日本

【GoToキャンペーン対象】移動する絶景ホテル・フェリー旅の楽しみ方

取材・写真・文:

兵庫在住
訪問エリア:43都道府県

2020年12月1日更新

83view

お気に入り

写真:ririco

海の上を走るフェリーは、移動自体を楽しめる「移動する絶景ホテル」です。今回は、GoToトラベルキャンペーンの対象にもなる、フェリーを利用するのんびり贅沢な旅のメリットや、楽しみ方をご紹介します。

この記事の目次表示

島国日本を結ぶフェリー

  • 写真:ririco

島国日本では、各地を結ぶ数々のフェリーが運行しています。太平洋側には、東京から徳島・北九州を結ぶ「オーシャン東九フェリー」や、茨城県大洗から北海道苫小牧を結ぶ「商船三井フェリー」、名古屋から仙台・苫小牧を結ぶ「太平洋フェリー」などをはじめ、大阪・神戸から九州方面へを結ぶ「名門大洋フェリー」「阪九フェリー」「フェリーさんふらわあ」「宮崎カーフェリー」などが運行しています。

  • 写真:ririco

日本海側には、舞鶴・新潟から小樽、敦賀から苫小牧などを結ぶ「新日本海フェリー」などがあり、国内には全部で14の長距離フェリーの航路があります。

  • 写真:ririco

その他、本州や四国、瀬戸内の島々を結ぶ中距離フェリーも多く存在します。

フェリー旅のメリット

自由に動き回れる広い船内

  • 写真:ririco

船内が広く、自由に散策できるのが魅力です。展望デッキや、ゲームコーナー、大浴場、マッサージチェアやキッズスペースなどの設備が充実しているので、移動の時間も自由に楽しむことができます。

  • 写真:ririco
  • 写真:ririco

効率よく観光できる

  • 写真:ririco

移動中にゆっくりと体を休め、観光に備えることができます。夜行フェリーを利用すれば、観光地で朝早くから活動することが可能です。横になれる船室を確保すればぐっすり眠ることができるので、翌朝からの旅行地での行動に影響がないのも嬉しいポイントです。

マイカーを持参できる

  • 写真:ririco

普段利用しているマイカーと一緒に乗船できるので、旅先での移動や荷物の心配もなく、安心です。

自分に合った客室を選べる

  • 写真:ririco阪九フェリー「つくし」特等客室

予算や家族構成など、旅のプランに合う客室を選ぶことができます。船によって客室名の呼び名が異なりますが、特等客室など上位の客室には、ベッドルームやトイレ、浴室があり、ホテルステイと変わらない快適さです。

  • 写真:ririco
  • 写真:ririco
  • 写真:ririco

個室を利用することで、より安心した旅ができます。

  • 写真:ririco阪九フェリー「つくし」一等和室

フェリー旅の楽しみ方

絶景を楽しむ

普段は見ることができない、船からの景色を楽しめるのも船旅ならではです。

  • 写真:ririco

夜行便では、展望デッキから夜景や星空、翌朝の日の出などをゆっくり眺めるのもオススメです。

  • 写真:ririco

関西~九州の航路では、兵庫県神戸市垂水区東舞子町と淡路市岩屋を結ぶ明石海峡大橋、岡山県倉敷市と香川県坂出市を結ぶ瀬戸大橋、愛媛県今治市と大島を結ぶ来島海峡大橋の「絶景三大架橋」を間近で見ることができ、さらに橋の下をくぐるという普段はできない体験も楽しめます。

  • 写真:ririco

筆者が利用した名門太洋フェリーでは、各橋の通過時間が掲示物などで表示されていた他、船内アナウンスもありました。

  • 写真:ririco

船内での飲食を楽しむ

船内にはレストランや、カフェ、売店などがあり、オリジナルグルメなどを楽しむことができます。

  • 写真:ririco

阪九フェリーには、瀬戸内海を臨む展望レストランがあり、九州の新鮮なブランド魚などのこだわった食材を利用した豊富な種類の料理から、好きなものをチョイスして食べることができます。

  • 写真:ririco
  • 写真:ririco

その他、阪九フェリーでは、船内で作られたパンやスイーツも名物です。

  • 写真:ririco

朝食の時間に合わせた焼き立てパンの販売(予約も可能)があるのも嬉しいです。

  • 写真:ririco

名門太洋フェリーでは、船内レストランで朝夕バイキングサービスがあります(夕食バイキング/90分制)大人:1,600円、小人:1,100円、幼児(4-5歳):500円)

  • 写真:ririco

大浴場を楽しむ

  • 写真:ririco

長距離フェリーは、大浴場を備えたフェリーが多いです。展望浴室がついているフェリーであれば、大海原を見ながら入浴を楽しむこともでき、特に朝風呂は最高です。

GoToトラベルキャンペーン対象のフェリー旅の注意

GoToトラベルキャンペーンは、対象プランや、必要条件がフェリー会社によって異なります。WEB予約などの場合、事前にSTAYNAVIでGoToトラベルクーポン券の発行が必要な場合が多いです。

また、GoToトラベルキャンペーンの除外となっている発着地からの航路を利用するなどすると、キャンペーン対象外となる場合もありますので、旅行を計画する際は、利用するフェリー会社のホームページなどでキャンペーンの対象となる条件を確認してください。

この記事を書いたトラベルライターから一言

移動自体を楽しめる「移動する絶景ホテル」のフェリー旅、子連れでの利用は他の移動より快適で、オススメです。(ririco)

日本の旅行予約はこちら

日本のパッケージツアーを探す

日本のホテルを探す

日本の航空券を探す

日本の現地アクティビティを探す

日本のレンタカーを探す

日本の高速バスを探す

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


伊豆・子供と行きたい観光スポット40選!子連れ旅行におすすめ

アクティビティも充実の三島スカイウォークや、子連れの海水浴も快適な熱海サンビーチ、露天風呂に入るカピパラが大人気の伊豆シャボテン公園など、伊豆への子連れ旅行にお...


神戸デートに!カップルにおすすめのデートスポット24選

洋館が立ち並ぶ北野異人館街に、夜景もロマンチックなメリケンパーク、クルーズ船にも乗船できる神戸ハーバーランドなど、カップルで行きたい神戸デートにおすすめのスポッ...

パワーアップバンドの遊び方・キーチャレンジ完全まとめ【USJ任天堂エリア】

この記事では、USJ任天堂ワールドで使用できる「パワーアップバンド」について詳しく紹介します。パワーアップバンドの使い方やパワーアップバンドの必要性について詳し...

福島・子供と行きたい観光スポット27選!子連れ旅行におすすめ

ベビープールも完備のスパリゾートハワイアンズや、白鳥へのエサやりが楽しい猪苗代湖、世界最大級のタッチプールを擁するアクアマリンふくしまなど、福島への子連れ旅行に...

温泉好きが教える♪日帰り温泉で女性が必要な持ち物

日帰り温泉に行く際、皆さんは何を持っていきますか?今回は温泉好きの筆者が、日帰り温泉に行く際に持ち歩くアイテムを、「体や頭を洗う場合」と「湯船に浸かるだけの場合...

この記事を書いたトラベルライター

いつもどこかにぶらり旅
食べ歩き、温泉、大自然、アート巡りが趣味です。
時間ができると、ぶらり旅に出かけます。
趣味のカメラに焼き付けた、その場所に行ったからこそ楽しめる景色やグルメの情報をお届けできたらと思います。
http://yuyutoriri.blog.fc2.com

【アメリカ】北米限定!スターバックスコーヒーのオススメお土産

日本では''スタバ''の略称で親しまれている大人気のスターバックスコーヒー。発祥の地である北米では、北米限定のグッズが多く発売されています。可愛くて使えるものか...


東海道新幹線ワゴンサービスの絶品スイーツ・お土産

旅行や出張などさまざまなシーンで利用される東海道新幹線。車内販売のワゴンサービスで販売されている、香り高いコーヒーに合う新幹線スイーツやお土産にもできるお菓子は...


子供が喜ぶJR四国でアンパンマンづくしの鉄道旅!

『それいけ!アンパンマン』の作者、やなせたかし先生の故郷がある四国では、アンパンマン列車やバスが運行しています。フォトスポットやグルメ、限定のお土産なども充実し...

【明石】定番?金?ゴジラ?駅弁「ひっぱりだこ飯」の魅力

全国的に有名なロングセラー駅弁「ひっぱりだこ飯」には、キラキラ輝く「金色のひっぱりだこ飯」や、東宝の映画『ゴジラ』とコラボレーションした「ゴジラ対ひっぱりだこ飯...

【宮島】今だけ!修繕中の厳島神社の大鳥居が美しい

海上に立つ厳島神社の大鳥居は、2021年1月現在、70年ぶりに修繕工事が行われていて、海の青に映える朱色の鳥居は足場やネットに覆われています。しかし足場ごとライ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

アプリ「Pokke」で日本の音声ガイドを聴く

日本の観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります