軽井沢
軽井沢
首都圏からアクセスしやすい日本を代表する高原リゾート

軽井沢の定番・観光スポットならココ!14選

2018年7月5日更新

935view

お気に入り

日本を代表する高原リゾートのひとつ「軽井沢」!首都圏から日帰りもでき避暑地として人気です。緑豊かな自然のなかに教会やレストランなどが点在し、歴史的なホテルや大型アウトレットショップもあり、さまざまに楽しむことができます。この記事では軽井沢の定番の観光スポットやグルメスポットをご紹介しています。ぜひ軽井沢旅行の参考にしてみてくださいね。

この記事の目次表示

【1】ハルニレテラス

ハルニレの木立に囲まれたお洒落な商業施設

自生するハルニレの木立の中に、レストランやカフェ、雑貨店など15店ほどが軒を連ねる商業施設です。旧軽井沢エリアにある人気のそば屋やベーカリーショップの支店、上質な北欧雑貨を買えるお店などセンスを感じるお店ばかり。

ランチに訪れたり、軽井沢のお土産を探したり。川辺のカフェテラスでくつろいだり、お昼寝デッキで木漏れ日のなかまどろむのもいいですね。

ハルニレテラス
軽井沢 / 観光名所 / ショッピングモール・デパート
住所:長野県北佐久郡軽井沢町星野
電話:0267-45-5853
Web:http://www.hoshino-area.jp/shop/

【2】軽井沢・プリンスショッピングプラザ

軽井沢駅すぐ!緑も豊かな国内最大級のアウトレットモール

軽井沢駅すぐの場所にある、国内最大級のアウトレットモールです。全部で10のエリアにわかれており、店舗数は約240店!

広々とした敷地に豊かな緑がとても気持ちのいいアウトレットモールで、激安アイテムのショッピングはもちろん、お食事も充実し、また軽井沢みやげも購入できます。効率よくまわるには、あらかじめプランを練っておくのがよさそう。

軽井沢・プリンスショッピングプラザ
軽井沢 / ショッピングモール・デパート
住所:長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢
電話:0267-42-5211
Web:http://www.karuizawa-psp.jp/

【3】星野温泉 トンボの湯

軽井沢で日帰り温泉を楽しむならココ!

大正4年(1915年)に開湯した星野温泉は、かねてより”美肌の湯”として知られ、お肌がツルツルになると評判。北原白秋や与謝野晶子などの文人墨客にも愛されていました。軽井沢らしいお洒落でモダンな施設には内湯と露天風呂を完備し、緑豊かな庭を眺めながらゆっくり温泉につかることができます。

星野温泉 トンボの湯
軽井沢 / 温泉
住所:長野県北佐久郡軽井沢町長倉2148
電話:0267-44-3580
Web:http://www.hoshino-area.jp/archives/area/tonbo

【4】軽井沢タリアセン

塩沢湖を中心に歴史的な建物やレストランなどが点在

タリアセンとはウェールズ語で「輝ける額」という意味。「軽井沢タリアセン」は塩沢湖を中心に、アート施設や歴史的な建物、レストラン、カフェ、ショップなどが点在する総合リゾート施設です。

美しい湖畔の景色を楽しみながらの文化散歩は、高原リゾートならではの楽しみ方。フランス文学者・朝吹登水子の別荘だった「旧朝吹山荘 睡鳩荘」や、軽井沢ゆかりの文豪たちの別荘などを見学したあとは、レストランでのランチやカフェでのティータイムをどうぞ。

軽井沢タリアセン
軽井沢 / 観光名所
住所:長野県北佐久郡軽井沢町塩沢湖217
電話:0267-46-6161
Web:http://www.karuizawataliesin.com/

【5】白糸の滝

白い絹糸が流れ落ちるような美しい滝

岩肌から湧き出る地下水を利用してつくられた人工の滝。高さ3m、幅70mにわたり、白い絹糸のような滝が帯状に流れる様子はとても美しく、訪れる人をうっとりさせます。

紅葉や新緑の季節はより一層美しさを増し、また夏には幻想的なプロジェクションマッピング「軽井沢・白糸の滝ライトアップイリュージョン」を開催し人気を集めています。

白糸の滝
軽井沢 / 自然・景勝地
住所:長野県北佐久郡軽井沢町長倉
電話:0267-45-8111

【6】ベーカリー&レストラン沢村 旧軽井沢

行列のできる人気のベーカリー&レストラン

旧軽井沢の中心に店舗を構えるベーカリー&レストラン。朝7時から営業しておりモーニング利用にもおすすめです。素材を厳選し、こだわりを見せるパンにはファンが多く、女優の吉永小百合さんも「ベーカリー&レストラン沢村のクロワッサンのファンだそう。

ベーカリー&レストラン沢村 旧軽井沢
軽井沢 / パン・サンドイッチ / カフェ・喫茶店
住所:長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢12-18
電話:0267-41-3777
Web:http://www.b-sawamura.com

【7】石の教会・内村鑑三記念堂

石とガラスで織り込まれた美しい教会

深い緑のなかに佇む、石とガラスで織り込まれた美しい教会。結婚式場としてとても人気がありますが、どこか外国を思わせる優美な姿は観光スポットとしても人気です。

幾重にも連なる石のアーチが不思議な空間をつくりだし、漏れ入る光が厳かな雰囲気を演出。月曜から木曜は、結婚式を行なっていなければ教会のなかを見学することができます。

石の教会・内村鑑三記念堂
軽井沢 / 社寺・教会
住所:長野県軽井沢町星野
電話:0267-45-2288
Web:http://www.stonechurch.jp/

【8】ミカド珈琲 軽井沢旧道店

名物の「モカソフト」目当てに行列ができることも!

昭和27年(1952年)に軽井沢に出店。軽井沢といえばココ!という人もいるほど有名な喫茶店です。

名物の「モカソフト」は、甘さ控えめで濃厚。コーヒーが好きな人にはたまらないソフトクリームで、コーヒーとセットになった「ミニモカ&コーヒーセット」が人気。

店内でいただくのもいいですが、「モカソフト」は食べ歩きグルメとしても定番です。また「コーヒーゼリー」も名物となっています。

ミカド珈琲 軽井沢旧道店
軽井沢 / カフェ・喫茶店
住所:長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢786−2
電話:0267-42-2453
Web:http://mikado-coffee.com/kyudo.html

【9】万平ホテル

ジョンレノン夫妻が愛したクラシックホテル

創業は明治27年(1894年)で、現在もホテルとして営業しています。ジョンレノン夫妻が愛したホテルとしてもよく知られている、日本を代表するクラシックホテルのひとつ。ホテル内のロビーやカフェテラス、バーなどは宿泊客以外も利用できるので、ランチやお茶に訪れて優雅な雰囲気を味わってみてはいかがでしょうか。

万平ホテル
軽井沢
住所:長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢925

【10】旧三笠ホテル

純西洋式の木造ホテルで当時の華やかな社交場の雰囲気を感じよう

明治39年(1906年)に開業した三笠ホテルは、「軽井沢の鹿鳴館」とよばれ政財界の人たちや文人の社交場として愛されていました。営業終了は、昭和45年(1970年)。その後、昭和55年(1980年)5月には国の重要文化財に指定され、現在は一般公開されています。

日本人の手により造られた純西洋式の木造ホテルで、当時の最高級の設備を取り入れた内装は、一見の価値あり!当時の華やかな社交場の雰囲気を感じ取ってみてくださいね。三笠ホテルのグッズは軽井沢のお土産にもオススメです。

旧三笠ホテル
軽井沢 / 建造物 / 観光名所
住所:北佐久郡軽井沢町軽井沢1339-342
電話:0267-42-7072

【11】軽井沢高原教会

季節ごとに開催されるロマンチックなイベントも要チェック

緑のなかに佇む軽井沢高原教会は、北原白秋や島崎藤村らが芸術についての集いを行なっていた由緒ある建物。挙式が行われていなければ、建物内の見学も可能です。

季節ごとに開催されるイベントが人気で、8月には夏の風物詩ともなっている「サマーキャンドルナイト」、秋も深くなる10月上旬〜11月上旬ごろには「秋恋散歩」を開催。そしてクリスマスの時期には「聖なる森のクリスマス」と題して、教会の森がキャンドルの灯りに包まれます。

軽井沢高原教会
軽井沢 / 社寺・教会
住所:長野県北佐久郡 軽井沢町大字長倉野2144
電話:0267-45-3333
Web:https://www.karuizawachurch.org/

【12】雲場池

のんびり散歩に最適な軽井沢随一の紅葉スポット

”スワンレイク”との名前でも呼ばれる景勝地で、新緑の美しさもさることながら、秋の紅葉がとくに美しく、軽井沢随一の紅葉の名所として知られています。20分〜30分程度で一周できる遊歩道も整備されており、自然のなかをのんびりと散歩するのに最適。

雲場池
軽井沢 / 自然・景勝地
住所:北佐久郡軽井沢町六本辻
電話:0267-45-8579
Web:http://www.town.karuizawa.lg.jp/www/contents/10010...

【13】ブランジェ浅野屋 軽井沢旧道本店

パンと一緒に味わいたいビーフシチューも人気!

東京や横浜にも店舗を展開する人気のパン屋さん。ベーカリーの奥には30席ほどのイートインスペースがあり、購入したパンをいただくことができます。またイートイン限定のビーフシチューも人気。パンと一緒にぜひ味わいたいメニューです。朝8時から営業しており(夏は7時、冬は9時)モーニング利用にもおすすめです。

ブランジェ浅野屋 軽井沢旧道本店
軽井沢 / パン・サンドイッチ
住所:長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢738
電話:0267-42-2149
Web:http://www.b-asanoya.com

【14】旧軽井沢銀座通り

お土産屋さんや飲食店がズラリと並ぶ、旧軽井沢のメインストリート

旧軽井沢のメインストリートで、通りの両側にはお土産屋さんや飲食店などが並びます。夏期や混雑する時期は歩行者天国になりますが、一方で冬には閉店しているお店が多いのも特徴。

そして旧軽井沢銀座通りといえば、ソフトクリームの食べ歩きもはずせません!ミカドコーヒーのモカソフトをはじめ、どこのソフトクリームを食べようか迷ってしまうラインナップですよ。

旧軽井沢銀座通り
軽井沢 / 町・ストリート / 観光名所
住所:長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢
電話:0267-42-1775(軽井澤銀座商店会)
Web:http://karuizawa-ginza.org/

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年6月13日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

徒歩でまわれる!軽井沢星野エリアおすすめコース

軽井沢といえば星のリゾート。そして星のリゾートがある星野エリアといえば、ハルニレテラスや石の教会、トンボの湯など、人気スポットは沢山ありますよね。それぞれ少しず...

高原リゾートを満喫!軽井沢のおすすめ観光スポット20選

日本を代表する高原リゾートといえば、ここ軽井沢!緑深い自然や、うっとり見惚れてしまう素敵な教会たち。優雅な気分を味わえるクラシカルなホテルに、食べ歩きが楽しいス...

1日で満喫できる!軽井沢・ハルニレテラスのおすすめのお店6選

信州を代表するリゾートエリア・軽井沢。その中でおしゃれな雑貨を買ったり、絶品グルメを食べられるお店が集まるスポットが中軽井沢にある「ハルニレテラス」です。軽井沢...

軽井沢のおすすめカフェ&ベーカリー4選!

春から観光シーズンを迎える軽井沢。東京から新幹線で約1時間10分と、都内に住む人にはアクセス抜群で、週末のプチ旅行にもぴったり。ショッピング、グルメ、アウトドア...

【軽井沢】食べて、歩いて楽しむ避暑地のおすすめスポット

夏の避暑地のひとつである軽井沢。東京から車であれば約3時間、新幹線では約1時間10分でアクセスすることができます。関東甲信越では、避暑地の王道でもあり、ショッピ...



この記事を書いたトラベルライター

あなたが旅するキッカケと、あなたの旅のコンシェルジュに。
旅行好きなメンバー数名で、この tripnote[トリップノート] を運営しています。日帰りのお出かけから、長期の海外旅行まで、もっとたくさんの人たちに旅をしてほしい!そんな想いから、少しでもみなさんに役に立つ旅情報を発信していきたいと思っています。
https://tripnote.jp

夏休み旅行に!夏旅(6月・7月・8月)におすすめの国内旅先23選!

夏(6月・7月・8月)の時期ならではの見どころが揃ったおすすめの国内旅行先を、月ごとにご紹介します!夏休みやお盆休みなどの家族旅行や、カップルでのお出かけにもぴ...

女性が喜ぶシンガポールのお土産7選

お土産さがしは楽しいけれど、正直ちょっと難しくて大変!とくに男性の方にとって、女性へのお土産は悩みどころだと思います。そんな方のために、今回の記事では女性が喜ぶ...

シンガポール旅行の人気お土産「アーユルベーダ石鹸」徹底ガイド

シンガポールのお土産として、女性に大人気なアーユルベーダ石鹸(せっけん)。アーユルヴェーダというインドの伝統医学をもとに作られている100%植物性の石鹸で、お肌...

3月・4月・5月の国内おすすめ旅行先22選〜春がベストシーズンの旅先に出かけよう

春(3月・4月・5月)の時期ならではの見どころが揃ったおすすめの国内旅行先を、月ごとにご紹介します!春休みの家族旅行や、カップルでのお出かけにもぴったりな旅先を...

間違いない!サンフランシスコのおすすめお土産12選

旅行の楽しみのひとつで、悩みの種でもある「お土産」。旅行中にお土産を探す時間があまりない方や「もう明日帰国!!」という方でも迷わず購入できる、サンフランシスコの...



トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?