伊東・伊豆高原
伊東・伊豆高原観光
情緒ある温泉街と絶景が楽しめる高原リゾート

【静岡】里山に抱かれる温泉宿!「八幡野温泉郷 杜の湯 きらの里」でおこもりステイ&周辺の観光スポット

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:28都道府県

2020年10月14日更新

285view

お気に入り

写真:あやか

観光地を沢山巡る旅行も楽しいけれど、たまにはのんびり過ごす旅行もいかが?そんな願いを叶えてくれる、おこもりステイにぴったりの温泉宿が静岡県にある「きらの里」です。本記事では「きらの里」の魅力と周辺の観光スポットをご紹介します。

この記事の目次表示

「きらの里」が“おこもりステイ”に最適な理由

静岡県伊東市にある「八幡野温泉郷 杜の湯 きらの里」

  • 写真:あやか「きらの里」帳場

6,600坪の敷地内には、山・田畑・池・小川などの日本の里山の原風景が広がっています。「きらの里」は単なる宿泊だけでなく、お部屋、お料理、温泉、季節のイベントなど、こだわったものばかり。まさに“おこもりステイ”に最適といえます。昔ながらの日本の里山に抱かれる温泉宿でのんびり過ごしてみてはいかが。

「きらの里」のお部屋は?

「きらの里」では、趣向の異なる以下4つのお部屋が用意されています。

  • 昔の旅人気分が味わえる「旅籠 八幡野」
  • 里山の自然を肌で感じる「別邸 山の音」
  • 古民家を思わせるしつらえ「離れ 竹ぶえ」
  • 晴れた日は相模湾を望む「個居 うみ蛍」

「旅籠 八幡野」について

今回筆者は「旅籠 八幡野」に宿泊しましたのでこちらをご紹介します。

  • 写真:あやか帳場棟に併設される宿泊棟「八幡野」入口

「旅籠 八幡野」は、帳場棟に併設される比較的移動距離の少ない客室です。古き宿場の素朴さをイメージしており、昔の旅人気分を味わうことができます。

  • 写真:あやか昔ながらのお宿
  • 写真:あやかお部屋に向かう通路

八幡野は、定員2名〜4名のお部屋。お部屋を入るとすぐにツインベット(6畳)が見えてきます。

  • 写真:あやかツインベッド

ツインベットの奥は、同じく6畳の居間になっています。

  • 写真:あやか居間
  • 写真:あやか居間

お茶やお菓子も用意されていますので、お部屋でのんびり過ごすことができます。

  • 写真:あやかお茶とお菓子も♪

「きらの里」のお食事は?

「きらの里」では以下2つのお食事処が用意されています。

  • 季節替わりの懐石料理をメインとした海鮮しゃぶしゃぶを味わえる「海つばき」
  • 国産牛やヘルシーなお野菜を溶岩焼きで頂ける「山ぼうし」

チェックインをした際にどちらのお食事処を利用するか選択することができます。担当してくださったスタッフさんにお尋ねをしたところ、海鮮をおすすめして頂き、筆者は「海つばき」を利用することにしました。

  • 写真:あやか海鮮料理「海つばき」入口

「海つばき」での夕食の様子

伊豆近海中心でとれた旬の魚介類を中心とした夕食を頂けます。お品書きに沿って、順番にお料理が提供されます。最初は食前酢(果実のお酢)前菜です。

  • 写真:あやか食前酢と前菜

こちらは鯖炙り寿司先椀です。先椀は西京仕立てで小松菜が入っています。

  • 写真:あやか鯖炙り寿司
  • 写真:あやか海老芋西京仕立て

お次は季節のお造り盛り合せ。山葵は自分ですりおろします。

  • 写真:あやか季節のお造り盛り合せ
  • 写真:あやか山葵

主菜は、海鮮しゃぶしゃぶです。旬の魚介類をしゃぶしゃぶで贅沢に頂けます。

  • 写真:あやか海鮮しゃぶしゃぶ

小鉢は3種類の中から選ぶことができ、筆者はタルタルソースの付いた鯵フライにしました。

  • 写真:あやか鯵(あじ)フライと彩野菜

海鮮しゃぶしゃぶの後はその出汁で頂く海鮮出汁雑炊。そして、香の物です。海鮮の味がしっかりと効いた出汁は非常に美味でした。

  • 写真:あやか海鮮出汁雑炊
  • 写真:あやか香の物(季節の野菜のお漬物)

最後はやはりデザートでしょう。こちらで最後に提供されるのが水菓子です。

  • 写真:あやか水菓子

「海つばき」での朝食の様子

「海つばき」での朝食は一人ずつ和食か洋食か選ぶことができます。

  • 写真:あやか朝食の様子

筆者は和食を選択しました。朝からバランスの良い和食を頂けます。

「きらの里」の温泉は?

広い敷地の中央に位置する大浴場。

  • 写真:あやか大浴場入口

二本の自家源泉から注がれるかけ流しの湯は、高アルカリ性泉質で別名・美肌の湯とも言われています。とても滑らかなお湯が特徴です。大浴場には、寝風呂・内風呂・壺風呂ほか8種の湯どころが用意されており、湯めぐりを楽しむことができます。

その他予約不要で無料の貸切風呂が3種類もあります。案内板に「空いています」の札がかかっていればいつでも利用可!是非きらの里で湯めぐりを楽しんでみてください♪温泉内の様子は公式サイトのフォトギャラリーからも確認することができます。

「きらの里」で過ごす1泊2日ってどんな感じ?宿泊時の流れをご紹介!

【1日目】伊豆高原駅からの無料送迎バスに乗車

「きらの里」では公共交通機関利用者に向けてお宿までの無料送迎バスが運行しています。

  • 写真:あやか伊豆高原駅やまも口(南口)

今回筆者は東京駅から特急を利用しこちらに宿泊したので、送迎バスを利用させて頂きました。送迎バスは伊豆高原駅の改札を出て左にある、やまも口(南口)より定時運行をしています。予約は不要なので、バスの時刻に合わせて伊豆高原駅へ到着するように計画を立てましょう。

◎無料送迎バス運行時刻

▶伊豆高原駅→きらの里
14:30 / 15:00 / 15:30 / 16:00 / 16:30 / 17:00 / 17:30
▶きらの里→伊豆高原駅
9:15 / 9:45 / 10:15 / 10:45 / 11:15
※乗車時間は約7分

【1日目】15:00以降にチェックイン!

14時半あるいは15時のバスへ乗車し、帳場でチェックインをしましょう。宿内は楽しめる場所が沢山ありますので、1泊2日の温泉旅行でしたら宿をメインにすることをおすすめします。帳場には売店にて販売の「きらの月」が置いてあり、自由に頂くことができます。お土産候補にしても良いかもしれません。

  • 写真:あやか帳場にある「きらの月」は売店でも販売中

また、チェックイン時にその日に宿で行われているイベントの説明を受けたり、お食事処の選択をします。上記でご紹介をしたお食事処の夕食は、休日等の繫忙期には二部制(17時半~/20時~)になることもあります。チェックイン時の先着順となりますので、早めの夕食を希望される方は、送迎バスの第一便(14時半)でお宿へ向かいましょう。

【1日目】チェックイン後に散策・温泉・食事を自由に楽しむ

チェックイン後にはお部屋でのんびりするのもよし!湯めぐりするのもよし!敷地内は里山の原風景が広がっていますので、散策をしても楽しめます。

  • 写真:あやか昔ながらの、のんびりした風景を。
  • 写真:あやか散策するだけでもホッとする、そんな空間です。

また、11月~2月の週末限定になりますが、17時頃からは屋台の前でホカホカの焼き芋の提供もあります。

【1日目】22:00に名物の夜鳴きソバ

「きらの里」での夜の名物が昔懐かしい夜鳴きソバの屋台が登場するところ。

  • 写真:あやか22時からは屋台で無料の夜鳴きソバ!

夜遅くに少し小腹が空くなんてことありませんか?ぜひ夜鳴きソバを堪能してください。普段こんな時間にソバなんて…という方もこの日だけは特別に名物を堪能してみてください♪

【2日目】7:30〜9:00の間に朝食

翌日はこの時間に朝食を頂きましょう。この時間帯は、帳場でモーニングタイム(7時半~11時)としてドリンクやコーヒーのセルフサービスが行われています。

  • 写真:あやかモーニングタイムにコーヒーを♪

合わせてこちらも利用してみてください。

【2日目】9:00以降にチェックアウト

9時以降にチェックアウトをしましょう。無料送迎バスを利用される際は、バスの時刻に合わせてチェックアウトしましょう。筆者は、9時45分のバスに乗車しました。

八幡野温泉郷 杜の湯 きらの里
伊東・伊豆高原 / ホテル / 4つ星ホテル / 温泉旅館
4.3 (153件の口コミ)
料金(目安):9,800円〜49,735円
宿泊時間:15:00〜11:00
住所:静岡県伊東市八幡野字瀬戸山1326-5地図で見る
電話:0557-55-3311
Web:https://www.hotespa.net/hotels/kiranosato/

次のページを読む

伊東・伊豆高原の旅行予約はこちら

伊東・伊豆高原のパッケージツアーを探す

(伊豆高原・一碧湖)

(伊東)

伊東・伊豆高原のホテルを探す

(伊東・宇佐美・川奈)

(伊豆高原)

(伊東)

(伊豆高原)

伊東・伊豆高原の航空券を探す

伊東・伊豆高原の現地アクティビティを探す

伊東・伊豆高原のレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2020年9月23日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


日帰りで楽しむ!関東近郊の女子旅おすすめスポット30選

イギリスのお城を移築した「ロックハート城」や、『ラピュタ』の世界を思わせる「猿島」、ムーミンバレーパークも人気の「メッツァビレッジ」など、東京から日帰りできる、...


伊豆・子供と行きたい観光スポット40選!子連れ旅行におすすめ

アクティビティも充実の三島スカイウォークや、子連れの海水浴も快適な熱海サンビーチ、露天風呂に入るカピパラが大人気の伊豆シャボテン公園など、伊豆への子連れ旅行にお...

静岡県の人気観光スポットTOP45!旅行好きが行っている観光地ランキング

富士山に三島スカイウォーク、城ヶ崎海岸をはじめとする、静岡県の観光スポットの中で、トリップノートの6万3千人の旅行好きトラベラー会員(2020年8月現在)が実際...

静岡デートに!カップルにおすすめのデートスポット35選

国内最大級の御殿場プレミアム・アウトレットや、富士山の絶景を楽しめる三島スカイウォーク、海岸線をお散歩できる城ヶ崎海岸など、カップルで行きたい静岡デートにおすす...

静岡・子供と行きたい観光スポット50選!子連れ旅行におすすめ

アクティビティも充実している三島スカイウォークや、間近に迫る動物に大興奮の富士サファリパーク、カピバラが可愛い伊豆シャボテン動物公園など、静岡への子連れ旅行にお...

この記事を書いたトラベルライター

旅する歴女
はじめまして♩
小さい頃から歴史好きで、大学は歴史学科の出身。
大学を卒業後は、ごく普通の会社員勤務を経て、現在は博物館や歴史に関わるお仕事をしています。
まだまだ駆け出しです。これからの長い人生「好きを仕事に」が目標です◎
トリップノート以外でも地域情報やエッセイなどもマイペースに書いています。

***

国内も海外旅行も好きですが、海外は特に韓国が好きです。韓国の魅力も沢山お伝えできればと思っています。

***

【旅の主なキーワード】
博物館、美術館、水族館、歴史、城、アート、カフェ、海、島、温泉、絶景、自然など

【これまでの訪問エリア】
海外:韓国、フィンランド、スウェーデン、グアム
国内:28/47

取材依頼もお待ちしております!

1日で満喫できる!尾道・しまなみ海道【生口島】のおすすめ観光プラン

しまなみ海道は、広島県尾道市と愛媛県今治市を繋ぐ全長約60キロメートルに及ぶ西瀬戸自動車道の愛称です。瀬戸内海にある6つの島を9本の橋で結び、美しい景観やグルメ...


【福岡】インスタ映え抜群!糸島のおすすめ観光スポット6選

福岡県の最西部に位置する糸島市。福岡市の中心部から車で約40分という距離にありながら、玄界灘に面した糸島半島は、美しい海岸線と豊かな自然が広がっています。そんな...


【鬼怒川温泉】駅周辺で買える!オススメお土産5選&お土産店のご紹介

「東京の奥座敷」と呼ばれる関東有数の温泉地、鬼怒川。鬼怒川温泉駅周辺にはいくつものお土産屋さんがあります。今回この記事では、実際に筆者が購入して良かったお土産を...

【栃木】鬼怒川温泉エリアをのんびり観光!1泊2日モデルコース

「東京の奥座敷」といわれる鬼怒川温泉。今回この記事では、実際に筆者が体験した、鬼怒川温泉の1泊2日のモデルコースをざっくりの時間と共にご紹介します。時間がなくて...

2020年秋までの期間限定オープン!チームラボプラネッツ【東京・豊洲】

2018年6月にオープンしたお台場のデジタルアートミュージアムに引き続き、2018年7月には新豊洲駅前に「チームラボプラネッツ」がオープンしました。こちらのチー...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?