リトアニア
リトアニア
首都ヴィリニュスの旧市街は東欧最大規模

【リトアニア・シャウレイ】見渡す限りの十字架…!! 世界無形文化遺産「十字架の丘」

2017年11月14日更新

150view

お気に入り

リトアニアの首都ヴュリニュスの北西約200kmのところに「シャウレイ」という都市があります。リトアニア第4のこの都市は人口が12万人あまりと、そんなに大きな都市ではありませんが、とてもインパクトのある無形文化遺産で有名な都市です。その遺産とは、「見渡す限りの十字架」が広がる、「十字架の丘」です。今回は、その歴史をご紹介しながら、この「十字架の丘」をご紹介します。

十字架の丘とは

その名の通り、小さい十字架から大きな十字架まで、沢山集まった「丘」。人が歩くための道はあるのですが、道以外のスペースには所せましと十字架が刺さっています。

また十字架だけではなく、イエス像、マリア像、ロザリオなども。どなたかのお墓なのかと思いますが、そうではなく、人々の「願い」の場所だったのです。

「十字架の丘」はなぜできた?

それは、この地での悲しい歴史に起源があります。

リトアニアはロシア帝国の領土下に置かれることになったあと、1831年と1863年にロシアに対して蜂起を起こしました。が、いずれも失敗。反乱軍の家族が、遺体の代わりに十字架を丘に建てたのが始まりです。

1918年にリトアニアは独立を回復したあとは、リトアニア人がこの丘で平和や独立戦争での亡くなった方々を祈る場所となりました。

また、1993年に教皇ヨハネ・パウロ2世がこの地へ訪れたとき、「希望と平和、愛、そして犠牲者のための場所である」と述べました。


いくつの十字架があるの…?

見渡す限りの十字架。正確な数字は分かっていませんが、現在は約5万あると言われています。旧ソ連が撤去を何度も試みるも、その度にまた十字架がこの地に集まったと言われています。この「十字架の丘」は、数えきれないくらい多くの人々の、絶え間ない願いの場所なのです。

願いを込めて十字架を置いていくこともできる

この十字架の丘の駐車場近辺にはお土産屋さんが出ています。こちらでロザリオや十字架が売られているので、ここで購入し、丘に置くことも可能です。

十字架の丘への行き方

シャウレイまで

首都のヴュリニュスや、第二の都市であるカウナスからはバスで行くことができます。どちらの都市からも約3時間です。

シャウレイから

シャウレイからは、ヨニシュキス(Joniškio)行きのバスに乗り、バスで20分。0.86ユーロ(約110円)で行けます。ドマンタイ(Domantai)で降りると、十字架の丘への道しるべとして十字架が沢山立っているのでそれを目印に歩いていきましょう。約20分で到着です。

注意!!

バスの本数はそんなに多くはないので、帰りのバスの時刻表をチェックしてから丘へ向かいましょう。参考までに、「十字架の丘」の見学所要時間は1時間ほどです。

最後に

見た目は少し不思議で、奇妙で、そしてちょっと怖い感じもしますが、歴史を知ると、リトアニアの人々のたくさんの願いが込められた大切な場所ということが分かります。ぜひ、十字架の丘を訪れて、その願いに思いを馳せ、自分自身の願いを込めて十字架やロザリオを丘に置いてきてはいかがでしょうか。

十字架の丘
リトアニア / その他スポット
住所:Jurgaičių、Meškuičių、Šiauliai 81439

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2016年12月28日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

この記事を書いたトラベルライター

グルメもアートも世界遺産も絶景も!とことん貪欲トラベラー
普段は粛々と、黙々と、真面目に仕事をこなす30代会社員。でも、心の中はいつでも、次の休みはどこに旅行しようかな〜と考えている。友達とワイワイ行く旅行も好き。一人で現地で知り合った方とビールを飲みながらお話しするのも好き。旅先で欠かせないものはその土地ならではの食、世界遺産、美術、そして人との交流!せっかく旅行するのなら貪欲に自分のやりたいこと、見たいもの、食べたいものはぜーんぶ楽しむ♪ アメリカ・フロリダ州オーランドとシンガポールは1年ずつ住んでいたことがあるので、特に好きなところ!

【台湾・台北】人気スーパーで買うお土産にぴったりな台湾の味

みなさんは台湾に行ったらお土産に何を買いますか? 今回は、帰国してもいつでも台湾の味を楽しみたい!という方々のために、「食材系お土産」をご紹介します。観光客にと...

【フランス・トゥールーズ】 公共交通機関を使いこなそう!

パリから1時間ほどのフライトで着く、フランス第5の都市、トゥールーズ。美しい建物が多いことから「バラ色の都市」とも呼ばれています。今回はそんなトゥールーズを安く...

【フランス・トゥールーズ】A380が目の前に!エアバス社見学ツアー

世界初の総二階建ての旅客機として2005年に初飛行をして以来、世界中で多くの人を運んでいる、エアバス社のA380。このA380の組み立て工場がフランス・トゥール...

【フランス・トゥールーズ】「バラ色の街」の観光必須スポット11選

フランスというと多くの人はその首都「パリ」を思い浮かべますが、ワインで有名なボルドーやバカンスの地として人気があるニース、食の街リヨンなど、個性豊かな都市がいく...

【ミャンマー】絶景!!落ちそうで落ちない不思議なゴールデンロック

東南アジア最後のフロンティアとして昨今注目を集めているミャンマー。国民の90%以上が仏教徒と言われています。パゴダという仏塔を配した寺院に行くと人々が熱心に信仰...



トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?