イスラエル
イスラエル観光
観光のハイライトは旧市街が世界遺産のエルサレム

【イスラエル・テルアビブ】コーシャ料理のステーキハウス「Goshen」

2018年8月14日更新

153view

お気に入り

イスラエル・テルアビブの中心地、老若男女に人気のナハラ・ビンヤミン通り(Nachlat Binyamin)にある、コーシャ料理のステーキハウス「Goshen」。そのお店の様子と、メニューの一部について紹介します!

この記事の目次表示

コーシャ料理とは

  • 出典:he.wikipedia.org15世紀のコーシャ料理のための屠殺風景

コーシャ料理とは、ユダヤ教のルールに基づいて決められた食材や料理のことです。ユダヤ教徒はこれに従った食生活を送らなければいけません(イスラム教徒にとってのハラールと同じような状況です)。

コーシャ料理では、豚やエビなど食べてはいけないものが複数存在します。また肉とチーズを組み合わせることも禁じられています。なお、肉の処理で美味しい要素を省いてしまうことがあるため、コーシャ料理の肉は美味しくないという固定観念も存在します。

「コーシャ」は「カシェル」「コーシャ」「コシェル」などと呼ばれますが、英語で表記すると「Kosher」となり、ヘブライ語(イスラエルの公用語)では「כשר」となります。

ナハラ・ビンヤミン通りのステーキハウス「Goshen」

「Goshen」はナハラ・ビンヤミン通りにあるステーキハウスです。しかし、ただのステーキハウスではなく、コーシャ料理のステーキハウスとして、一線を画しています。

コーシャ料理なので、ユダヤ教徒のお客さんでも安心して美味しくお肉が食べられるということで、テルアビブではとても人気のレストランです。

ナハラ・ビンヤミン通りについて

ナハラ・ビンヤミン通り(Nachlat Binyamin)は、テルアビブの中心部を縦に横断する通りです。

ナハラ・ビンヤミン通りの北の広場では、テルアビブ屈指のストリートフェア「Nachalat Binyamin Market」が毎週2回開催されます。また通りの南は、ロスチャイルド通り(Rothschild Blvd)を縦断し、テルアビブのクラブやバーといったナイトライフにもアクセスしやすい立地となっています。

そんなナハラ・ビンヤミン通りは、ローカルの商店街に今時なカフェやレストランが集まっており、若者を中心に老若男女に人気のある通りです。

ちなみに、テルアビブで「ナハラ・ビンヤミン通り」は「ダウンタウン」というイメージがあります(規模は全く違いますが、東京なら渋谷・新宿、大阪なら梅田・なんば、といった考え方です)。

ナハラ・ビンヤミン通り
イスラエル / 町・ストリート
住所:Nahalat Binyamin, Tel Aviv, Israel

「Goshen」の様子

外観

テルアビブの今時なおしゃれなレストランといった外観です。平日でもディナーの時間帯は割と混み合っている印象です。

内装

高級志向とまではいかなくとも、清潔でシックで落ち着いた雰囲気のレストランです。広々としていて、2階もあり、65人収容可能な宴会部屋もあるそうです。

バーカウンターも設置されており、欧米の一般的なレストランとほぼ同じような内容です。


「Goshen」のメニュー

牛ステーキ、ハンバーガー、チキンステーキ、シーフード、ラムチョップ、ベジタリアンメニュー、という王道メニューがずらりと並びます。コーシャ料理といえど、一般的なステーキハウスに劣らずとも勝る内容でした。

メイン料理1人前の平均は約90シェケル(2,700円)といった内容で、ステーキを扱うレストランとしては一般的な料金でした。

飲み物

ステーキハウスということで、筆者は赤ワインを勧められました。イスラエルはワイン作りが盛んなので、ぜひイスラエルワインを味わってみてください。

  • 赤ワインボトル1本120シェケル(3,600円)〜

前菜

サーロイン・カルパッチョ

コーシャ料理の肉ですが味が落ちるどころか、普通の肉より断然風味豊かで美味しかったです。料理は工夫でいくらでも美味しく出来るのだな…と地味に感動させられた一品です。

  • 価格:49シェケル/1,470円

ロリポップ・ウィング

要するにフライドチキンなのですが、王将のチューリップとはまた違う繊細な美味しさがありました。

  • 価格:46シェケル/1,380円

メイン:Beef Fillet Medallion

  • 骨髄のカット

根菜のピュレの上にフィレ肉が乗せられたステーキで、骨髄(中心部分が食べられる)が添えられています。

文句なしに美味しいステーキです。家で食べる牛肉とは味や食感があまりにも違うので、違う食材と言われれば信じてしまいそうなほど美味でした。

これを言っては元も子もないのですが、やはりステーキハウスが作るステーキは違うな…という事実を思い知らされます。

そんなせいか、サイドメニューのポテトが金色に見えたのも気のせいではないように思えました。

  • 価格:150シェケル/4,500円

デザート:シャーベット

ココナッツ(白)、パッションフルーツ(黄)、ベリー系(赤)の3種類が味わえます。デザートがシャーベットというのは国境も宗教も超えるのだなと、ひんやりしつつも心温まる一品でした。

  • 価格:38シェケル/1,140円
ゴシェン
イスラエル / その他レストラン
住所:Nahalat Binyamin St 30, Tel Aviv-Yafo
Web:http://goshentlv.co.il/

※記事内のイスラエル通貨シェケルから日本円への換算は、1シェケル=30円で計算しています

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年5月9日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【イスラエル】ガリラヤ湖周辺の名店!中東料理の高級レストラン「マグダレナ」

「マグダラのマリア」の出身地「Magdala」の隣街「Migdal」にあり、ガリラヤ湖、ゴラン高原、アルベル山など豊かな自然に囲まれたレストラン「マグダレナ(M...

【イスラエル】ロスチャイルド家が生んだ町「ジフロンヤコブ」の本格アメリカ料理店「Gringo」

ロスチャイルド家出身のフランス人「エドモンド・ベンジャミン・ロスチャイルド」によって誕生した町「ジフロンヤコブ(Zikhron Ya'akov)」。そんなイスラ...


現代イスラエル料理が味わえるレストラン「Goldman」【テルアビブ】

イスラエル・テルアビブのヤッファエリアにある、ビーチ沿いの人気レストラン「Goldman’s Court」。地中海に面する多国籍国家としての魅力を活かした、イス...

【イスラエル・テルアビブ】地元民で混む創作イタリアンレストラン「La Repubblica」

イスラエル・テルアビブの中心地「Lev HaIr(レブ・ヘア)」にある創作イタリアンレストラン「La Repubblica(ラ・リパブリカ)」。地元のおすすめイ...


中東で人気NO1になったイスラエルのレストラン「Uri Buri」【アッコ】

イスラエルのアッコ(Acre / Akko)にあるシーフードレストラン「Uri Buri」。「ワサビのシャーベット」など、世界各国の料理からインスピレーションを...

この記事を書いたトラベルライター

イスラエル在住のゲイライター
イスラエルに住んでいるゲイのお兄さんです。お昼は英会話講師をやっています。

趣味は世界のゲイスポット巡り。アングラスポットが特に好きです。でもストレートな観光地も大好きです。恐縮です。

ゲイのことについて書いているブログはこちら→ http://pandablog.net/
イスラエルのことについて書いているブログはこちら→ http://isuraeru.net/

【ドイツ】今やハンブルグの観光名物!伝説の風俗街「レーパーバーン」

ドイツ・ハンブルクのザンクトパウリ地区に存在する巨大歓楽街レーパーバーン(Reeperbahn)は、今やB級スポットとして大人気の観光地。「飾り窓」や「ビートル...

【東京】日本最大級の変態イベント「デパートメントH」の詳細と参加方法

東京・鶯谷にある「東京キネマ倶楽部」で毎月開催される日本屈指のアングライベント「デパートメントH」。「変態の夜会」「デパH」「デパチ」とも呼ばれるその詳細につい...


【イスラエル】テルアビブのカルメル市場でオススメの食べ歩き&お土産8選

イスラエルのテルアビブにあり、観光客がほぼ必ず訪れるであろう超人気スポットといえばカルメル市場。そんなカルメル市場で、食べ歩きやお土産としてオススメの商品を8つ...

日本語メニュー有!バルセロナを代表するピンチョスバルのチェーン店「チャペラ」

スペイン・バルセロナに3店舗、マドリードに1店舗を展開する人気ピンチョスバル「チャペラ(Txapela)」。店内の様子やおすすめメニューなど、チェーン店とは思え...


【イタリア】ベネチアに現存する世界最古のカフェ「フローリアン」

イタリア・ベネチアのサンマルコ広場にある名所「カフェ・フローリアン」は、「世界最古のカフェ」「カフェラテの発祥地」としても有名です。お店や料理はどうなっているの...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?