • 写真:がぅちゃん@イスラエル

イスラエルの定番、ピタパンとフムスです。ピタパンは中東エリアでよく食される平たいパンです。

ちなみに「La Mer」では自家製フムスが食べられるので是非頼んでみてください。

  • House Hummus 39シェケル/1,170円
  • Pita Bread 追加注文だと3シェケル/90円

「La Mer」は夜もオススメ

  • 写真:がぅちゃん@イスラエルテラス席エリアにある三角のライト

「La Mer」はお昼だけではなく、夜もオススメです。ライトアップが美しく、テラス席エリアにいくつかある長い三角の部分がライトとなりビーチ一帯を照らします。

営業時間も毎日朝7時から夜中3時までオープンしているので、観光でテルアビブ訪れた際は是非トライしてみてください!

ラメール
イスラエル / 居酒屋・バー
住所:Retsif Herbert Samuel St, Tel Aviv-Yafo地図で見る
電話:03-523-7822
Web:http://lamerbeach.co.il/

※記事内のイスラエル通貨シェケルから日本円への換算は、1シェケル=30円で計算しています。

イスラエルの旅行予約はこちら

イスラエルのパッケージツアーを探す

イスラエルのホテルを探す

イスラエルの航空券を探す

イスラエルの現地アクティビティを探す

イスラエルのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年6月19日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【イスラエル】安倍首相に靴を出した炎上シェフのレストラン「Segev Concept」

日本の安倍首相がイスラエルを訪問した際の会食で提供したメニューが物議を醸したイスラエル人シェフ「Segev Moshe」氏。彼がマネージメントするアジア系フュー...


イスラエルのフムスなら「Hummus Habayit」がおすすめ【テルアビブ】

イスラエルの料理といえばフムス/hummus。今回は「イスラエルで2番目に美味しいフムス」を謳うテルアビブの「Hummus Habayit」を紹介します。フムス...

【イスラエル】テルアビブで最高クラスの日本食レストラン「Ya Pan」

実はイスラエルのテルアビブは、人口比ですし屋の数が世界3位。事実上世界屈指の日本食激戦区・テルアビブで人気上位のレストラン「Ya Pan(ヤパン)」を紹介します...

【イスラエル】ロスチャイルド家が生んだ町「ジフロンヤコブ」の本格アメリカ料理店「Gringo」

ロスチャイルド家出身のフランス人「エドモンド・ベンジャミン・ロスチャイルド」によって誕生した町「ジフロンヤコブ(Zikhron Ya'akov)」。そんなイスラ...

【イスラエル・テルアビブ】コーシャ料理のステーキハウス「Goshen」

イスラエル・テルアビブの中心地、老若男女に人気のナハラ・ビンヤミン通り(Nachlat Binyamin)にある、コーシャ料理のステーキハウス「Goshen」。...

この記事を書いたトラベルライター

京都出身のゲイライター
テルアビブ在住のネイティブ京都人。京都市立芸術大学を卒業後、米国人の同性パートナーとドイツのベルリンに移住し、ライターとして活動を開始。イギリス・カナダ・ドイツで暮らした経験がある。note→ https://note.com/gauchan_jp ブログ→
https://gauchan.xyz/profile/

【ドイツ】定番だけ厳選したベルリンのおすすめ観光地11選+みどころ

ドイツの首都ベルリン。実際に3年間住んだ経験を元に、旅行者におすすめなベルリンの定番観光地を11件厳選し、 各地のみどころと共に紹介します!


「イスラエル料理」の徹底解説と定番メニュー43品

イスラエルで実際に住んで得た知見を元に、イスラエル料理の定義(具体的に何がイスラエル料理と呼べるのか?)などの説明に加え、現地の定番料理を43品厳選して紹介しま...


【ドイツ】今やハンブルグの観光名物!伝説の風俗街「レーパーバーン」

ドイツ・ハンブルクのザンクトパウリ地区に存在する巨大歓楽街レーパーバーン(Reeperbahn)は、今やB級スポットとして大人気の観光地。「飾り窓」や「ビートル...

【イタリア】ベネチアに現存する世界最古のカフェ「フローリアン」

イタリア・ベネチアのサンマルコ広場にある名所「カフェ・フローリアン」は、「世界最古のカフェ」「カフェラテの発祥地」としても有名です。お店や料理はどうなっているの...

遊ぶならここ!京都最大の繁華街・四条河原町の代表エリア4つ

京都で遊べる繁華街といえば四条河原町ですが、実際はどんなところか? 遊ぶところはどこなのか? 京都出身の筆者が、特に人気の代表エリア4つを紹介します。

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?