イスラエル
イスラエル
観光のハイライトは旧市街が世界遺産のエルサレム

【イスラエル】死海で遊ぶなら「Crowne Plaza Dead Sea」のスパ利用がおすすめ

2018年3月30日更新

815view

お気に入り

世界一低い場所にある塩湖の死海。「死海ってどんなところ?」「死海の行き方は?」などの解説をしつつ、死海の絶景や楽しみ方を紹介します。死海沿岸の「Crowne Plaza Dead Sea」のスパ利用が便利なので、その利用方法についても紹介します。

死海とは

  • 死海のビーチ
  • 死海の塩の塊

死海とは、ヨルダンとイスラエルの国境をまたぐ位置に存在する塩湖です。塩分が海水の約10倍と塩分濃度があまりに高いため、魚は生息できないとされています。

世界一低い場所に存在する死海

  • 死海の図

死海の湖面の海抜は約マイナス400メートルに位置し、それゆえに「地上で最も低い場所」と言われています。

死海では冬も暖かいために水分供給よりも早く水が蒸発し、その結果塩分濃度が高くなったとされています。


イスラエル側の死海への行き方

  • エンボケック(Ein Bokek)の様子

「エン・ボケック(Ein Bokek)」という地域を目指すのがオーソドックスな死海の行き方です。エン・ボケックの死海沿岸に位置する「Crowne Plaza Dead Sea」を目的地とするとわかりやすいです。

Crowne Plaza Dead Seaの最寄のバス停は「Lot Hotel」と「Hod Hotel」です。エルサレム(Jerusalem Central Bus Station)から444番か486番のバスで、約1時間半〜2時間で到着します。死海から帰るときも同じバス停から乗車できます。

ひたすら谷を降るワイルドな死海への道

  • 死海に向かう道中の様子
  • 死海の道中にある「海抜マイナス100m」のサイン
  • エンボケック(Ein Bokek)の様子

「地上で最も低い場所」と言われるだけあり、谷を降るごとに低さを表すが数字が示されています。谷を下りきった先にあるエンボケックには、秘境感あふれる空気が漂っています。

「Crowne Plaza Dead Sea」に到着

ロビーの様子

  • 「Crowne Plaza Dead Sea」のロビー

ロビーの先にスパ利用券の簡易販売所があります。

スパ利用券を購入

  • 「Crowne Plaza Dead Sea」のスパ受付の看板
  • 「Crowne Plaza Dead Sea」のスパ受付の看板

この看板がある場所で受付の人にスパ利用の旨を伝え、スパ利用券を購入します。

スパ利用券購入後

  • 「Crowne Plaza Dead Sea」の昼食券とスパ利用券
  • 「Crowne Plaza Dead Sea」のスパ利用のためのリストバンド

リストバンドがスパ利用パスとなります。昼食券に記載された時間の間にホテル内で提供される昼食(ビュッフェ)も食べられます。

スパ利用証明となるリストバンドをつけて、いざスパに向かいます。無料ロッカー、無料タオルも利用可能です。

  • 「Crowne Plaza Dead Sea」のスパエリア

スパのエリアはこのような雰囲気になっています。ここから外に出て死海に直行できます。

  • スパ1日利用料:162NIS(4,860円)

死海のビーチへ

  • 死海のビーチへ続く道

死海のビーチの様子

  • 死海のビーチ
  • 死海のビーチ
  • 死海のビーチの砂

エンボケックの死海はパブリックビーチなので誰でも入れるのですが、「Crowne Plaza Dead Sea」の真正面のこのビーチはしっかり整備されています。

水泳制限の看板

  • 死海のビーチ
  • 死海のビーチの注意書き

イスラエルのビーチにはたいていこのような看板があるのですが、地域によってルールがあるので確認しましょう。

「水泳規制ゾーン」といった旨の説明がありますが、「水につかる」のはOKのようなので入っても問題ありません。

どうしても気になる場合は、ホテルか、近くのライフガードに聞くのが無難です。

死海の様子

雪のごとく塩が積もった死海のビーチ

  • 死海のビーチに積もった塩
  • 死海のビーチに積もった塩
  • 死海のビーチに積もった塩

水辺に近づくと、砂が塩まみれになっていることに気がつきます。気温は暖かいのに雪が降ったかのような、不思議な感覚が味わえます。

死海の水面

  • 死海の浅瀬の水面
  • 死海の浅瀬の水面
  • 死海の水面

死海の水には余計なものが無いためか、とても美しいです。水中に生き物の姿が見当たりません。

死海の底には大量の塩

  • 死海の水中の塩
  • 死海の水中の塩

砂利や岩サイズの塩がゴロゴロ。

  • 死海の塩の塊

塩の塊を拾い上げると、手のひらでガシャガシャと崩れていきます。死海の水に触れた後は、手がちょっとぬるぬるしたような不思議な感触になります。

死海に入る

はき物には注意

  • 靴で死海に入水
  • 靴に溜まった塩
  • 死海に浮く靴

靴で死海に入ると、砂利のような塩の塊がごっそり靴に入ってきて、とてもツラいです。死海に入る際は裸足かサンダルがオススメです。

  • 死海のビーチと靴

靴は置いていきましょう。

死海で浮こう

  • 死海で浮く人

死海はあまり深くないので立っていられますが、いざ足を取られると面白いように浮きます。もはや浮くというより、下からぐんと押し上げられているような感覚です。潜るのはとても大変です。

ただし死海の水は目に入ったら危険なので、潜ることはオススメしません。何か異変を感じたらすぐに真水で洗いましょう。

幻想的な死海の風景

  • 死海の景色(境界線の向こう側はヨルダン)
  • 死海の景色
  • 死海の景色

曇りの日は陸の境目が見えにくくなるので、空と湖が繋がったかのような不思議な光景に出くわします。死海で秘境感を味わいたいのであれば、晴天よりも悪天候がオススメです。

死海の沖から見たビーチの様子

  • 死海から見たビーチの様子
  • 死海から見た「Crowne Plaza Dead Sea」

ちなみに死海はビーチからこれだけ離れていても、歩きながら写真を撮れるくらいの水深です。泳ぎが苦手な人も安心して入れますよ!

水中には生き物もいないので、クラゲに刺されるなどの生き物のトラブルを恐れる必要もありません。

ただし例外も

  • 死海の蚊

生き物とは無縁の死海で唯一目にした生き物が「蚊」です。ときどき水面に蚊が浮いています。

皮膚にトラブルがある状態で死海に入るととても痛みますので、虫刺されには注意したほうがいいかもしれませんね。

死海で泳いだ後は…

ビーチに完備された真水のシャワー

  • 真水のシャワー
  • 真水のシャワー
  • 死海のビーチのゴミ箱

「Crowne Plaza Dead Sea」の真正面のビーチには真水のシャワーやゴミ箱が完備されているので、とても使い勝手がいいです。

目に死海の水が入ったりした時の緊急トラブルの際も安心です。

(さいごに)「Crowne Plaza Dead Sea」の裏技

  • 死海の水を使った「Crowne Plaza Dead Sea」の屋内プール

実は「Crowne Plaza Dead Sea」には、死海の水を使った屋内プールが存在します。つまり死海で浮くことだけが目的ならば「Crowne Plaza Dead Sea」で事足りるのです。

  • 死海の景色

とはいえやはり、リアルな死海で圧倒的な自然の秘境を味わうのがオススメです。きっと忘れられない体験になりますよ…!

クラウンプラザ・デッドシー
イスラエル / エステ・スパ / ホテル
住所:Ein Bokek, M.P.O., Dead Sea | 86930
電話:08-659-1919
Web:http://www.h-i.co.il/hotels/crowne-plaza-dead-sea/

※記事内のイスラエル通貨シェケルから日本円への換算は、1シェケル=30円で計算しています。

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年3月23日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

最近人気の記事

こんなに美味しい!イスラエルの食事情

イスラエルは1948年に建国された新しい国です。もともとこの土地に根付いていた文化と、世界中からこの国に集まった人たちが持ち寄った文化がひしめき合い、イスラエル...

【イスラエル】テルアビブのカルメル市場でオススメの食べ歩き&お土産8選

イスラエルのテルアビブにあり、観光客がほぼ必ず訪れるであろう超人気スポットといえばカルメル市場。そんなカルメル市場で、食べ歩きやお土産としてオススメの商品を8つ...

【イスラエル】24H営業♪テルアビブで人気の朝食専門カフェ「ベネディクト」

24時間年中無休の朝食専門カフェとして、今やイスラエル・テルアビブを代表する人気カフェとなったベネディクト。洗練された店内の様子や、朝食だけにとどまらないバラエ...

【イスラエル・パレスチナ】3つの宗教が生きる街・エルサレム街歩き

ユダヤ教、イスラム教、そしてキリスト教の聖地が集まる都市・エルサレム。エルサレムの街中に3つの宗教がひしめき合っている様子は他の街では味わうことのできない楽しみ...

【イスラエル】テルアビブのゆるいノリが心地いいローカルカフェ「Nehama Vahetzi」

イスラエル・テルアビブのローカルな暮らしも垣間見えるカフェ「Nehama Vahetzi」。大木がそびえる店内やイスラエル料理と融合した独特のビーガンサンドイッ...



この記事を書いたトラベルライター

イスラエル在住のゲイライター
イスラエルに住んでいるゲイのお兄さんです。お昼は英会話講師をやっています。

趣味は世界のゲイスポット巡り。アングラスポットが特に好きです。でもストレートな観光地も大好きです。恐縮です。

ゲイのことについて書いているブログはこちら→ http://pandablog.net/
イスラエルのことについて書いているブログはこちら→ http://isuraeru.net/

【ドイツ】今やハンブルグの観光名物!伝説の風俗街「レーパーバーン」

ドイツ・ハンブルクのザンクトパウリ地区に存在する巨大歓楽街レーパーバーン(Reeperbahn)は、今やB級スポットとして大人気の観光地。「飾り窓」や「ビートル...

【イスラエル】テルアビブのカルメル市場でオススメの食べ歩き&お土産8選

イスラエルのテルアビブにあり、観光客がほぼ必ず訪れるであろう超人気スポットといえばカルメル市場。そんなカルメル市場で、食べ歩きやお土産としてオススメの商品を8つ...

【イタリア】ベネチアに現存する世界最古のカフェ「フローリアン」

イタリア・ベネチアのサンマルコ広場にある名所「カフェ・フローリアン」は、「世界最古のカフェ」「カフェラテの発祥地」としても有名です。お店や料理はどうなっているの...

日本語メニュー有!バルセロナを代表するピンチョスバルのチェーン店「チャペラ」

スペイン・バルセロナに3店舗、マドリードに1店舗を展開する人気ピンチョスバル「チャペラ(Txapela)」。店内の様子やおすすめメニューなど、チェーン店とは思え...

【ドイツ】定番だけ厳選したベルリンのおすすめ観光地11選+みどころ

ドイツの首都ベルリン。実際に3年間住んだ経験を元に、旅行者におすすめなベルリンの定番観光地を11件厳選し、 各地のみどころと共に紹介します!



トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?