イスタンブール
イスタンブール観光
ヨーロッパとアジアにまたがるトルコ最大の都市

【イスタンブール】ドルマバフチェ宮殿と周辺の見どころ

取材・写真・文:

訪問エリア:17ヶ国

2018年10月21日更新

283view

お気に入り

写真:Zon

イスタンブールはオスマン帝国の首都として栄え、いまも街の至る所にその面影を垣間見ることができるトルコ最大の都市です。オスマン帝国最後の皇帝が退去するまで、政治や文化の中心として栄えたドルマバフチェ宮殿、そしてその周辺の見どころをご紹介します。

この記事の目次表示

ドルマバフチェ宮殿

新市街の観光名所のひとつであるドルマバフチェ宮殿は、1843年から10年以上の歳月をかけて建てられました。

  • 写真:Zonドルマバフチェ宮殿

当時のスルタン(オスマン帝国の皇帝)、アブデュルメジドの命により建てられ、設計は宮廷に仕えるアルメニア人の建築家が手がけました。バロック様式とオスマン様式の折衷が見事な外観は、旧市街のトプカプ宮殿とは全く違う雰囲気を醸し出しています。

宮殿内部

宮殿は男性のみ入ることができたセラムルクと男子禁制のハレムにわかれていて、残念ながらどちらも内部は写真撮影が禁止されています。

  • 写真:Zonドルマバフチェ宮殿 この建物の入り口からガイドによる案内が始まる

宮殿内部には部屋が285室、広間が43室もあり、それぞれの部屋が趣の異なる内装です。特に見ごたえがあるのはスルタンの寝室や、トルコ共和国初代大統領のアタテュルクの執務室、そして見学の最後の訪れる儀式の間です。儀式の間には高さ36メートルの天井から4.5トンの豪華絢爛のシャンデリアが吊るされています。約3,000万円弱でイギリスから購入した特注のバカラ製のものです。

庭園からの眺めが美しい!

宮殿の外はセラムルク庭園、鳥庭園、ハレム庭園、皇太子庭園となっていて、ガイドなしで歩いて見て周ることができます。またこの宮殿はボスポラス海峡に面して建っているため、宮殿の外の庭園からはボスポラス海峡の美しい景色を一望することができます。

  • 写真:Zonドルマバフチェ宮殿 門の外は青が眩しいボスポラス海峡
  • 写真:Zonドルマバフチェ宮殿 広い庭園

海側に門が備え付けてあるのは、公道に出ずに、船でイスタンブール市内を自由に行き来できるようにするためでした。真っ白の門や柵とボスポラスの青のコントラストが見事な景観です。

  • 写真:Zonドルマバフチェ宮殿 白亜の宮廷ともいわれる

行き方と料金

トラムのカバタシュ駅からボスポラス海峡を北上するように10分ほど歩くと到着です。自由に見学することはできず、時間ごとにガイドと一緒に宮殿内を見学します。予約必須と書いてあるガイドブックがありますが、必ずしも予約する必要はなく、チケットを購入し、時間になるとガイドが50人くらいを一斉に宮殿内に案内してくれます。

  • 写真:Zonドルマバフチェ宮殿 チケット購入ブース
  • セラムルクとハレム:60TL(約1,200円)
  • セラムルクのみ:40TL(約800円)
  • ハレムのみ:30TL(約600円)
ドルマバフチェ宮殿
イスタンブール / 建造物
住所:Vişnezade Mahallesi Dolmabahçe Cd.34357 Beşiktaş/İstanbul地図で見る

ドルマバフチェ時計塔

ドルマバフチェ宮殿に来たら、ついでにチェックしておきたいのがドルマバフチェ時計塔です。

  • 写真:Zonドルマバフチェ時計塔 左奥に見えるのがドルマバフチェ宮殿へ続く門

宮殿の入口よりも手前に堂々とそびえ立っています。ネオバロック様式で造られており、この時計塔の設計を手掛けたアルメニア人建築家は、アジア側のベイレルベイ宮殿の設計にも携わりました。

ドルマバフチェ時計塔
イスタンブール / 建造物
住所:Vişnezade Mahallesi Meclis-i Mebusan Cd. 38 A 34357 Beşiktaş/İstanbul地図で見る

ドルマバフチェ・モスク

宮殿から徒歩5分ほどのところにあるドルマバフチェ・モスクも忘れずに見学しましょう。1853年にオスマン帝国の第31代スルタン、アブドゥルメジト1世の母ベズミ・アレムの命によって建造されました。

  • 写真:Zonドルマバフチェ・モスク

ドルマバフチェ・モスクと呼ばれ親しまれていますが、Bezmi Alem Valide Sultan Camiiが正式名称です。

  • 写真:Zonドルマバフチェ・モスク 正式にはBezmi Alem Valide Sultan Camii

このモスクの設計を手掛けた建築家はドルマバフチェ宮殿の設計にも携わったので、モスク内部はどこか宮殿を思わせる造りになっています。

  • 写真:Zonドルマバフチェ・モスク シャンデリアが豪華でいかにも新市街のモスクという感じ
  • 写真:Zonドルマバフチェ・モスク 宮殿のような内装

このモスクも宮殿と同様、ボスポラス海峡に面して建っているため、晴れの日は窓から海峡からの日光が眩しいほどに差し込みます。

  • 写真:Zonドルマバフチェ・モスク 窓の外はボスポラス海峡
ドルマバフチェ・モスク
イスタンブール / 社寺・教会
住所:Ömer Avni Mh 34427 Beyoğlu/İstanbul地図で見る

おわりに

イスタンブールには、オスマン帝国時代の栄華をいまに伝える建造物がたくさん残されています。なかでも宮殿は、政治や文化の中心として栄えたとだけあって、歴史だけでなく当時の人々の生活をも感じ取ることができるスポットです。旧市街のトプカプ宮殿と新市街のドルマバフチェ宮殿を見比べてみるのもおもしろいかもしれません。

価格は2018年10月現在(1TL約20円)

イスタンブールの旅行予約はこちら

イスタンブールのホテルを探す

イスタンブールの航空券を探す

イスタンブールのパッケージツアーを探す

イスタンブールの現地アクティビティを探す

イスタンブールのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年10月23日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

実は見どころ満載!ユスキュダルでアジア側のイスタンブールを大満喫

トルコ イスタンブールは、ボスポラス海峡を挟んでヨーロッパとアジアに分かれる街です。有名な観光スポットの多くはヨーロッパ側にあるため、アジア側は観光客はなかなか...

王道プラン!イスタンブール旧市街を一日で観光する満喫コース

世界で唯一ヨーロッパとアジアにまたがる街、トルコ イスタンブールには一日では観光しきれない魅力的なスポットがたくさんあります。今回はイスタンブールの旧市街を効率...


イスタンブールの目抜き通り!イスティクラル通りのチェックポイントは?!

トルコ、イスタンブールにあるイスティクラル通りは、いつも観光客や地元の若者で賑わう、いわば日本の銀座?!のようなところです。たくさんのお店や観光スポットがありま...

トルコ イスタンブール新市街の定番観光スポット6選

ボスポラス海峡を挟んでヨーロッパとアジアに分かれるトルコ イスタンブールは「東西の文明の交差点」と例えられる通り、エリアごとに全く違う魅力を持つ都市です。新市街...


【トルコ】イスタンブール名物!サバサンドの屋台船「Derya Balık Ekmek」

トルコ・イスタンブール名物グルメ、サバサンド。中でも有名な、ガラタ橋やエミノニュ広場の近くにあるサバサンドの屋台船「Derya Balık Ekmek」の詳細を...

この記事を書いたトラベルライター

トルコの魅力を発信中
トルコ、特にイスタンブールの魅力を発信中!
ガイドブックには載らないけれど魅力なスポット、現地の人と実際に触れ合うからこそ発見できるような場所、もちろん定番の観光スポットや食べ物もご紹介していきます。

ロシアへの留学を含め、訪問した国は17ヶ国
海が見える場所、モスク、おいしい食べ物、カフェ、飛行機が大好き。
https://zonistanbul.blogspot.com/

欧州のエアライン王者!ターキッシュエアラインズで飛ぶ快適な空の旅

みなさんはターキッシュエアラインズに搭乗されたことがありますか?トルコの国営航空会社であるターキッシュエアラインズは、どの航空会社よりも多くの国に運航していて、...

エキゾチックがとまらない!トルコで買いたいお土産5選☆

トルコと聞いて、思い浮かぶお土産はなんですか?見ているだけでも楽しくなる異国情緒たっぷりの雑貨が多いトルコでは、お土産選びも楽しみのひとつ。空港でもある程度買う...


絶対に喜ばれるトルコ土産!ロクムの老舗ハジュ・ベキル

みなさんはトルコのお土産と聞くと何を想像しますか?色とりどりのトルコランプや繊細な模様が美しいトルコ絨毯、それともエキゾチックな香り漂う香辛料?選ぶのも迷ってし...

初心者でも気軽に入れる!イスタンブールのおすすめロカンタBest3

トルコ、イスタンブールで、ランチにも小腹が空いたときにもガッツリディナーのときにも、とても役立つのがロカンタ!イスタンブールに旅行したら必ず一回や二回は訪れる機...


実際に買いました!おすすめのトルコ土産4選

トルコ イスタンブールには定番以外にも魅力的なお土産がたくさんあります。自分用にも友達用にも会社用にも、イスタンブールマニアの筆者が実際に買って「よかった!」と...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?